アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然」のブログ記事

みんなの「自然」ブログ

タイトル 日 時
セッカが飛んだ!
セッカが飛んだ! よく晴れた空にセッカが飛びました。散歩を終えてから時間もあったので、田が広がるフィールドへ寄ってアマサギがやってきていないか確認してから帰宅することにしました。田植えの邪魔にならないように車を止めてアシやチガヤが茂る農業用水沿いの道を歩いていると、アマサギを始めサギの仲間の姿は一つも認めることはできませんでしたが、すぐ近くでセッカの声が聞こえたので、草の陰で腰をかがめていると、すぐ近くから独特の鳴き声を響かせて1羽のセッカが舞い上がりました。セッカはスズメより小さいうえ、飛ぶときには木の葉が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/28 02:22
また散歩ができなかった・・・
また散歩ができなかった・・・ 昨日は、お昼過ぎにはあがると思っていた雨が、やみ間はあるものの夕方まで降っていました。そのため、夕方ララとハンナを連れて海辺へ散歩に行こうと考えていた予定が流れてしまいました。ここしばらく夏のような暑さが続いていたため、暑さに弱いララやハンナを日陰のない海辺へ連れて行くことは控え、散歩するのは木陰の多い丘陵地の公園ばかりでした。ところが、一昨日の夜から涼しくなり、この気温なら十分海辺で遊ばせることができるはずでしたが、一昨日に続き昨日も雨のため散歩はできずに終わってしまいました。天気予報では... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/27 02:55
ヒバリの巣立ち
ヒバリの巣立ち フィールドの中で子育てがなされていた3つのヒバリの巣の一つから、雛が巣立ちました。育雛中は親鳥を驚かせて巣を放棄させてはいけないと考え、遠くから観察するだけで近寄らないようにしていましたが、昨夕フィールドを歩くと、巣の近くで雛の声が聞こえてきたためあたりを望遠レンズを使って探してみたところ、巣から10メートルほど離れたウメの木の枝に3羽の雛が確認できました。嘴には黄色が残り、風切り羽も伸びていません。近寄って行くとまだ親鳥ほどの警戒心はなく、かわいらしい姿を何枚も撮影させてくれました。これか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/25 13:33
ミカンの花の香る道
ミカンの花の香る道 散歩をしていると、ミカンの花のよい香りが漂ってきました。以前にもブログに書いたことがあったと記憶していますが、私にとってミカンの花の香りは、遠い昔の子供時代の家の様子や、今ではもう会えなくなってしまった人たちの顔を思い出させてくれる懐かしい香りです。昔の我が家の裏庭の片隅には、祖母が植えた甘夏の大きな木がありました。毎年今頃の季節になると、爽やかな香りが庭を包み、風向きによっては家の中にまで漂ってきました。今ではそのミカンの木はなくなりましたが、どこかでミカンの花の香がするたびに、そんな香り... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/24 22:00
センダンの花が咲いていました。
センダンの花が咲いていました。 センダンの花が咲く季節になりました。里山の中の細い道を歩いていると、重なる木々の向こうで薄紫色の花が風に揺れている様子が目に留まりました。ララとハンナを促して後についてこさせ、林の中に入っていったところ、まだそれほどの大木に育ってはいないものの、幹周りが50センチメートルほどのセンダンが枝のいたるところで涼しげな花をつけていました。センダンは楝とも呼ばれ、古来和歌などにも読まれ、近いところでは私の好きな唱歌の ”夏は来ぬ”の中にも夏の訪れを告げる花として登場しています。この時期に咲く花木とし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/24 12:00
青葉の中で
青葉の中で 葉が茂り、たくさんの実がついてきた梅林の中で、数羽のスズメが賑やかに鳴きながら鮮やかな緑で覆われた枝の間を飛び交っていました。どうもこの春生まれて大きく成長した子スズメと、その親のようです。そのスズメたちにレンズを向けて撮影しようとしていたところ、同じ枝に雄のホオジロがやってきました。突然やってきたホオジロの羽音にスズメたちは驚いて別の木に移ってしまったので、ファインダーに入ったホオジロを撮影しました。スズメもホオジロも、枝や葉についたアブラムシやそのほかの昆虫を捕食しているらしく、このホオ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/23 11:44
デアが咲いた!
デアが咲いた! 道に面して植えてある蔓バラのデアが、今年もたくさんの花を咲かせました。5月初旬からたくさんの蕾を枝先につけてちらほらと咲いていたものが、10日ほど前から一斉に花を開くようになり、今が満開で見ごろになっています。一時蕾にアブラムシがついたものの、以前たくさん庭に放したおかげか、今年もナナホシテントウの幼虫が大量に発生し、ほんの数日で群がっていたアブラムシを退治してくれました。できるだけ薬品は使いたくないので毎年天敵を使ってアブラムシ対策をしていますが、今年は殊のほか大成功でした。ただ、デアは咲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/23 04:44
涼風
涼風 今日も気温の高い暑い一日でしたが、夕方から風が出てきました。気温は27℃ほどあっても、風は湿度が低く乾いた快い風で適度な強さもあります。その風に吹かれていれば暑さを感じないどころか快さを感じます。先ほど散歩をしてきたララとハンナも、動いている間は徐々に足取りが遅くなり舌も出てきて暑そうでしたが、風通しのよい木陰で休ませると生き返ったような表情になり元気を取り戻していました。写真は、雑木林の中の遊歩道の坂を上り切ったところで、青葉の間を吹き抜けてくる涼しい風を受けて小休止しているララとハンナで... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 22:00
キジの数が増えました。
キジの数が増えました。 今年は春先から、自然観察やバードウオッチングをしているフィールドを歩くとよくキジに出会います。住宅地開発などで自然破壊が進んでいた10年ほど前までは、ほとんどキジの姿を見ない年もあり、このあたりに生息する個体数は激減したと感じていました。それが、この数年徐々に出会う機会が増えて、今年は特に数が増えているような気がします。ことに5月に入ってからは、繁殖期にも当たるためでしょうがフィールドへ出るとほぼ毎回その姿が確認でき、姿を見ることができないときでも鳴き声はよく聞こえています。この写真を撮った... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 14:00
ナワシロイチゴの花
ナワシロイチゴの花 里山へ入っていく道の脇で、ナワシロイチゴがピンクの花をつけていました。ここは毎年ナワシロイチゴがたくさん見られるところですが、今年は三週間ほど前に道の脇の草全体がきれいに刈り取られてしまい、例年のように小さなピンクの花が道端を飾る様子を見られなくなったとがっかりしていました。ところが、念のためあたりを探してみたところ、少し離れた奥の方の草むらで刈り取られず残った一株のナワシロイチゴが花をつけていました。この花は額は全開しますが花弁は開くことがないので、ほかのイチゴの仲間のように目立つ花ではあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 03:33
池のほとりで一休み
池のほとりで一休み 週末は2日連続して30℃を超える真夏日になりました。暑さに弱いハンナは、家の中にいても少し動いたり興奮すると息が弾んで長い舌が出てくるようになったため、いよいよエアコンの冷房機能の出番です。昨日も一日中リビングルームのエアコンを稼働させてやると、ハンナは涼しい風が下りてくる部屋の中で一番居心地のよいところへ陣取り横になっていました。散歩に出ても、ララはそれほどでもないのにハンナはすぐに暑そうな様子を見せるので、木陰を辿って歩きながらときどき休憩させるのですが、風通しのよい涼しそうな木陰で足を... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 01:33
たくさんいるなあ・・・
たくさんいるなあ・・・ 森の中へ入っていくと、人影がないこともあって野鳥たちの数も多く、梢のあちこちからいろいろな種類の鳴き声が降るように響いてきます。大きな木が立ち並び枝が高い位置にあるうえに若葉がたくさん重なるようになり、野鳥の姿を見ることが難しくなったため撮影には向きませんが、枝の間を飛ぶ野鳥たちがたてる羽音や葉ずれの音、それに鳴き声は途切れることなく頭上から聞こえてくるので、風のさやぎや水音とともに自然がうみだす音を楽しむことができます。ララやハンナも、ときどき写真のように散歩の足をとめて、聞こえてくる音や... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/21 12:44
真夏日がやってきそうです。
真夏日がやってきそうです。 昨日から天気予報では、今日は各地で真夏日が続出するといっていたとおり、確かに日が高くなるとともに暑さが増してきました。昨日は車の温度計では外気温が29℃になっていましたが、今日はさらに上がり、このあたりでも真夏日になるかもしれません。いよいよ私の嫌いな夏の暑さがやってきます。それとともに、ララとハンナの散歩も、時間と場所を選ばなければならない季節になってきました。写真は、昨日の散歩中に風通しのよい高みになった木陰で休むララとハンナですが、頭上を分厚く若葉が覆って強い日差しを遮り、所々で木漏れ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/20 12:55
スイカズラの香り
スイカズラの香り 里山の雑木林の中を歩いていると、スイカズラの甘く爽やかな香りが漂ってきました。匂いを頼りに薄暗い藪の中へ入っていくと、独特の形をした花弁を持つスイカズラの花がひっそりと咲いていました。咲き始めは白い花弁が、後には黄色へ色を変えるため金銀花とも呼ばれているスイカズラですが、その名のようにもうたくさんの花が花弁を黄色に変えています。白い花を一つ採って吸ってみると、甘い香りとともに少量の蜜が出てきました。私が花を口に持っていったのを見たララとハンナが、何を食べているのかと気になったらしくじっと私の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/20 01:00
先へ行くよ!
先へ行くよ! 昨日はいつもの公園の雑木林ではなく、さらに奥の森の中を散歩してきました。森の中は滅多に人と出会うことはなく、そのため初めからララもハンナもリードを外して自由に歩かせてやることができるので、私も手が塞がらず野鳥や野草の写真を撮り易くなります。ララとハンナものびのびとして、一緒に走り回ったり木々の根元や薮陰の匂いを嗅いだりと楽しそうに遊びます。昨日も、木陰が涼しい遊歩道で2匹を自由に遊ばせ、私は斜面を上ったり、薮の中へ入って写真を撮っていました。被写体もなくなったのでしばらくして遊歩道へ下りてい... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/19 03:33
シロツメクサのカーペット
シロツメクサのカーペット 遊歩道の脇の土手をシロツメクサが覆いつくし、たくさんの花を咲かせました。春の初めには芝生の間にタンポポがたくさん顔を出し、黄色の花が一面に咲き広がっていましたが、公園の中でも人がよく通るところなので管理もよく行き届き頻繁に草刈が行われるため、花期が終わったタンポポが芝とともに刈り取られ、その後に今度はシロツメクサが芽を出し土手の斜面を覆いました。やわらかそうな白と緑のカーペットは、その上で寝転んだら心地よさそうです。ララとハンナもそう思ったのか、私が斜面の下の草の中で昆虫を探していると、青葉... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/18 03:33
ノイバラが咲いています。
ノイバラが咲いています。 5月になってから公園や庭ではいろいろなバラが咲き競っていますが、自然観察フィールドにしている野山では、あちこちでノイバラの白や薄いピンクの花が見られるようになり、園芸用のバラにはない素朴さで明るい日差しに花や葉を照り輝かせています。山歩きやバードウオッチングで薮を通り抜けるときには、刺を持っているうえに密生しているのでこれがあると厄介ですが、晩春から初夏にかけての花の時期と、赤いきれいな実をたくさん見せてくれる秋には毎年被写体にして楽しんでいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/17 23:55
夕方の池で
夕方の池で 日が翳ってきた夕方の池で、カンムリカイツブリが餌を探して何度も潜水を繰り返していました。私の住む周辺ではあまり見る機会のなかったカンムリカイツブリを、数は少ないのですが、この2、3年よく目にするようになりました。ことに昨年末から今年の3月ころにかけては、この池だけでなく、よく散歩する海岸でも訪れるたびに魚を追って海面を移動している姿が観察でき、たくさんの写真を撮ることができました。このあたりに飛来する数が、少しずつ増えてきているような気がします。すっかり夏羽になったこの個体は、繁殖期に入って... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/17 12:00
自然の奏でるヒーリングミュージック
自然の奏でるヒーリングミュージック 雑木林の中を歩くと、野鳥の囀りで賑やかです。昨日も林の中を散策すると、枝の間や高い梢から降るように、この林の住人のシジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、ホオジロ、ヒヨドリなどの声が響き、その声に混じってキビタキの声も聞こえていました。さらに藪の奥からはときどきウグイスの声もして、風が鳴らす葉ずれの音と野鳥の囀りが林全体を舞台にした爽やかなヒーリングミュージックを奏でているようでした。散歩の途中で息が弾んできたララとハンナをしばらく休ませてやろうとして、遊歩道の脇の積もった枯葉の上に座らせましたが... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/16 12:11
ノアザミ
ノアザミ 夕方の公園を散歩していると、池の土手でノアザミが咲いていました。数多くあるアザミの中では、晩春から初夏にかけて開花するものはノアザミだけなので、秋に見るアザミとは違い同定は楽です。広い土手で2株だけが芽を出し生長したらしく、低い背丈の草が繁茂している中で2本の茎が高さを競うように伸びて先端に花を咲かせ、池をわたってくる夕風に揺れていました。花はまだ3輪咲いていただけですが、蕾がいくつかついて、その先が紅を点したように色を帯びてきているので、これから順次咲いていくでしょう。ノアザミは、黄や白が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/16 04:44
キジの母衣打ち
キジの母衣打ち 収穫されずに花が咲き、それが満開になって菜の花畑のように黄色が広がっているハクサイ畑の周りで野鳥を探していたところ、近くの草むらから雄のキジが出てきました。しばらく様子を見ていると、畑の周りの草が伸び放題になっている荒れ地を歩き回った後ハクサイ畑にやってきて、畝の間を行き来していました。キジは、20mほど離れてカメラを構えている私に気づいているはずなのに一向に警戒する様子は見せず、おもむろに空を仰いで鋭い声で鳴きだし、次には翼を広げて母衣打ちをはじめました。せっかく母衣打ちをするのなら、こち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/15 23:11
ハリエンジュが満開です。
ハリエンジュが満開です。 最近の公園では、あちこちで白い花の房を下げているハリエンジュを見ることができます。公園内のほとんどのハリエンジュは樹高10m前後の高木ですが、中には池の端で写真のように枝を水面近くに垂らしているものもあります。街路樹や園芸樹として輸入されたハリエンジュですが、繁殖力が強く今では要注意外来植物として積極的に切り倒されていると聞きます。しかし、この公園内のハリエンジュはどれも大きく生長して、毎年よい香りのきれいな花を見せています。この写真を撮っている間も、あたりには風が運んでくるよい香りが漂い、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/15 13:55
一面のハマヒルガオ
一面のハマヒルガオ 昨日はバザーから帰ってから一休みして、午後5時を回った頃からララとハンナをのせて海へ車を走らせました。目的はもちろん2匹の散歩ですが、それとともに先日から開花を始めていたハマヒルガオが、そろそろ砂浜一帯を覆うように咲いたのではないかと考え、それを確かめるつもりもありました。海岸について車をとめ浜辺に出てみると、やはり思ったとおり砂の上を這うように広がったピンクの花が、夕日を浴びて一面に咲き広がっていました。まだまだ蕾が次から次に出てきているので、しばらくの間は砂浜は無数のピンクの花で飾られま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/15 02:33
夏近し
夏近し いつも散歩する公園の遊歩道で、チョウを追っている私を待つララとハンナです。気温が高くなってきたこの頃、公園の中ではいろいろな夏のチョウが見られるようになってきました。散歩中に、林に続く草むらの中を飛ぶモンキアゲハとアオスジアゲハを見かけたので、撮影しようとして2匹に待つように指示して座らせ、モンキアゲハの方を追いかけました。しかし、チョウは速い速度で若葉が茂る林の中へ入ってしまい、見事に逃げられてしまいました。そこで草むらから出て遊歩道に戻ると、写真のように2匹が、早く戻ってこないかな、とい... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/14 02:33
ベージュの小道
ベージュの小道 雑木林の中ではコナラやエノキ、クリなど落葉樹の花が咲き、花期を終えたものからどんどん花を落としています。風が強く吹いた日などは、一日で木の下が落ちた花で覆われています。ただ、花が無数に落ちたとはいっても少し前の時期のヤブツバキとは違い、花序や一つ一つの花は小さく、ベージュの目立たない色をしているので、地面が鮮やかな色彩で飾られることはありませんが、無数の花が落ちて広がるため、遊歩道は一面落ちた花を敷き詰めたようになり路面の色がベージュに変わります。そんな遊歩道を歩くと、毛の長いララの足やお腹... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/13 16:33
強い雨がやってきそうです。
強い雨がやってきそうです。 夜になって雨が降り出しました。昨日も気温は高く暑い日で、正午前には27℃を超えて6月がやってきたような蒸し暑さを感じましたが、雨のおかげか午前零時を回ったころから窓を開けると涼しい風が入ってくるようになりました。ただ、天気予報やニュースでもいっていたように、九州地方で激しい雨を降らせた低気圧が接近してきているようなので、夜が明けると雨は強さを増しているでしょう。残念ながら、ララとハンナは涼しさが続いていたとしても、今日は散歩に行くことはできない雲行きです。写真のように歩けばすぐに暑くて長い舌... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/13 02:11
何であんなに騒ぐんだろう?
何であんなに騒ぐんだろう? 食事を与えようとして食器の用意をし始めると、その音を敏感に察知して、ララは部屋の中をくるくると回りだし、ハンナは用意をしているそばへきて大きな尾を派手に振り回します。そして食器を2匹の前に持っていく段になるとどちらも喜んで、ララは回るスピードを上げ、ハンナは部屋中を跳ね回ります。とくにハンナは大きな身体で跳びあがり、時にはその顔が身長175cmある私の頭の上にくることもあるほどです。食器を目の前に置けば騒ぎは収まり、2匹は首を揃えて仲良く食べていますが、そんな時小次郎は、食事のたびにララとハ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 23:55
暮れなずむ空に
暮れなずむ空に 暮れなずみ、地上には夕闇が濃くなってきた日暮れの空を、ずんぐりとした体形のサギが1羽横切りました。肉眼では黒い影に見えるばかりで、飛んだ時間と体型からゴイサギだろうと思いましたが、望遠レンズで捉えてパソコンの画面で拡大し明度調整をすると、風切り羽や雨覆い羽の上面全体が黒く見えるうえ、冠羽が白くは見えないためササゴイのように思えました。ただ一つ疑問に思ったのは、初列風切り羽の10番に当たると思われる羽だけが真っ白です。こんな羽の配色はゴイサギでもササゴイでも見たことがないため、この個体だけの変... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 18:33
オオヨシキリの囀り
オオヨシキリの囀り 今の時期になると毎年、家の前の調整池のアシ原ではオオヨシキリが一日中大きな声で囀っています。夜中でも聞こえてくる声に、うるさいという人達もいるようですが、寝静まった住宅街の中で夜空に響くオオヨシキリの声を聞くのもいいものです。まだ番を作った様子が見えませんが、例年ここで営巣して雛が巣立っているので、今年も夏になって飛び回る幼鳥を見ることが出来るか今から楽しみにしています。ちょうど外出しようとして門を出ると、池の真ん中あたりに茂るアシの中で囀っているオオヨシキリの姿を認めたので急いでカメラを持... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/11 23:55
木陰が続く道
木陰が続く道 昨日の雨があがり、朝から青空が見えたと思ったら気温は上昇し、お昼ころには25℃を超えて暑い日になりました。公園へ散歩に出たララとハンナは、強い日差しを浴びるとすぐに舌が出てきて、いつもの散歩コースを歩くことは嫌がったため、日の当たらない木陰が続く道ばかりを歩いてきました。ただそうすると歩く距離が短くなってしまうため、同じコースを2度回ってきました。写真は、途中で一休みしてビスケットを食べたあとのララとハンナです。きれいに刈り取られていた遊歩道の周りも、この頃急に伸びだしたカモジグサやスイバ、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/11 19:44
ハクサイ畑を背景に
ハクサイ畑を背景に チガヤやカモジグサが茂りだした一帯にセッカが舞い降りたので、そのあたりをカメラの望遠レンズ越しに探していたところ、またすぐ近くに野鳥が舞い降りてきました。今度は鳴き声もなく降りてきたのでセッカではないと分かっていましたが、レンズを向けてみると雄のホオジロが丈を伸ばしてきたスイバにとまっていました。このフィールドではこの数年ホオジロの数が増えて、撮影できる機会は頻繁にあるため珍しくもありませんでしたが、収穫されないままに放置されて花が咲いたハクサイ畑を背景にして色彩がきれいだったため、数枚撮影... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/11 12:33
田に水が張られました。
田に水が張られました。 自然観察を楽しんでいるフィールドでは、先週末あたりから田に水が張られるようになりました。田植えの準備がなされ早苗が運び込まれている田も見受けられます。今週から来週にかけては田植えをする光景があちこちで見られ、まだ頼りなげな早苗が田面を吹き渡る風に揺れる光景が広がるようになります。そんな田には、水を求めて小動物が集まり、さらにそれを餌にする野鳥たちも集まってきます。先週末に、毎年飛来を楽しみにしているアマサギもそろそろやってきていないかと思いながら農道で車をゆっくりと走らせていると、アマサギの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/09 21:55
少し疲れた・・・
少し疲れた・・・ 昨日の夕方の散歩で、遊び疲れたのかララと私が野鳥を探している間に芝生の上で居眠りを始めたハンナです。日が大きく西に傾き日差しも弱まってきたので元気が出て、つい先ほどまでララと一緒になってあちこちで匂いを嗅ぎまわったり近くに寄ってくる人たちに愛想を振りまいていたハンナでしたが、野鳥の撮影をしている間にいつのまにかララだけが私の後をついてきていて、ハンナが静かになったことに気づきました。どこにいるかと周囲を見回して見たところ、ハンナは涼しさを増してきた夕風の中で草の上に体を投げ出して、気持ちよさ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/09 13:55
暑い日でした!
暑い日でした! 昨日は最高気温が28℃近くに達し、春というよりもうすっかり夏が来たような日になり、家の中でも窓を開放しただけでは暑く、冷房がないとしのぎにくい一日となりました。ララとハンナも暑そうにしていましたが、とくに23℃あたりを超えると暑そうに舌を出し始めるハンナは、まだ高い気温に体も慣れていないためだるそうで、いつもの元気が見られませんでした。散歩に行くにも、これまでは車の窓を開けて走ると喜んで入ってくる風を受けていたのが、そんな風が入ってくる程度では暑がるので、エアコンを18℃に設定してやるとよう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/09 03:33
爽風
爽風 夕方涼しくなってから散歩に出たので、公園の散歩コースを日中に歩くより速い速度で歩くと、坂道が連続する遊歩道の途中で暑がりのハンナはもちろん、ララも舌を出してきました。実は先頭に立って2匹を励ましながら走ったり歩いていた私も息が弾んで汗ばんできたため、2匹を誘って遊歩道を外れ、林の中へ入って一休みしました。この季節の夕方、新緑の中を吹き渡ってくる風はひんやりとして爽やかです。ことに、運動して汗をかいたあと火照った顔や首筋を撫でていく風は格別です。ララもハンナも気持ちよさそうに風を受け、ときどき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/08 02:33
ツルアジサイの花
ツルアジサイの花 門柱に絡んだツルアジサイの花が咲きました。昨年まで門柱が見えなくなるほど巻きついていたツルアジサイでしたが、まとまりがなくなってきたので昨秋刈り取ってしまいました。それが、すっかりなくなったと思っていたところ、まだ門柱の裏に残っていた蔓から新芽を出して花芽までつけたようです。できた花序は二つだけながら、褐色のレンガの門柱に真っ白な花がよく映えます。数日前に気づいた蕾が、今日はもうすっかり開きました。ただ、両性花ばかりで、装飾花は一つもつけていません。いったんは全部取り去ろうとしたツルアジサイ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/07 19:11
またキジが出た!
またキジが出た! 5日前にキジと出会ったフィールドで、また雄のキジと出会えました。昨日は草の茂みでかがみこんで足元に咲くトキワハゼやキュウリグサ、ニワゼキショウなど小さな野の花を撮影していたところ、ファインダーから目を放し前を見ると、数mも離れていない草の陰から真っ赤な雄のキジの顔が現れました。静かに撮影していたので私に気付かなかったのか、音や振動に極めて敏感なキジにしては珍しいことです。キジは私がいることを確かめてからも、カメラを構え直した私の前を悠然と歩き、15分ほどの間近くを歩き回っていました。普通は人... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/07 00:44
野生のフジ
野生のフジ 公園のフジ棚のフジがそろそろ花を散らしはじめ、花期の終わりを迎えようとしています。そんな頃になって、公園の奥の林でヒサカキやスダジイに登りついた野生のフジが満開になりました。中には大きなクスの枝に登り付き見上げるような高いところで揺れている房もあります。今年は下草刈のときに刈り取られたフジがあったらしく、例年池の水面までたくさんの花房を垂らすフジが見られないのは残念ですが、薄紫色の花房があちこちで垂れ下がり風に揺れている様は見事です。あと数日は、散歩に訪れるたびにこのフジの花を楽しむことがで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/06 19:33
大きなクリの木の下で
大きなクリの木の下で 公園の雑木林の中を辿る散歩コースの途中に、大きなヤマグリの木があります。毎年秋になると、この下にはたくさんの毬が転がり秋が闌けてきたことを教えてくれる木です。この木はコースの中にいくつもある坂の一つの途中にあり、散歩中のララとハンナはよくこの木の周りで小休止します。昨日もこのクリの木の下で一休みしていると、突然近くで積もったクスの枯葉を蹴散らすような音と大きな羽音が聞こえました。それを聞いた2匹は、驚いた様子で耳をそばだて、一斉に音のした辺りに視線を向けました。私も何がいるのだろうと興味を持... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/06 01:33
モンキチョウ
モンキチョウ 草はらへ出ると、いろいろなチョウが目に留まるようになりました。私が日常観察フィールドにしている草はらでは、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ルリシジミ、ツバメシジミなどのシジミチョウの仲間や、モンシロチョウ、キチョウ、モンキチョウなどシロチョウの仲間に交じって、気温が上昇してきたこの頃では、アゲハ、キアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハなどアゲハの仲間も毎日見られます。今日は、カメラを携えて草むらに入っていくと、たくさんのモンキチョウが辺り一帯の野の花の間を縦横に飛び交っていました。写真... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/05 23:11
捕まえた!
捕まえた! 雛に与える餌を捕っているヒバリの様子を草はらで撮影していると、捕ったアブやクモ、昆虫の幼虫などを巣に運ぶヒバリたちの中へホオジロの雄が舞い降りて草の間を跳び歩き始めました。いったんヒバリたちを追うことはやめてホオジロにレンズを向けると、草の間から出てきたホオジロは、ガかチョウの幼虫とみられる大きな獲物を咥えていました。捕まえた、といっているような満足気な様子です。その大きな獲物を飲み込むところを撮影してやろうとシャッターチャンスを待っていたのですが、ホオジロは獲物を咥え直すとすぐに飛び上がっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 21:11
新緑
新緑 野山では木々が芽吹き、若葉をたくさん広げました。いつも散歩をする公園の雑木林や梅林も爽やかな緑色で覆われました。つい先日まで枝の間から空が見えていた雑木林の中も、いまは頭上を若葉が覆いたくさんの木陰ができるようになりました。展望のきく場所へ出ると、明るい日差しを反射して光る目にしみるような若葉の緑が視界いっぱいに広がります。運動すると暑さを感じるようになったこの頃の散歩では、ララとハンナはこんな新緑の下を通る木陰が涼しい道ばかりを好んで歩いています。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 18:00
ハマヒルガオの開花
ハマヒルガオの開花 いつも散歩をする海岸の砂浜を緑色で覆いだしたハマヒルガオが、たくさんの蕾をつけ、その中のいくつかが開花を始めました。つい先ごろ芽吹いて若芽の緑色が見えてきたばかりですが、もう開花が始まりました。潮風や強い日光、絶え間なく移動する砂地など厳しい環境のなかで生きている植物なので、効率よく短期間で生長し仲間を増やそうとしているのでしょう。開いた花の数はまだ数えるほどですが、大きく膨らんだ蕾が無数に見られるので、数日のうちにはあたり一帯に薄桃色の花が咲き乱れるようになり、砂と小石ばかりで単一の色調が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 12:44
セッカが舞い降りた!
セッカが舞い降りた! 先日急いで撮影してピントをずらしてしまったセッカでしたが、昨日は何とかピントのあった画像が撮影できました。今回は、なん組かのヒバリが営巣しているフィールドで地上へ降りたヒバリを撮影していたところ、切り倒されて積み上げられた枯れ木の枝へ特徴のある声で鳴きながら突然舞い降りてきました。セッカの好むススキやチガヤなどイネ科の植物は見られない開けた荒地なので、姿を認めたときは驚きましたが、急いでレンズを向けシャッターを切りました。ただ、やはりシャッターを3回切らせてくれただけで、すぐに飛び立ち、鳴き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/03 17:55
チュウシャクシギの群れ
チュウシャクシギの群れ 海辺の散歩で、予期しない嬉しい出来事がありました。車を降りて波打ち際へ出る階段を下りていこうとすると、引き潮で岩が現れた磯でたくさんの野鳥が群れていました。小さく点々と見えるものをカウントをしてみると、30羽を超える数です。遠くて種類がはよくわからなかったためカメラを取り出し望遠レンズを使って確認すると、なんとチュウシャクシギの群れでした。このあたりでは春の一時期に単独だったり数羽でいるチュウシャクシギを見ることはありますが、これだけ多くのチュウシャクシギを一度に見たことはありません。ララと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/02 23:55
群れを解いたシロチドリ
群れを解いたシロチドリ 海岸を訪れるたびに、群れを作って飛ぶ様子が観察できていたいたシロチドリが、繁殖期に入って群れを解き番を作りました。そのため最近の海岸では群れは見られなくなりましたが、たくさんの小石で覆われた渚付近では、単独で飛ぶ個体の姿がよく見られます。営巣中のシロチドリが、抱卵を交代して餌を探しに行くのでしょう。巣には近づかないようにしているのですが、うっかりララやハンナが近寄ってしまうと、巣から遠ざけようと擬傷行為を行う個体も見られます。昨日もララとハンナを遊ばせながら渚に沿って歩いていると、何度も小石... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/02 12:11
風が気持ちいい!
風が気持ちいい! 心地よい海からの風を受けて、海上を滑るウインドサーフィンのセールを目で追っているララです。昨日は突然の雷雨が去った午後からは晴れ間が広がりました。せっかくのゴールデンウイークの休暇なので朝から散歩に行こうと考えていた出鼻は雨にくじかれましたが、夕方近くになるとすっかり路面も乾いたのでララとハンナに声をかけて海辺へ出かけました。午前中の雨で散歩に行けないとがっかりしていた様子の2匹は、海辺で車から降ろすと嬉しそうに飛び跳ねて波打ち際へ走っていきました。砂浜でたくさん遊んだあと、私が波消しを兼ね... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/02 03:11
若草の中で
若草の中で フィールドの中で野草の花の写真を撮っていると、それほど離れていないところからけたたましく鳴くキジの声が聞こえました。野草の撮影を一時中断して声のした方を見ていたところ、草の間から赤い顔が現れ、その後あたりを警戒するようなゆっくりとした動作でキジの雄が姿を見せました。一週間ほど前は近くにいながら草むらからほんの一瞬現れたキジを撮影できただけでしたが、今回は草が茂っていたとはいえ、まだ草丈が低いところを歩いてくれたので連続してたくさんの写真を撮ることができました。この時期は、萌え出たばかりの青々... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 15:33
一天にわかに掻き曇り
一天にわかに掻き曇り 朝早くにはよく晴れて青空が見えていたのに、起床して着替えた頃から突然空が暗くなり雷鳴を伴った大粒の雨が激しく降ってきました。まさに一天にわかに掻き曇りといった状態です。天気予報では、上空の大気が不安定だとはいっていましたが、早朝明るい日差しが差していたことが信じられないほどの急変です。まだカーテンを開けていなかったリビングルームは照明を点ける必要があるほどの暗さになりました。強い雨は降り出した時と同じように急に収まってきましたが、まだ東の空は真っ暗で雷鳴が聞こえ小雨は降っています。今日は休日... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 11:11
子育て中
子育て中 野鳥たちは繁殖期を迎え、野山のあちこちで賑やかな囀りが聞こえ、縄張り争いをする様子が見られていましたが、この頃では野鳥たちの多くが番を形成して営巣を始めました。私がフィールドの一つにしている草はらでは数か所でヒバリが営巣していますが、卵の孵化が始まったらしく、一週間ほど前からしきりに餌を運ぶ親鳥の姿が観察できるようになりました。ヒバリは巣から離れたところに舞い降りて、そこから周囲を警戒しながら小走りで巣へ向かいます。昨日も今日もその様子を見ていると、巣へ戻る回数が頻繁になり、舞い降りるたびに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 00:33
若葉の季節
いろいろな木々の芽出しが始まった公園の雑木林の中は、明るい緑色が溢れ、その色が微妙に色相や彩度、明度に差をつけて春真っ盛りの林を彩っています。中でも鮮やかな緑は、カキとクスの若葉です。どちらも日差しを浴びると、たくさんの木々の中でひときわ目立ちます。その他雑木林を構成する中心的な樹種の一つのコナラも、枝先に若葉が芽吹き花序もたくさん垂らし、モミジやカエデは鮮やかな黄緑色の葉や小さな赤い花をたくさん枝先につけました。池の岸ではハンノキもやわらかい色の葉を水面に映しています。そんな若葉の間を爽や... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/30 20:55
如意ケ嶽
吉田山から見た、新緑が萌えだした如意ケ嶽です。昨日は、息子が研究資料や書籍を家へ持って帰りたいから車で迎えに来てほしいとのことだったので、ララとハンナの散歩を朝のうちに終えてから京都へ車を走らせました。京都へ向かう途中は雷雨に遭いましたが、京都市内へ入った頃から雨は小降りになってやがてやんでいき、息子の住まいに着いた頃には写真のように青空が広がり、緑が鮮やかになってきた東山の山並みがくっきりと目の前に広がりました。この光景は、学生時代に吉田山の中腹で暮らした私や、吉田山を下る神楽坂を下りた街... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/30 11:55
木漏れ日揺れる散歩道
コナラやケヤキなど落葉樹に新芽が芽吹き、若葉が広がるに従って、雑木林の中の遊歩道では木漏れ日がよく揺れ、林の中の光が緑がかって見えるようになりました。冬の間、葉を落とした枝の間から差し込み、林床を包み込むように直線的に届く日差しとは違い、風に枝が揺れるたびに林の中に入ってくる光が跳ね返ったり飛び跳ねたりして踊っているように見えます。写真は、そんな木漏れ日が踊る雑木林の中で、坂道を歩いて乱れた息を整えるララとハンナです。気温が上がってきたこの頃は、2匹は日向を歩いたあとはこうして木陰で一度か二... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/29 23:55
フジの開花
今日からゴールデンウイークの休暇に入ったので、朝起きてララとハンナに食事をとらせると、車に乗せて公園へ散歩に出かけました。今日の公園は、連休を利用したウオーキング大会をはじめ各種行事があったため人出が多く、いつもの静かな園内とは違い賑やかな雰囲気でした。そんな混雑を避けて、2匹と人影の見えない遊歩道へ入っていくと、池の端でフジ棚のフジが一斉に開花して薄紫と白の長い花序を垂らしクマバチやミツバチなどたくさんの昆虫を集めていました。数日前まではちらほらと開きかけた花があることを散歩の際に確認して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/29 22:11
こんなところにシロスミレ!
春の野というより、最近ではイネ科の植物やスイバなど丈の高い草が青々と茂ってきて初夏の様相に変わりつつあるフィールドを歩いていたところ、丈の高い草が刈り取られた畦でシロスミレが咲いていました。昨年まではこの周辺でシロスミレを見たことはなく、先月訪れたときにもスミレの葉があることには気がつきませんでした。思いがけず目にしたシロスミレに嬉しくなり、カメラのレンズを向け数枚撮影してから近くを探してみると、この周囲にも数株のシロスミレが短い花茎の先に真っ白な花をつけて明るい日差しを浴びていました。耕地... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 11:44
今年もカジイチゴの花が咲いた!
今年もフィールドの一角でカジイチゴの白い花が咲きました。このカジイチゴに気づいたときには、林縁の日陰の草むらの中でほんの30cmほどの丈しかなかったのですが、それが順調に生長して毎年花を咲かせ、花が終わると黄色の実をつけるようになりました。実がなるようになってからは毎年熟すころになると必ず散歩がてら訪れ、数個採っては甘酸っぱい味に季節を感じながらルナと分けて食べていました。2年前の6月にルナが亡くなって、昨年はこのフィールドを訪れる機会も少なくなり、実が熟す時期には訪れなかったので採ることは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 03:33
ケリの声
繁殖期を迎えて、田が広がったフィールドではケリの鋭い鳴き声がよく響くようになりました。そろそろ田起こしが始まり、中にはもう水が張られた田も散見されるフィールドを歩くと、高い空から降るように聞こえてくるヒバリの囀りとともに、強く鋭く鳴くケリの声が方々から聞こえてきます。先日も、畦道や田の周りの土手に足を踏み入れると、そのあたりで営巣しているらしいケリが私に向かって何度も威嚇の声を上げて上空を舞いました。これからしばらくは、田や草地を歩くと、ケリやキジの声がよく聞こえる季節です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 01:55
ピントがずれた!
今春初めて出会ったセッカの画像です。このあたりのセッカは冬には移動するらしく毎年春の繁殖の季節になると独特の鳴き声が聞こえてきます。4月初旬には他の場所で鳴き声だけは確認していましたが姿を見ることはできませんでした。早く撮影したいと思っていたところ、先日たまたま小川が流れている道を走っていると、車の前方の枯れ草に小さな野鳥がとまるのが見えました。すぐに車をとめて望遠レンズを向けるとセッカです。距離はありましたが、すぐに飛び去りそうな様子だったので急いでシャッターを3回切りました。すると、やは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/27 12:11
山路来て
ララとハンナを連れて、滅多に人が入ってこない森の奥の道を歩いていると、木漏れ日が揺れる中にタチツボスミレが咲いていました。鬱蒼と大木が茂り昼でも薄暗い森の中ですが、所々に枝の重なりが途切れて明るく日が差すところがあります。そんなところの一つで、このタチツボスミレは小さな株の真ん中から花茎を1本伸ばしその先で小さな紫色の花を咲かせていました。スミレの花が好きな私は、自然の中で人知れず咲いているスミレの花を見ると種類を問わず嬉しくなります。気をつけていないと目にも留まらない大きさながら、目にした... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/27 01:33
コウボウムギ
散歩に訪れる海辺の波打ち際近くで、コウボウムギがたくさん穂を出しました。この写真では疎らに生えていますが、場所によっては大きな群落を作り花茎ももっと丈の高いものが林立しています。海岸は風や波による砂の移動が激しいので、砂が飛ばされたり流されたところではうまく育たず、近接したところにあっても生育に差が出るのでしょう。ちょうど今の海辺は、少し前まで風に揺れていたハマダイコンの花が終わり、このコウボウムギとハマヒルガオが芽を出して、日ごとに砂の上を覆うようになってきています。そんな砂の上を這う海浜... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/26 16:33
小石の間にシロチドリ
小石の間からハマヒルガオが芽を出し、点々と緑色が目につくようになってきた渚を歩いていると、無数に転がる小石に紛れるように1羽のシロチドリがうずくまっていました。ララとハンナの進行方向にあたっていたため、2匹を呼び寄せていると、シロチドリも私たちに気づいたらしく立ち上がってこちらを見ていました。この海岸は砂浜に小石が広い範囲で転がっていてチドリの仲間が営巣するには適しています。今シーズンも何組かのチドリが子育てを始めているようです。初夏には、浜辺を歩き回ったり不器用な様子で飛ぶ雛の姿が見られる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/26 11:33
クスの落ち葉
野鳥の囀りが頭上のあちこちから響いてくる公園の雑木林の中で遊ばせていたララとハンナを、林の中に来て1時間ほどたったので帰宅しようと考え呼び寄せると、草むらや枯葉の山の中の臭いを嗅ぎまわっていた2匹は、そろそろ帰ろうか、と話し合っているような様子で枯葉を踏む音を立てながら私の方へ歩いてきました。家でも散歩中でもいつも離れることなくくっついて、仲の良い2匹です。今の林の中はクスの若葉が目に鮮やかですが、芽吹いた葉と交代して落ちたたくさんの葉が積もり、何層にも重なって地面を覆っていて、歩くとやわら... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/25 20:33
レンゲソウ
荒れ地にレンゲソウの花が咲いていました。私が住む周辺では、大都市のベッドタウンとするため住宅建設や商業地造成のための土地開発が進んで、田や自然の土手、草地が消滅し、レンゲソウを見る機会がめっきり減りました。子供のころに見た一面のレンゲ畑などこの20年ほどまったく目にしていません。それどころか、小さなレンゲソウの群落をを見ることさえできなくなりました。それが、ララとハンナを連れて散歩をしていたところ、荒れ地の片隅に固まってレンゲソウの一群が夕日に照らされ、濃いピンクの花を風に揺らしていました。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/25 16:44
キジと出会った!
フィールドの中の道を、窓を開けて車をゆっくり動かしていたところ、すぐ近くでキジの鳴き声と母衣打ちをする音が聞こえました。早速車をとめて車外へ出てみると、道の脇から5mも離れていない草むらが動きました。見ているまにカラスノエンドウの茂みが順に揺れて、その揺れている部分が私から遠ざかっていきます。私に気づいたキジは身を隠して茂みの中を逃げているようだったので、大きく迂回してキジの進んでいきそうな辺りを見ていると、考えていたよりずっと遠くの茂みが途切れた部分から雄の赤い顔がのぞきました。相変わらず... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/24 22:44
ハナミズキの開花
庭のシンボルツリーにしているハナミズキが開花を始めました。昨年は4月15日に枝の先々でたくさんの花が一斉に開花ましたが、今年は1週間以上遅れての開花のうえ、まだこれからゆっくり咲こうといった様子の蕾もたくさんあります。もともと我が家のハナミズキは、毎年ご近所の庭のものと比べると最も遅く開花していた木ですが、昨年はどういうわけか町内で一番早く開花しました。それが、今年は周りのハナミズキが開いてからの開花で、元に戻ったようです。これから2週間ほどは、庭が真っ白な花で明るく飾られます。今日も窓の外... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/24 12:00
いいお天気だ・・・
穏やかでいいお天気だった昨日は、夕方近くになってララとハンナを連れて海へ行ってきました。車で走っていてもエアコンをかけるより窓を開けて走ったほうが気持ちがよかったので、後部の窓を開けて走ると、どちらも車内に入ってくる風を気持ちよさそうに受けて流れていく外の景色を見ていました。海辺に着くと早く降りたくてたまらないといった様子でドアを開けるのを待っていた2匹は、車を降りたとたん待ってましたとばかりに急いで水際へ駆けていき砂浜を歩き回っていましたが、あまりにいいお天気に眠気を誘われたのか、私が野鳥... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/24 01:33
今年もオオヨシキリがやってきた。
今年も家の前の調整池にオオヨシキリがやってきました。昨日の朝窓を開けると、最近家の周りでよく耳にするカワラヒワの囀りがすぐ近くから聞こえてきました。鈴を転がすようなその鳴き声に耳を傾けていたところ、突然けたたましくなくオオヨシキリの声が割って入ってきました。昨年は4月28日に初めて声が聞こえたので、6日早い飛来です。住宅地が開発されてすぐに建てた現在の家に住んだその翌年の夏以来、毎年聞こえるようになったオオヨシキリの鳴き声なので、この声はもうすっかり我が家の生活の中での風物詩のひとつになりま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 11:11
タンポポの絨毯
この頃の公園では、日当たりのよい地面のあちこちでタンポポの花が一面に咲き広がっています。遠くから見ると鮮やかな黄色の絨毯を広げたようで見事です。タンポポが群れ咲いているところは、ララとハンナの散歩に行くといつもは自由に走らせたり転げ回らせたりする空き地や芝生の一角なのですが、今はせっかく咲いたタンポポの花を潰してしまいそうで、脚を踏み入れるのを躊躇してしまいます。昨日も地面がタンポポの花で覆われている中へ2匹が入っていったので急いで呼び戻したものの、せっかくきれいなタンポポに囲まれていたので... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 22:22
ルナ 2013年3月
前ページのララとハンナを撮影した公園の遊歩道のほぼ同じ場所で撮影した、木漏れ日の中を歩くルナです。パソコン内の2013年の画像ファイルを開いていたところ、ちょうどこの画像が出てきたので、撮影した季節は少しずれますが、全ページとセットにするつもりで掲載しました。今でこそ毎日のように散歩のためこの公園を訪れていますが、ここを頻繁に訪れるようになったのは、太りすぎたルナのダイエットのため運動をさせようと考えてからのことであり、それまでにいたサラや五郎はそれほど足繁くこの公園に連れてきたことはありま... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 20:11
日差しが強くなってきた!
日差しが強くなってきました。雑木林の中を巡る遊歩道で揺れる木漏れ日が作る影も、濃さを増してきました。ララとハンナも長い時間日差しの中を歩くと暑がるようになりました。ララは暑くて長い舌が出てきても元気に飛び跳ねていますが、暑さに弱いハンナは少し長い時間歩くと歩みがゆっくりになったり座り込むようになり、時によっては散歩を途中で切り上げて車に戻りたがります。そのためこの頃の日中の散歩は、木陰の多い林の中ばかりを歩いています。まだ現在は最高気温が20℃ほどですが、そろそろ散歩の時間も朝夕の気温が低い... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 01:11
ホップ、ステップ、ジャンプ!
先月までは岸近くの海上一面に点々と浮かんでいた200羽を超えるスズガモも、今月中旬あたりからその数を減らし昨日の散歩で訪れた海辺では、わずかに十数羽が確認できただけでした。今シーズンは、この海岸ではスズガモとヒドリガモはどちらもたくさんの飛来があり、十分観察、撮影することができました。一冬目を楽しませてくれ、まもなく北帰行に向かうであろう波打ち際に浮いているスズガモを、無事に北の繁殖地に着くようにと思いながら見ていると、波打ち際を走ってきたララとハンナが近づく気配を察して、そのスズガモが水し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 16:55
飛んだ!
寒い冬の間は数羽だけだった海辺を飛ぶシロチドリの数が、春になって増えてきました。この頃では、波打ち際を歩くといつも十数羽の群れを見ることができます。昨日も久し振りに訪れた海辺では、小石がたくさん転がった波打ち際でシロチドリの群れが羽を休めたり餌を拾っていました。ララとハンナを波打ち際で遊ばせ、シロチドリの写真を撮っていたところ、少々近づきすぎたため驚いた群れが一斉に舞い上がりました。写真は、笛を吹くような声で鳴きながら、頭上を飛んで離れた渚に向かうシロチドリを見上げるララです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 11:55
ハマヒルガオが芽吹いてきました。
4月7日以来足を向けていなかった海岸へ久し振りに行ってみると、砂浜になっているところではハマヒルガオが芽を出し、明るい緑色の葉を広げ始めていました。およそ2週間前には枯れ草がところどころに積み重なるように横たわっていただけで、細かい砂が一面に広がっていたのに、昨日は青々としたハマヒルガオの若葉が砂の上を覆っていました。植物の芽吹き後の生長の速さには驚かされます。この海岸は小石と貝殻が多いため、ララとハンナは散歩するときには歩きやすい砂のある部分を選んでいるので、昨日の散歩は写真のハンナのよう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 01:44
夏羽になったユリカモメ
波打ち際を散歩していると、ユリカモメが1羽岸近くで波に揺られていました。二週間ほど前にこの海岸で見たユリカモメはまだほとんど冬羽のままでしたが、この個体の頭部は真っ黒になってすっかり夏羽に衣替えをしています。4月も下旬に入り、渡りの時期も終わろうとするころなので、多くのユリカモメは北へ向かったのでしょうが、この個体はのんびりとまだ日本の春を楽しんでいるようです。しかし、暑さを感じる日もでてきたので、そろそろ北へ向かって飛び立つ日も近いことでしょう。これが今シーズンの見納めになるかもしれないと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/20 16:55
春型ベニシジミ
野の花が咲き乱れる中で暖かい闌春の日差しを受けて、ベニシジミが嬉しそうに花から花を飛び回っていました。今の時期に見られるベニシジミは、春型ばかりで色鮮やかです。このあたりでは、ベニシジミは3月中旬ころから見られるようになりますが、4月も中旬を回る頃になると数も増えてよく見られるようになり、草地が広がるフィールドを訪れるとほぼ毎回出会えるようになります。このベニシジミも、田の畦で野の花の写真を撮っていたところ、ヤマトシジミやモンシロチョウ、ヒメアカタテハなどとともに近くへやってきて長いあいだ私... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/20 10:55
遅かった!
今年も近隣のサクラのきれいな場所はほとんどララとハンナを連れて訪れることができましたが、毎年くぐっているサクラのトンネルが見事な運動公園は、天候と空いた時間がうまくかみ合わず、サクラが散り始めるころまで訪れることができませんでした。先週末にようやく訪れたところ、時すでに遅く、見事に咲いていたはずのサクラは半分ほどは散ってしまい、遊歩道に沿って植えてあるツツジがもう花芽の先を赤くしてほころびかけていました。家から一番近い距離にあるのに都合がつかないときはこんなものです。写真は、サクラがたくさん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/19 18:33
サクラ散る道
お昼前から雨が降り出しました。この頃よく雨が降ります。天気予報を聞いてみると、これからますます雨と風が激しくなる虞が強いということです。いよいよこの雨で、残っていたサクラの花も散ってしまうことでしょう。写真は一昨日の散歩でララやハンナと歩いた公園の遊歩道ですが、穏やかな日差しの中でときどき吹いてくる春風を受け、たくさんのサクラの花びらが地面や草の上にゆったりと舞い落ち、辺り一帯は華やかな雰囲気に包まれていました。気のせいでしょうが、サクラの花が雪のように降る中を歩くララとハンナも心地よさそう... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/17 17:33
ヤマザクラの花
華やかな雰囲気を辺り一帯に醸し出していたソメイヨシノがさかりを過ぎて、落花がさかんになってきました。昨日もサクラ並木がトンネルのようになった道を歩くと、風が吹くたびに花びらが雪のように舞っていました。そんなソメイヨシノが花期を終えようとするこの頃の雑木林の中では、ヤマザクラが満開になっています。若葉が芽吹いてきた林の中で開花した白や薄桃色の花が、春の日差しを浴びて輝くように咲いている様は爽やかです。ヤマザクラはソメイヨシノのように木々が一斉に花開くのではなく、開花時期が個体によって微妙にずれ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/16 01:01
サクラの季節が過ぎて行きます。
何度も雨がやってきて風も強まったこともあったので、数日前の風雨でこの地方のサクラの季節も終わるかと考えていましたが、今年はそれからも一斉に散ることなく花を見せてくれたサクラがたくさんありました。この写真は昨日の散歩で撮影したものですが、広い公園の中ですっかり花を散らせてしまったサクラがある中で、この一角に立ち並ぶサクラはまだ満開の様子を見せてくれました。それでも今日はまたお昼ころ一時雨が降り、一度は晴れたもののまた夜になって雨が降り出したので、いよいよ今年のサクラも見納めになるでしょう。例年... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/15 20:11
暖かくなった!
4月も半ばになり、暖かくなりました。この頃では最高気温が20℃を越える日も多くなりました。散歩をしていても日差しは暖かく、頬を吹く風は心地よく感じます。少し長い距離を歩かせると舌を出すようになったララとハンナも、やわらかい草の上で休ませると気持ちよさそうに春の日差しを浴び風に吹かれています。この写真を撮ったときも2匹は、サクラの花が風に舞う中で、タンポポ、カラスノエンドウ、ミミナグサ、スズメノヤリなどが咲き広がる草の上に横になり気分よさそうにあたりを見回していました。ハンナなどは、よほど気持... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/15 15:33
ヘビイチゴの花
いろいろな春の野草が萌えだした日当たりのよい土手に沿った小道を歩いていると、明るい緑色の草の間に点々と黄色の花が目にとまりました。近寄ってみるとヘビイチゴの花です。ヘビイチゴの明るい黄色の花は、春の野草が咲かせる花の中でもよく目立つものの一つです。別のフィールドでは、4月から5月にかけてあたり一面がこの花と、花が散るとすぐに大きくなってくる赤い実で覆われる草はらがあります。毎年今くらいの時期になると、そこへルナを連れて行き遊ばせながら野鳥や昆虫の観察、撮影をしたものでした。鮮やかな色で咲き始... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/15 14:11
サクラの枝の下で
公園の中ではたくさんのサクラが花びらを散らしましたが、中には遅れて満開になった木もあり、そんな木の下ではまだお花見の気分が味わえます。昨日もララとハンナをを連れて散策を楽しんでいると、土手に植えられたソメイヨシノの数本は今がさかりとたくさんの花をつけていたので、その枝の下で腰を下ろして小休止をし、2匹にはビスケットを与えてお花見をしてきました。萌え出た草の間でタンポポやヒメオドリコソウが咲き乱れる中をモンシロチョウやベニシジミが舞い、ほかのソメイヨシノが散らした花びらが草や地面に降りかかって... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/15 01:44
アケビの花が咲いた
雑木林の中を歩いていると、ハゼやヒサカキ、ネズミモチなどに登りついたアケビが明るい緑色の葉を広げ始め、たくさんの蕾を下げていました。冬に葉を落とし芽吹きが始まったばかりのハゼに登りついたアケビは、日当たりがよいためかもう開花しているものもたくさんあります。アケビの花は小さく目立たない花ですが、野山に春が闌けてきたことを告げる花で、子供の頃から親しんできたせいもあり私の好きな野の花の一つです。これを撮影しようとララとハンナを待たせて林の中に入り、秋に実がなったら採りにこようと思いながらレンズ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/14 01:11
群れが小さくなりました。
一日の最高気温が20℃近くになることが多くなり、サクラの花も散り始めたこの頃では、水辺に群れていたカモの数が徐々に減り始め、群れも小さくなってきました。つい先ごろまで海辺に200羽を超える数で群れていたヒドリガモも、北へ向かうものが増えてきたようで、最近では数羽から10羽ほどの群れが点々と見られるだけになり、簡単に数を数えることができるようになりました。このカモたちも、あと10日もすれば北へ向かって飛び立ち、姿が見られなくなりそうです。今秋にはどれくらいのカモがやってくるだろうかと思いながら... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/13 17:11
ヒヨドリが飛び出した!
野鳥たちの囀りで賑やかになってきた雑木林の中や満開になったサクラの木では、ヒヨドリの声がひときわ甲高く響いています。特にヤブツバキやサクラの花には何羽もやってきて、メジロなどの小さな野鳥たちを追い散らして我が物顔に振舞い蜜を吸っています。そのヒヨドリを撮影しようとしていると年配の女性の集団が、ヒヨドリは小鳥たちを追い散らすから憎らしく見える、といいながらすぐ近くを通り過ぎていきました。その気配に驚いたのか、1羽のヒヨドリが慌てた様子で枝から飛び出したので、その瞬間を撮影してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/13 00:55
ヤブツバキの花
この一週間ほどは、報道や会話の中などあちこちでサクラの開花が話題になっています。街中を走っても郊外を走っても、いたるところに桜色の世界が広がり華やかな空気が漂って、季節は春真っ只中です。そんな中で、華やかなサクラの花ばかりが目立ちますが、雑木林の中を歩くとヤブツバキが濃い緑色の葉の間で真っ赤な花をたくさんつけて、こちらも見ごろを迎えています。今日は研究会が予定より早く終わったので急いで帰宅し、連れて行くことができないと思っていたララとハンナの散歩へ出かけると、公園内のヤブツバキの木や茂みがあ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/12 17:11
残念ながら・・・
今日は昨夜からの雨が一日降り続け、夜になってようやくやんできました。散歩ができなかったララとハンナはもちろんのこと、昨日に続いて満開のサクラと野鳥を撮影しようと思っていた私もがっかりしました。朝方は強く降っていたので、おそらく公園のサクラは落花が進んだことでしょう。明日は朝から会議と研究会が入っているため、公園を訪れることができません。残念ながら、今年はサクラの一番の見頃の時期にサクラの花に囲まれた野鳥を撮影する機会を逃してしまったようです。写真は、昨日の夕方公園を散歩しながらサクラを見て回... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/11 23:55
春爛漫の花の色
これも今日の公園の散歩で撮影した1枚です。公園中のソメイヨシノは満開になり、中にはもう風に花びらを舞わせるものも出てきました。先日までよい香りを辺り一帯に漂わせて咲いていたウメに変わり、今度はサクラが華やかに公園の中を飾りました。地上では、タンポポとヒメオドリコソウの花が一面に咲き、スイバやギシギシも赤みを帯びた花穂を持ち上げ、所々ではハルノノゲシも咲いています。林の中からは野鳥たちの囀りが響き、春爛漫の花の季節になりました。サクラの季節は短いものの、これからコブシの花に続いてモクレンやハナ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/10 17:33
花曇り
降り続いた雨は昨日一度は降りやんだのですが、今日はまた雲が広がり天気予報では夜から雨になりそうだとのことです。午後から徐々にその雲が厚くなってきたので、降り出す前にララとハンナに散歩をさせようと公園へ連れ出しました。園内はソメイヨシノが満開になって遊歩道の一部では見事なサクラのトンネルができていましたが、平日の上にお天気が崩れそうなこともあってか人影は疎らだったため、2匹を放してゆっくりとサクラ見物をしてきました。よく晴れた明るい日差しの下で見るともっと鮮やかできれいだったかもしれませんが、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/10 15:33
ヒバリの囀り
最近フィールドへ出ると、よくヒバリの声が聞こえてきます。草はらや畑の畦を歩けば、いたるところで足元近くから飛び立ち、徐々に空高く上昇しながら大きな声で囀って縄張りを宣言しています。野の草が萌え菜の花が咲く中で、青空から降るように聞こえてくるヒバリの声を聞くと、子供の頃春の野を駆け回って遊んだときの友達の顔や、当時ののんびりとした春の田園風景が瞼の奥に浮かんできます。このあたりでは、区画整理や住宅開発で私が子供の頃に親しんだ丘や野原はすっかり姿を変え、一時ヒバリの声を聞くことがほとんどできなか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/09 23:44
春の海を背景に
今日はまた朝から雨の降る一日となりました。強い雨ではないものの、ときどきほんの短時間やんではすぐに降り出しています。そのため、ララとハンナの散歩は今日はできそうになく、2匹はつまらなさそうにリビングルームを中心にしてあちこちの床の上で寝そべっています。雨は降っても昨日のようにうまく晴れ間があればよいのですが、どうもそんなわけにはいかないようです。今日は外で写真を撮るわけにはいかないので、昨日の海岸で撮った、春らしい様子を見せるようになってきた海を背景にしたハンナの写真を掲載します。ゆったりと... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/08 16:11
スズガモ
昨日海岸を散歩すると、真冬に比べて数は減ったものの、まだスズガモが波打ち際や海上でたくさん群れていました。ざっと数えても100羽はくだらない数です。それにしても、今シーズンはこの海岸にたくさんのスズガモとヒドリガモが集まりました。最盛期には数百羽のスズガモとヒドリガモの群れの中にキンクロハジロやマガモなど数種類の群れも交じり、岸近くの海面を無数のカモが埋め壮観でした。サクラの季節になり、カモが見られるシーズンも終わりを迎えますが、来シーズンはこの冬数が少なかったオナガガモやオカヨシガモなども... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/08 12:33
今年のニワウメ
門の横に植えてあるニワウメが、たくさんの花をつけました。例年は、ソメイヨシノが満開になったあとを受けて咲くことが多いのですが、今年はソメイヨシノの開花が遅れたので、ほぼ同時期の開花になりました。狭いところに植えたものでもあり、もともと大きな木に成長する植物ではないため木自体は小さなものですが、細い枝が隠れて垂れ下がるほど花を咲かせました。昨年はどういうわけか花数が少なかったのに、今年は昨年の分まで付けたのかと思うほどの花の数です。この分なら、花が終わったとにできる実もたくさん付けるかもしれま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 23:55
遠出は中止
春の休暇も残すところあとわずかとなったので、今日は山の中の渓流にララとハンナを連れて行き遊ばせようと思っていましたが、残念ながら現地の天気予報を確認すると雨の確率が非常に高く、このあたりでも早朝に一時小雨が降ったため出発を中止しました。時間が経つにつれて雲が厚くなり雨がやってきそうになったので出かけなくて正解でしたが、ララとハンナはせっかく私が家にいるのにどこへも行けなくてはつまらないだろうと考えて、雨の降り出す前にいつもの公園へ行き遊ばせました。今日の公園は、お天気が崩れそうになったことも... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 17:55
シダレザクラの開花
ソメイヨシノに先立って、公園の中に数本見られるシダレザクラが満開になり、木の周り一体が華やかな空気に包まれました。我が家の前にある調整池の周りの八重のシダレザクラ十数本は昨日から数輪が開き始めたばかりですが、この木はこの地域の中でも一番早くサクラの季節を告げてくれました。それにしても今年はサクラの開花が遅く、例年より1週間以上遅れています。この週末あたりには街全体が桜色に染まるとは思いますが、どうも週末は風雨が強まりそうだとの予報が出ているので、せっかく咲き出したサクラに影響が出ないか気にな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 09:11
こんなところにムスカリの花が・・・
フィールドの中を散歩していると、燦々と降り注ぐ暖かい日差しを浴びてララもハンナも暑くなり少し疲れたようだったので、春の野草がたくさん花開いている草はらで休憩させました。すると、タンポポ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ミミナグサ、ナズナ、タネツケバナなどの小さな花が無数に咲き広がっている中に、ムスカリの青紫色の鈴を並べたような花が固まって咲いているのが目にとまりました。近くには花壇もないようなところなので、誰かが球根を植えたものか、それとも野鳥が球根を運んできたのか、いずれにしても初めはわずか... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 01:11
お花見
公園のソメイヨシノが徐々に開花を始めました。全体としてはまだ3分咲き程度に見えるものの、木によっては8分咲きほどに花を開いたものも出てきました。今日は公園の桜並木を歩いてきましたが、平日のため人出もほとんどなく、かろうじてベンチや広げた茣蓙の上でお昼ごはんを食べている数組のお年寄りのグループが見られただけだったので、写真のように広々とした園内を私とララとハンナだけで独占して花見を楽しんできました。この公園内のソメイヨシノの数は、5000本ほどあるというウメの数ほどではありませんが、それでも広... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/05 15:33
オオタカだった!
お昼過ぎから海辺の公園内にあるドッグランへララとハンナを連れて行き、2匹を遊ばせながらベンチに座ってのんびりと空を見ていたところ、晴れ渡った青空高く舞っているタカの姿を認めました。ただ、遠すぎて肉眼では種類が判別できません。この海岸でよく見る猛禽はほとんどの場合ミサゴなので、おそらくこれもミサゴだろうと思いながら近づいてくれるのを待っていました。ところが、意に反してタカは2度ほど帆翔を繰り返すと遠ざかる気配を見せたので急いでレンズを向けてシャッターを切りました。そのときもまだ種類ははっきり分... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/04 19:00
春の嵐
昨日は午後7時近くになって突然空一面に雲が広がったかと思うと、強い風とともに大粒の雨が落ちてきました。天気予報ではよいお天気だということだったので、一体どうしてしまったのかと思うほどの急変です。どうも局地的に発生した寒冷前線が通過したようでした。ちょうど剣道の稽古に出かけようとしていたところだったため、強い風雨の中で玄関を出ましたが、道場に着く頃にはほぼ雨はやみ、まるで真夏の夕立のようなきわめて短時間の降雨でした。写真は、急に外から聞こえ出した強い風の音と、外壁や窓ガラスをう打つ雨音に聞き耳... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/04 13:11
スモモが花ざかり
いつも散歩をする公園では、雑木林の中の開けた広場にミカン、カキ、キウイフルーツ、ビワなどの果物の木が植えられ、その中の一つにスモモの木があります。ちょうど今はそのスモモの白い花が満開で見頃です。昨日は散歩の途中に10本ほど植えられているスモモの木の下でララとハンナを休ませ、おやつを与えながら花見をしてきました。静かに花を見ていると、ときどき雑木林の中からメジロやヒヨドリが飛び出してきて蜜を吸っていました。実ができ初夏に熟してくると、野鳥たちにとっては花の蜜とは違った味の美味しい餌となるでしょ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/04 00:44
昆虫も出てきた!
野原や公園、道の脇などあちこちで芽をもたげていたいろいろな種類の野の草が、次々に花をつけ、それが暖かい春の日差しを浴びて咲き始めました。そんな小さな花が群れ咲くところでは、昆虫たちの活動も活発さを増しています。昨日もホトケノザやカラスノエンドウ、タンポポなどが固まって咲いている公園の一角ではヒラタアブやミツバチ、ハナアブ、モンシロチョウなどがたくさん飛び交っていました。池の周辺では今年初めてユスリカの集団も目にしました。いよいよフィールドでは野鳥だけでなく、昆虫をはじめいろいろな生き物を見る... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/03 23:55
サクラの季節を迎えます。
公園内の梅林でウメの季節の殿を務めて咲いていた遅咲きのウメも、ソメイヨシノが咲く頃になって花期を終えようとしています。木の下には萌え出てきたカラスノエンドウやホトケノザ、ミミナグサなど春の野草の上に八重の花びらが点々と落ちています。今年は例年より早く1月の下旬から咲き始めたウメの花を、公園を散歩するたびに長い間楽しむことができました。サクラの季節はウメと比べると短いものの、これから一週間ほどはサクラが日毎に開花を進めて園内を華やかに飾るようになり、夏鳥の飛来を確かめることに加えてまたひとつ公... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/03 09:55
囀りの季節
フィールドを歩くと、梢の先端や電線にとまり特徴のある鳴き方で囀りを響かせているホオジロをよく見かけるようになりました。先月あたりまでは短く区切るように鳴く地鳴きでしたが、暖かさが増し日差しも春めいてすっかり囀りの季節に入ったようです。昨日も窓を開けてゆっくりと車を走らせていると、近くからホオジロの囀りが聞こえてきました。車をとめて声のする方を探してみたところ、1羽のホオジロが花を落としたウメの梢にとまり、胸を張り空に向かって大きな声で鳴いていました。どこへ行っても、野鳥たちの明るい囀りが聞こ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/03 01:33
春の日を浴びて
暖かい春の日を浴びて、オオバンが水際でのんびりと羽繕いをしていました。昨秋飛来した当初は人を警戒し、人の気配があるときには岸に近づくことも希でしたが、ひと冬この池で過ごす中で、カルガモに交じってたくさんの人から餌をもらうことを覚えて警戒心を解いてきました。野生の動物や鳥に餌付けをすることは問題がありますが、それでも人を恐れず寄ってくる様子を見ると心が和みます。昨シーズンからこの池にやってくるようになったオオバンは、今シーズンは5羽と昨シーズンの半分でした。春になって、そろそろこの池を去る時期... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/03 00:33
ツバメの初見
東京都心では2年連続してツバメの飛来が確認できなかったとの新聞記事がありましたが、当地では今年もツバメがやってきました。今朝窓を開けると、真っ青に晴れ渡った空をツバメが横切りました。今年のツバメの初見です。例年3月25日前後に確認できるツバメの飛来ですが、今年は1週間ほど遅れました。サクラの開花も遅れているので、全体に気温の上がり方が鈍いのかもしれません。いずれにしてもツバメの飛来を見ると、春がまた一歩歩みを進めたと感じます。この写真は、午後から散歩に出かけたフィールドで撮ったものです。フィ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/02 17:33
何度も出会えた!
春の色を見せるようになった波がゆったりと寄せてくる海辺を歩いていると、まだカンムリカイツブリが2羽海面に浮いていました。今シーズンは、この水域では訪れるたびにカンムリカイツブリを確認することができました。ことに3月になってからは、岸近くまで接近してくることが多く、漁をする様子も間近で見ることができ、撮影の機会もたくさんありました。そろそろ北へ帰る時期なので、間もなくこの水域からは姿が消えるでしょうが、来シーズンもまた出会うことを期待して、見るたびにこれが今シーズンの最後の出会いになるだろうと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/31 23:11
近寄ってきた!
花期を終え花が落ちてしまったこの頃の梅林の中は、花の蜜を吸いに来ていたメジロの姿が少なくなり、餌を探して地上を跳び歩いているツグミの姿ばかりが目につきます。冬の間は枯草が重なったり地面がむき出しになった寒々とした光景の中で餌を求めていましたが、春になった今は萌えだした明るい緑色の草や、たくさんの春の野草の花が咲き広がる中で明るい日差しを受けて餌探しをしています。中には冬の間公園の中で暮らし、人が危害を加えないことを学習したのか、人が近づいてもよほど近寄らない限りは逃げていかない個体も見かけま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/31 16:44
囀りが賑やかになってきました。
日増しに暖かくなってきたこの頃では、公園の林の中からはシジュウカラ、カワラヒワ、ヒヨドリ、メジロなどの囀りが、また林周辺の開けたフィールドではホオジロのそれが頻繁に聞こえるようになってきました。いよいよ野鳥たちの繁殖シーズンが始まったようです。今日もララとハンナを連れて林の中を歩くと、喬木の木々の間から賑やかに野鳥の声が降ってきたので、いつもより長い時間林の中やその周辺を歩き声の主の姿を追ってきました。その間遊んで待っていたララとハンナは、遊び飽きたうえ日に当たって暑くなってきたらしくオオイ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/30 17:55
残る紅梅
すっかり春らしい陽気になり、つい先日まで春の訪れを告げていたウメも遅咲きの紅梅を残してほとんどが散りはてました。その紅梅もそろそろ終わろうとしています。紅梅ばかりが植えられている公園内の梅林では、花弁を散らせ始めた枝の間をメジロやシジュウカラ、ヒヨドリなどが飛び交い、名残惜しそうに蜜を吸ったり花をついばんでいる姿が見られます。写真は3日ほど前に撮影したものですが、10羽ほどのメジロの群れが賑やかに花の間を見え隠れして騒いでいました。この一角も昨日訪れるとさらに落花が進んでいたので、来週あたり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/30 12:33
歩くと暑くなってきた
散歩をすると暑さを覚えるようになってきました。特に暑さが極端に苦手なハンナは、日向を長い時間歩くと舌を出し、ゆっくり歩くようになりました。写真は昨日の散歩で撮ったものですが、林の中のアップダウンの多い道を通ってきた後、日当たりのよい広い遊歩道へ出て暑そうに息を弾ませているララとハンナです。ちょうどメジロが近くのウメの木にきたので足をとめさせると2匹は、暑くてしようがないから一休み、といった調子で揃って腰を下ろしました。私も、この頃では公園の散歩をすると途中からから汗が出てきます。寒さが遠のき... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/29 18:55
咲いた!
ソメイヨシノが開花しました。きょうのお昼過ぎにララとハンナを連れて公園へ行くと、池の周りに立ち並ぶソメイヨシノの蕾が大きく膨らんでピンクに染まり、今にも開きそうな状態でした。そんな枝を見ながら歩みを進めていくと、1本の大きな木に薄いピンクの花が2輪だけ開いていました。今年初めて見るソメイヨシノの花です。これを撮影してから散歩を続け公園内のソメイヨシノを見て歩いてきましたが、開花していたのはこの2輪だけでした。しかし、ほとんどの木の蕾は今にも開きそうな様子なので、明日には開花が進み、週末にはた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/29 15:33
のどかな春の午後
昨日まで吹いていた強い風も収まり、穏やかないいお天気になりました。散り残っている遅咲きのウメの枝の下では、色とりどりの野草の花が一面に咲き広がりました。そんな枝の間や草はらでは、シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラ、カワラヒワ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ヒヨドリ、モズなどが春の訪れを喜び、嬉しくてしようがないといった様子で囀りながら飛び回っています。そんな野鳥たちを撮影しようとあちこち動き回ってシャッターを切っていると、動かないよういいつけて待たせていたララとハンナも、萌え出てきた若草に囲ま... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/28 13:00
開花間近
東京で21日にサクラの開花宣言があって以来、この辺りのサクラはいつ開花するのかと楽しみにしていたところ、先ほどララとハンナを連れて公園の散歩をしながら遊歩道に立ち並ぶソメイヨシノの枝先を見ると、日当たりがよく冷たい風の当たらない場所にあるソメイヨシノの蕾が芽鱗を割って濃いピンクの花弁を見せ、開花まであと一歩という段階になっていました。あと2,3日もあれば一斉に開花しそうな様子で、気温が高ければ明日にでも咲きそうな蕾もちらほら見受けられます。辺りによい香りを漂わせたウメの季節が終わり、いよいよ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/27 15:44
アンズの花
ウメの花のほとんどが花期を終えて、今度はアンズの花が満開になりました。このあたりにはウメの木は多いのですが、アンズの木は多くありません。それでも昔からの畑が残っているところや公園の中ではたまに見ることができます。このアンズも公園の梅林の中でウメの木に交じって数本見られるアンズです。木肌や樹形が幼木のときには特にウメとよく似ているので、大量にウメの幼木を植えるときに紛れ込んだのかもしれません。花も色や形はウメとよく似てはいるものの、その雰囲気にはより可憐さと華やかさがあり、ウメとは違ったよさを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/26 23:55
海辺へ
昨日は夕方からお天気が崩れ始めるという予報だったので、正午を少し回った頃からララとハンナを散歩に連れ出しました。春になって潮干狩りを楽しむ人たちが増えて、海岸付近の道路が混雑したり波打ち際にたくさんの人出があることが多いため、今週は海へ行くことは避けて公園の林の中ばかり歩いていたので、久しぶりの海辺の散歩です。昨日は土曜日ではありましたが、海岸に着くとちょうど満潮の時間と重なり潮干狩りをする人も見られず、いつものように人気のない海辺をのんびり歩いてきました。2匹を遊ばせながらゆったりと寄せて... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/26 01:33
色づいてきた!
蕾の先が色づいてきたソメイヨシノの枝にコゲラがやってきて、昨年の秋に産み付けられた大カマキリの卵嚢をつついていました。東京ではサクラの開花宣言が出たとのことですが、このあたりのソメイヨシノの蕾は数日前まではまだ固く芽鱗に包まれていました。それがこの2日ほどの間に日当たりのよい枝の蕾が緩み出し、先端に微かに薄いピンクが見えるようになってきました。あいにく昨日は冷たい風が吹く冬が戻ったように寒い日でしたが、暖かい日がくればあと2日もあると開花しそうな様子です。早く暖かいそよ風の中に咲くサクラの花... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/25 02:33
春の空を舞う
フィールド内を野鳥を探してゆっくり車を走らせていると、前方上空でカラスのモビングを受けている猛禽が見えました。車をとめてカメラを用意し2羽の様子を見ていると、しばらくして猛禽の方がカラスを撃退した様子で、カラスは急降下して林の中に飛び込み、猛禽は去っていくカラスを見送るように帆翔を始めました。よくカラスの攻撃のしつこさにたまりかねて退避していく猛禽を見ますが、今回はカラスが猛禽の反撃の激しさにたまりかねたようです。ゆっくりと帆翔をしながら近づいてきた猛禽を見ると、このあたりの空でよく見かける... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/25 01:00
春の野草
春らしく暖かさを感じる風が吹く日が多くなって、野原や道端のあちこちで春の野草が花を開いています。先日も明るい日差しに照らされて若草が萌えだした空き地があったので、車をとめてララとハンナを下ろししばらく遊ばせたところでも、道の脇では写真のようにホトケノザやナズナ、ハハコグサ、オオイヌノフグリなどが色とりどりに咲いていました。大都会のベッドタウンとしてどんどん開発が進んでいるこの地域でも、少し足を伸ばせばまだまだこんな季節を感じることができる自然が身近に残っていることは嬉しいことです。快い春風を... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/24 15:00
こんなところにカワラヒワ
ネズミモチ、サザンカ、ヒサカキなどが集まった公園内の茂みでカワラヒワの声が聞こえたのでそっと近づいてみると、数羽のカワラヒワが低木の枝を飛び移ったり地上へ降り立って餌を探していました。いつもはケヤキ、エノキ、ハリエンジュなどの高い梢で囀っていることが多いカワラヒワなので、近くで撮影するいい機会だと考え、ララとハンナが近寄らないように呼び止めて撮影をしてきました。カワラヒワも繁殖期が近づき栄養補給のため餌の採取に余念がないようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/23 23:33
アンズの花の近くで
公園の梅林のウメもほとんどがさかりを過ぎて花びらを散らすものが多くなり、中にはすっかり散りはてたものも目に付くようになってきました。今日はそんなウメの花びらが散る梅林の中の遊歩道を歩いていたところ、たくさんあるウメの中にわずか数本植えられているアンズの木に薄いピンクの花が咲いていました。その木の近くでララとハンナを休ませながら写真を撮っていると、一人の女性が満開に近くなったアンズの花を見るために近寄ってこられ、ララとハンナに気づくとイヌ好きな方らしく2匹のそばへ寄ってしばらく話しかけた後、立... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/23 18:33
ヤマガラと紅梅
遅咲きのウメがたくさん植えてある公園の遊歩道を、さかんに囀るカワラヒワの声を聞きながら歩いていると、2羽のヤマガラが鳴きながらスダジイの梢から舞い降り、私の前を横切ってたくさんの花をつけたウメの枝にとまりました。ヤマガラは、春が来て番を作ったのか仲良く花の間に見え隠れしながら近くで餌を探し始めたので、一緒に歩いていたララとハンナに座って待つようにいいつけてバッグからカメラを取りだしレンズを向け、人がやってきた気配を感じて飛び去るまでに20枚ほど撮影しました。ただ、八重の紅梅が華やかに咲いてい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/22 21:55
気候がよくなって
公園の池の端の芝生の土手でララとハンナを待たせて、水面に張り出した枝にカワセミがとまっていないか探していました。しばらく探しても全くカワセミの姿は見当たらないので、散歩を続けようとララとハンナを見ると、いつもなら私が移動する先を目で追っている2匹が、写真のようにまったく違う方を目を凝らして見ていました。その視線の先を見ると、イヌを引いた人たちが何人も見えます。どうも待ちくたびれ退屈になり、ほかのイヌと遊びたそうな様子でしたが、私が近寄って行って散歩を続けようとハンナのリードを持つと、ほかのイ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/22 18:33
マガモとヒドリガモ
3月も下旬に入り、そろそろフィールド内の水辺に集まるカモの数が減ってくる季節になってきました。それにしても今シーズンは、フィールドの一つにしている海岸ではたくさんのカモが飛来しました。種類は少なくヒドリガモとスズガモが中心でしたが、この2種だけで常時200羽から300羽が波打ち際近くで群れていました。その中にキンクロハジロ、ウミアイサ、マガモなどのカモの仲間や、カワウ、カンムリカイツブリ、セグロカモメ、ウミネコなどが交じりいつ訪れても賑やかな声が聞こえ壮観でした。この水域にこれだけの数が集ま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/22 04:11
コゲラとシジュウカラ
周囲の林からシジュウカラとコゲラの声がしきりに聞こえていたので、草の上に腰を下ろしてしばらく待っていたところ、さかりを過ぎて散り始めたウメの枝へコゲラがやってきました。枝を飛び移っては上下に移動を繰り返して餌を探しているコゲラを撮影しているうちに、今度はシジュウカラの群れもウメの枝を飛び交い始め、近づいたコゲラとシジュウカラが同一画面に入りました。この林ではコゲラとシジュウカラやヤマガラなどのカラ類、それにメジロも加わった混群を見ることは珍しくありませんが、同一画面に入ることは滅多にないため... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/20 11:11
ピンクの絨毯
昨日はいつもの公園を散歩したあとで、ルナが亡くなる直前の冬から春にかけてよく一緒に訪れた池の周辺へララとハンナを連れて行きました。ルナが亡くなる1年前の冬にオシドリが数羽やってきたのを見つけて以来、周りは雑木林に囲まれていて野鳥の種類も豊富なので、冬の間は野鳥撮影のため頻繁に訪れていたところです。池や林の近くには広い空き地もあり、撮影を終えるとよくそこでルナを遊ばせました。ちょうど今の季節は一面ホトケノザが絨毯を敷いたようにきれいに咲き広がっていたので、今もそんな状態になっているのか確認のた... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/20 02:33
遅咲きのウメ
公園の奥で、遅咲きの八重の紅梅が満開になっていました。数千本植えられている梅林の中にはたくさんの品種が見られ、そのため品種によって開花時期も多岐にわたっています。1月末から2月にかけて咲き始めた早咲きのウメはもうすっかり散り果てましたが、少しずつ時期をずらして開いたいろいろな品種が、まだ公園内のあちこちで咲いています。このウメは我が家の旧宅にもある品種ですが、我が家のものはさらに開花が遅く、まだこれから見ごろになる段階です。例年このウメの花期が終わると、一週間ほどして桜の開花が始まります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/19 22:55
野の花
暖かな日差しを受けて野の花が一斉に咲きました。公園や川の土手などで地面が現れているところでは、萌えだした若草の浅緑の中にタンポポの黄、ホトケノザの濃いピンク、オオイヌノフグリの青、ナズナやタネツケバナの白などが入り乱れ、冬の間枯れ草や地面でセピア色が広がっていた世界が鮮やかな色彩に包まれました。散歩中にララやハンナを休ませるのにも、せっかく咲いた花を踏みつけてしまうので、冬の間の散歩のように草はらや土手で気楽に腰を下ろしたり寝転がったりできません。これからサクラが咲く頃までは、視線を落として... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/19 16:55
散りゆくウメとシジュウカラ
公園の散歩を終えようとして、両側にウメが植えられた遊歩道を駐車場へ向かっていると、すぐ近くでシジュウカラが鳴く声がしました。辺りを見回したところ、散り始めたウメの枝で3羽のシジュウカラが蕾や花の蕊をついばみながら賑やかに鳴き交わしていました。この冬は、公園の林の中ではよくシジュウカラの群れを見ることができました。昨春から初夏にかけて林の中で繁殖が順調に進んだようです。そろそろ春になって番を作り出し、群れが解消されてくる季節になります。今年もたくさんの子供たちが生まれ成長して数を増やしてくるこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/19 02:00
ジョウビタキの声
雑木林の奥を歩いていると、木々の間から特徴のあるジョウビタキの声が響いてきました。近くにいそうだったためララとハンナを呼び寄せて座らせ、静かにしているようにいいつけて待っていたところ、すぐに雄のジョウビタキが薄暗い茂みの中から飛び出してきて遅咲きのウメの枝にとまりました。少し先には満開になっているウメの木があるのに、なかなか期待するような枝にとまってくれません。それでも撮影しやすい距離だったので10枚ほど撮影してみました。今日の散歩でも木々の間からジョウビタキの声がさかんに聞こえていましたが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/16 17:55
春だよ〜
昨日の寒さが残り風はまだ少し冷たく感じますが、今日は朝から燦々と明るい日差しが降り注ぎ、春らしくやわらかいパステルカラー調の色合いの青空が広がりました。午後からララとハンナを連れて公園の中を散歩していると、日当たりのよい土手では、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ナズナ、ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、タンポポなどが地面を覆うように咲き乱れ、散り始めたウメの花びらがその上に舞い落ちていました。つい先ごろまで茶色の地面の色が見えていた土手が、この数日の間に華やかな春の色に覆われるようになりました。... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/16 16:44
静かになった遊歩道
寒さがぶり返し冷たい風が吹き抜けていた昨日の公園は、梅まつりで賑わった先週までの人出が嘘のようになくなり、途中で行きあった人も駐車場近くの売店や喫茶施設がある付近で僅かに5名だけでした。そんな静かになった公園は、奥に入っていった遊歩道ではさらに人と出会うことがなく、歩いているのは私とララとハンナだけだったため、ハンナのリードを外しても人に対する気遣いは全く必要のない状態で散歩できました。写真は、人気のない遊歩道を歩いていると枯葉を踏んだり枯れ草を揺らす音が聞こえたので、音のする方向を気にする... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/16 03:33
モズがやってきた
そろそろ散り始めるものが多くなってきた梅林のウメの枝に、モズがやってきました。今日は昨日と比べると、一度にまた冬に戻ったような寒く風の強い日になりました。空を行く雲も雪を降らせそうな雲が次々と流れてきて日差しを遮ります。モズはそんな日が翳った梅林で餌を探しているのか、ウメの枝の間を潜り抜けるように飛び回っていました。まだこの時期は暖かい日がやってきたと思って喜んでいると、すぐ冬に逆戻りしたような日がやってくる季節ですが、早く暖かい日が続くようになって野鳥たちがうららかな光の中で華やかに咲くサ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/15 18:55
落ちてきた!
頭上を舞うミサゴを撮影していたところ、ミサゴは後ろに伸ばし羽毛に埋めていた脚をだし胸の方へ引きつけました。海中に獲物を見つけて急降下する様子でもないので、どうしたのだろうと見ているとすぐに真っ白な糞を空中へ放出しました。それが風に乗って落下していく様子を見ると、ちょうどララとハンナが遊んでいるあたりへ落ちていきそうな軌道です。まさか2匹に当たることはあるまいとは思いましたが、大きな声で私の方へ走ってくるように指示しました。どちらも大声で呼んで何事かという表情はしましたが、呼ばれたのならおやつ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/15 01:11
強い風の中で
強い風が吹く中で海辺を散歩してきました。渚を歩いていると白波を立てて海上を渡ってくる風に歩みをとめられるほどの強さでしたが、こんな日はさすがに海岸を歩く人もいないだろうから、ララとハンナを思いきり走らせてやることができると考えて海へ行ってきました。車を降りて海岸へ出ると、案の定渚には人影は全くなく、たくさん群れているカモたちも、風を避けるようにして岩陰の波の静かなところで固まっていました。強い風が嫌いなララですが、渚を駆けるハンナにつられて干潮で広がった海辺を30分ほど写真のように自由奔放に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/14 18:11
枝にはとまったけれど・・・
ウメの木の周りでシロハラとツグミが10羽ほど地上に下りて餌をついばんでいました。渡りの時期が近づいたためか、このごろ群れになって採餌や移動をしているシロハラやツグミをよく目にします。ウメの花と一緒に撮りたいと思って枝にとまってくれないものかとしばらく様子を見ていたところ、ララとハンナが近づいた気配で2羽のシロハラが驚いて飛び立ち、近くの枝にとまってくれました。ただ、とまったウメの木は開花が遅いウメらしく、周囲にあるものはほとんど満開近くになっているのに、これは蕾ばかりでその数も少なく、開いた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/14 12:33
2羽になった!
冬の間訪れるたびに雌のウミアイサが1羽だけ確認できた海岸で、先週からもう1羽雌のウミアイサが見られるようになりました。渡りを前にして各個体が集まり始めたのでしょうか。土曜日、日曜日と散歩に海岸を訪れると両日とも、いつもは岸から離れたところで餌を獲っているウミアイサが、岸からさほど遠くない水面でヒドリガモやスズガモの群れの中に交じって春の日を浴び、のんびりと浮かんでいました。暖かくなってきたので、そろそろ飛び去っていくでしょうが、来シーズンは雄も飛来してほしいと思いながらレンズを向けてシャッタ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/13 12:11
シロチドリの数が増えてきました。
いつもララとハンナと一緒に散歩をする海岸で、冬の間は数羽しか見ることができなかったシロチドリの数が増えてきました。この頃では多いときには30羽程の群れが波打ち際を歩いたり、波間を飛ぶ姿が見られます。今日もお昼前に海岸を歩くと、波打ち際で佇む10羽ほどのシロチドリと出会いました。ハンナが近づいた気配で一斉に飛び立ち岸近くの海上を一周りして遠く離れた渚に降り立ちましたが、飛び立つ前にたくさんの画像を撮ることができました。写真はその中の1枚で、並んで水際に立つ番と思われるシロチドリです。チドリの仲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/12 23:55
ウメの花に埋もれて
どこの梅林を歩いても、満開になったウメの枝には花の蜜や、暖かくなって動き出した虫を求めていろいろな野鳥が訪れています。特によく目に留まるのは、花から花へ嘴や顔を花粉で黄色く染めて飛び回っているメジロとヒヨドリです。数日前もウメの木がたくさん植えられた中を通ると、すぐ近くまで数羽のメジロがやってきて賑やかに囀りながら夢中になって蜜を吸っていました。これからは、ウメに続いてモモ、アンズ、スモモ、サクラ、ハナミズキと次々に花木の花が開花していくので、メジロたちにとっては花に埋もれて甘い蜜をたくさん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/11 12:55
足取り軽く
暖かい日差しを受けて、足取り軽く雑木林の南側の道を歩くハンナです。谷筋に雑木林が広がり、その林の南から東側に沿って続くこの道は日当たりがよく冷たい北西風も当たらないので、冬に散歩をするにはよい道です。また、雑木林にはいろいろな野鳥がやってくるうえ、道端には木々や野草の種類も多く、自然観察をしたり撮影するうえでも一年を通して楽しめる道です。この写真を撮ったときも、ララとハンナを連れて萌え出てきた春の野草や、膨らんできた木々の芽を一つ一つ見ながら歩いていると、薮陰や枝の間ではアオジやウグイス、メ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/11 04:11
強い風
春先なのでよく強い風が吹きます。朝方は穏やかでも午後になると強い風が吹き始めることが多く、午後からの散歩が多いララとハンナは、よく強い風の中を散歩しています。どちらも長い毛でおおわれているため、風に毛をなびかせて歩いていますが、大きく軽い耳を持ったララは風を受けるたびに両耳もなびき、ときによってはまくれあがっています。ハンナは強い風も一向に気にせず平気なのに比べて風が当たることを嫌うララは、そんなときには目を細め吹いてくる風を避けるように顔をそむけています。この写真を撮ったときも風の吹く日で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/10 16:55
イソヒヨドリの雄だった!
昨日の散歩では、波が打ち寄せる磯でイソヒヨドリの雄と出会いました。ララとハンナを車から降ろし海岸へ下りていくと、波打ち際に1羽の野鳥が佇んで押し寄せる波を見ていました。逆光になって黒い影にしか見えなかったうえ距離があったため正確に種類を判別できなかったので、その形からこの海岸でよく見るツグミだろうと思いつつも、念のため2匹を待たせて距離を詰め、望遠レンズ越しに確かめたところ青い頭が見えました。雄のイソヒヨドリです。そこで、本格的に撮影しようとさらに逆光を避けるように回り込んで数m近づきレンズ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/10 03:33
サンシュユの花
ウメの花に続いてサンシュユの花が開きかけてきました。雑木林の周辺の日当たりのよいところでは、浅緑色の草の芽があちこちで見られるようになり、オオイヌノフグリやホトケノザ、ナズナなどはもう地面を覆うように広がって咲き始めています。そんな春の野らしくなってきた小道を散歩していたところ、枯れたように見える枝が重なっている林の隅で、小さいけれど鮮やかな黄色が目に留まりました。春まだ浅い時期に咲くサンシュユの花です。近寄って見ると、まだ多くは固く蕾を結んでいますが、日当たりのよい枝の蕾が開きかけていまし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/09 18:11
ウメの花とコゲラ
今日は満開に近くなってきた梅林のウメの花を楽しもうと、ララとハンナの散歩に妻も同行しました。馥郁としたウメの花の香りが漂う梅林の小道を歩いていると、シジュウカラの群れがウメの枝にやってきたのでその後を追ってレンズを向けていました。すると、しばらくしてララとハンナと一緒に私を待っていた妻が近くに野鳥がやってきたと知らせてくれました。いわれた方へ行きウメの枝先を見たところ、コゲラが枝についたカマキリの卵をつついていました。最近は梅まつりのため人出が多く、野鳥たちとも出会う機会が少なかったので急い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/08 17:33
ツクシを見つけた!
昨日までの暖かさが消えて、朝から強い北風が音を立てて吹く寒い日になりました。今日の散歩は冷たい風をできるだけ避けようと、林が風を遮るコースを歩いてきました。それでもときどき木々が途切れたり北に開けた道では刺すように冷たい風が吹き抜けていきます。強い風が嫌いなララは、風が吹いてくるたびに大きな耳をなびかせ目を細めていました。ただ、こんな寒さの中でも2匹と遊んだ日当たりのよい草はらでは、もうツクシが何本も枯草の間から頭を出しスズメノエンドウも緑色の芽を見せていました。この草はらは、昨年の春には足... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/07 18:33
ウメの花が咲きそろいました。
梅林のウメが咲きそろってきました。ウメの木の近くを歩くとよい香りが漂い、風が吹くと香りが濃淡のリズムをつけて花をくすぐります。今日は雲が垂れ込め今にも雨が降りそうなお天気なので、人出は少ないだろうと考えて梅林へ散歩に向かいましたが、やはりウメの季節は強い雨でも降らない限り人出は減らないらしく、どこを歩いてもたくさんの人と出会いました。その中にはイヌ好きな方たちもたくさん見受けられ、ララとハンナはあちこちで大人から子供までいろいろな人から声をかけられ嬉しそうにはしゃいでいました。ただ、そのおか... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/06 17:33
囀りが賑やかです。
暖かくなってきて、毎日庭や家の周囲では野鳥たちの囀りが賑やかになりました。我が家は都市化した住宅街の中なのでその種類は限られていますが、それでもメジロ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、ツグミ、ヒヨドリ、キジバトは毎日やってきて鳴き声や枝で遊ぶ姿で私たちを楽しませてくれています。ことにメジロは、数羽から20羽ほどの群れでやってきて、朝早くから日が傾くまで枝から枝を飛び移って遊んでいます。写真は、明るさを増した日差しを浴びて、庭のハナミズキの枝で遊ぶメジロです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/06 11:55
遅れた、遅れた!
このごろ海へ行くと、波打ち際でウミウシの仲間のアメフラシがよく打ち上げられています。産卵期に入って浅いところへ出てきたのかもしれません。波が引いたあとでは、海から取り残されたのでしょう15cm前後のアメフラシがあちこちで横たわっています。中にはもう干からびたものもありますが、まだ生きていて触ると紫色の液体をたくさん吐いて海水を染めるものもいくつかあります。ララは波打ち際で遊びながら、そんなアメフラシを見つけては匂いを嗅ぎ、紫色の液体が出てくると前足で転がして不思議そうに見ています。昨日も浜辺... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/06 00:55
あそこで何をしているんだろう?
潮干狩りの季節になってきました。散歩に訪れている海辺でも、このごろ干潮になって干潟が現れる時間になると、かがみ込んで貝を掘る人たちの姿が見受けられるようになってきました。昨日もララとハンナを海辺で遊ばせていると、2匹が並んで海を見ていました。背の低いララは前足を防波堤に駆け伸び上がるようにして、ハンナもじっと動かずによそ見もせず目を凝らして見ています。一体何を見ているのだろうと私も防波堤に近寄っていき海を見ると、大きく潮が引いて現れた干潟で2組の家族連れと思われる人たちが潮干狩りをしていまし... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/05 02:11
ミサゴ
昨日の散歩中に、久しぶりに低い高度で頭上を飛んだミサゴです。最近よく海辺でミサゴの姿は見ていましたが、空高く飛んだり遠くの空を飛ぶ場合がほとんどで、撮影に適した状態があまりありませんでした。それが、昨日は真っ青に晴れ渡って光量も十分なうえ逆光になる位置でもない空を、海面から50m程度の比較的低い高度で真上をゆったりと帆翔してくれました。あわよくば獲物を見つけて海に飛び込む場面も撮影することができるのではないかと期待しましたが残念ながらそれはなく、徐々に高度を上げて沖に向かって飛び去って行きま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/04 23:55
いいお天気だなぁ・・・
今日もよく晴れて穏やかな日になったため海辺へ出かけると、つい先日まで吹いていた身を切るような北西風も影を潜め、かわって心地よいそよ風が頬を撫で、燦々と降り注ぐ明るい日差しが目に眩しいほどでした。そんな砂浜を散歩していると直ぐに汗が出てきたので、上着も脱いでセーター姿になりました。ララとハンナも少し駆け回るとやはり暑くなってきたらしく、波打ち際へ行って水の中へ入ってみたり、海水を含んだ砂の上で遊んでいました。2匹を遊んでやっていると、ちょうどミサゴが比較的低い高度で真上を帆翔したので砂浜に寝転... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/04 20:33
暖かい!
風もなく暖かくて春らしいお天気になりました。天気予報では今日の予想最高気温は15℃になるということですが、お昼前から既にそれに近くなり、部屋の中では暖房も必要のない暖かさです。ことに窓際でしばらく日差しにあたっていると、暖かさを通り越して暑く感じるほどです。そんな日だまりでは、マリーが明るい日差しを体いっぱいに受け、心地よさそうに目を閉じて待ち遠しかった春の暖かさを楽しんでいました。これからは、マリーや小次郎が窓際の日だまりで、冬の間のように丸まって日向ぼっこをするのではなく、体を投げ出して... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/04 12:00
ミコアイサの撮影
今シーズン初めて公園の池に飛来したミコアイサが、まだ留まっています。確認した当初は、どこかへ移動する途中で立ち寄っただけだろうと考えていましたが、どうも池に居着いたようです。初めは1羽だけいた雄は最近では3羽になり、雌4羽と合わせて7羽が見られます。ただ、いつも浮かんでいる場所が遊歩道の通っている岸から離れていて、その距離はおよそ100m前後あり、近寄ってきたとしても80mはあります。反対側の岸から近づくことも難しく、先日は800mm相当のレンズで撮影し、そのうえトリミングもしましたが、それ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/04 01:33
春です!
昨日の雨があがって、今日は朝から明るい日差しが降り注ぎよいお天気にはなったものの、冷たい北風が強く吹いています。家の周りでこれだけ風があると海岸へ行けばさらに強く吹いているだろうと考えて、今日はララとハンナの散歩はしばらく訪れていなかった丘陵地にある公園へ行くことにしました。さすがに風は強くても、梅林のウメが見ごろになり公園の中には梅まつりの会場が設置されたくさんの出店も出ているため、たくさんの人出がありました。人出の多い場所を避けて2匹を遊ばせていると、ほんの1週間ほど来ていなかっただけな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 18:44
カモがたくさん
昨日は午後から雨模様のお天気になるとの予報だったので、まだよく晴れていた正午すぎから散歩に出かけました。いつもの海辺へ行くと、相変わらずたくさんのカモが波打ち際に沿って海面に群れていて、中には岸に上がって羽を休めたり打ち上げられた海藻をついばんでいるものも30羽ほどいました。この海辺のカモたちは、ある程度人に慣れていて、ゆっくり近寄っていけば20mほど近寄っても逃げていかないこともあります。昨日も30mほどの距離で写真のようにララとハンナを待たせ、さらにもう少し接近して撮影をしてきました。そ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/02 01:33
春がやってきた!
この数日の暖かさにあちこちのウメの花も咲きそろいだして、近くを歩くと馥郁としたよい香りを漂わせるようになり、いよいよ今日から春3月の始まりです。例年比較的温暖なこの地方でも3月中は雪を見ることがありますが、それでも空の色は明るさを増して吹く風はやわらかく感じられるようになり、木々の間からは冬の間聞こえていた地鳴きから春がやってきたことを喜ぶ囀りに変わった野鳥たちの声が聞こえるようになってきました。気候が過ごしやすくなり、自然も華やかに花で飾られるよい季節を迎えます。ただ生活の中では、これから... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/01 18:55
ヒドリガモの飛行
遠くの空に点のように見えていた野鳥の群れが、近づいてくるにしたがってカモだと分かるようになり、すぐ近くの海面に向かって降下してきました。この水域の空はカワウが群れになって飛ぶことが多く、てっきりカワウだと思っていましたが、近づくにつれてカモだと分かったので種類を見定めようとしたところ、首の赤褐色と額の白さが確認できヒドリガモの群れだと分かりました。これまでに水面に浮かんでいるヒドリガモの様子はたくさん撮影しましたが、飛行中の写真は少ないためレンズを向けてみました。しかし、残念ながら逆光だった... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/28 16:55
今日もいいお天気だ!
今日も朝からよく晴れて暖かく、明日から春3月ということが実感されるいい日になりました。空には薄く広がるベールを広げたような雲が一部に見られるだけで、明るく真っ青な色が一面に広がりました。暖かさと日の光に誘われて囀る野鳥たちの声が、あちらこちらから聞こえてきます。散歩をすると、ララもハンナも気持ちよさそうに目を細めて空を仰いだり、吹いてくる風の匂いをかぐことが多くなりました。私も子供の頃から空気や吹く風の中に漂う微かな匂いで季節の変化を感じてきましたが、鼻の利くイヌならなおのこと、いろいろな匂... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/28 13:11
コサギ
風もなく快い潮騒が響く穏やかな海辺に、コサギが舞い降りてきました。真っ白な羽毛が最近明るさを増してきた光を反射して眩しいほどです。どこへ降りるかと見ていると、少し離れた磯の岩陰へ降り、浅瀬に群れているヒドリガモに交じって餌を探し始めました。しばらく様子を見ていましたが、接近して撮影しようとしたところ、その気配に感づいたらしく大きく羽ばたくとゆったりと舞い上がり、遠く離れた波打ち際へ舞い降りました。食事の邪魔をしてしまったようです。遠目ながら、もう胸と背中の飾り毛が生え揃い風になびいて綺麗でし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/28 02:11
さあ、行くよ!
ララとハンナを連れて波打ち際にに沿って歩いていると、岸から離れた海面で魚をとっているウミアイサの姿を認めました。早速撮影しようとして、ララとハンナには近くにいるようにいいつけウミアイサにレンズを向けました。5分ほど撮影していると十分な枚数を撮ることができたので撮影をやめ、2匹はどこにいるかと見回してみたところ、少し離れたところで揃って打ち寄せる波と戯れているように見えました。そこで、散歩を続けようとして2匹を呼ぶと、それを聞きつけたララが、さあ行くよ、とばかり先に立ってハンナを先導するように... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/28 01:55
ユリカモメが1羽
今シーズンの海辺では例年数多く見るオナガガモとコガモの数が極端に少なく、スズガモとヒドリガモが目立ち、いつ訪れてもどちらも100羽以上の群れになって海面に浮かんだり岸で羽を休めている様子を見ることができます。二種は別々に群れていることが多いのですが、ときには岸近くで水面を埋めるように混じり合って浮かんでいるときもあります。そんな群れが羽音や水音を立てて一斉に飛び立つときなどは壮観です。昨日はスズガモは岸近くに、ヒドリガモの多くは少し離れて沖で群れていました。岸からすぐ近くに浮かぶスズガモの群... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/27 10:55
満開のナノハナ
いつもララとハンナを連れて散歩する公園は、ウメの開花が進んできたうえ週末なので公園内で催されている梅まつりの行事が数多くあり、訪れる人が多かろうと考え、めずらしく朝からひとりで行ってきました。案の定、公園の一般駐車場は午前9時だというのにもう満車で入ることはできず、付近の道路では渋滞が起きていました。知人に梅まつり関係者がいるため、その旨を伝えて車を関係者用の駐車場へ入れ園内に入ったところ、園内はいつもとは違い芋の子を洗うような人出でした。そのため野鳥たちにもほとんど出会えず、この様子では、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/26 13:33
飛び去った!
この冬は、海辺のフィールドを訪れるとよくミサゴが飛ぶ姿を見ることができます。特に1月後半あたりからは、私が海辺にいるのは1時間前後の短い時間ながら高い確率で出会うことができています。昨日も散歩を終えて帰ろうと渚を歩いていると、沖の方から一直線に速い速度で岸に向かって飛んで来るミサゴに出会いました。目の前の海で餌を獲るため帆翔してくれることを期待したのですが、そのミサゴは餌を探すつもりは全くない様子で、私の頭上近くへ来ると90度近く方向を変え、海岸線に沿って高速で飛び去って行きました。ただ、短... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/25 13:44
カモメ
吹く風は冷たいものの春めいてきた色を見せる空に、カモメが飛びました。私がフィールドにしている海岸では、これまでカモメの仲間は冬になるとユリカモメが見られますが、ウミネコが主体でした。それが、今シーズンは数はそれほど多くはないものの、成鳥、若鳥をとりまぜてカモメの姿をよく見かけます。今日も海辺を散歩していると、何度もカモメが上空を行き来していました。春がやってくると徐々に見られなくなるでしょうが、もうしばらくの間は海辺を訪れると真っ白な飛翔姿を見ることができそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/25 01:11
アオサギが横切った
日が翳ってきた公園の池の水面をかすめるように、アオサギが飛びました。アオサギは、フィールド内の水辺のあるところならどこででも一年中見ることができるので、滅多にレンズを向けることのない野鳥の一つですが、近くを飛んだときには、動くものを撮影する練習になるため被写体にしています。この写真を撮ったときは、今シーズンときどき遠くの水面に浮かんでいることがあるミコアイサを探していたところ、突然目の前を横切ったので反射的にファインダーへ入れてシャッターを切りました。アオサギも色合いがきれいなので、誕生から... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/23 01:55
カワラヒワの群れ
この頃フィールドにしている公園の雑木林の梢では、冬の間は林内で見かける機会が少なかったカワラヒワの群れをよく見かけます。昨日も林に沿って遊歩道を歩いていると、芽吹くにはまだ間があるケヤキやエノキの大木の梢を飛び回る20羽ほどの群れが目にとまりました。強い風の中でしたが、揺れる梢の先に群がって盛んに枝先から枝先へ飛び回り、囀りも交えて賑やかに鳴き交わしていました。林の中ではシジュウカラやメジロの囀りも聞こえるようになり、日当たりのよい土手や草地ではオオイヌノフグリやホトケノザの可愛い花が見られ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/22 12:44
紅梅とジョウビタキ
梅林の中で咲きだした紅梅の枝に、ジョウビタキの雌がやってきました。この木は北風が当たらず南向きの日当たりのよいところにある木なので、ほかのウメはまだちらほら花を開きかけたものや、北向きの斜面などではまだ固くつぼみを結んでいるものが多い中で、満開近くになっていました。梅林の一角を華やかな色彩で飾り出した枝の一つ一つの花を見ていると、近くにこのジョウビタキやツグミ、シロハラと冬鳥ばかりがやってきました。その1羽ずつを花と一緒に撮影しようとしたのですが、枝に止まり咲いたウメの花と一緒に撮影できたの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/22 01:55
風の中の散歩にて
昨日のお昼過ぎから降り出した雨も夜にはやんで、今日は朝からよいお天気になりました。ただ、昨夜から強くなった北西風は弱まることもなく現在もあちこちで音を立てて吹いています。お昼ご飯を食べてから、梅まつりが始まっている公園へ散歩に行くと、予想していたとおり冷たく強い風が吹き抜けているため観梅の人出は少なく、ララとハンナは公園の中をいつものように自由に歩き回ることができました。梅まつりの間開設される出店も客足が少ないためほとんどが店を閉じていました。散歩を終えて車に戻ろうとすると、1軒だけ開いてい... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/21 20:33
大きな獲物
この頃海辺を散歩すると、カンムリカイツブリの姿をほぼ毎回見かけます。個体数はいつも1羽だけですが、丘陵地の公園内の池にいるものと違い、ときどき魚を追って岸近くまでやってきます。先日も波打ち際から30メートル程のところに浮かび上がったのでしばらく観察していると、何度も水中に潜り魚をくわえて浮かび上がってきました。写真は、ボラを捕まえて浮かび上がったカンムリカイツブリです。体に比べて大きな獲物だったので、飲み込むことができるか興味を持って見ていると、長い時間をかけて何度もくわえ直し、大きな口を開... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/19 10:33
穏やかな海でした。
小さな雲が浮かぶだけで青空が広がった昨日の海辺は風もなく穏やかで、すっかり春の海の様相を見せ、寄せてくる波も季節風に吹き寄せられて岸に砕ける冬の荒々しさはまったく影を潜め、明るい色の波が緩やかで心地よい潮騒を奏でていました。ララとハンナは、ちょうど潮が引いて砂浜が広がった渚の波打ち際で、波に残されて横たわるウミウシや打ち上げられた貝殻、海藻の匂いを嗅いでのんびりと遊んでいました。私も、まるで春が来たような暖かさに少し歩いただけで暑くなってきたので、着ていたダウンのコートは脱いで砂浜に置いたま... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/17 03:11
ハイタカだ!
ララとハンナを遊ばせながら、この頃よくフィールドの上空を飛ぶノスリを待っていると、南の空から1羽の猛禽が一直線にこちらへ向かってきました。いつもノスリは北から東の空を帆翔していることが多く南の空ではほとんど見たことがないため、いつものノスリと違いこのフィールド周辺をテリトリーにしている個体とは違うかもしれないと思いながら望遠レンズを向けると、胸にノスリにはないタカ斑が確認できました。このフィールドの空を冬に飛びタカ斑を持つのは、オオタカかハイタカです。接近してくるのを待って確認すると、ファイ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/16 17:55
春めいて
立春を過ぎて10日が経っても、吹く風はまだまだ真冬と同じかそれ以上に冷たさを感じますが、日差しは随分春めいてきました。昨日も散歩中に周りをを林と薮で囲まれ枯れ草が積み重なった草地でララとハンナを休憩させると、2匹は春の暖かさを予感させるやわらかい日差しを浴びて気持ちよさそうに座っていました。あたりを見ると枯れ草の間ではもうホトケノザやナズナが花を開き、近くの茂みのノイバラの芽には明るい緑色が兆して、サンシュユの蕾の中には微かに黄色が見えるものも出てきました。まだひと月ほどの間には雪を見る日も... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/16 03:55
空中戦
散歩の帰り道で、車に乗ることの好きなララとハンナのために少し遠回りをしてしドライブをしていると、目の前をハシブトガラスが急上昇していくのが見えました。その向かう先を見ると小さく猛禽の姿が確認できます。すぐに車を路側にとめて望遠レンズを向けたところ、猛禽はノスリです。ハシブトガラスはノスリに近づくとすぐに攻撃を始めました。こんなふうにテリトリーに入ってきた猛禽をハシブトガラスが迎撃する様子は、フィールドの中ではよく見かけますが直ぐに終わってしまうことが多いのに、このときは空域を移動しながら長い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/15 13:33
森の奥へと続く遊歩道で
公園の奥に広がる森の中は、たくさんの野鳥が生息しています。森の奥へ続く散策道を歩いているだけで、シジュウカラ、コゲラ、ツグミ、カワラヒワなど数種類の野鳥たちの声が頭上高く広がる木々の枝の間から降ってきます。そんな遊歩道を歩いていると、道の両側に広がる潅木やクマザサの茂みの中からアオジの声が聞こえてきて、さらに進むと薮から飛び出してきたアオジが遊歩道の手すりにとまりました。それを見つけたララは立ち止まり、あそこに野鳥がいるよ、と知らせるように私とアオジのいる方向を何度も見比べました。そこで、ラ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/15 01:55
遠すぎる!
昨日も、公園の大きな池の中央付近の水面にカンムリカイツブリが浮かんでいました。この冬は12月頃から池に定着したらしく公園を訪れると必ず見られ、その数も1月に入ってからは1羽だったものが3羽になりました。ただ、人を警戒しているのか、それとも潜水能力がカイツブリよりもあるためなのか、なかなか岸近くには近づいてくれず、距離がありすぎるため望遠レンズを使っても思ったような画像が得られません。先週あたりからは、この冬に初めてこの池で見かけるようになったミコアイサとも一緒にいることがあるので、同じ画面に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/14 22:11
青空を背景に
寒風の吹きすさぶ中、真っ青に晴れ渡った空を背景にミサゴが飛びました。この頃は池の周囲の遊歩道を散歩していても近くを飛ぶことは少なく、撮影するには遠すぎる空を舞っていることが多いのでミサゴの画像を得る機会が少なくなっていました。久しぶりに池の上空を飛ぶミサが撮影できそうだったので張り切ってレンズを空に向けましたが、ほぼ真上を飛んでくれたものの帆翔するわけではなく一直線に通り過ぎ、高度も期待したような高さではなく空高く飛んで行きました。そのため、望遠レンズを使っても小さな像しか得られなかったので... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/13 21:55
浜辺のイソヒヨドリ
渚を散歩していると、遠くにツグミほどの大きさの野鳥が波打ち際を飛び回っていました。ララとハンナを待たせて、そっと近寄っていくとイソヒヨドリです。この海岸jはイソヒヨドリが好むような岩場も消波ブロックもなく、小石の混じった砂浜が続いているので、よく訪れているのに出会ったことはほんの数回だけです。このイソヒヨドリも定住しているのではなく、移動中に砂浜に立ち寄ったのかもしれません。早速カメラを向け、夕方でほとんどが逆光になる位置からの撮影ながら、波打ち際を移動する姿や波の上を飛ぶ姿を撮影することが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/13 13:33
まだ残る柿の実に
先週の日曜日に京都へオシドリを撮影に行ってもう一週間が経過しました。撮影した野鳥の写真をブログと facebook にアップしようと考えているのですが、枚数が多いことと仕事の合間での片手間ではなかなかアップできません。画像はその中の1枚で、まだ残っている柿の実にやってきたメジロです。池の水際で昨秋生った実を残しているこの木には、十数羽のメジロの群れのほか、ツグミ、シロハラ、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラなどたくさんの種類の野鳥たちがやってきていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/12 13:33
ウミネコの若鳥
雪がちらつく海岸で、水際近くに群れるスズガモとヒドリガモの群れを撮影していると、上空から1羽の大型の野鳥が海面近くまで舞い降りてきました。珍しく低空で飛んでいるので、そちらにカメラのレンズを向けてよく見るとカモメの仲間です。海面近くを上下して羽ばたいているので何をしているのだろうと接近してみたところ、潜水を繰り返していて海面に浮いてきたスズガモに攻撃を仕掛けていました。逆光気味だったため何が襲いかかっているのか確認がしづらかったのですが、望遠レンズで捉えるとウミネコの若鳥のようです。スズガモ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/11 22:33
雪が降りだした
朝から明るい日差しがあったおかげで、昨夜の冷え込みが少し緩んだように感じましたが、午後2時を回るころから雲行きがあやしくなり、とうとうこのあたりでも雪がちらつき始めました。暖かいこの地方では日中に降る雪は湿ったボタン雪のことが多いのですが、今日は粉雪が強い北西風に乗って舞っています。日本海側や山沿いで降っている大雪のおすそわけのようです。立春を過ぎてやってきた厳しい寒さに、白やピンクの花で枝先を飾りかけてきたきたウメの花が縮み上がっています。そんなウメの枝にやってきたシロハラも、寒そうに羽毛... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/10 18:44
ミコアイサは、まだ池にいました。
今月初めに公園の池でミコアイサを確認して以来、散歩で公園を訪れるたびに池の水面を注意して見ていましたが、一度もその姿を見ることができませんでした。これまでこの池には一度も飛来したことがなかったのだから一時的に立ち寄っただけかもしれないと考え始めていた矢先、池の上をミコアイサの雌が飛びました。池の周囲を散歩しながらカイツブリが潜水を繰り返す様子を見ていると、突然遠くに立ち並ぶ木立の梢をかすめるように水面近くへ下りてくる2羽のカモが見えました。はじめはこの池でよく見るキンクロハジロだろうと考えつ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/10 16:11
よく冷えました!
昨夜はよく冷えました。今冬一番の寒気の襲来ということで、各地で大雪の予報が出ていましたが、このあたりでは一時みぞれが降ったものの雨になりました。強い冷え込みに、暖房を必要とせず書斎や自室には暖房を入れない私も、リビングルームへ降りていくとすぐにヒーターの前に立っていました。ペットたちも家の中で一番暖かくしているリビングルームに集まり、暖房器の近くに腰を下ろすことが多い夜でした。ただ、さすがに寒さに強く雪の中でも平気なハンナだけは、冷たい床の上でも平気で横になり、リビングルームの中は暑いと感じ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/10 11:11
ハイタカが通り過ぎた!
昨日は思いがけなく5羽のノスリが一度に飛び立つ様子を見ることができましたが、そのノスリの飛翔を撮影している最中、たまたまファインダーから目を離した視野の中にノスリより小さな猛禽が速い速度で入ってきたことを確認しました。飛翔する姿から猛禽とわかった瞬間、反射的にそれにレンズを向けシャッターを切りました。しかし、キジバトほどの大きさのその猛禽は、種類も確認できないうちにあっという間に林の向こうへ姿を消したため、ほんの数枚撮影できただけでした。あとから液晶画面で拡大して見ると、なんとこのフィールド... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/09 20:00
人通りが多いなぁ・・・
昨日は風は冷たかったものの日差しは暖かくて、風のないところを歩くにはいいお天気でした。そんなお天気の中で公園を散歩すると、いつもに比べてたくさんの人出がありました。よく晴れた気持ちのよいお天気に誘われて、ほころび始めた梅林のウメを見ようと訪れた人たちのようでした。遊歩道を歩いても冬の間は出会う人はほとんどない状態だったのに、もうすぐ梅まつりも始まるので公園の人出はさらに増えてきそうです。そうなると、残念ながら当分の間、この公園内でハンナを自由に走らせることはできなくなります。写真は、芝生の上... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/09 02:33
ビンズイの小群
この頃の公園では、ビンズイが群れになっているところをよく目にします。先日も、昨年まではこの時期にカシラダカの群れがよく来ていた場所を通ると、10羽ほどの野鳥が地上で餌をついばんでいました。遠くから見たときには、今シーズンほとんど姿を見たことのないカシラダカのように思えたので近寄ってみたところ、期待したカシラダカではなくビンズイでした。ビンズイは、繁殖期には縄張りを作るけれど、非繁殖期には小群を形成することが多いと聞いています。しかし、この公園周辺にやってくるビンズイはいつも単独で見られるので... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/09 00:55
5羽のノスリ
散歩を終えてララとハンナを池の近くの芝生の上で遊ばせていると、200mほど離れたクスやタブ、エノキやケヤキなどの大木が梢の高さを競っている対岸の林の中から猛禽が1羽飛び出しました。距離があったため、見た当初はこの池の上空をよく飛んでいるミサゴかと思いましたが、上昇して腹部に日の光が当たるとノスリ特有の帯状の模様が確認できました。どちらにしてもほかの野鳥に比べると猛禽は見る機会が少ないのでカメラを取り出してレンズを向けました。すると間をおかずに、最初に飛び出した1羽に続いて後から4羽のノスリが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/08 21:55
今日もカワセミがいました。
2月2日のブログに記載したカワセミの観察ポイントになりそうな場所へ今日の午後行ってみると、やはり雄のカワセミが1羽、池に張り出した枝の間を飛んでいました。早速望遠レンズで様子を探っていると、水際の赤土の崖が続く辺りはスダジイやハゼなどの枝が池に張りだして陰を作り、表面には苔がたくさん生えたり枯草や枯葉が積もってカワセミの巣作りに適した状態になっています。そろそろ春が近づいて繁殖の時期を迎えるので、うまくするとこのポイントで番を作ったカワセミが見られるかもしれません。公園の中を散歩する楽しみが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/08 17:33
オスを見る機会が多いジョウビタキ
蕾がほころび始めたウメの枝に、ジョウビタキの雄がやってきました。私が自然観察フィールドにしている公園では、今シーズンはよくジョウビタキを見ます。ただ、鮮やかなオレンジ色の羽毛をまとった雄とは公園を訪れるたびに複数の個体と出会いますが、地味な色合いの雌とはたまにしか出会うことができません。今シーズンは公園周辺をテリトリーにしたのは雄のほうが多かったようです。ジョウビタキはツグミと違って北へわたっていくのが早く、この地方では4月になるとほとんど見ることができません。観察できるのも、あとひと月半ほ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/08 01:33
ドングリ見つけた!
池の底に沈んでいるドングリを見つけ潜水して拾い上げたあと、体についた水を飛ばすため大きく羽ばたくオシドリの雄です。そろそろ昨秋落ちたドングリも食べつくれてきたようで、水の中を見てもなかなかドングリが見つかりません。オシドリも真剣に水中を探し、見つけると嬉しそうに羽ばたいては食べていました。.毎シーズン京都へオシドリを撮影に行っているのですが、この3年ほどは一時のように30羽以上が群れている状態を見ることができず、せいぜい数羽が見られるだけです。今回も個体数は少なく、池へ到着したときには、マガ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/07 16:44
陽だまりで一休み
昨日のララとハンナは、雨で散歩ができないうえ、私たちが京都へ出かけてしまったため一日留守番をしなければならなくなり、つまらない日曜日を過ごしました。今日は朝からよく晴れたので、昨日の穴埋めをしてやろうとお昼すぎから2匹を公園へ連れて行き、遊歩道の散歩だけでなく土手の上り下りをさせ林の中を自由に走らせてやりました。風は冷たかったものの日差しは暖かく、一緒に走った私は汗をかいてしまいました。写真は、木々や土手で囲まれた陽だまりで休憩する2匹です。北風が当たらない南向きの斜面では、ウメの蕾が一斉に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/06 17:55
恒例の撮影
昨日は、京都へオシドリや野鳥の写真を撮るために出かけてきました。毎年冬になると京都へオシドリの写真を撮りにいくことが、この数年恒例になっています。昨日は未明から本格的な雨になったので、朝起きてどうしたものかと考えましたが、気象庁のレーダーナウキャストで雲の動きを見ると、少し出発を遅らせれば強い雨域は移動して京都を外れるようだったため、予定時間を2時間ほどずらして出かけました。移動中は強い雨に降られたものの、京都に着くと雲は低く垂れこめていましたが、比叡山や北山は姿を現していて雨もやんでいまし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/06 17:11
近くに残る自然
ララとハンナの散歩には、バードウオッチングと野鳥撮影という自分の趣味ができる場所へ連れて行くことが多いため、街の中を歩くことより自然が豊かな野山や海辺へ連れて行くことが多くなります。そんな自然の中を自由に歩かせながら野鳥を探したり撮影をしていると、ララもハンナも写真のように思い思いのところへ行っていろいろなものを見つけたり、匂いを嗅いだり、気が向くと一緒に駆けっこをしたりとのびのび遊んでいます。野鳥を観察したり、ララやハンナを遊ばせるときにはいつも思うことですが、大都市の中心へものの30分も... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/05 02:44
おはよう!
寒さが厳しくなるとともに、山野の自然の中で餌が不足してきたのか、住宅街の中でも野鳥たちがよく飛び交うようになっています。。朝は日が昇る頃から、庭木や家の前の調整池へきて鳴きかわす野鳥たちの賑やかな声や羽音で目が覚めることもたびたびです。たくさんやってくるそんな野鳥たちの中でも一番よく目につき数も多いのはメジロですが、次いでシジュウカラの姿をよく見かけます。今朝もカーテンを開けると、それに気づいたシジュウカラの群れの中の1羽がこちらを向いて、おはよう、といっているように何度も鳴きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/04 19:44
風が強かった
今日はよいお天気だったので海辺で散歩をしようと門を出たところ、家の中や風が遮られた玄関先では分かりませんでしたが、外は思いのほか強い風が吹いていました。そこで行き先を変更して、いつもの丘陵地にある公園へ行って北風が遮られる谷筋の遊歩道や雑木林の中を歩くことにしました。ところが、遊歩道へ行くには北西と南東に開けていて風を遮るものが何もない広場を通らなければなりません。そこでは海ほどではないにしても予想に反し、散歩中のお年寄りがふらつくほどの冷たく強い風が吹き抜けていました。その広場を通り抜けよ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/03 22:00
カワセミの観察ポイント
日が翳り鮮やかな色彩が消えて寒々としたモノトーンの光景が広がる池で、水面に張り出した枝にカワセミがとまっていました。夕方の乏しい光の中で50m以上離れているため、カワセミの鮮やかな色彩もほとんど分からず黒い影になって見えました。ここは水深が深い入り江で体長が50cmを超えるようなコイなど大きな魚ばかりがいるためカワセミが漁に来ることはないだろうと思っていた場所で、これまではここから少し離れた浅瀬もあり水深の浅い岸でカワセミを観察していました。しかし、よく見るとこの入り江の水際は水面から切り立... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/02 19:00
ミコアイサ
昨日の夕方、公園の池にミコアイサが浮かんでいました。散歩をしながら遠くに浮かんでいるキンクロハジロの数を数えていたところ、100m近く離れた池の面に、岬状になった岸の陰から4羽のカモが現れました。遠目に見ても1羽は真っ白に見えます。はじめはこの頃この池でよく見るカンムリカイツブリかと思いましたが、体型がずんぐりしています。カメラの望遠レンズを通して見ると、目の周りにパンダのような黒い模様が見えました。この池では初めて見るミコアイサだと分かり喜んで撮影しようと思いましたが、あいにくカメラのバッ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/02 10:44
クスの幹をつつくコゲラ
いつも散歩をする公園の雑木林には、コゲラがたくさんいます。特にこの数年は数が増えたらしく、公園を訪れると毎回その姿を見たり鳴き声や木の幹をつつくドラミングの音を聞くことができます。今日もララとハンナを連れて雑木林の中を歩いていると、頭上に広がる大きな木々の枝のあちこちでコゲラの声が聞えていました。その声をたよりに姿を探していたところ、クスの大木の幹に垂直にとまり一心にその皮をはがし木部をつついているコゲラが見つかりました。クスは、防虫剤の樟脳を採るほど香りも強い木なので、昆虫の幼虫が潜んでい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/01 17:11
暖かい日でした
日が落ちてからは北西の季節風が強くなってきましたが、日差しがある間は穏やかなお天気で暖かかったので、今日の散歩は海へ行ってきました。ララもハンナもやわらかな日差しを浴びて波打ち際を何度も走り、疲れると砂浜で横になったり寄せてくる波と戯れていました。写真は、緩やかに寄せて岸を打つ波で遊ぶララです。足も耳もすっかり濡れてしまいましたが、少し動くと私も汗ばんできて上着もいらないくらいのお天気だったため寒そうな様子も見せず、濡れた体を拭いてやると、海の味がするのでしょう、自分でもしきりに前足の毛を舐... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/30 18:55
シメがいた!
雨が降り始めた夕方の公園で、エノキの大木の梢にとまるシメです。低く雲が垂れ込め光量が不足しているうえ空を背景にするのでシメは黒い影にしか写らないかもしれないと思いつつ、露光調整をして10枚ほど撮影したうちの1枚です。今年は公園内で見られる冬鳥の種類が少ないので、2羽のシメが梢にとまっているのを見つけて喜んだのですが、なんにしても撮影する条件が悪すぎました。やはり空は白く抜けて体色もうまく現れませんでしたが、特徴のある大きな嘴などから何とかシメがいたことを記録する写真にはなりました。この木には... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/30 15:33
イソヒヨドリ
渚を散歩していると、シロチドリとイソシギ、それにハクセキレイが波打ち際にいたのでその写真を撮っていました。すると背後から飛んできた野鳥が頭上を通過して近くに舞い降りました。イソシギに向けていた望遠レンズをその野鳥に向けたところ、ファインダーの中ではイソヒヨドリの雌がこちらを向いています。数キロ北に離れた海岸ではときどきイソヒヨドリの姿を確認していますが、この渚で見るのは初めてのことなので、何度もシャッターを切りました。この個体を撮影しながら、体色がきれいで繁殖期以外でもよい声で囀ることのある... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/26 20:33
春隣り
今日は朝からよく晴れて、昨日までの強い冷え込みも少し緩みました。日差しの中にいるとここしばらく厳しい寒さに震えていたせいもあるのでしょう、暖かさを感じるほどでした。午後に公園の中を歩くと、シジュウカラやメジロ、カワラヒワなどの野鳥たちも暖かさを楽しむように、穏やかな冬の日を浴びて枝から枝へ飛び交っていました。写真は、マツの雌花の先にとまり辺りを見回しながらさかんに鳴くカワラヒワです。鳴き声を聞いていると、先日来の寒さと雪のためもあってか暖かい春が待ちどおしいと鳴いているように聞こえてきます。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/25 21:44
四阿で一休み
散歩中に雪が強さを増してきたので、近くにあった四阿の屋根の下に入り、風に乗って降る雪を見ながら一休みしているララとハンナです。昨日は断続的に強く降ったり小雪になったりする中を散歩していましたが、ちょうど林を抜けて頭上が開けたところへ出た途端に雪が強さを増してたくさん降ってきました。ハンナは嬉しそうに鼻を空に向けて降る雪を楽しんでいる様子でしたが、すぐに濡れてしまいそうな雪だったため2匹を促し、急いで屋根の下に退避しました。雨宿りならぬ雪宿りです。降雪と寒さのため人影の全くない公園に霏々として... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/25 02:55
また雪が降ってきた!
今日も寒い日になりました。お昼ころからときどきちらついていた雪が、散歩に出ようとしたとたんにまた降り出してきました。湿った雪なので濡れることが嫌いなララは嫌がるかとは思いましたが、先日の雪を大喜びしたハンナはやはり雪の降る中へ出たいだろうと考えて、とにかく車に2匹を乗せて公園へ向かいました。公園へ着くと一時風に乗って横殴りに降っていた雪も小降りになっていたので、まずララを車外へ出してやると思いのほか元気に駆けだし先へ行こうとしたため、2匹を連れていつものように公園の遊歩道を一巡りしてきました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/24 17:11
オレンジ色が鮮やかです。
公園の中をララやハンナに声をかけながらのんびり歩いていると、目の前をオレンジ色が目立つ野鳥が横切りました。今シーズン公園のこの一角をテリトリーにしているジョウビタキのオスです。この冬は相変わらず公園内で確認できる冬鳥の種類が少ないので、いつもよく出会って何度も撮影しているジョウビタキですが、近くのソメイヨシノの枝にとまったところを撮影してみました。サザンカの花以外鮮やかな色彩を見ることができない今の公園内では、ジョウビタキのオレンジ色がよく目立ちます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/24 11:44
ウミアイサ
海岸の波打ち際近くでヒドリガモが60羽ほど群れている中で、岸から離れた一団に1羽だけ形が違うカモが交じっていました。まもなく沈んでいこうとする傾いた夕日が逆光気味に差していたため黒い影になってなかなか種類が特定できませんでしたが、向きを変えたときに光に照らされた頭部を見ると冠羽がはっきり確認でき、顔から胸部の色彩もはっきり見えました。この水域で初めて確認するウミアイサのメスです。ほかの個体もいないか急いで探してみましたが、双眼鏡の視野に入ってくるのはヒドリガモばかりで、ウミアイサはこの個体だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/23 01:44
風が強かった!
昨日は家の周りではそれほど風の強さを感じなかったので、お天気もよいし海へ行こう、とララとハンナに声をかけて散歩に出かけました。ところが案に相違して、海辺では冷たく強い季節風が吹き付けていて、海上は大きくうねって波が立ち、海の上を飛ぶカワウやカモの仲間も風に流されてまっすぐ飛ぶことにも苦労している様子で、砂浜では時おり砂が巻き上げられ飛ばされていました。しかし、そんな強い風の中でもララとハンナは嬉しそうに広い砂浜を駆け回っていましたが、風が強く吹き付けてくるたびに目を細めていました。写真は、砂... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/22 11:44
人に慣れました。
、 公園の池に昨シーズン初めてやってきたオオバンが今シーズンもやってきて、毎日水面を泳いだり岸に上がって草の間で餌を探しています。10月には1羽だけでしたが、それが3羽になり5羽になって現在では6羽が確認できます。昨シーズンは10羽の群れが人の少ない水域で群れていましたが、今シーズンは散歩中に餌を投げ与える人もあるためか一番人通りのある遊歩道のすぐ近くの水辺に集まり、カルガモの群れに交じって移動し、人が近寄っても慌てて逃げることがなくなりました。昨日もララとハンナを連れて池の端を歩いていると、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/21 13:00
食べ物じゃないよ
先の日曜日に降り積もった雪はほとんどが解けてしまいましたが、まだ日陰で大量に集められた雪は解け残っているものがあります。この辺りの雪はすぐに解けてしまうことが多いのに、降雪から5日も経過して残っているのは珍しいことです。気温が低く、最高気温が10℃を下回る日が続いているからでしょう。今日も散歩中に公園の北側に視界が開けた展望台に立ち寄ると、日陰に集め積み上げた雪がたくさん残っていました。日陰になっているうえ、冷たい北西風が当たるので解けにくいのでしょう。それを見つけたハンナは走り寄っていき、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 17:33
ちらほらと
公園の梅林のウメが、ちらほらと咲き始めました。今月10日には紅梅が一輪開いたことを確認しましたが、以後広い公園の中にあるたくさんのウメの木の中でも特に日当たりがよく北風が当たらないところに生える木の枝では、少しずつ開花が進んできました。先日の雪には縮み上がったでしょうが、今日も梅林の中を歩くと、いろいろな品種の枝で膨らんだ蕾が少しずつ開きかけていました。写真の白梅のように開花が進んできた木の周辺では、もうよい香りが漂っています。これからは日ごとに花の数も増えていくでしょう。この公園では2月中... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 16:33
イタチだと思ったら・・・
背丈の低いヒサカキやカクレミノが茂り地面をクマザサが覆う雑木林の中の小道を歩いていると、クマザサの中で何かが移動する乾いた音が聞えました。ときどきイタチの姿を見ることのあるあたりだったため、イタチが動いているものと考えて姿が見えたら写真を撮ってやろうと音を頼りにその動きを追っていました。するとしばらくしてクマザサがの間から飛び出してきたのは、1羽のシロハラでした。てっきりイタチだと思っていたところへ小さなシロハラが現れたので拍子抜けしてしまいましたが、せっかく目の前に出てきてくれたのでシャッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/19 20:44
冬空を背景に
冬空を背景にミサゴが飛びました。最近ミサゴと出会うチャンスがなかったので、久しぶりの撮影です。海辺で見ることの多いミサゴですが、私がフィールドにしている海岸線から数キロ隔てた丘陵地にある池の上空ではよくミサゴが飛びます。海へはひと飛びの距離にあるうえ、池には大きなコイをはじめたくさんの魚がいて、海水魚も淡水魚も豊富に手に入ることと、池の周囲は大きな木がたくさん茂る広い林が取り囲んでいるため営巣にも適しているからでしょう。バードウオッチングに訪れている人たちと話すと、朝には頻繁に池の上空を飛ん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/19 02:33
みんな雪に覆われた!
たくさんの積雪があった昨日は、地面や草はもちろんのこと、木々の枝も真っ白な雪に覆われました。家の前に広がる調整池の土手やアシ原も例外ではありません。いつもなら枯れたススキなどのイネ科の植物の穂や地上に落ちた種子をついばみに来るホオジロやアオジの声も聞こえず、毎日姿を見せるツグミやハクセキレイの姿もありませんでした。みんな餌が雪に覆われて苦労していたようです。ハンナを雪の中で遊ばせながら野鳥がやってくるのを待っていたところ、ようやく写真のメジロがやってきましたが、いつもなら簡単に蜜を吸っている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/16 17:55
ラッセル
一昨日の夜から昨日にかけて積もった雪も、徐々に解けてきました。ただ大通りは陰になったところ以外はすっかり解けていますが、住宅街の中の道路で通行量が少ないところでは、まだ各所で雪が残り路面が真っ白になっています。5cm程度の積雪でも交通に障害が出るこのあたりなのに、今回は十数cmの積雪があり、風が強く吹き付けるところでは30cm近い雪が積もったため仕事や生活にも支障をきたしました。。今日は晴れてはいますが、まだときおり雪雲が流れてきて雪片が落ちてきます。気温も上がってこないので、完全に解けきる... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/16 13:33
雪だ、雪だ!
雪の中へ出してやったところ、想像していた以上に喜んではしゃぎ、雪の中を跳ね回る昨日の朝のハンナです。我が家へ来て初めての雪の中の遊びを経験させてやろうとして玄関を開けて外から呼んだところ、喜んで飛んできたハンナは真っ白な雪に覆われた玄関先や庭を見て一瞬おかしな顔をして足を止めましたが、すぐに私の後について外へ出ると、これまでにないはしゃぎ方をして雪の中を飛び跳ね出しました。その喜びようをみて、雪のため車が通らない家の前の道路へ連れ出し思い切り走らせてやると、ハンナは写真のように家の前を何度も... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/16 01:11
大雪
この地方としては、まれに見る大雪になりました。朝起きてカーテンを開けてみると、ベランダの手すりには20cm近く雪が積もっています。道路も轍の上では押し固められて数cmの積雪ですが、路側や通行のない部分では15cmは積もっています。今日は朝から外出する予定でしたが、この積雪では無理をして出かけて事故にでもあってはいけないと考えて急遽中止し、せっかく早起きしたのでハンナを雪の中へ出してやりました。雪のおかげで車の通行もほとんどなかったため、家の周辺を自由に走らせてやると、我が家へ来て初めて経験す... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/15 11:11
たくさん積もりました!
普段は暖かく、一年を通じて雪が積もるのは通算5日もないこのあたりに昨日の夕方から激しく降り出した雪は、3時間ほどで5cm以上積もりました。多いところでは15cmほど積もっているところもあります。最近のこのあたりでは珍しい雪の量です。夜9時過ぎに仕事を終えて帰宅しましたが、帰宅途中でも雪はどんどん降り積もり、スタッドレスタイヤをつけていない車で出かけたので高台にある家まで慎重のうえにも慎重に運転して何とか帰宅できました。途中では、雪に慣れていない運転で車をスリップさせたり立ち往させている現場の... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/15 02:11
全国的にこの冬一番の寒波がやってきたということで、この辺りでも強い冷え込みとともにお昼過ぎから雪が舞い始めました。各地からはたくさんの積雪があったという報道が届きますが、この辺りでは夕方はまだうっすらと白くなったところはあるものの激しい降雪はなく、一面の積雪にはいたっていませんでした。そんなちらつく雪の中を近くの水辺の野鳥たちの様子を見に行くと、その数はいつもよりずっと少なく、梢にとまるハシブトガラスの群れとカモたちのほかは水際でアオサギが一羽、時おり強い風に乗って水面に落ちる雪を見るような... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/14 21:10
冬越しのための食料
いつも散歩をする公園では、例年より10日以上も早く春を告げるウメの花が咲き始めましたが、まだ昨秋できたナンキンハゼの実も枝のあちこちに残っています。そんな枝へは、いろいろな野鳥がやってきて一つ一つ白い実をついばんでいます。カロリーが豊富なこの実は、野鳥たちにとって餌が不足する冬を乗り越えるための貴重な食料です。昨日も散歩をしていると、シジュウカラの声が聞えてきたので声のする方を探してみたところ、池に張り出したナンキンハゼの枝で2羽のシジュカラが枝から枝を飛び回って賑やかな声を上げながら実をつ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/14 10:33
寒風の中で
冷たい季節風が吹きつけ大きなうねりが押し寄せる海岸で、シロチドリとイソシギ、それにハクセキレイが波の上を飛んだり、波打ち際へ降りたりとせわしなく動き回っていました。風のないときには穏やかで静かな渚も、風がでてくると打ちつけてくるうねりのためたくさんの白い飛沫が飛び、波打ち際の水面は泡立っています。しかし、野鳥たちは小さな体ながら強い風や寒さなど気にする様子もなく、ときには飛び散る飛沫を浴びて、元気に鳴きかわし飛び交っていました。写真は、身を切るように冷たい風の中で海上を飛び回るシロチドリです... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/13 21:55
アオジの初撮り
今シーズン初めてアオジが庭にやってきました。帰宅して車を降りたところ、すぐ近くで短く鳴くアオジの声がしました。この冬になって初めて家の近くで聞くアオジの声です。車の中に置いてあったカメラを取り出しゆっくりと歩きながら声のするあたりを探してみると、1羽の雄のアオジがサザンカやその周りの枯草の間を敏捷に動いていました。早速レンズを向けましたが、アオジはすぐに飛んで家の前の調整池に立ち並ぶシダレザクラの枝にとまりました。枝が込み合った中にとまったので前面に枝が被った画像にはなったものの、今冬初めて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/12 16:44
寒くなってきた!
今日は朝から曇りがちで風の強い寒い日になりました。お昼ころからときどき落ちてくる雨も、みぞれがちの雨粒が混じっていました。このまま雨かみぞれがひどくなれば、ララとハンナの散歩もできなくなると心配しながら空を見ていたところ、雨も地面を濡らすほどではなく次第に晴れ間も見えてきたので、2匹を車に乗せていつもの公園へ連れて行きました。広い公園を歩かせると、どちらも冷たい風が吹き渡っていく中でも寒さなどまったく感じないといった様子で元気に歩き回り、野鳥を撮影する私の周りで遊んだり写真のように腰を下ろし... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/11 18:55
ウメ一輪
公園の池の端に植えられたウメが一輪綻びました。例年より10日以上早い開花です。毎年ウメの開花を見ると、小学2年生になろうとする初春だったと記憶していますが、庭のウメが一輪綻んだのを一緒に見ていた祖父が服部嵐雪の句を教えてくれたことを思い出します。今年も初めてウメの花を見て、日本画家で古典に造詣が深く、自ら漢詩や漢文、俳句などを作り、幼い頃から事あるごとにいろいろな知識を与えてくれた祖父と過ごした日々の情景の一コマが、懐かしく脳裏に浮かんできました。また、祖父は、この季節にはよくウメの花を画題... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/11 11:55
アルデバラン食はあったけれど・・・
昨夜はおうし座の1等星アルデバランが月に隠されるアルデバラン食がおきました。今年はまだ何度かは起きる食ですが、条件よく見られるのは今回だけだということなので楽しみにしていました。ところが、なんとか食が始まる前に帰宅できたのでカメラを用意して意気込んでいたところ、アルデバランが月に接近し始め隠れようとするころから雲が月の周辺を覆い始め、食が終わるまで月は雲の中に入ったり薄い雲がかかったりで撮影はできませんでした。全天を覆うような厚い雲ではなく、ところどころに流れる雲だったのですが、運が悪い時は... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/10 16:11
波の間にカンムリカイツブリ
公園の大きな池に飛来してはいるものの岸には近づいてくれず、なかなか撮影できないカンムリカイツブリが、ララとハンナを遊ばせながら海辺を歩いていると波の間に浮いていました。まだ十分近いとはいえない距離ながら、公園の池で見るときよりずっと近かったのでカメラを取り出し、先に行きたがる2匹を待たせて望遠レンズを向けてみました。もう少し距離を詰めてくれるとよかったのですが、反対に潜水を繰り返しながら私から遠ざかるように移動していきました。それでも海上に浮いている姿や、潜水をする様子を十数枚撮影することが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/09 18:00
サザンカの花が散っています。
サザンカの花がよく散るようになりました。いつもララとハンナを連れて散歩に行く公園の池の近くには、樹高が3mから数mになるサザンカの大木が林のように立ち並んでいるところがあります。このごろその中を通ると、まるで濃いピンクの絨毯を敷き詰めたように花びらが落ちています。サザンカは、ツバキと違って花ごと落ちるのではなく花びら一枚ずつが分かれて散るため、落花したあとは花びらがあたり一面に広がります。掃除が行き届いた公園なので、毎日とはいかないまでも落ちた花びらは片付けているのだとは思いますが、落ちる量... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/08 01:33
マサキの実
海岸の公園に茂る林の中を歩いていると、あちこちでマサキがたくさんの実をつけていました。ぶら下がった実が規則正しく四つに裂開して、中から仮種皮が鮮やかな赤色を見せています。マサキは丈夫な植物で、潮風にも強い耐性があるため、海岸でよく見られる植物です。夏の初めに咲く花は小さく地味なため目立ちませんが、秋から冬にかけて枝を飾る実は鮮やかな色でよく目に付き、野鳥たちにとっては晩秋から冬にかけての食料になる貴重な存在です。このマサキの近くでもメジロやツグミなどがやってきては実を食べたのでしょう。葉や近... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/07 18:44
快晴
雲一つない空を後にして、西の山の彼方へ落ちていこうとする昨日の夕日です。昨日は、またララとハンナを連れて海辺の公園へ散歩に出かけました。風もほとんどなく、海上に波も立たないほどの静かな夕暮れの中、360度の展望がきく芝生の上で遊ばせていた2匹の影が長くなったことに気づき西の空を見ると、海を金色に染めて静かに夕日が山の端にかかろうとしていました。いつもは雲がかかることが多い夕方の西の空に小さな雲一つありません。遠くの山の稜線と、水平線に区切られただけの光景が視界いっぱいに広がりました。どこかに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/07 03:00
冬鳥の種類が少ないシーズンです。
公園の中を歩いていると、モズの雌が剪定したあとまとめて積み上げた枝の山の上に止まっていました。この冬は、カモなどの水鳥は別にして、冬鳥を見る機会に恵まれません。公園の中を散歩しても、年間を通して公園の住人であるヒヨドリ、シジュウカラ、ヤマガラなどにはよく出会うのですが、渡ってきた冬鳥はジョウビタキ、ツグミ、シロハラ、ビンズイくらいしか見られません。先日も、この公園で野鳥の写真を何年も撮り続けているお年寄りと話す機会がありましたが、やはりその方もこの冬は公園内の野鳥の種類が少ないとおっしゃって... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/06 04:00
大きすぎた!
海面に浮かぶスズガモやヒドリガモの群れを見ていたところ、突然カモの群れの中にカワウが浮かび上がりました。何か大きなものを咥えているので望遠レンズを向けて見ると、アカエイの幼魚です。ただ幼魚とはいえカワウが飲み込むには幅もあり大きすぎます。カワウは飲み込もうと長い間何度も咥え直していましたが、結局逃げられたのかそれとも飲み込むことを諦めたのかは定かではないもののアカエイを食べることはせず、また潜水を始めました。いつだったかは、アオサギが同じくらいの大きさのアカエイを捕まえ、やはりなかなか飲み込... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/04 23:00
月と金星
さきほどハンナを連れて町内を歩いていて、日が落ちた夕空を仰ぐと、月齢4.2の月と金星が角度にして1.5度ほどの近さで並び、お正月の西の空を飾っていました。帰宅して早速カメラを持ち出し、300mmの望遠レンズを取り付け手持ち撮影で二つの天体を撮影してみました。光っている月に露出を合わせて撮影したあと、地球照も撮影してみました。最近のカメラは、手ブレ防止機能が進化していて、三脚やレリーズを使用しなくてもこの程度の写真なら手持ちで簡単に撮影でき便利です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/02 18:55
ミコアイサの初見
よく晴れ暖かだった元日のお天気に誘われて、お昼前に近くの池に飛来している野鳥の様子を見に行きました。キンクロハジロとホシハジロ、それにカイツブリが常連の池で、ときどきカワウやアオサギなどがやってきていることがある池です。昨日も車を降りるまでは珍しい種類の野鳥が見られることは期待せず、同じような顔ぶれが揃っていて、うまくいけば池の周囲の木々にやってくるヤマガラやシジュウカラなどのカラ類くらいは見られるかもしれないと思っていました。ところが、池の土手を上って水面が見えると、目の前に浮かんでいるキ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/02 17:55
元日の入日
昨日の夕方、ララとハンナを遊ばせた海辺で見た夕日です。一日中穏やかでよいお天気だった元日の昨日は、海辺へ出ても冬特有の冷たく身を切るような北からの風もなく、ゆったりと長い時間波の音を聞いたり海に浮かぶカモたちを見ながら砂浜で遊ぶことができました。砂の上にできる影が長くなってきたので、そろそろ車に向かおうと2匹に声をかけて呼び寄せ、一緒に歩きながら海を見ると、夕日が山の端に近づきまもなく沈もうとしているところでした。波間にきらめく残照と黄金色に染まる空の色がきれいだたので、私の先を行くララとハ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/02 04:33
新しい年が明けました
新しい年が明けました。お天気もよく、冷え込みもそれほど感じることのない穏やかな新年の幕開けです。今年一年、何事もなく無事に過ごすことができることを願いながら行く年を送り、新しい年を迎えました。国内の政治情勢も海外の政治情勢もともに、どちらを向いても穏やかさとは正反対の方向へ向かおうとしている危険性を孕んだ状態で迎える年になりましたが、何とか個人がそれぞれ人間として尊重され、平和の中で生きていくことができる世の中へ向かって行ってほしいものです。まずは我が家のペットも含めた家族全員が病気や怪我が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/01 01:11
波の上を飛ぶシロチドリ
冷たい季節風が吹付け、冬独特の色彩でうねる波が広がる夕方の海辺を、シロチドリが飛び回っていました。身を切るように冷たい風など全く気にしていないような元気さです。寒さのため人影がほとんど見えない渚に下りては、餌を探したり佇んで波の打ち寄せる様子を見ていますが、ときおり舞い降りるハシブトガラスや、頭上を大型の野鳥が低く飛んだことを認めると、飛び立って海上を一周りしてから別の波打ち際へ下りることを繰り返していました。ララとハンナを遊ばせながら、波の上を飛ぶシロチドリを撮影していて、これまでこの親子... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/31 12:00
ヒヨドリが騒いだ!
本格的な寒さがやってくるようになって、いつも散歩する公園の落葉樹もすっかり葉を落としました。この公園の林は常緑樹と落葉樹が混在しているので、冬になっても日が差し込みにくいところもありますが、それでも葉を落とした木が多いところでは梢を仰ぐと空が見えるようになり、遊歩道が明るくなりました。そんなところでは、枯れ枝のようになった枝にとまる野鳥がよく見えます。最近では、ヒヨドリやツグミといった少し大きめの野鳥がよく群れていて、群れがとまっている木の下を通ると大きな羽音で騒ぎ、鋭い声を上げます。この写... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/30 01:33
シジュウカラの採餌
公園の池の周りに植えられたナンキンハゼの木で、シジュウカラが賑やかに声をあげながら熱心に白い実をついばんでいました。写真を撮りながら様子をうかがっていると、ナンキンハゼの木の下に茂る潅木の中でも数羽の姿が見え隠れしています。これまではウメの木などでよくムシを探している姿を見かけましたが、厳しさを増してきた冬の寒さに備えて、カロリーの高い食料を確保しようとしているのでしょう。先日はスダジイのドングリを木の幹に隠そうとしているヤマガラを見ました。体が小さく熱量を蓄えておくことができない野鳥たちは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/29 23:33
朝の池で
冷たい季節風が水面にさざ波を立てる朝の池で、2羽のコサギが水の中に立ちつくしていました。足の付け根まで水に浸かって、まるで水鳥が浮いているように見えます。いつもは岸近くで立っていることが多いコサギなので何をしているのか見ていると、岸辺にいるときと同じように水面を見つめて小魚を探している様子でしたが、浅いところで採餌をしているときと違って水の抵抗が大きく動きにくいのか、全く移動せず長い時間同じところで佇んでいました。冬空を映す水面と、伸びてきている飾り羽をときどき強く吹き抜けていく寒風に靡かせ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/29 21:55
寒くなった!
昨日の朝まで強く降った雨がやんだ後は、午後遅くから季節風が強まり寒さがやってきました。今日は最高気温が10℃には達しない予報です。冬にしては暖かすぎたこの頃の気温に慣れているため、風の冷たさがことのほか身に沁みます。ペットたちも寒さを感じているらしく、マリーや小次郎は昨夜はベッドの中に潜り込んできて一晩布団の中で寝ていました。さすがに寒さに強いハンナは冷え込みが堪えているようには見えませんでしたが、ララは暖かいマットの上で寝ていました。寒いとはいっても暖房を切った深夜でも室温は8℃前後にしか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/28 12:55
カンムリカイツブリ初撮り
今年も散歩に訪れる公園の大きな池に、カンムリカイツブリがやってきました。昨シーズンは3羽を確認しましたが、今シーズンは現在までのところ1羽のみです。飛来は数日前に気づいたものの、そのときは池の向こう岸近くに浮かんでいて距離も300m以上離れていたため、撮影はやめて帰ってきました。それが、昨日は私がいる岸辺から100mほどのところに来ていたのでレンズを向けてみました。今シーズンのカンムリカイツブリの初撮りです。ただ、まだ距離があったことと、夕方だったため、掲載写真程度の画像になってしまいました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/27 01:33
モズが飛んできた。
車を走らせていると、前方にモズが飛んで来て道路近くのウメの枝にとまりました。最近野鳥を撮影する機会が少なかったので、珍しい野鳥ではないけれど車を路側にとめて望遠レンズを向けてみました。よく晴れた空を背景にして、辺りを睥睨するように鋭い目を光らせるモズの体色が、地味な色ながら冬の日に映えてきれいです。ただ風邪気味で外へ出てまで撮影しようという意欲はわかず、車の窓を開けただけで車内から撮影したため光の当たり方を考慮する余地もなく、肝心のモズの顔が逆光気味で陰になってしまい表情が分からない写真にな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/20 21:44
カイツブリ
風が止んで波が消えた水面にカイツブリが浮いていました。以前はそれほどでもなかったのに、一昨年あたりからこの池でカイツブリをよく見かけます。小さな体ながら、群れをなしてたくさん浮かんでいるホシハジロやマガモの間をなんの物怖じをするふうでもなく、水面を滑るように移動しながら特徴のある声で鳴き、頻繁に潜水を繰り返しています。ここは入り組んだ岸を持つ大きな池で、水際に下りることは禁止されているため、繁殖期に作る浮巣を見つけることは大変でしょうが、これだけよくカイツブリに出会うようになると、初夏には背... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/18 23:33
ツグミだけ
この数年冬になるとカシラダカの群れがやってきていた草はらが切り開かれてしまったため、今シーズンはまだカシラダカに出会えないままです。先日も、その草はら近くのカシラダカがいそうな灌木や草の茂みを数か所探してみましたが、昨シーズンはたくさんの数が確認できた場所でもただの1羽も確認できず、いたのはいつでも見ることのできるハシブトガラスが10羽ほどとヒバリが2羽だけで、ほかの野鳥も全く見当たりませんでした。仕方がないので土手の道を歩いて車に戻ろうとしたところ、30mほど離れて立つウメの梢に、最近はい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/18 00:33
アオツヅラフジの実
フィールド内の薮の中に入っていくと、秋にできたアオツヅラフジの実がまだたくさん蔓から下がっていました。近くの茂みで晩秋の野に彩を添えていたノブドウの実やツルウメモドキの実は野鳥に食べられてほとんどなくなってしまいましたが、アオツヅラフジはまだたくさんの実を残しています。根から茎それに実と、全体にアルカロイドを含み有毒なため、これを食べる野鳥も少ないのでしょう。例年年を越しても青藍色のこの実は、葉を落として枝だけになった潅木に巻きついた蔓にしがみつくようにして残っているのを見ることができます。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/17 15:33
ヒヨドリの数が増えました。
秋の終わり頃からヒヨドリの数が増え、数羽から10羽ほどの群れもよく見るようになりました。もともと留鳥としてこの辺りにいる個体のほかに、寒さを避けて北の地方からやってきた個体や高い山から下りてきた個体など漂鳥や旅鳥として移動しているものも交じり合う季節だからでしょう。それが今年は、いつもの年より個体数も群れの数も多そうです。昨日もフィールドの中をララとハンナを連れて歩いていると、周囲の木々の枝にはたくさんのヒヨドリの姿や鳴き声が確認でき、真っ青に晴れ渡った冬空には、歩いていく先々で鋭い声で鳴き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/16 16:11
イソシギが1羽
北西からの季節風に吹き寄せられて浜辺に打ち寄せる波がしぶきを立てる前で、野鳥が1羽佇んでいるのが見えました。逆光だったため種類がよく分からなかったので砂浜を大きく回り込んで反対側から見ると、イソシギでした。この浜辺ではいつも2羽のイソシギが飛び交っているのでそのうちの1羽でしょうが、普段なら人の気配を感じるとすぐに飛び立ってしまうことが多いのに、この写真をとったときは冷たい風が強く吹く中で何か考え込んでいるように波間を見つめて長い間立ちつくしていました。これから浜辺には、身を切るような冷たく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/15 02:33
セグロセキレイが2羽
カワセミに会いに家の近くの調整池へ足を運ぶと、残念ながらカワセミはいませんでしたが、池の端でセグロセキレイが2羽飛び交っていました。先月もブログに記載したように、今シーズンは例年冬になるとハクセキレイと入れ替わるように数を減らすセグロセキレイをよく見かけます。いつもならハクセキレイだけしか見られなくなるフィールドでも、この冬はいつ訪れても両種を見ることができます。ただ、数は少ないものの、この時期には必ず見られるキセキレイと出会う機会がほとんどなく、秋になってから一度確認できただけです。今シー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/14 12:11
シロチドリが5羽
沈もうとする夕日が低い角度で淡い光を投げかける波打ち際で、何をしているのか5羽のシロチドリが佇んでいました。ほんの少し前までときどき鳴き声を交えながら波の上を飛んでいた群れです。ときどき浜辺を訪れ渚で観察をしていた経過からすると、どうもこの5羽は今年の夏に生まれた3羽の幼鳥と2羽の番のように見えます。このあたりのシロチドリは、渡りをしないものも多いらしく、周年姿を見ることができます。このシロチドリたちも、12月も半分が終わろうとするこの時期までこの海岸にいるということは、おそらく南へは向かわ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/13 00:44
コナラの黄葉
雑木林の中を歩いていると、冬の午後の日を斜めから受けてコナラの葉が木々の間で黄金色に輝いていました。たくさんのドングリを地上に降らせ小鳥や小動物をに冬を迎える貴重な食料を提供したたコナラも、12月も中旬に入り黄色や茶色に染め上げた秋の装いを脱いで厳しい冬に向かいます。明日は雨との予報が出ているので、一足先に葉を落とし枝と幹だけのすっきりとした姿になったケヤキやエノキ、ハリエンジュなどに続いて、コナラも雨に打たれたくさんの葉を落とすことでしょう。この雑木林で毎年最後に落葉するコナラが冬木立の姿... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/12 19:33
こんなところに・・・
サクラやハゼの木などが枝を絡み合わせるように茂っている林縁の枝が、風による動きとは明らかに違った揺れ方をしていました。50メートル以上離れていて肉眼では定かに分からなかったので、車からカメラを持ち出し揺れている枝の辺りを探ってみたところ、茂みの間からノスリが1羽顔を出して枝にとまりました。これが茂みの中を飛び移って枝を揺らしていたようです。この林の上空では冬になるとよくノスリが高い空を飛びますが、地上から5メートルほどの低い枝にとまっているのをこの付近で見たのは初めてのことです。遠いとは思い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/11 03:33
ノスリが飛び立った!
ララとハンナを連れて2匹に話しかけながら歩いていた里山の道で、頭上の枝がざわつく音がしました。風もないのに何の音だろうと思いながら見上げると、ケヤキの梢付近からノスリが飛び立とうとしていました。翼を休めていたところ、近づいてきた私たちの気配に驚いたようです。急いでカメラを取り出してレンズを向けると、ちょうど梢を蹴って空中へ飛び出した瞬間でした。構図を考える時間もなく、ファインダーの中に入れて5回シャッターを押している間に、ノスリは悠然と翼を羽ばたかせ林の向こうへ消えていきました。このフィール... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/09 16:11
風紋
昨日やってきた寒さはしばらく続くだろうと思っていたところ、昨夜はよく冷えたものの、今日は夜が明けて日が高く上るころになると予想に反して風のない暖かい日になりました。そこでお昼過ぎに外出先から帰宅した後、ひと休みしてからララとハンナをまた海辺へ連れて行きました。すると、砂浜には昨日の強い季節風が残していった風紋が広がっていました。午前中に散歩をする人はほとんどいなかったらしく、ところどころにセキレイやシギの仲間が歩いた跡が残っているくらいで、人の足跡はほとんど見られずきれいな模様が続いています... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/07 18:33
強い風で落葉が進みました。
ただでさえ落葉の季節なのに、昨日の朝からの強い風に公園の落葉樹はたくさん葉を落としました。散歩をすると坂道などでは、滑って足を取られそうになるほど落ち葉が厚く積もっているところも何か所かありました。今の遊歩道にはモミジやエノキの葉がたくさん舞い落ち積もっています。もう少しすると黄色く染まったコナラの葉が一斉に降ってきそうです。これだけ落ちると遊歩道の掃除も大変だろうと思いながら歩いていると、ララやハンナは落ち葉の積もった上を歩いたほうが気持ちがいいのか、路面が見えないほど積もったところや、落... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/07 00:33
渚の散歩
昨日はお昼少し前からに都心へ買い物に行って1時間半ほどで帰宅したあと、穏やかで暖かい日だったので着替えだけ済ませると、ララとハンナをまた海辺へ連れて行きました。昨日は雑木林の中を歩かせるつもりだったのですが、土曜日にした海辺の散歩を2匹は喜んだことを思い出し、風もないことでもあり予定を変更しました。昨日の海辺は、平日だったためか人影は全くなく、野鳥の声と波の音だけが聞こえていました。そのため、初めからリードを外して2匹を自由に歩かせ、長い時間遊ばせてやることができました。写真は、私が海面に浮... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/06 01:55
オオバンの飛来
公園の池にオオバンがやってきました。この池には昨シーズン初めて10羽のオオバンがやってきて、ひと冬池の面に浮かぶ姿や、岸に上がり草をついばむ姿を見せてくれました。今年はいつやってくるかと楽しみにしていたところ、今月2日に飛来が確認できました。ただ、現在のところはまだ1羽だけです。昨シーズンは8羽を確認したあと一週間ほどして2羽が加わりました。今シーズンもたくさんやってくることを期待して、今日も散歩かたがた池を見に行ってきたのですが、残念ながらホシハジロやキンクロハジロの群れの中で1羽が浮かん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/04 22:55
ビンズイの初撮り
夕方公園へ散歩に行くと、私たちが進む前を一定の距離を保ちながら葉を落としたサクラ並木の枝をわたっている野鳥がいました。カメラを取り出して望遠レンズでのぞくとビンズイです。例年だともう少し早く10月下旬から11月上旬には見ることができるビンズイですが、今年はこれまで一度も出会うことがなく、ようやく11月も最後の日になって姿を見ることができました。ララとハンナを連れていることもあり、さらに後ろから歩いてくる人たちもあったのでゆっくり撮影することもできないうちにビンズイは飛び去ってしまいましたが、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/30 23:55
落葉が進んで
落葉が進んで、公園の林の中に立つ木立の梢にとまる野鳥が容易に確認できるようになり、鳴き声もよく響くようになってきました。人の通行が少ないところでは、枝だけになった木にツグミやヒヨドリが鈴なりになってとまっている様子がよく見られます。特にハシブトガラスが数十羽とまった大きなエノキの大木などは、飛び立つ個体や舞い降りる個体がひっきりなしに梢の周りを乱舞し、鳴き声も騒々しくて遠くから見ていても壮観です。今日は散歩の途中で、葉を落として枝だけになったハリエンジュにとまる数羽のカワラヒワを見つけたので... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/30 20:11
晩秋の雑木林
秋も終わろうとするこのごろは、木々がずいぶん葉を落とし雑木林の中が明るくなりました。ただ、そのまばらになった枝の間から差し込む光は、濃いくっきりとした影を作っていた少し前までと比べると弱まり、舞い散った落ち葉を優しく浮かび上がらせています。そんな光の中で、林の中を散歩するララやハンナの輪郭も冷たく澄んだ空気に包まれ柔らかく光ります。頭上からは野鳥の声とともに、赤や黄、それに茶色といろいろな色調の落ち葉が青空を背景にして舞い落ちてきて、いつまで見ていても飽きません。しかし、11月も今日で終わり... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/30 11:11
雌のジョウビタキ
鋭い鳴き声とともに目の前を横切って、雌のジョウビタキが近くのウメの枝にとまりました。ララとハンナを連れて夕方の公園の中を歩いていたときのことです。早速散歩バッグからカメラを取り出し、込み入った枝の中にいるのでマニュアルでピントを合わせ数枚撮影しました。今年は家の周りでもフィールドでも雄のジョウビタキとは何度も出会って撮影していましたが、雌は今シーズンの初撮りです。この個体は人慣れしているのか私が動いても逃げようとする素振りは見せず、つぶらな目でこちらを見て、尾を振りながら大きな声で何度も鳴き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/30 01:00
カワセミは見られるけれど・・・
池の中から突き出たアシの枯れ茎に、カワセミがとまっていました。暑さが厳しい夏の間は、朝晩の涼しいときにだけ姿を見せることが多く、とまるのも排水口の縁や茂った草で岸からは見づらい場所にとまっていましたが、涼しくなった秋口からは日中にも姿を見せるようになり、周りが開けた中に立つアシの茎にもよくとまるようになりました。ただ、土手の周りの草も刈られたり枯れたりして池の面は夏の頃より見やすくはなったものの、この池は周囲をしっかりと高いフェンスで囲われ水際へはどうやっても近づけないので、せっかくカワセミ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/29 23:00
カルガモの着水
秋も深まり気温が下がってきた最近では、水辺へ行くと多いか少ないかの違いはあってもカモの仲間をよく見かけます。ところが先日、通りかかったついでに少し寄り道をしてキンクロハジロやヒドリガモがたくさん集まるようになった水域へ行ってみると、1羽のカモもいませんでした。間が悪い時はこんなものかと思いながら帰ろうとしたところ、低空から舞い降りてくるカモがあったので望遠レンズを向けたところ、2羽のカルガモでした。どこへ行っても年中撮影することができるのでいつもはわざわざ撮影しないカルガモですが、着水しよう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/29 01:11
クサシギがやって来た!
カワセミのいる池に、クサシギがやってきました。一昨日カワセミが撮影できたので、また撮影してみようとして時間の空いた隙に池に行ってみると、コガモが1羽いただけでカワセミは近くの川へでも餌を探しに出かけたのか見当たりませんでした。辺りに野鳥の影はなかったので撮影は諦め帰ろうとして足を運びだしたところ、頭上を飛んで野鳥が1羽水際に舞い降りてきました。急いでカメラのスイッチを入れて、着地するところから水際で羽を畳んで落ち着くまでを撮影しましたが、飛び方や形はシギだと分かっても向こう岸に降りたため遠す... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/26 11:11
カワセミに会いに
仕事に出かけるついでに町内の池に立ち寄ってみました。自宅から歩いて数分の距離にある池ですが、最近は立ち寄る機会がなくここに居ついたカワセミともしばらくご無沙汰したままでした。車をとめてカメラの用意をして池の中を探すと、すぐにアシの枯れ茎にとまって水面を見つめるいい構図の中にいるカワセミが見つかりました。ただ、カワセミのいる位置が向こう岸に近く、撮影するには距離がありすぎました。そこで、少しずつ池の端を回り込んで近寄ろうとしたところ、カワセミは私が接近する気配を敏感に感じとってアシから飛び立ち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 22:33
また雨だ・・・
東京都心では54年ぶりで11月に初雪が降ったと朝のニュースで報道されていましたが、当地では雨になりました。なんだか最近はよく雨が降ります。朝カーテンを開けると、窓枠にやってきた小次郎も、また雨だね、とでもいっているように降る雨と私を交互に見ながら何度も鳴きました。イヌと違って散歩に出るわけでもないので、雨でも晴れでも関係はないと思うのですが、気候がよくなったこの頃は、晴れているとベランダへ出てガーデンテーブルの上で日向ぼっこをすることが多くなったため、やはり晴れた日の方が嬉しいのかもしれませ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 11:33
ハイタカ?
雑木林の中に広がる草地でララとハンナを走らせて遊ばせていたところ、何気なく空を仰ぐと種類は確認できませんでしたが梢の上をタカが飛びました。近くの木にとまっていたようです。急いでカメラを取り出しスイッチを入れながらタカが飛んだ辺りを探しましたが、込み入った木立が邪魔をして何も見えません。周りを喬木に囲まれた見通しが悪い場所だったため確認するのは無理だと諦めてカメラをバッグに戻そうとしたところ、その瞬間、梢の間を滑るように飛翔する大型の野鳥が見えました。そこで、何が飛んだのか確かめるまもなく反射... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 01:11
落ち葉降る道
昨日の雨に打たれて、木々がたくさんの落ち葉を降らせました。我が家の狭い庭でもハナミズキがたくさんの紅葉した葉を落としましたが、午後からララとハンナを連れて散歩をした公園でも、いたるところでたくさんの木の葉が落ちていました。遊歩道をひとまわりしてくると、その場所ごとの植生の違いでいろいろな種類の葉が落ちています。ハゼの木の多い林の中では真っ赤な葉が、カクレミノが両側にたくさん生えている道では黄色に色を変えた大きめの葉が、サクラの並木道では赤や黄色に染まった葉が降り重なって路面を彩り、歩いている... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/20 22:55
すぐ近くにシジュウカラ
散歩の途中でララとハンナを休憩させビスケットを与えているそばへ、シジュウカラがやってきました。2匹に動かないようにいいつけて、カメラの用意をしながらウメの枝の間を飛び移っているシジュウカラを目で追っていたところ、さらに数羽のシジュウカラとコゲラが林の中から飛び出してきてすぐ近くを飛び回り始めたので、視界に入る個体にレンズを向けて手当たり次第にシャッターを切りました。公園の中では年中見ることができる野鳥なので珍しくもありませんが、落ち着いた色合いの体色がきれいで、時々に見せてくれる動作もかわい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/20 01:00
白い実、赤い実
公園の池の岸に立つナンキンハゼと、その根元で茂るノイバラの実が熟しました。紅葉を始めたナンキンハゼの葉の間で見え隠れする真っ白な実と、その下で風に揺れるノイバラの赤い実の色がとてもきれいです。今日は雨があがっても日が差さず、曇り空に覆われた一日だったのでせっかくの色が沈んでいましたが、晴れて明るい秋の日に照らされると鮮やかな色が水の面に映えます。向こう岸のハゼの林も葉の色を真っ赤に染めてきたので、コナラやイタヤカエデ、イチョウ、ケヤキなどの黄葉も交え、これから一週間から10日ほどは池のこの一... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/19 20:00
モズがいただけだった。
先月にはたくさんのノビタキが遊んでいた草はらの草がすっかり刈られて、茂みがすっかりなくなりました。ノビタキは南へ渡っていき姿を消しましたが、ここはこの3年ほどノビタキと入れ違いにカシラダカの群れがやってきていた場所なので、今年もそろそろカシラダカが見られるかもしれないと考えて半月ぶりくらいに訪れました。ところが、セイタカアワダチソウ、ススキ、コセンダングサ、エノコログサなどが丈高く覆っていた草はらが、地面の土が見えるほどに刈られてしまっていてがっかりしてしまいました。辺り一帯を歩いてみても、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/19 02:55
早く歩こうよ
今日の夕方から明日にかけて本格的な雨になるとの予報だったので、午前中の空いた時間を見つけてララとハンナを公園へ連れて行きました。駐車場で車から降りると、さあ歩こうと張り切って足を踏み出した2匹でしたが、池の端へ来たところ水面にたくさんのカモが浮かんでいたので足を止めさせ、しばらく待つようにいってカモの種類や数を確認し始めました。最近急にマガモ、キンクロハジロ、ホシハジロの数が増えてきて視界に入る池の面に浮かぶカモだけで150羽を超えるようになりました。いつもいるカルガモをいれれば200羽を超... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/18 23:11
セグロセキレイをよく見かけます。
この季節のフィールドには珍しくセグロセキレイが2羽小川沿いの土手を飛び交っていました。このあたりでは、暖かい季節にはセグロセキレイをよく見かけるのですが、秋になるとハクセキレイが目立ち始めるようになり、寒い季節にはセグロセキレイの姿を見ることは希になります。生息環境がよく似ていて縄張り意識の強いセキレイ同士なので、力関係でハクセキレイに負けたセグロセキレイが冬のあいだは何処かへ移動するのだろうとこの10年ほどの間考えていました。しかし、今シーズンはまだあちこちのフィールドでセグロセキレイの姿... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/17 00:55
秋の里山の小道
秋が深まり、家の近くの里山の散歩道にもたくさんの落ち葉が舞うようになりました。ナンキンハゼやケヤキの葉は色を変え始めてきましたが、ヤマザクラやカキは紅葉する前にたくさんの葉を落としています。ススキの穂はすっかり開き、オナモミやイノコズチはたくさんの実をつけて、その周囲の茂みの中からはアオジの声が聞こえるようになりました。先日訪れた伊那谷の秋のような雄大さはありませんが、わずかな自然が残る住宅地近くの里山にも秋の気配が濃くなってきました。朝夕は肌寒さを感じるほどの風が吹き抜けるようになった散歩... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/16 18:55
冷たくおいしい水だった!
伊那谷の与田切公園の河原で遊び疲れ、川の水で喉を潤すララです。日向で遊んだララとハンナは、喉が渇いたのか流れる川のほとりへ行き飲みたそうな様子を見せました。家の近くの小川や池では、除草剤や農薬が混入している虞があるためとても飲ませるわけにはいきませんが、さすがに山あいから流れ出る澄んだ水なので飲んでも大丈夫だろうと考え、飲みやすいところへ連れて行き飲んでもよいというと、食器からしか飲んだことのない2匹は初めは匂いを嗅ぎながら少しずつ舐めてみたものの、流れる川の水が冷たくて乾いた喉を気持ちよく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/16 05:55
錦秋
日曜日にリンゴ狩りの後に訪れ、ララとハンナを遊ばせた伊那谷の与田切公園の紅葉です。家の周りの木々はまだ少しずつ色を変え始めた段階ですが、さすがに山あいで高度も高く気温の日較差も大きいためでしょう、伊那谷では秋も深まった雰囲気が漂い、行く先々で木々の葉がきれいに色を変えていました。ことに与田切公園のイタヤカエデやイロハモミジ、コナラなどの色づきは見事で、明るい秋の日を浴び雲一つない青空や聳え立つ山々を背景にして鮮やかに映えていました。こ私が住む辺りで紅葉が最盛期を迎えるのはあと半月ほど先のこと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/15 18:33
リンゴの木の下で
リンゴの木の下で、たわわに実るリンゴを見上げるララです。昨日は朝から家を出て伊那谷の松川町までリンゴ狩りに出かけました。思い返してみると、リンゴ狩りをするのは、亡くなった父母がまだ揃って元気でどこへでも車で連れ出せた頃以来なので、もう20年以上していないことになります。久しぶりに訪れたリンゴ園では、たくさんのリンゴがひんやりとする空気の中で秋の日を浴びて艶やかに光っていました。果物が大好きなララは、そんな光景よりも花より団子とばかりに、早く食べたくてしようがなかったのでしょう。1個をもぎ取っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/14 05:11
いい休日でした。
以前から、秋になったらララとハンナを自然の中で遊ばせてやろう考えてはいてもなかなか時間を取ることができなかったため、昨日の日曜日は何が何でも予定を入れないようにして、遊びに連れていくことにしました。行き先は私が山が好きなため信州に行くことにして、ちょうどリンゴ狩りのシーズンなのでまず伊那谷へ向かい松川でリンゴ狩りをして、それから周りの木々がきれいに紅葉した山の中の川で遊ばせました。そのあと食事をしようという段になって駒ヶ根市へ向かい、ブログの上で知り合いになっていただいた方の店へ初めてうかが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/14 01:44
コゲラの食事
散歩をしていると、公園の池の周りに立つサクラの周りでコゲラの声が聞えました。ララとハンナにゆっくり歩くようにいって近寄っていったところ、数羽のコゲラが敏捷な動作で枝から枝を飛び回って餌を探している様子でした。撮影に適した距離でとまりカメラを構えてシャッターチャンスを狙っていると、1羽のコゲラがカマキリの卵鞘を見つけました。どうするのかと枝にぶら下がるようにして卵鞘を見つめているコゲラを見ていたところ、コゲラは木の中に潜む虫を取り出すときと同じように激しく嘴を卵鞘にたたきつけて食い破り、中の卵... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/12 21:44
木の実が落ちる季節
公園の遊歩道に、たくさんの木の実が落ちる季節になりました。10月中旬からマテバシイのドングリが落ちだしたのを皮切りにして、最近ではスダジイ、コナラ、アラカシ、クヌギなどのドングリや、山グリの毬、クスやエノキの黒く熟した実などが歩いていく先々で転がるようになりました。林の中では、野鳥が騒いだり風が吹いて枝が揺れると頭上から木の実が音を立てて降ってきます。薮陰ではゴンズイやウメモドキ、ソヨゴなどがきれいな実をつけました。そろそろ木の葉や草の葉も鮮やかに色づき始め、公園の中はすっかり秋の装いに包ま... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/12 14:00
ヤブミョウガ
街の中にわずかに残る雑木林を里山として守ろうと地域の人たちが世話をしている地域の木陰で、ヤブミョウガの青い実が木漏れ日に揺れていました。ヤブミョウガはミョウガとは名前がついているものの、ミョウガの仲間ではなくツユクサの仲間です。学名はpollia japonica と日本特産種のような名前がつけられ、どこへ行ってもわりに一般的に見ることができるといわれていますが、この里山一帯ではほとんど見たことがなかったので、藪の中へ分け入って撮影してきました。道からはよく見えませんでしたが、光が当たりにく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/11 21:55
捕まえた!
公園の池の岸でフェンスに寄りかかってカモを見ている私のすぐ近くへ、ヤマガラがやってきました。葉を落としたサクラの枝を飛び回りながら餌を探している様子です。カメラをバッグから取り出してピントを合わせると、ちょうど枝に巣を張っていたジョロウグモの雌をついばんだところでした。人間からすればクモなどおよそ食欲がわく対象ではありませんが、ヤマガラは満足そうな様子であっという間に大きなクモを食べてしまいました。夏の終わりから秋にかけては、そこらじゅうの木々の間でジョロウグモが特徴のある巣を張っています。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/10 16:33
いいお天気だ!
昨夜の雨があがって、今朝はいいお天気になりました。朝起きてカーテンを開けると、いつもの朝は遅くまで二階で寝ている小次郎が、めずらしく階下へ下りてきました。小次郎は朝の挨拶をするようにララとハンナの近くへ行き鼻を寄せ合ったあと、リビングルームの窓枠へ上がると、いいお天気だなあ、とでもいっているように真っ青な秋空が広がる外を眺めながらときどき部屋の中にいる私に声をかけてきました。外へ出ると北西風が強く、気温は昨日より数度低くて日当たりでも冷たさを感じるほどでしたが、家の中にいる限りは明るい日差し... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/09 18:33
今年もオオバンがやって来た!
今年もオオバンがやってきました。1週間ほど前に到着したホシハジロを撮影しようとして仕事に行く途中に池に立ち寄ったところ、目的のホシハジロはいませんでしたが、遠くでキンクロハジロの群れに交じってオカヨシガモが数羽浮かぶ中で真っ黒な水鳥が動き回っていました。こちらを向いた顔を見ると、遠目にも白い額板がよくわかりました。昨年初めて1羽だけながらこの池でオオバンが冬を越しましたが、今年も忘れずやってきたようです。以前に諏訪湖でみたオオバンの群れは壮観でしたが、たった1羽でもこれまでこのあたりでは滅多... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/05 09:11
ハクセキレイ
例年冷え込みを感じる季節になると、ハクセキレイの姿が目につくようになります。最近では、フィールドではもちろんのこと、家の周囲にもよくやってくるようになりました。早朝などには、よく電線で鳴いていたり道路を小走りに走っている姿を見かけます。写真は、先日日暮れの海辺で撮影したハクセキレイですが、今日は家の前の電線でも夕日を見送るように西の空を見つめてときおり鳴き声を上げているハクセキレイの姿がありました。例年このあたりでは、ハクセキレイの数が増えてくると、夏のあいだよく見かけたセグロセキレイをも見... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/05 02:44
遅いジョウビタキの初見
家の周りでジョウビタキの声が聞こえるようになりました。妻は10月中旬に家の前の調整池周辺に雄のジョウビタキがやってきたのを見たそうですが、私は昨日まで一度も姿も声も確認できていませんでした。それが、昨日の朝庭へ出ると、遠くで声が聞こえたので、少し待っていたところやはり雄のジョウビタキが調整池の周辺の電線やサクラの枝のあちこちを飛び交い始め、さかんに鳴き声を聞かせてくれました。この個体が、家の周辺をテリトリーにしたようです。今シーズンは11月に入ってからと例年より相当遅くなりましたが、ようやく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/03 23:33
残照の中を
沈む夕日が辺りを茜色に染め始めた頃、澄んだ空気の中でくっきり稜線を見せる西の山を眺めていると、北の空から大きな鳥が連なって飛んできました。初めは黒い点にしか見えなかったものが、徐々に近づいて来たのを見ると5羽のダイサギです。このあたりのチュウダイサギはもうほとんどが南へ渡っていっているはずなので、おそらく冬鳥としてやって来たオオダイサギでしょう。5羽は大型のサギ特有のゆったりとした翼の動きを見せながら、夕日を背景にした逆光の中を海へ向かって飛び去っていきました。1羽だけ遅れて飛んでいた個体は... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/03 10:00
浜辺のシロチドリ
夕方の浜辺を散歩していると、波打ち際を歩くシロチドリと出会いました。2羽が仲良く寄り添って、引き潮を追いかけていき水が引いて現れる餌をついばんだり、打ち上げられた貝殻の下に潜む餌を探していました。シロチドリが足早に歩いたり、突然立ち止まってじっと餌を見つめる様子は何ともかわいらしく、見ていて飽きません。餌が豊富にあるのか、この2羽は沈む夕日に染まりながらいつまでも同じ場所を行ったり来たりして、何枚も撮影する機会を作ってくれました。この辺りのシロチドリは渡りをしないらしく周年見ることができます... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/02 17:55
オカヨシガモが3羽
町内の調整池に、今年もオカヨシガモがやってきました。昨日観察したところでは雄2羽と雌1羽の計3羽だけですが、多い年には20羽を超えるオカヨシガモがマガモやコガモに交じって群れるので、これからどのくらいの数が飛来するのか楽しみです。ただ、この池では、以前に何度もオカヨシガモをはじめコガモやヨシガモがネコに捕食され、その度にしばらくの間カモたちが寄りつかなくなったことがあります。昨日も水面を移動するオカヨシガモを撮影していると、岸の草むらの中に2匹のネコがいました。ネコたちも生きるために餌を探し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/02 00:44
アオツヅラフジの実
フィールドの一角で、アカメガシワやノイバラを覆うようにして蔓を伸ばしたアオツヅラフジが、たくさんの藍色の実をつけました。まだ色づかず緑色の実もあちらこちらに見受けられるので、これから日増しに熟した実が増えて野鳥たちを喜ばせます。たくさんの青い実が揺れる下では、イノコヅチやコセンダングサが褐色に熟した実を用意して近くを通る人や動物に付けようと待ち構え、その奥のクズやアケビなどいろいろな蔓が絡み合った藪の中ではではカラスウリの赤く色づいた実が薄暗い中でランプを灯したように下がっています。周りのケ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/01 18:33
ノスリもやってきた!
リードなしで野山を歩く練習の成果を試すためにハンナを連れて訪れたフィールドに、ノスリが現れました。先月から続々と冬鳥飛来の知らせが各地から届いたり、私の周囲でも徐々にその種類が増えてきていたので、毎年ノスリが見られるフィールドへ行くたびに、いつ見られるかと気にかけていました。ところが、昨日のフィールドでは、ハンナの動きに注意を向けて野鳥のことは意識せずに下ばかり見て歩いていると、すぐ目の前のクスノキの梢付近から突然羽音が聞こえました。見上げると猛禽が1羽飛び立って大空へ舞い上がっていきます。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/01 02:44
まだノビタキがいました。
今シーズンは特にたくさんの写真を撮らせてくれたノビタキも、そろそろ南へ向かい姿を消してしまっただろうと思いながら確認のためフィールドへ足を向けてみました。ところが、案に相違して一時よりは数が減ったものの、まだ数羽のノビタキが草はらの上を飛び交っていました。そこで、これが今シーズン最後になるかもしれないと考え、休日で時間も十分に取れたことからいつもより長くフィールドにとどまって、草の先端にとまったり飛び回るノビタキを撮影してきました。ノビタキたちが見られなくなると、今度はこのフィールドでは例年... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/31 10:55
砂浜の散歩
昨日は穏やかな秋日和だったので、家族揃って海辺へ散歩に出かけました。リードを外して広い砂浜を自由に歩かせると、ララもハンナものんびりと波打ち際に沿って歩き、打ち寄せる波や漂着物に興味を示しあちこちで立ち止まっては匂いを嗅いでいました。夕日が山の端にかかるまで1時間余を真っ白な巻積雲や高積雲が高く浮かぶ秋空の下で気持ちのよい海風に吹かれて遊び、貝殻もいくつか拾って帰ってきました。この季節の海辺の散歩は、空も澄み夕焼けも綺麗でおまけに爽やかな風が肌に心地よいので、時間の経つことを忘れてしまいます... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/31 01:11
気持ちいいね!
昨日一日降った雨が夜明けまでにはすっかりあがって、今朝は窓を開けると庭は明るい秋の日の光に包まれ、心地よい風が窓から吹き込んできました。絶好の散歩日和です。暑さを感じなくなった最近は、ララとハンナは夕方まで待たなくても、私の時間が空いていれば明るいうちに散歩に出ることができるようになりました。お天気のよい日などは、雑木林の中や草はらの人気のないところで自由に遊ばせてやると、穏やかな日差しの中で爽やかな風を受けて嬉しそうに動き回っています。ここしばらくの間は、一年のうちでも一番気持ちよく散歩が... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/29 12:55
ホオジロが5羽
セイタカアワダチソウが群れ咲く中からホオジロの鳴き声が聞こえてきたので、茂みの縁でしばらく待っていたところ、数分すると2羽のホオジロが現れ、近くを揃って飛び回ったり、丈の高い草の先端にとまって鳴き声を聞かせてくれたりといろいろな仕草を見せてくれました。先日のブログにも書きましたが、、この秋はよくホオジロと出会うことができます。この写真を撮った後には、さらに3羽のホオジロもやってきて草むらや畑の中を飛び回り、長い時間近くで遊ぶ姿を見せてくれました。おかげで、霧雨がときどきやってくる生憎のお天気... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/28 23:33
コスモス畑の跡で
時おり霧のように細かな雨が煙るように辺りを包む中で、コスモスの花が冷たい風に揺れていました。ここは以前広大なコスモス畑があったところで、秋になると時間を見つけてはルナと一緒に訪れてコスモスの花や野鳥の撮影をしたところです。その畑が手入れをされなくなって3年目の今シーズンは、9月下旬まで一つもコスモスの花は見当たらず、とうとうコスモスも絶えてしまったのかとがっかりしていましたが、最近になって荒れ地となった広い畑の中のところどころで背丈の低い貧弱なコスモスの茎が立ち上がり、その先にピンクや白の花... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/28 16:33
モズの声
夕方のフィールドを歩くと、近くで甲高いモズの声が聞こえました。辺りの梢をを見回して声の主を探してみたところ、クロガネモチの枯れ枝にモズの雌がとまり、山際に大きく傾いて光を投げかける太陽を見送るようにじっと西の空を見つめ、ほとんど身動きせず冷気が広がり始めたフィールドに向かって叫んでいました。今シーズンは、家の周りではそれほどでもありませんが、フィールドへ出ると例年と比べよくモズと出会います。高い梢にとまり、澄み渡った青空に響き渡るモズの甲高い声を聞くたびに、少しずつ秋が深まっていくような気が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/27 19:55
ヒドリガモ到着
仕事へ向かう途中にある池に、ヒドリガモがやってきました。今シーズンのヒドリガモの初見です。一昨日まで水面にはカイツブリしか見られませんでしたが、昨日池の端を通ると、数多くのカモが浮かんでいました。早速、車をとめてカメラを持って撮影にかかりました。見回してみると、ヒドリガモが15羽、キンクロハジロが21羽、マガモが2羽確認できました。毎年のこの池の常連ばかりです。ヒドリガモは、この夏水面が見えないほど一面に広がって水面を覆ったヒシがまだ残っているあたりに群がり、熱心にヒシの茎や葉を水中からくわ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/27 14:44
秋の昼下がり
昨日は最近には珍しく久しぶりの夏日になりましたが、10月もあと数日で終わろうとするこのごろは、涼しく爽やかな風を感じる日が多くなり、日中でもこrまでのような暑さを感じません。5月からフル稼働をしていたエアコンも10月に入ってからはスイッチを入れることが少なくなりました。今朝も起きると同時に窓を開けると、冷たく気持ちのよい風が部屋の中を吹き抜けました。この頃ではその風の向きも変わり、北寄りの窓からよく入ります。一日窓を開けておくことが多くなったので、ペットたちも気持ちよさそうに部屋に入って来る... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/27 12:55
秋闌けて
公園やあちこちの庭で、秋の日にハナミズキの実がきれいに輝くようになりました。我が家の庭のハナミズキもたくさんの実をつけ、真っ赤な実と来年の開花に向けて準備している蕾の白さの対比が鮮やかになってきました。その実を先週あたりからそろそろそヒヨドリがついばみに来るようになったらしく、朝起きて庭に出ると地面に落ちて朝露にぬれている実が目に留まるようになり、その数が毎日増えています。葉も徐々に色づき始め、今年の秋も闌けてきました。この実が落ちたあと、鮮やかに色づいた葉が木枯らしに飛ばされ枝を離れる頃ま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/26 11:55
タンキリマメ
フィールドの薮の奥で、タンキリマメがたくさんの実を作っていました。赤い莢がたくさんぶら下がり、その莢が割れて黒っぽい色の豆が2粒行儀よく揃って顔を出しています。ただ、たくさんの実が見られるのに根元を見ると2株だけです。ここでは昨年までタンキリマメは見られなませんでした。300mほど離れた薮の端には以前からこれがたくさん蔓を伸ばしていたので、おそらくそこで野鳥がついばんだ種子が糞の中に混じって落ち、それが発芽したのでしょう。近くでは、カラスウリもたくさんの実をつけてその実が色を変えようとしてい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/25 04:33
ハシビロガモもやって来た!
昨日キンクロハジロが飛来したことを確認した公園の池に、ハシビロガモもやってきました。この池でハシビロガモを見たのは、この10年ほどの間で1度だけで、それもたった1羽で水面に浮かんでいました。そんなわけで、写真の2羽も一目見たときからハシビロガモだということは頭に浮かばず、夕暮れ時で光も弱かったうえに岸から離れたところに浮いていたので目視では判別が難しかったため、はじめはマガモでもいるのだろうと思っていました。しかし、念のため望遠レンズで捉えてしばらく様子を観察しているとマガモにしては嘴が大き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/24 18:33
キンクロハジロ初見
9月30日にフィールドにしている入江でマガモとコガモ、それにオナガガモの到着を確認していました。その後、その入江近くの水域では少しずつ飛来するカモの数が増えていましたが、今日は海から離れた丘陵地の中にある公園の大きな池で、キンクロハジロ5羽、ホシハジロ1羽の飛来が確認できました。今シーズンの初見です。たくさんの数で群れを作ることが多いキンクロハジロのことなので、複雑に入り組んだ岸で囲まれたこの池のほかの水域にはもっと来ているかもしれません。10月も下旬に入り気温も下がってきたため、これから飛... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/23 22:00
日曜日の散歩
昨日と違い、今日はハンナも促される前に自分から車を降りて、公園の中をたくさん散歩してきました。気温も下がってきたので、正午を少し回った頃に散歩を始めたのですが、時間的にちょうど昼食の時間と重なり、風も冷たく少々強めに吹いていたためでしょうか、日曜日というのに公園の遊歩道を歩く人影は少なく、行きあったのはほんの数組の家族連れだけでした。そのため、ハンナもリードは引かずほぼ自由に歩くことができるようにして、一緒に広い雑木林の中を1時間ほどかけてゆっくりと歩いてきました。昨日は走りたがったララも、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/23 18:33
返り咲き
春咲く花が小春日和の中で狂い咲くことを返り咲きというのだとすると、まだ新暦の10月中なのでそう呼ぶには少し時季が早いようですが、公園の雑木林の中のソメイヨシノのひと枝が季節はずれの花が咲かせていました。ほかの枝は葉を全て落とし、小さくかたい芽をつけただけの殺風景な様相でしたが、この枝だけはこれから冷え込みが始まり冬に向かうというのに、何を勘違いしたのか秋風の中で枝先に数輪の花を咲かせました。春に咲いたサクラの華やかさは見られず、季節感はないものの、思わぬときに好きなサクラの花を見ることができ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/23 01:33
ツユムシ
明るい秋の日に照らされて光るエノコログサに、ツユムシがやってきました。華奢で頼りなげなツユムシは、ときおり吹いてくる秋風に揺れるエノコログサの穂の上で風に合わせリズムを取るように長い触角を動かしながら、日の光を浴びていました。今年の秋はフィールドの中でバッタの仲間をよく見かけます、特に草むらに入るとツユムシやセスジツユムシとは毎回のように出会えます。ただ、このごろは秋も深まってきて、少しずつ虫の声も小さく弱くなってきました。晩夏から公園や街路樹でうるさいほどの音量で鳴いていたアオマツムシの声... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/22 16:55
フジバカマ
今年も庭のフジバカマが咲きだし、そろそろ満開になろうとしています。窓のすぐ下に植えてあるため、庭に出なくても窓を開けると独特のよい香りが漂ってきます。これは、アサギマダラが立ち寄ってくれるのではないかと期待して、園芸店で一株の苗を買ってきて植えたものです。それが年を追うごとに次第に株を増やし、今では抜き取ったり切り取って整理しないといけないほどの勢いで茂っています。ただ、毎年元気に増え続け、この時期になると素朴な花とよい香りを楽しませてくれるようにはなったものの、残念ながらアサギマダラはまだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/20 20:55
コサギだった。
黄昏が迫る入り江沿いの道を走っていたところ、遠くに見える葉を落としたサクラの枝に白い大きなものが引っかかっているように見えました。いつもは水面に張り出した枝が揺れているだけのところなので、何があるのだろうと思いながら車を進めると、白いサギが1羽枝に乗るようにして水面を見つめていました。さらに近寄って車から降りてみると、コサギです。この入り江では干潟や堤防を歩くサギの姿はよく見ますが、こんな細い枝にとまるコサギは見たことがなかったので車からカメラを取り出し数回シャッターを切ってきました。夕闇が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/19 18:33
アキアカネ
今日は最高気温が28度を超えて暑さを覚える一日になりましたが、最近の涼しさに誘われるように街の中でもアキアカネの飛ぶ姿をよく見かけるようになりました。田畑や野原では群舞している様子もよく見かけます。どの個体を見ても、体の赤い色が濃さを増してきたようです。先日も公園の中を散歩していると、体を赤く染めたアキアカネが目の前を横切ってすぐ近くのサクラの枝先にとまり、日の光に翅をきらめかせていました。これから秋が深まり冷え込みを感じるようになると、朝夕には体温を上げるためにできるだけたくさんの光を浴び... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/18 18:44
コスモスの花
フィールドを訪れると、あちこちで秋風に揺れるコスモスの花を見かけるようになりました。3年ほどの間秋になると一面のコスモスが乱れ咲いたコスモス畑が、一昨年から突然手入れされなくなり、今年はすっかりエノコログサやコセンダングサなどが茂る荒地になってしまいました。コスモスの花が大好きな私は、毎年花が咲き始めるとルナと一緒にコスモス畑を訪れ、広い畑の中を歩き回ってたくさんの写真を撮っていましたが、今年はとうとうその楽しみがなくなってしまいました。しかし、一面に咲き広がるコスモスの花はフィールドから消... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/18 03:55
モズの声
そこらじゅうから、青く澄んだ秋空に向かって鳴くモズの声が聞こえてくるようになりました。高い梢や電線にとまり辺りに響き渡る声で叫ぶように鳴き続けるモズの声を聞くと、秋が深まってきたことがしみじみと感じられます。昨夜は未明から強い雨が断続的にやってきて、明け方まで庭木やベランダを叩く雨音が聞こえていましたが、今日はお昼前から雲が切れ始めると家の近くでもヒヨドリやシジュウカラの声に混じってモズの声がしていました。一昨年までは秋になると、渡ってくる冬鳥を探しながらルナとよく野山を歩き回ってモズの声を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/17 18:44
海辺のノビタキ
今秋はノビタキの当たり年になりました。私のフィールドの中で草地が広がるところではどこへ行ってもノビタキの姿が見られます。昨日は海岸へ散歩に行ったところ、そこでも砂浜の一角でオオマツヨイグサが立ち枯れた茂みを中心にして、波打ち際から海の上をスズメやハクセキレイと一緒になって飛ぶ数羽のノビタキを見ることができました。こんなにノビタキを頻繁に見ることができたシーズンは、これまでになく初めてのことです。原因はよくわかりませんが、個体数が増えたのなら嬉しいことです。写真は、立ち枯れたオオマツヨイグサの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/16 15:00
海辺の散歩
昨日はよいお天気だったうえに土曜日で時間も充分あったため、午後から久し振りに海へ行こうとララとハンナに声をかけ、車を海へと向けて走らせました。海辺の駐車場に着くと、2匹はドアから吹き込んでくる潮風の匂いを確かめるように鼻を掲げ、早々に車を降りるや、さっさと砂浜へ向かいました。秋晴れの空が広る海辺は、快い風が吹き、明るい日差しはあっても夏のように暑さは全く感じず、2匹は私が写真を撮っている2時間弱の間、砂の上を歩いたり貝殻や漂着物の匂いを嗅いだりして思い思いに遊んでいました。暑さも収まったこれ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/16 03:33
秋空にヒバリが舞った
2年前まで秋になると一面のコスモスが咲き乱れた土地が、最近では手入れされずに放置された結果、残念なことに雑草が生い茂りすっかり荒れ地状態になっています。久し振りにそこを訪れると、草の間をキチョウやヤマトシジミ、ヒメアカタテハなどのチョウがたくさん舞っていたので、昆虫の写真を撮ってみようとして重なった草を踏み分けて進んでいくと、足元からヒバリが飛び立ちました。ヒバリは写真のように高く真っ青に澄んだ秋空に舞い上がり、一旦私の頭上で旋回してから高度を上げると、繁殖期の囀りのように長くはないもののあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/16 00:33
オオヨシキリだ!
ノビタキのいるフィールドを訪れることが毎日の日課のようになったこの頃、短時間ながら昨日も空いた時間を見つけて草はらの上を飛ぶノビタキを撮影していると、少し離れたウメの枝に野鳥が1羽とまりました。ここはもともとホオジロが多くみられるフィールドなので、てっきりホオジロがやってきたのだろうと思いながら念のため望遠レンズに捉えると、なんとオオヨシキリでした。このフィールドには水場もアシ原もなく、これまで一度もオオヨシキリを見たことがありません。おそらく南へ渡っていく途中に立ち寄ったのでしょう。このあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/15 19:33
毬踏んじゃった!
いつも散歩をする公園の雑木林は広く、奥へ入っていくと普通に公園を散歩する人は入ってこない場所がいくつもあります。その中の一つではクリの木が何本も生えていて、ちょうど今の季節にはその下に落ちたクリの毬があちこちに転がっています。場所によっては敷き詰めたように地面が毬で覆われているところもあります。ララとハンナをそこへ連れて行ったところ、嬉しそうに飛び跳ねて遊んでいたララが、突然飛び上がって小さな鳴き声を上げました。地面の窪みに嵌るように落ちていた毬を踏んだらしく、慌てて足の裏を舐め始めました。... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/15 11:44
水辺にも秋が来た
先週末あたりから急に気温が下がり、吹く風も秋らしくなってきました。いつも散歩をしている公園にも、ひんやりと感じる爽やかな風が吹くようになりました。池の面にはカモが浮かぶようになり、周辺のコナラやスダジイの枝ではたくさんのドングリがたわわに実りました。その梢ではひっきりなしにモズが鳴き、林床では、いろいろなキノコも顔を出しています。ララやハンナも、夏の間は散歩が終わると早くエアコンの効いた車に戻りたがりましたが、暑さが遠のいたこの頃では日差しがあっても池の端に広がる芝生の上でのんびり休むことが... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/14 18:55
ノビタキの表情
昨日もノビタキの来ているフィールドへ行くと、背丈の低い草の先をかすめるように低く飛ぶたくさんのノビタキが見られました。相変わらず草の中からは鳴き声もたくさん聞こえてきます。ただ、秋も深まってきてそろそろ南へ旅立つころとなってきたため、姿が見えなくなる前にできるだけたくさん撮影しておこうとレンズを向けていると、2羽のノビタキが撮影しやすい位置へとまり、その後何度も飛び立ったり草の先端にとまったりしてシャッターチャンスを作ってくれました。写真はそのうちの1枚で、枯草の茎の先端から飛び立ち、私のい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/14 16:11
チュウサギが1羽
イネ科の植物やヤマハギが広がる荒地に、チュウサギが1羽立ちつくしていました。しばらく見ていると、首を下げて餌を捕り始めました。水たまりや田があるわけではなく、餌になるカエルやドジョウなど水棲の生物はいなさそうなところなので、イナゴやバッタなど昆虫でも探しているのでしょう。初夏には黒かった嘴もすっかり黄色に変わり、冬羽の姿です。チュウサギは、もうしばらくして気温が下がってくると南へ渡って行くため、来年の春まで見ることができなくなります。同じように渡りをするアマサギはもうフィールドから姿を消しま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/14 03:33
草はらはノビタキの独壇場
ララとハンナを散歩させるついでによく立ち寄る草はらや丈の低い潅木の茂みが一面に広がるフィールドは、いつもはホオジロやヒバリが見られるところですが、今はノビタキの独壇場になっています。毎年秋にはノビタキが見られるので楽しみにしていたところ、今シーズンは例年になくたくさんの個体がやってきました。訪れても15分から30分とどまっているだけのことが多いのに、毎回10羽以上が元気に飛び交う姿を確認でき、草の間で鳴く個体の数も加えると、少なくとも20羽から30羽はいるようです。おかげで、この秋はずいぶん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/12 10:55
気持ちいいな!
一昨日に続いてすっかり秋らしく涼しい日となった昨日は、お昼すぎからララとハンナを連れて公園へ行き、いつもの2倍ほどの時間をかけてのんびりと散歩をしてきました。体育の日で休日なので、さぞ散歩やピクニックをする人で賑わっているだろうと予想して出かけたところ、拍子抜けするほど少ない人の数に驚きました。考えてみると、折からスポーツ行事や秋祭りのシーズンなのでそちらへ人出は向かったのでしょう。おかげで、私たちは爽やかな秋風の中をゆったりと散歩することができました。人がいないことを幸いに、ハンナもリード... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/11 01:55
久しぶりに見るツチイナゴ
野鳥を探している途中に、エノコログサやメヒシバなど丈の低い草が広がる草はらへ足を踏み入れたところ、足元から大きなバッタが飛び出し数メートル離れた草にとまりました。何が飛び出したのかと思いながら近寄ってよく見ると、複眼の下に涙のように黒い筋が見えました。特徴のある顔は、ツチイナゴです。昆虫を捕ることに夢中になっていた子供の頃には、よくトノサマバッタやクルマバッタ、ツチイナゴなど大型のバッタを追いかけて捕虫網を振り回し野原を駆け巡ったものでしたが、近頃身の回りで大型のバッタを見る機会が少なくなっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/10 22:11
久しぶりのミサゴだったけれど・・・
夕方の公園の空遠くをミサゴが飛びました。久し振りに見るミサゴです。ただ、何ぶん500mから1000m位離れたところを帆翔していたので、撮影するには距離があり過ぎました。夕方になり光量が落ちてきたうえに遠すぎるため撮影するには無理だとは思いましたが、一度だけ300mほどの距離まで近づいたときがあったので、そこを狙って望遠レンズを向けシャッターを切ってみました。それをパソコン上でトリミングしたのがこの画像です。拡大してみると、このミサゴは換羽の時期なのか、初列風切り羽や尾羽が傷んだり抜け落ちてい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/10 10:10
涼しくなった!
この季節は一雨ごとに涼しくなり秋が深まってくるといいますが、昨日の雨のあとは一度に涼しさがやってきました。今シーズン一番の涼しさです。ことに日が落ちたあとは、少し強めに吹いていた風に当たっていると体が冷えてきたほどです。そんな涼しさがやってきて、公園の中で出会うイヌたちも動きが軽やかになってきたような気がします。我が家のララとハンナも、頭上を覆う木の葉が色付き始め、いろいろなドングリやヤマグリ、クスの実などの木の実が地面に転がるようになった遊歩道を歩く足取りがずいぶん軽快になり、散歩する距離... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/10 03:33
ホオジロとよく出会えます。
家から短時間で行くことのできる範囲で、自然観察を楽しんでいるフィールドが数か所あります。秋らしくなってきたこの頃では、そのフィールドのどこを訪れても実った草の種子などをついばむホオジロとよく出会えます。ホオジロは群れを作らないので数としては少ないのですが、出会う機会はスズメより多いほどです。昨日も、ノビタキの群れを観察するためフィールドの一つへ足を向けると、潅木の枝先やセイタカアワダチソウなど丈の高い草の先端を飛び移っているホオジロが2羽確認できました。10年ほど前までは家の周りでホオジロを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/10 01:11
頑張って起きよう!
このごろでは日の出の時刻が遅くなり、真夏とは違い午前5時過ぎではまだ夜の闇が残っていますが、そんな時間でも公園へ行くと薄暗い中で散歩を始めている人たちの姿があります。しかし、夜が遅く就寝する時間が午前3時を回ることも多い私は、なかなか早朝の散歩に出ることができません。それでもときどき思いつくと、夜明け前後に野鳥を探して雑木林の中を歩くことがあります。あちこちから響いてくる野鳥の声を聞きながら、林の中や池の周囲を歩いているうちに日が昇り朝の光が満ちて、空や水の色が見ている間にも変化していく中に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/09 02:55
オオシロカラカサタケ
公園の芝生の中で、朝の光を浴びて大きな白いキノコが傘を広げていました。近寄ってみると、傘の直径が20cm近くあるオオシロカラカサタケのようです。あたりには、まだ地上へ顔を出したばかりの傘をつぼめたものもいくつか見受けられます。最近雨が多いお天気が続いたので、適度な湿り気を得て一斉に顔を出したようです。このキノコは乾燥にも強く、日差しが当たる中でも顔を出すキノコなので、晴れれば何の日陰もなく明るい日差しに包まれる芝生の中でも出てきたのでしょう。オオシロカラカサタケは毒キノコのため食べることはで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/08 01:11
カラスウリの花
日が昇る前の公園の中で、朝露に濡れた草を踏んで薄暗い林の中へ入っていくと、10月になったというのにまだカラスウリの花が咲いていました。濃い緑色の葉もまだたくさん茂っています。ほかのフィールドでは、もう縞模様の緑色の実が大きく膨らんできて、中には色づき始めたものもあるのに、ここでは子房がやや膨らんできているものがほとんどで、白いレースのような花も蔓のあちこちでたくさん咲き、まるで真夏が残っているような雰囲気です。日が昇り辺りに朝の光が満ちるころになれば萎れてしまう花ですが、少しずつ消えていく夜... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/06 17:33
ノビタキの数が増えました。
9月26日に2羽のノビタキを確認したフィールドへ行ってみると、ヤマハギ、セイタカアワダチソウ、コセンダングサなどが一面に茂る草はらの中の数か所からノビタキの声が聞こえてきました。腰をかがめて現れるの待っていたところ、7羽のノビタキが丈の高い草の先端にとまったり近くを飛んだことが確認でき、さらに草むらの中の昆虫を捕ったりこぼれた種子を拾っているのか、周囲に広がるエノコログサの茂みからも声が聞こえ、ノビタキの動きに合わせて草が揺れていました。1週間の間に数が増えて、10羽を超えるノビタキがやって... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/03 12:33
コスモスの花を舞台に
辺りを濡らすほどでもなく空気を湿らせる程度の霧雨がときどき降ってくる草はらの中を歩くと、イネ科の草やカワラケツメイ、コセンダングサなどが茂る中で、数輪のコスモスが咲いていました。撮影してみようとして近寄ってみると、何か花にとまっています。何がいるのかと確かめようとさらに近寄ると、ツユムシでした。ツユムシは見かけとは違い、キリギリスなどのような肉食ではなく草食なので、コスモスの花弁や花粉を食べにやってきていたのでしょう。撮影している間にも、花には獲物を待ち伏せしているハナグモの姿も見え、蜜を求... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/02 20:55
ヒガンバナ
10月に入って、そろそろ遅咲きのヒガンバナも花期を終わろうとしています。今年は、例年より1週間から10日ほどヒガンバナの開花が遅かったことと、場所により開花の時期がずれたため、まだところどころできれいに咲いているものもありますが、明日あたりからはまた台風18号の影響が出てきそうだという予報なので、そろそろ見納めの時期がやってきました。お彼岸を過ぎてから雨の日が多かったこともあって、咲き広がる名所を訪ねることもできなかったため、毎年たくさん撮影するヒガンバナの写真も今年はわずかで終わりそうです... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/01 21:55
カモがやって来た!
今にも雨が落ちてきそうな厚い雲に覆われた空が広がる夕方の入江沿いの道を通ると、いつもいるカルガモの数よりたくさんのカモが水面に浮いていました。道の脇に車をとめて確認してみるとカルガモに交じってマガモの姿がありました。車からカメラを持ち出して望遠レンズ越しに辺りの水面を見回してみたところ、マガモ8羽、オナガガモ4羽、コガモ5羽が白い航跡をひいて水面を移動していました。いよいよ水辺がカモの仲間で賑やかになる冬鳥のシーズンの到来です。ただ、昨日確認したカモたちは、どれを見てもまだエクリプスの状態で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/01 03:44
アメジストセージの咲く季節
今年も旧宅の庭でアメジストセージの薄紫色の花が、風に揺れる季節になりました。9月初旬からちらほらと咲き始めた花が、最近では花穂も大きくなり群がって咲いています。ただ、この10日ばかりは雨の日が多く、時折強く降る雨に打たれてせっかく咲いた花がうなだれていることが多い毎日でした。今日はお昼前からその雨もやみ、天気予報によれば明日は日が差すお天気になるということなので、大きな株のあちこちから競うように立ち上がる花穂が明るい秋の日を浴びて優しく風に揺れるでしょう。明日はそのうちの何本かを切り取り、生... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/29 22:33
蒸し暑かった!
台風が去ったあとの3、4日は、秋らしく爽やかな日が続くと喜んでいましたが、昨日はまた蒸し暑い日になりました。前日までのつもりでララとハンナを散歩に連れ出し、公園を一回りしてこようとしたところ、ハンナは駐車場から公園の中に入っていく僅か数十メートルを歩いただけでもう車へ帰りたがりました。それでもせっかく来たのだからと歩かせると、本当は歩きたくないんだけれど、という態度をあからさまに見せながら仕方なさそうにゆっくりと歩みを進めていました。比較的暑さに強く、散歩中にも自分からは休憩しようとしないラ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/27 11:44
ノビタキがやって来た。
ララとハンナを散歩させ終わって車に乗せているときに、ふと近くのフィールドにそろそろノビタキがやってきているかもしれないと思いつき、まっすぐ帰宅することはやめて少し遠回りをしました。毎年ノビタキがやって来ている草原で車をとめたところ、遠くで2羽の野鳥が草の先端にと潅木の枝先にとまっていました。そっと近づいたつもりでも一度は確認する前に飛び立たれて種類がわかりませんでしたが、さらに慎重に接近していったところ、まだ50メートル以上離れてはいたものの枝にとまった姿を望遠レンズに捉えると、ファインダー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/27 01:00
綺麗に咲いたね!
公園へ散歩に行くと、長雨が降る前には芽も出ていなかった遊歩道の土手で、ヒガンバナが一叢、沈む夕日を受けて鮮やかな真っ赤な色に輝いていました。このあたりでは、例年ヒガンバナはお彼岸中に見ごろになることが多かったのですが、最近ではそれが少し早く咲くようになっていました。ところが、今年はどういうわけかお彼岸が過ぎてから咲いたものが多いようです。私が写真を撮ろうとしてヒガンバナに近寄っていくと、ララも後から付いてきて、綺麗に咲いたね、とでもいうように一緒になって花に顔をつけ、ヒガンバナと私を交互に見... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/27 00:33
シジュウカラの群れと出会いました。
昨日はようやく降り続いた雨はやみ、雲は多かったもののところどころに見える雲間からは真っ青な秋空が顔を出してました。夕方日が傾いてから、ララやハンナが待ちに待った公園の散歩に出かけると、梅林の中では10羽ほどのシジュウカラが思い思いに枝の間を飛び回って鳴き交い、餌を探していました。近くのサクラやコナラの木からはコゲラの声も聞こえてきます。賑やかなその声を聞いていると、野鳥たちも長雨がやんだことを喜んでいるように見えました。写真は、梅林の外れに立つシダレザクラの枝にやってきたシジュウカラです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/26 03:55
何処へ行くの?
昨日も雨の一日となりました。途中一時的にやんで道路が乾燥した日もありましたが、これで8日間雨の降る日が続いています。そのため、ララとハンナは先週末に公園へ散歩に行って以来、散歩ができない状態が続きました。雨がやんだ合間を縫って連れて行こうとは思うのですが、道路が濡れているとララは歩くことを嫌がるため、それにお付き合いしてハンナも家の中ばかりで過ごした一週間でした。さすがに退屈になって、外を歩きたくなってきているのでしょう。昨日などは、私が立ち上がって玄関へ向かうとどちらも慌てて起き上がり、急... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/25 04:11
涼しくなりました。
秋雨前線の影響で、台風が去ってからもぐずついたお天気が続き、毎日雨が降っています。台風が来る前から雨の日が続いているため、これで一週間ほどよく晴れた気持ちのよい青空を見ることができません。ただ、台風の置き土産か気温は一時の事を思うと下がり、すっかり秋らしくなってきました。昨日などは、ララやハンナのためにリビングルームだけはエアコンを稼働させましたが夜にはそれも止め、ほかの部屋では一日中エアコンはおろか扇風機も必要のない涼しさでした。この数年はお彼岸になっても夏のような暑い日が続いていましたが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/23 11:33
コムラサキが色づいてきました。
旧宅の庭に生えるコムラサキが色づいてきました。今日もときおり煙るように降ってくる小糠雨の中で、小さな紫色の実が揺れていました。このコムラサキは、生前の母が薄紫色の花や実が好きだったので、いつだったか私が苗木を買って来て植えたものが生長して実をつけるようになり、その実が発芽して元の木より大きくなったものです。ただ、その元の木は今は枯れてなくなってしまいましたが、いくつか実生から生長した木が毎年庭の何か所かで実を結んでいます。今年は母が亡くなって6年目の秋を迎えますが、亡くなって以来この紫色の実... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/22 22:55
ボラが跳ねた
台風が去った入り江の水面では、台風の置き土産のような北からの風でさざ波が立つ中、大小いくつもの魚が跳ね上がって水の輪を作っていました。入り江の周辺では、相変わらず撮影するようなめぼしい野鳥も見つからなかったので、望遠レンズを水面に向けて飛び上がる魚を見てみると、どれもこの水域でたくさん群れているボラのようです。野鳥がいないのなら動体撮影の練習でもしてみようと考えて、魚が飛び上がる瞬間を狙ってシャッターを切ってみたところ、たまたま撮影できたのは体長が50cmほどはあろうかと思われる大きなボラで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/21 22:00
また雨だ!
台風16号と秋雨前線が降らせる雨が、午後から強くなってきました。断続的に屋根や道路は水しぶきで白くかすむほどの強い降り方をして、窓ガラスには横殴りにたたきつけてくる雨が滝のように流れ落ちています。ララやハンナは、今日も散歩に行くことができません。毎日降る雨のため、これで3日散歩ができていないのでどちらも退屈そうにして、私が玄関を出ようとするとハンナはついてきたそうにしますが、ララは濡れている玄関先を見たとたんに外へ出る意欲をなくしています。ララやハンナだけでなく私も、雨に降りこめられる毎日が... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/20 17:33
久しぶりのヤマガラ
公園の中を散歩している途中でララとハンナを横に座らせ草の上で一休みしていると、林の中からカラ類の声が聞こえ、それが徐々に近づいてきました。2匹に動かないようにいいつけ、静かに待っていたところ、やがてすぐ近くのウメの木に数羽のシジュウカラと1羽のヤマガラがやってきて、忙しそうに枝を飛び移ったり幹を上り下りして餌を探し始めました。シジュウカラは暑い夏の間もときおり見かけていましたがヤマガラは久しぶりになるので、もっぱらヤマガラばかりにレンズを向け10枚ほど撮影してきました。午後5時近くで、光量が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/19 20:00
ドングリの季節が始まった。
公園の中を歩くと、あちこちで地面に落ちて転がっているドングリが目に付くようになりました。昨日も夕方ララとハンナを連れて公園へ行くと、表面がつややかな茶色になったマテバシイの実がたくさん遊歩道や草の間に落ちていました。木の下に立つと、風が吹くたびに枝についている実が賑やかな音を立てて降ってきます。夕方の公園は、真夏のころとは違い涼しい風が吹き、散歩する人や草むらで虫取りをする小さな子供たちの姿が方々で見られるようになりました。そんな人たちが落ちているドングリに気づくと、一様に腰をかがめて秋がや... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/18 01:33
夕暮れの林で
夕日が西の山の向こうに隠れ、夕闇が辺りを包もうとする前の明るさの中で林の中を歩くと、どこからか木の幹をたたく軽い音が聞こえてきました。コゲラが木をつつく音です。どこで音がするのだろうと音のする方を探していたところ、1羽のコゲラが近くのサクラの木に飛んで来て幹を上り下りしながらあちこちをつつき始めました。暑い間は明るいうちに林の中に来る機会が減っていたため、コゲラともご無沙汰をしていました。9月も中旬になって一時より涼しさを感じる気候になってきたので、これからは公園の林を歩くことも多くなり、コ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/16 21:55
ケイトウの花畑
雨に濡れてケイトウの花が群れ咲いていました。ここは、春には色とりどりのレナンキュラスやアネモネの花が絨毯を敷いたように広がり、晩夏から初秋にはケイトウの真紅やオレンジ色の花が咲き広がる様子が見られる花畑です。数年前に、ルナと一緒に散歩を兼ねて野鳥を探していて偶然見つけて以来、季節ごとにルナを連れて訪れていました。それが、いつも離れずそばにいたルナは突然昨年の6月に亡くなってしまい、春には一緒に訪れたものの、ケイトウの季節には花畑にルナの姿はありませんでした。今年は、新しく家族になったララとハ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/14 04:00
カワウ
入江の空き地へ車を止めてカメラの用意をしていたところ、羽音とともに頭上をかすめるように1羽のカワウが飛び立ち、ぐんぐん高度を上げて沖を目指し飛び去っていきました。急いでカメラを構えると、初秋の明るい日差しを受けて漆黒の翼や羽毛が艶やかにファインダーの中で光りました。カワウはこの入江ではよく見かける野鳥であるため、普段はレンズを向けることはほとんどないのですが、暑さが続く間は入江で出会える野鳥の種類も数も少ないので、目の前を飛ぶ野鳥は飛翔姿を撮る練習や流し撮りの練習のため種類を問わず撮影してい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/12 01:44
干潟の常連
潮が引いて姿を見せた入り江の干潟で、カルガモ、イソシギ、ケリが餌を探していました。秋も深まってくるとたくさんのカモでにぎわうこの入り江も、夏から今くらいまでは毎日必ず見ることができるのはこの3種で、あとよく見ることができるのははアオサギ、コサギ、ダイサギなどのサギの仲間、それにカワウくらいです。ただ、運がよければカワセミやササゴイなど数種の野鳥が見られることもあるため、それを期待してときどき訪れるのですが、なかなか出会う機会に恵まれません。野鳥観察をするには寂しい季節です。今日も車に乗ったつ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/09 17:55
大きな音だった!
今日はお昼前から雲が厚くなってきたと思っていると、西の方から徐々に雷鳴が近づいてきました。パソコンで気象庁のレーダーナウキャストを見たところ、強い雨を伴った雲がすぐ近くまでやってきています。ペットたちに、もうすぐ雨が強くなって大きな雷の音がするよ、と話しているうちに雨が屋根や庭木を強く叩き始め、雷鳴も轟いてきました。相当大きな積乱雲がやってきたらしく、最近にない強い降り方と空一面に響き渡る雷鳴に、ララとハンナは不安そうな表情で私にくっついてきましたが、雨も雷鳴もそれほど長くは続かず、ものの3... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/08 18:33
目にはさやかに見えねども・・・
公園の雑木林の中を散歩していて、急な坂道を前にして小休止するララとハンナです。それまでに1kmほどを歩いて暑くなったらしく、ハンナは歩みが遅くなり盛んに私の顔を見始めたので、少し休ませようと足を止めて座らせました。辺りを走り回りながら私とハンナについてきていたララはまだ先へ行きたそうでしたが、ビスケットを見せるとすぐに近寄ってきてハンナの横に来て寄り添い、遊歩道を流れてくる風に吹かれて私がバッグからビスケットを取り出すのを待っていました。それにしても、この頃は日中は暑くても、夕方になると林の... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/07 03:55
タイタンビスカス
突然降り出した雨に打たれて、タイタンビスカスの大きな花が花弁を震わせていました。これは、アメリカフヨウとモミジアオイとの交配種とのことですが、今年の夏はいろいろなところで白やピンクのこの大きな花が目につきました。最近は毎年いろいろな品種が生み出され、園芸店へ立ち寄っても初めて見る名前の植物とよく出会います。中には名称を覚えるのにも苦労するものもあります。以前のように一年中庭を花で埋め尽くしていた頃なら、目新しいこの花も苗を買い込んで庭へ植えたでしょうが、数年前から花づくりはすっかりやめたので... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/06 15:00
刈り取りが始まった。
フィールドの中の一面真っ青だった田は、9月に入って黄金色に稲穂が実る田、まだ青みが残る稲穂をつけた田と色分けができてきました。その中でも、早稲の品種が育ててあったのか、所々でもう刈り取りが始まった田も出てきました。そんな田はまだわずかながら、刈り取られたあとに残る稲株の間では落穂を拾いに来たのでしょう、たくさんのムクドリ、キジバト、スズメ、カワラヒワやハシブトガラスなどが見られます。これから本格的な秋に向かい、植物性の餌を食べる野鳥たちにとっては、刈り取りが終わった田や野山で豊富な食料にあり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/05 11:11
夕焼け
昨日はよく晴れていたので沈む夕日を見ようと考え、ララとハンナを連れて海辺の公園へ車を走らせ1時間ほど夕暮れの砂浜を散歩してきました。夕方の公園は心地よい海からの風が吹いたためか、まだ気温は高めながらララもハンナも嬉しそうに歩き、ことにララは芝生の上や砂浜を飛び跳ね走り回る元気さでした。午後6時半近くになると山の彼方に日は落ちて、空は一面オレンジ色に染まり、わずかに西の空にたなびく雲は黄金色に輝きました。鮮やかな夕焼けです。そんな空の変化を芝生に腰を下ろし見とれていると、近くの空港へ着陸するジ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/03 10:33
コムクドリ
コムクドリがいました。昨日のお昼すぎ、銀行へ出かけたついでにカワセミの様子見てみようとして町内の調整池に立ち寄ったところ、電線にキジバトやカワラヒワがとまっていたので、カワセミが撮影しやすい場所にやってくるまで、レンズを電線にとまった野鳥たちに向けていました。すると、少し離れた電線へ1羽の野鳥がやってきました。てっきりこの池の周辺でよく見るムクドリだろうと思ってファインダーに捉えたところ、真っ白な頭と頬の褐色が目に飛び込んできました。家の近くでは初めて確認するコムクドリです。急遽カワセミの撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/01 13:33
ガガイモの花が咲きました。
ララとハンナを遊ばせながら林の縁に沿って歩いていると、メダケの薮にクズやヘクソカズラと絡み合うようにガガイモの蔓が伸び、たくさんの花を咲かせていました。昨年まではここでガガイモを見た記憶はなかったのに、じつにたくさんの花を咲かせました。以前から数百メートルほど離れたところで、タンキリマメやカラスウリと一緒にヒサカキやカクレミノにのぼりついているガガイモがあったので、おそらくその種子が風に乗って運ばれてきたのででしょう。ガガイモは古事記にも出てくる古くから親しまれてきた植物で、花も実も特徴があ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/31 16:33
久しぶりのイソヒヨドリ
久しぶりにイソヒヨドリと出会いました。もっとも、この夏は暑さと仕事が忙しかったためフィールドへ出る機会がほとんどなかったので、どの野鳥も出会う機会は少なかったのですが、家の近辺ではもともと数が少ないイソヒヨドリなのでなおのこと出会うことがなく、近くで姿を見るのは昨年の11月か12月以来のことになります。このイソヒヨドリは、ハクセキレイとともに入江でカワセミを探している私のすぐ近くまで来て、しばらくの間あたりを飛び回り鳴き声も聞かせてくれました。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/31 11:11
クサギの花が満開です。
フィールドの中では、あちこちでクサギの白い花が目立つようになってきました。花が咲いた木の近くへ行くと、1本の木だけでもあたりによい香りが漂っているのですぐにそれと分かります。ましてやたくさんのクサギが群れ咲いているところでは、むせ返るように甘い香りがあたりに満ちています。ララとハンナの散歩の道すがらも、所々でクサギの花が咲いているので近寄って香りを楽しんだりカメラのレンズを向けていたところ、香りに誘われてやってきて蜜を吸うホシホウジャクの姿もいくつか見られました。よい香りで人や虫を寄せた花が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/30 23:55
ここにもカワセミが
昨日は町内の調整池にカワセミが戻ったと綴りましたが、昨年の冬に猛禽かカラスに襲われたと見られる遺骸を見つけて以来、姿が消えていた入江にもカワセミがやってきていました。たまたま入江沿いの道路を通ったついでに、久しぶりに車をとめて水際へ近づいたところ、近くでカワセミの声がしました。あたりを見回して探していると、先に私の気配に気づいたカワセミはすぐ近くの護岸コンクリートから飛び立ち、100mほど離れた所で堤防から水面に張り出しているサクラの枝にとまりました。今回は撮影するには遠すぎて、トリミングを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/29 14:44
カワセミが戻った!
町内にある調整池にやってきていたカワセミが、昨年秋くらいから姿を見せなくなっていたのでがっかりしていました。ところが、最近になって排水口のコンクリートに新しい糞が見れるようになったため、カワセミの姿を求めて機会があるごとに池に立ち寄っていましたが、なかなか出会うことができませんでした。しかし、日曜日の今日、早起きをして池へ行くと、排水口の縁にとまって水面を見つめている鮮やかなコバルトブルーの野鳥が目に飛び込んできました。やはりカワセミは戻ってきていました。ただ、そのときは2枚の写真を撮るとす... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/28 18:44
アマサギが舞い上がった
稲穂が実り始めた田が一面に広が農道を歩いていたところ、私の足音に驚いて田の中から白いサギが1羽舞い上がりました。羽毛の色と大きさからコサギだろうと思いながら望遠レンズを向けると、ファインダーの中に入ってきたサギは、嘴の色が黄色で足先の色は黒色です。コサギだと思ったサギは、繁殖期も終わり頭部や背の亜麻色がすっかり消えて冬羽になったアマサギでした。それにしても、今シーズンはアマサギの飛来する初夏にその姿を撮影しようとして探したときには一度も出会うことができなかったのに、夏鳥のシーズンも終盤に入っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/27 15:55
稲穂が実り始めています。
アキアカネが舞い始めた田では、青々としていた稲穂が実り始めて、その色を黄金色に変え始めたものが見られるようになってきました。田の周りを歩いてみると、ノブドウやアオツヅラフジなども小さな実をつけ始め、ヨウシュヤマゴボウなどは、もう濃い紫色に色づいた実をつけているものもそこここに見受けられます。暑い暑いといっていても、カレンダーを見れば8月も残すところあと一週間ほどになりました。夏の盛りにはあれだけにぎやかに田の周りの林から聞こえていたたくさんのセミの声も、この頃では少なくなりあたりは静かになり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/24 22:00
ヒレタゴボウの花が咲きました。
フィールド内の田の傍らを流れる小さな流れに沿って、ヒレタゴボウが群れ咲いていました。ここには以前はミゾソバが群落を作っていましたが、除草剤の影響か2年前から見られなくなっていました。そこへ今度はヒレタゴボウが群落を作り、鮮やかな黄色の花を咲かせています。ヒレタゴボウはアメリカからの外来種で、同属の在来種であるチョウジタデとよく似ています。しかし、外来種の多くがそうであるように、チョウジタデの花より大きく鮮やかなうえ、まばらに生えるチョウジタデと異なり群落を作るのでよく目立ちます。これから10... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/23 11:55
落日を見て
今日は日本周辺に襲来している3つの台風、ことに台風9号の影響で一日お天気は悪そうですが、昨日は多少風は強いものの夕方太陽が西の山の向こうへ沈もうとする頃から空がきれいなオレンジ色に染まり、雲が黄金色に輝きました。一日の終わりにあたりを鮮やかな色に染めて落ちていく夕日を見ていると、空海が最初に説き始めたといわれ、以後宗派によって解釈や修行法は異なるものの仏教の世界で用いられている日想感の概念をはじめ、天文、歴史、民俗学等これまで読んできた書籍から得た太陽に関する知識や思い出の中のいろいろなこと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/22 12:44
ハチが入った!
夜になってカーテンを閉めようとしたところ、レースのカーテンに大きめの黒っぽい虫がとまっていることに気づきました。近寄ってみると、お尻に二本の筋を持つトックリバチ科のフタスジスズバチです。夏には小さな虫が家の中に入ってくることは時々ありますが、このサイズの虫が、それもハチが入ってきたのは初めてのことです。玄関や窓を開け放しているわけではないので、どうも背中か肩にでもとまったハチに気づかないまま、私が連れて家に入ったようです。そのままにしておくわけにもいかないので、そっと窓を開けてカーテンごと外... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/21 05:33
アキアカネ
お盆を過ぎて、フィールドではアキアカネの舞う姿がよく目につくようになりました。夏が終わる時期になってきたことを感じ取り、山から下りてきたようです。今朝も息子を駅ヘ送っていった帰りに、よくルナと歩いた近くのフィールドへ立ち寄ると、たくさんのアキアカネが朝日に翅をきらめかせ、群れをなして草はらや田の上を舞っていました。気温は今日も朝から30℃近くに上がり、相変わらず耐え難いほどの猛暑は続いてはいますが、日の出の時間は遅くなり、日の出日の入りの方角も夏至のころと比べると目に見えて南に寄ってきました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/20 14:55
日が傾きかけた水辺で
焼けつくような強い日差しを地上に降り注いでいた太陽が西へ傾きだし、物の影が長くなってきた水辺に、アオサギが1羽やってきました。この頃の暑さに野鳥たちも日が高いうちは木陰に身を隠しているのか、野原や水辺近くを通ってもほとんど姿を見ることができません。そのうえ、暑さが苦手な私も日中は外出することを極力控えているため野鳥と出会う機会も少なく、いつもなら毎日撮っている野鳥の写真も近頃ではほとんど撮影でず、ブログへのアップもできていません。そんな折、たまたま水辺近くを走っていたところアオサギの姿を見か... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/17 20:33
サギの群れ
買い物をした帰り道、幹線道路を外れて水田や丘が広がる道を走ると、鮮やかな緑色が広がる水田の中に真っ白なサギがたくさん群れていました。車を側道に乗り入れ数えてみたところ、アマサギを中心にコサギ、チュウサギ、ダイサギ、アオサギが交じりあった100羽を超えるサギが畦や水田の中で思い思いに餌を捕ったり羽を休めていました。最近このあたりでは滅多に目にすることのない大きな群れです。急いでカメラのスイッチを入れて手当たり次第にファインダーに捉え、シャッターを切ってきました。ここは、先月初めに40羽ほどの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/12 03:33
1羽いなくなった!
初夏に入江の一角で生まれたカルガモのヒナたちがすっかり成長して、母親とほとんど同じくらいの大きさになりました。ただ、このごろいつ見ても6羽生まれた雛が5羽しか見られません。どうも猛禽かネコ、イタチなどに襲われて命を落としたようです。この数年は、入江で生まれたカルガモの雛はすべて成鳥になっていたのに、残念なことになりました。ただ、残った5羽の雛たちは母親の後をついてはいるものの、若鳥らしくなりそろそろ独り立ちしていく時期が来ているように見えます。今日も入江に立ち寄ると、潮が引いたので現れた干潟... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/06 01:11
セミの声を聞いて
子供たちも夏休みに入って、毎朝庭で鳴くたくさんのセミの声で目が覚めるようになりました。我が家のある住宅街も造成されて20年近くが経過したので、この10年ほど毎年庭で鳴くセミの数が増えてきているような気がします。盛夏にセミの大合唱を聞くといつも思い出すのは、虫取りに夢中になっていた小学生の頃の夏休みです。今住んでいる家と違い旧宅の庭は広く、樹齢100年を超えるような庭木がたくさんあったので、目にする昆虫の種類や数も多く、セミもニイニイゼミの声が聞こえ始める頃からからツクツクボーシやヒグラシが鳴... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/31 14:55
ウグイスの囀り
樹木や草の葉が色濃く育ち、道に落ちる影もくっきりとした輪郭を描き、すっかり真夏の様相を見せる丘の道を歩いていると、メダケが茂る藪陰からウグイスの囀りが聞こえてきました。深い山の中ならいざ知らず、暑さにうだるこの時期に家の近くでウグイスの囀りを聞いたことはこれまでなかったことです。しばらく立ち止まってその声を聞いていると、小さな谷を隔てた丘の林からもしきりに囀る声が聞こえてきました。少なくとも、2羽が元気に囀っています。今年のウグイスは山へ移動もせずどうしてしまったのだろうと思いながら、せっか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/28 19:00
ダイサギを撮ってみました。
夏になってからは、暑さを避けてララやハンナの散歩を明るいうちにしないことや仕事のため、フィールドへ出る機会がめっきり減り、それにともなって野鳥を撮影する機会も激減しています。ルナは、暑い中でも緑の多い場所や日暮れ近くの海へ連れて行くと喜んで散歩をしていたのでその度に野鳥を探すことができました。しかし、ハンナは気温が28℃前後になると息を弾ませ長い舌を出してとても辛そうな様子をみせるので、気温の高い時間に外へ連れ出すことは避けています。そんなわけで、最近では掲載する野鳥の画像がほとんどありませ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/24 13:44
シュウカイドウの花
今年も庭の片隅でシュウカイドウの花が咲きました。6月頃から黒い土の上に小さな浅緑色の芽が点々と見えていましたが、それが生長して大きな葉になって地面を覆い、優しい色合いの花をたくさんつけました。雄花の花弁のピンクと蕊の黄色、それに左右非対称の葉の緑色の取り合わせが綺麗です。シュウカイドウは、子供のころを過ごした旧宅の夏の庭を思い出させる花で、この花を見るといつも祖父母とともに7人家族で暮らした小学校時代の夏休みの我が家の情景が懐かしく浮かんできます。ただ、昔はシュウカイドウは8月になってから咲... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/20 21:44
暑さの厳しい水辺にて
強い日差しを受けてアオサギが水際に立っていました。車の外へ出るのもためらわれる暑さでしたが、アオサギのほかに何か撮影の対象になる野鳥が来ているかもしれないと期待して車を降り、望遠レンズで入り江一帯を探してみました。しかし、最近の例にもれず広い水域にいたのは、いつも見ることができるカルガモとこのアオサギ、それにダイサギが1羽と数羽のケリだけという寂しい状態でした。暑さが厳しくなって、野鳥たちも朝晩の涼しいときに採餌をして、日差しを遮る陰のない日中の水辺にはやってこないようです。撮影するものもな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/19 16:44
クマゼミの初鳴き
今朝は夜が明けると庭でクマゼミが鳴き始めました。今年は例年より4、5日早いようです。このあたりでは、セミは4月にマツの多い林でハルゼミの声が聞こえ始め、それから6月ころからニイニイゼミ、7月に入ってアブラゼミと続き、子供たちが夏休みに入る頃になるとクマゼミが大きな声で鳴き出します。今年の梅雨明けはまだで、今日も雨が降りそうな曇り空ですが、このセミの合唱が早朝から聞こえ出すと本格的な夏がやってきたという気分になります。これからひと月ほどの間は、毎朝庭で騒々しく鳴くクマゼミの声で目が覚める季節で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/17 13:55
メジロの親子
外出しようとして門を出ると、道路に面して植えてある蔓バラの茂みで物音がしました。昆虫やトカゲが動く音よりはるかに大きな音なので、何がいるのだろうとバラの近くへ行ってみると、数羽のメジロがバラやその隣のヤツデの枝や葉の間をくぐり抜けるようにして飛び回っていました。車からカメラを取り出して望遠レンズを向けファインダーに捉えると、先日もやってきていた今年生まれた若鳥とその親のようです。数えてみたところ成鳥二羽と若鳥が3羽でした。どのメジロも、バラについた虫を捕っているらしく枝や葉の表面をさかんにつ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/15 16:44
オオシオカラトンボ
雑木林の林縁をトンボが飛んでいました。しばらく木々の枝の間をかすめるように飛んでいましたが、やがて近くの低い枝にとまったのでカメラのレンズを向けてみました。遠くを飛んでいたときはシオカラトンボの雌のムギワラトンボだろうと思って見ていたところ、ファインダーの中に入ってきたのは、ムギワラトンボよりも黄色が鮮やかで、複眼の色も褐色のオオシオカラトンボの雌でした。この雑木林の周辺では、毎年コシアキトンボ、シオヤトンボ、サナエトンボやオニヤンマ、ギンヤンマなど何種類ものトンボの仲間が見られます。そろそ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/14 18:55
チョウがたくさん見られる季節です。
フィールドでは5月中旬からその姿を確認していましたが、家の近くでこの夏初めてツマグロヒョウモンを撮影しました。子供のころにはほとんど見たことのなかったこのチョウを、最近では夏になるとよく見かけるようになりました。これも温暖化の兆候の一つでしょうか。これとは別に、昨日はわずかな時間でしたが昼下がりに車を止めてお寺の裏山を歩いてみると、雑木林周辺や竹林の中を飛ぶチョウやガをたくさんみることができました。夏のチョウを代表するアオスジアゲハやクロアゲハはもちろんのこと、この辺りでは数が少ないモンキア... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/12 18:00
メジロ
今年は家の近くの木でシジュウカラとメジロ、それにヒヨドリが営巣しています。雛の声が聞こえていたことから無事に卵が孵ったことは分かっていましたが、何かと忙しく巣を覗くことはできなかったため孵ったばかりの雛の様子を見ることはできませんでした。最近では、その雛たちが巣立ちの時期を迎えて飛び始めるようになりました。昨日もメジロの親子が数羽庭にやってきて飛び交っていましたが、どの雛もすっかり風切り羽根や尾羽も伸びて親鳥と区別がつかないほどに成長していました。昨年のこの時期には家の周りでシジュウカラ、セ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/08 21:33
カルガモの親子
今年も入り江でカルガモの雛が生まれました。この頃は入り江を訪れる頻度が少なかったおかげで、たまたま入り江沿いの道路を走っても撮影する被写体に出会う機会が少なかったのですが、先日ちょうど干潮時に岸辺を走っていると、干潟を歩いている数羽のカルガモが目に留まりました。車をとめてよく見ると、先頭に続く6羽は少し小ぶりです。望遠レンズを向けたところ視界に入ってきたのは、先頭を歩く親鳥と後に続く今年生まれた若鳥でした。もう2、3週間早く気付くと、かわいらしい雛が親の後に続く姿が見られたのですが、機会を逃... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/07 22:33
ようやく出会えました。
5月からときどき空いた時間を見つけては、アマサギを探して水田が広がるフィールドへ出かけていましたが、今シーズンはまだ一度も出会うことがありませんでした。それが、昨日車を走らせていたところ、走っている幹線道路から数百メートル離れた水田の中に白い点となってサギの群れが認められたので、方向を変えて農道へ入り近寄ってみると、なんと40羽を超えるアマサギが水の溜まった休耕田の中で群れていました。中には、もうすっかり頭部や背がきれいな亜麻色に変わっているものも見られます。おそらくコサギの群れだろうけれど... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/06 12:55
ブラックベリーが熟してきました。
今年も庭のフェンスに絡ませたブラックベリーの実が熟す季節になりました。春に咲いた花が実を結び、緑色から赤く変わった実が、3日ほど前から徐々に黒く熟し始め、今朝はたくさんの実が黒くつややかな色になりました。昨年は株が枯れてしまったり、残った株も枝の張りが弱く、できた実は数が少ないうえに甘みも今一つでした。今年は株の数は以前より減ってはいますが、枝は元気よく張りました。これから当分の間、熟したブラックベリーの実が放つ甘い香りが漂う中でその実を摘み取ることができます。亡くなったルナはこの実が好きで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/05 18:55
梅雨空
梅雨空に覆われた西の空の1か所で、突然雲に切れ間ができました。ぽっかりと空に穴があいたようなその切れ間から大きく西に傾いた夕日が放つ光が見え、雲の移動に伴ってその光が薄明光線として地上へ降り注ぎ始めました。そんな光の変化にカメラのレンズを向けていると、ちょうど薄明光線のコントラストが強くなり始めた中へ、離陸して上昇中のジェット機が舞台のダウンライトをを浴びるように入ってきました。今は鈍色の梅雨空が広がることが多い夕空も、もう二週間もすれば梅雨は明け、きれいな夕焼けが鮮やかに夏空や雲を染める光... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/01 17:00
サギばかり
しばらく訪れていなかった二級河川が流れ込む入江へ足を向けてみました。この3年ほど、毎年入江に来るようになったササゴイがやってきていないか確かめるつもりで立ち寄ったのですが、残念ながらササゴイの姿はなく、アオサギとダイサギが数羽ずつ潮が引き干潟が現れた辺りを歩き回って餌を捕っていました。干潟には潮が引くと必ず姿を見せるたくさんのチゴガニがあちこちで見られ、鋏を振る特有の運動をしていましたが、サギたちはチゴガニには見向きもせず、水の中に入って狙いをつけてはボラの稚魚と思われる小魚を何度もつまみ上... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/30 17:33
ホオジロ
ララとハンナを遊ばせながら、大きなクスノキの梢で囀っているメジロの声を聞いていたところ、周りに広がるヒメジョオンやヨモギなどが茂る草はらの中でホオジロの声が聞こえてきました。メジロは、茂って重なったクスの葉に遮られて撮影が難しかったため、視線を下ろしてホオジロの声がするあたりを見回していると、ヒメジョオンの花を揺らして1羽のホオジロが飛び出してきてスイバの花穂にとまってくれたので、レンズを向けて見ました。10年ほど前と比べると、最近ではフィールドの中でホオジロの数が目に見えて増えています。以... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/29 13:11
アマガエル
雨が上がって日が差し始めた小川のほとりで、アシの葉にアマガエルが乗っていました。この頃この小川のほとりでは、アマガエルやシュレーゲルアオガエルがよく見られます。以前より農薬の使用量が減り、この周辺の環境が改善されてきたのでしょうか。カエルやイモリ、トンボなど水辺を住処とする小動物が増えてくるのは嬉しいことです。このアマガエルは、私が重なったアシの葉をそっとよけたことは十分に分かっていて警戒しているはずなのに、さらに近づいてレンズを向けても微動だにせずじっとしていました。動くと天敵にみつかりや... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/26 03:11
アオサギの飛翔
空いた時間に、田植えが終わり早苗が生長を始めた水田へ、今シーズンはまだ一度も撮影していないアマサギを探しに出かけてみました。しかし、広がる青田の中で見かけたのはコサギとアオサギばかりで、今シーズンはアマサギとは相性が悪いらしくまた出会うことができませんでした。しばらく辺りを歩き回った後、また時間を見つけて出直そうと畦道を車に向かって歩き出したところ、1羽のアオサギが飛び立ったので、アマサギの代わりにそれをファインダーの中に入れてシャッターを切ってみました。珍しくもなくいつでも撮影できるアオサ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/23 18:33
足元からヒバリが飛び出した!
帰宅しようとした道すがら、少しだけ遠回りをして家から一番近いフィールドの荒地で車をとめて窓ガラスを開けると、ヒバリが囀る声が聞こえました。この一週間は、時間がなかったり雨が降ってなかなか野鳥の写真を撮る機会に恵まれていなかったので、ヒバリでも撮影してみようとしてカメラを手に取り車を降りて歩き始め草むらへ足を踏み入れると、私の足音に驚いたのでしょう、足元から野鳥が1羽飛びだしました。すぐにファインダーに捉えたところ、ちょうど撮影しようとしていたヒバリです。このヒバリは、20mほど上昇すると私を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/23 03:00
アカメガシワが花盛り
きれいに耕地整理をされ畑や田が広がるフィールドでは、半月ほど前から咲き始めたアカメガシワの花が花盛りになっています。アカメガシワはこのあたりではパイオニア植物を代表する植物で、丘を崩したり水域を埋め立てて荒れ地ができると、真っ先に芽を出してくる植物の一つです。これといって役に立つ木ではありませんが、芽出しの頃の葉の色が鮮やかな赤い色をしていて明るい緑が広がる中でよく目立ち、春の野に出ると目を楽しませてくれます。それが夏を迎えてたくさんの花を咲かせました。その花にはハチやアブ、ハナムグリなどの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/21 17:33
ヒメジョオンの咲く野原で
たくさんのヒメジョオンが風に揺れる小川のほとりをカメラを片手に歩いていると、頭上でセッカが下降するとき特有の鳴き声が聞こえました。上空を見回し声の主を見つけて目で追っていると、空の中で小さな黒い点に見えていたセッカが、風に吹かれるように急降下してきて少し離れた草むらに降りたように見えました。足音を忍ばせてその姿を探すと、セッカはヒメジョオンなどの間を渡り歩くように移動しています。音や気配に敏感なセッカなので、あまり近寄ると逃げてしまうと考え少し遠くから撮影を始めたところ、すぐ近くにホオジロも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/18 21:11
スモモ
初めて訪れたフィールドで、スモモが綺麗な色に熟していました。このあたりでは栽培されているのを見ることは希で、珍しい果物です。このフィールドは、いくつもの丘が耕地整理され水田や畑が整然と広がる区域で、一度野鳥を探しに訪れてみようと考えていた場所です。セッカ、オオヨシキリ、ヒバリ、カワラヒワ、シジュウカラ、ホオジロ、キジ、ケリ、コサギ、チュウサギ、アオサギ、オオタカなどの姿を確認して、そろそろ引き上げようかと車を動かし土手の角を曲がろうとすると、目の前の畑の中でたくさんの赤い実をつけた木が目にと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/17 15:33
雨に濡れて
そぼ降る雨の中で、キジの番が餌を拾っていました。断続的に強さをます雨に叩かれながら、たくさんの水玉が光る草の中を一歩ずつ慎重に足を進め、ときどき羽を震わせて雨滴を飛ばしては草の先や地面をついばんでいました。おそらく草の芽や葉を食べているのでしょうが、ときどき足で土を掘るような動作も繰り返していたので、土中の昆虫なども餌にしているのでしょう。ただ、メスは餌を探すことに夢中になっている様子だったのに、オスは餌を拾うのもそこそこに終始頭を上げて周囲を見回し、メスを守るような様子であたりを警戒してい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/16 15:11
ウグイスがやってきた。
リビングルームの窓から葉を茂らせたシダレザクラを見ていた妻が、野鳥が1羽やってきたと知らせました。カメラを持って窓の近くへいってみると、葉陰の中で動いている野鳥が見えます。全体がよく見えませんでしたが、枝にとまった姿勢や一部だけ見える尾羽あたりからセンダイムシクイのようだ考えて数枚撮影しました。その後すぐに飛んでいってしまい、結局全体の姿がよく確認できなかったので、撮影した写真をパソコンに入力して拡大してみたところ、1枚だけ全身が写っているものがあり、それを見ると予想したセンダイムシクイでは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/15 13:33
たくさんのモンキチョウ
雨があがった草はらで、たくさんのチョウが舞っていました。モンキチョウ、モンシロチョウ、キチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ヒメジャノメなど種類も豊富です。葉陰で雨を避けていたチョウたちが、一斉に飛び始めたようです。その中でも、モンキチョウはほかのチョウとは比べもにならないほどおびただしい数が飛んでいました。この草はらには、シロツメクサが広がる中にカラスノエンドウやスズメノエンドウ、コメツブツメクサ、さらにところどころにアカツメクサと、モンキチョウの食草になるマメ科の植物がたくさん生えているた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/14 17:33
セッカが飛んだ!
梅雨空にセッカが飛びました。車で移動中に小さな流れのほとりをたくさんのアシが覆っているところがあったので、オオヨシキリやセッカがいないだろうかと車をとめ、カメラを下げて歩き出した途端に、すぐ近くの茂みから特有の鳴き声を辺りに響かせてセッカが舞い上がりました。上昇するときと下降するときで鳴き方を変えることにも特徴がありますが、飛び方にも特徴があります。その風に舞うような飛び方で頭上を繰り返し飛び、私の口笛に呼応するように何度も鳴き声を聞かせてくれました。スズメより小さめながら、鳴き声も飛び方も... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/13 11:55
また雨だ!
天気予報では夜からは雨になるといっていたのに、夕方から雨が降り始めました。ララが、窓の外でカシの葉やバラの葉を賑やかに叩く雨音を気にし始めました。どうも本降りになりそうな降り方です。せっかくの日曜日なので、夕方涼しくなってからララとハンナを海にでも連れて行き思い切り走らせてやろうと考えていましたが、残念ながら夕方の散歩は中止になりました。今夜は退屈している2匹の遊び相手をして、部屋の中でのんびりとすることにしました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/12 19:11
シロチドリだった。
夕日が照らす海の上をシロチドリが飛びました。遠くを飛んでいるときには、年中この海辺にいるイソシギだろうと思って見ていましたが、少しずつ接近してきた姿を見るとチドリのようです。今度はこの海岸でよく見られるコチドリだろうと思いながら、大きなうねりの上を飛ぶ姿に望遠レンズを向けました。すると方向を変えた瞬間、翼の上面にコチドリには見られない白線が見えました。シロチドリです。数回シャッターを押す間に、このシロチドリはすぐ近くの波打ち際に降り立つと、休む間もなくまたすぐに舞い上がり沖に向かって飛んでい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/09 01:33
アジサイの季節
先週末に梅雨入りが告げられ、これから一月余は雨の季節になりました。あまり雨ばかり降り続くと気分も滅入ってしまいますが、それでもこの季節は本格的な夏に向かってアジサイやハナショウブをはじめ春とは違ういろいろな種類の花が咲き出し、花を見るには楽しみな季節でもあります。そんな時期になって旧宅の庭でピンクや薄紫色、水色のアジサイの花が咲き始めたと喜んでいたら、二日前に訪れた海岸の公園の木立の中でもあちこちでいろいろなアジサイの花と出会いました。しばらくの間、雨に濡れながら色を変えていく各種アジサイを... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/08 13:33
ハナショウブ
前ページで記述した、田の用水路に沿って咲いていたハナショウブの花です。いろいろな濃さの薄紫色の花や斑入りの花がきれいに咲き競う中で、濃い紫色のこの花がアクセントになって、ハナショウブの一群を引きしめていました。ハナショウブは、花が大好きだった父も庭で栽培していました。やはり毎年今頃になると幾種類もの色の花を咲かせていましたが、父が亡くなってから4年後には私の手入れが悪かったため枯れてしまいました。見事に咲いたハナショウブを撮影しながら、咲いた花を満足げに眺めたり、花が終わったあとの手入れを一... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/05 22:55
アンズの実
公園の中の梅林でアンズがたくさんの実をつけ、その実が熟れて初夏の日を受けやわらかな橙色に輝いていました。散策する人がもぎ取っていくのか、下の方の枝には実はなく、手の届かない高い枝にたくさんの実をつけています。このアンズの木は、たくさんのウメの木が植えられた中に1本だけ生えています。苗木のときにはウメとよく似ていて見分けにくいため、おそらくウメの苗木に紛れていたものを知らずに植えたものでしょう。それが今では大きな木になり、毎年きれいな花を見せてくれた後にウメより大きな実をたくさんつけて、散策す... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/05 15:55
タマネギ畑で
収穫が終わったタマネギ畑の向こうで、何か動くものが見えました。車をとめてカメラを取り出し、望遠レンズを通して畝の間を探してみると、真っ赤な顔をしたキジの雄がこちらを見ていました。撮影するには距離がありすぎるため、少しずつ近寄って行ったところ、母衣打ちを見せ鳴き声を上げていたキジは徐々に私を警戒し始め、少しずつ距離を取り出して、おしまいには駆け足で荒れ地を横切ると丈高く茂る草むらの中へ姿を消していきました。夕日に照らされた顔の肉腫や光を反射する羽の色が鮮やかだったので、もっと接近して撮影したか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/02 19:00
ノウゼンカズラの開花
6月になった昨日、庭のノウゼンカズラが開花しました。今年はいつもの年より早い開花です。枝先にはたくさんの蕾がついて、これから毎日次々に咲いていきそうです。例年庭でこの花やキョウチクトウの花が咲き始めるといよいよ夏だという気がしますが、蒸し暑い夏が大の苦手な私は、そんなに慌てて咲かなくても、もう少しゆっくり咲いてくれればよいと思います。そういえば例年梅雨が明けると旧宅の庭を飾るピンクや白のキョウチクトウも、今年は5月中旬に開花し、現在は満開になっています。なんだかこの頃は、庭の植物も自然界で起... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/02 18:11
薄暗かった!
  木の葉が茂り出して、林の中が薄暗くなってきました。この頃フィールド内のどの雑木林を歩いても、頭上を覆う緑色の葉で空が見えなくなりました。この時期に林の中へ入ると毎年思うことながら、ほとんどの木々が葉を落としている晩秋から早春にかけては明るい光が枯葉の柔らかく積もった林床まで届いていたことが嘘のようです。昨日の夕方も雨が降り出す前に、ララとハンナを家の近くにある雑木林の中で遊ばせたのですが、少し林の中に入ると鬱蒼と茂った木々のため、動き回る2匹を撮影するにはストロボを使用しなければならないほ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/30 02:55
ヒメシャラの花が咲きました。
私が住む町内では、年に4度ほどクリーンキャンペーンと銘うった清掃日があります。今日は梅雨入りを前にした清掃日でした。、ただ、清掃日とはいっても下水は地下深く埋められているし、側溝は全部厚いコンクリートの蓋で覆われているため、道路に落ちているゴミがあれば拾う程度で、実質的には町内の親睦を深めるための行事になっています。今朝は日曜にしては早起きをして午前8時から家の前の道路のゴミ拾いと草取りをしましたが、それもほとんどなかったためゴミの集積場所へ行き、ご近所の方と少しだけ話をして戻って来て20分... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/29 15:33
ビワが熟しました。
昨日ララとハンナを連れて散歩をしていると、雑木林の隅でビワの実が色づいていました。場所からしてわざわざ植えたものではなく、カラスやヒヨドリなど大型の野鳥が落とした種子が発芽して成長したものでしょうが、見るからに美味しそうな山吹色をした実がたくさん枝先についていました。もうビワが熟す季節になったかと思いながら写真を1枚とってきまたが、その後旧宅へ行き仏壇を見ると、散歩で見たよりもずっと大粒なビワが供えてありました。27日は祖父の命日なので、私のいないときにお参りに来てくれた妹が供えていったお供... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/28 20:44
茂みの中のモンシロチョウを見て
きれいに野を飾っていた花も花弁を散らし、葉の緑が濃くなってきたノイバラの茂みの中で、モンシロチョウの雄が交尾をしようとしてさかんにメスに誘いをかけていました。葉にとまった雌は一向に雄には興味を示す様子もなく静かにノイバラの葉にとまったままでしたが、雄のほうは雌の周りをいろいろな飛び方で飛び回り関心を引こうとしていました。春先にはモンシロチョウとキチョウばかりが目についたこの草はらでしたが、気温が上がってきた最近ではモンシロチョウよりもツマグロヒョウモンやヒカゲチョウの仲間、それにアオスジアゲ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/26 19:33
キキョウソウが咲き始めました。
キキョウソウの花が野原や道端、芝生の中などで見られるようになりました。春に芽を出してから、閉鎖花で種子を作っていた時期を過ぎて、通常の花を咲かせる時期になったようです。多くの野草がそうであるようにこれも外来種なので、在来種を駆逐するほど勢力を広げてほしくはない植物ですが、小さい花ながら整った形をしていて綺麗な薄紫色をした花をつけるため、咲いているとつい目がいってしまう野草です。これからしばらくの間、子供たちの夏休みが始まる頃まで、散歩をしていると近縁種のヒナキキョウソウとともに、あちこちで目... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/26 10:33
ホオジロだった・・・
この頃雑木林の中を散歩すると、よく頭上からキビタキの声が聞こえてきます。何とか撮影してみようと思うのですが、緑の葉に覆われた高い枝にいることが多く、姿を見ることがはできても撮影することはなかなかできません。腰を据えて何時間も林の中で待てばいいのでしょうが、ララとハンナの散歩のついでに撮影しようとしているのでいい機会に恵まれないでいます。先日も林の奥へ入っていくと、近くの大木の梢でキビタキの鳴く声が聞こえたので声の主を探していたところ、羽ばたきが聞こえ少し先のクマザサの茂みに囲まれた藪へ1羽の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/25 21:00
トキワツユクサが咲く季節になりました。
ハンナは車に乗りこんではみたものの、やはり暑くて散歩はしたくないらしく後部シートで寝そべったまま起きてこないので、車を木陰に止めて窓やサンルーフを全開にしたうえで車の中に残し、ララだけを連れて里山の中の道を歩いてきました。尾を振りながら私の周囲を楽しそうに走り回りながらついてくるララと林の中へ入っていくと、すっかり木の葉が茂り薄暗くなった木陰ではトキワツユクサの真っ白な花が花盛りになっていました。今年も梅雨を前にして、涼しげなこの花が咲く季節になりました。里山のこの一角は、毎年あたり一帯がこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/24 18:11
真夏日
昨日は全国的に気温が高かったようですが、このあたりでも今年初めての真夏日になりました。ところが、18年間使い続けたリビングルームのエアコンが壊れてしまい、電気屋さんに新しいエアコンを発注はしたものの取り付けが昨日の暑さに間に合いませんでした。そのためララもハンナも、お昼過ぎから気温が上がってきても開けた窓から入る風やシーリングファンと扇風機の風だけで我慢しなければならない一日になってしまいました。幸いまだ梅雨時のような湿度がないため風があればしのぎ易い日でしたが、それでも喜んで飛び跳ねたりし... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/24 04:44
シロチドリの擬傷
昨日は夕方日が傾いた頃になって、ララとハンナを海辺へ連れて行きました。ハンナのリードは妻に渡して、ララを連れて野鳥を探しながら海岸線を歩いていたところ、小石が積もったあたりへ来ると突然シロチドリが飛び出してきて、目の前で尾羽や翼を広げてぎこちない動きで歩き始めました。チドリの仲間が得意な擬傷です。これは近くで営巣しているかまだ飛ぶことのできない雛がいると察して、ララの歩みをとめてそこで待たせ、近くを探してみました。すると小石が集まった中にうずくまっている1羽のシロチドリの雛が見つかりました。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/23 13:33
キジが出た!
水が張られたり田植えが終わった水田にやって来る野鳥や昆虫を見るため、農道へ車をとめて畦道を歩いていると、すぐ近くの土手を覆う草の茂みで何かが動く音がしました。草が深いので小鳥ではないだろうと思いながら何が姿を見せるか静かに待っていたところ、突然草の間から雄のキジの赤い顔が現れました。ほんの数mの距離です。キジは私と目が合うと驚いたように大慌てで草の間に身を隠し、草を揺らしながら足早に遠ざかっていきました。私が気配を消して身を隠していたせいもあるでしょうが、警戒心の強いキジが思わぬ近くまで寄っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/21 13:33
ナナホシテントウを見て
散歩の途中で、土手を覆うように咲き広がるシロツメクサの中に腰を下ろして一休みしていると、花や葉の間でナナホシテントウがいくつも動いていました。小さな体ながら、ナナホシテントウは子供の頃から好きな昆虫の一つだったので、草の中で動いているとすぐに目がいってしまいます。水面をわたってくる爽やかな風に吹かれてシロツメクサの花にとまっているナナホシテントウを見ていたら、突然小学生の頃夢中になって作って飛ばしていた模型飛行機の主翼や胴体にナナホシテントウを描き、友人の機体と区別しやすいようにしていたこと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/19 02:55
ヤマザクラの実が色づいてきました。
フィールドの中のヤマザクラが、たくさんつけた実を赤く染め始めました。セイヨウミザクラのように大きな実ではなくせいぜい直径が5mmから1cm弱の小さな実ですが、赤く色付いてくると葉の新緑と相まって補色調和の効果で色鮮やかに見え、よく目立つようになります。昨日も木の下を通ると、きれいに色付いてきた実が夕日を受けて、葉の間で艶やかに光っていました。これがさらに熟れて黒ずんでくると、食べられる部分はほんのわずかながら、口に入れるとほのかな甘味が感じられるため、よくヒヨドリなどの野鳥がやってきてついば... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/18 02:55
夏が来るよ!
昨夕からの雨が上がり、朝からよいお天気になりました。ただ、最近はお天気がよくなると気温も上がります。昨日は肌寒いほどの気温で私にはしのぎ易かったのですが、今日は予報では夏日になるといっていたとおり、お昼を回ったあたりから25℃を超えたようです。そんな陽気に緑はすっかり濃くなり、空の色も春の空に広がっていた淡くやわらかいパステル調の青さが消えてくっきりとした青色を見せることが多くなって、自然はすっかり初夏の装いを整えてきました。今朝もそんな明るい日差しに緑が眩しい草はらの中の道を通ると、たくさ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/17 15:11
スイカズラの香りが漂う頃
この頃雑木林の中を歩くと、あちこちでスイカズラのいい香りが漂っています。先日もララとハンナを連れて林の中を歩いていると、何度もよい香りに包まれました。その度に香りを頼りにスイカズラの花を探しました。そんなことをしているうちに、ふと家の近くの雑木林で毎年咲く、白い花弁の縁がピンクに彩られたスイカズラの花が見たくなり、散歩の帰りに車の方向を変えて少し寄り道をし、そのスイカズラのある林に立ち寄ってみました。すると花は最盛期を過ぎようとする頃で、半分ほどの花は金銀花の別称があるように黄色に色を変えて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/17 03:33
ノイバラが咲く季節
フィールドのあちこちで茂みを作っているノイバラが、花を咲かせる季節になりました。ノイバラは、野鳥や昆虫を探して茂みや藪の中を歩くときには邪魔になることが多く、ときによっては刈り取ってしまいたいと思うこともありますが、白や薄いピンクの花を無数に咲かせる今頃と、その花が実を結んで小さな赤い実をたくさん見せてくれる秋には、綺麗に野山を飾り季節感を醸し出してくれるのでいつもレンズを向ける対象になります。先日この写真を撮った茂みでも、緑色の葉の間で今がさかりとばかりにたくさんの白い花が咲き競い、夕暮れ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/12 12:00
雨の中で
雨がやみません。このごろの雨は、春雨という言葉から受けるイメージには合わない強い降り方をし、梅雨時の五月雨かと思うことがよくあります。昨日もそんな降り方をする雨の中、林に沿った道を車で走っていると、林縁でアケビのつるに巻きつかれたタニウツギがもうピンクの花をつけ、大粒の雨に打たれて揺れていました。このあたりでは、梅雨入りしてから咲くことが多いタニウツギですが、今年は開花が少し早いようです。タニウツギも花の色が映える明るい日差しの中で咲きたいだろうにと思いながら、車をとめて窓を開け、車内から撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/10 19:11
獲った!
農道をゆっくりとした速度で車を移動させていると、降りしきる雨の中でコサギが1羽じっと下を見て佇んでいました。何かを狙っているのだろうと思い、車をとめて望遠レンズに捉えた瞬間、コサギは素早い動作で獲物をつまみ上げました。初めはザリガニのように見えましたが、よく見るとカエルです。大きさや足の長さからすると、アカガエルのようです。冬眠から覚めて、産卵のため水が入った田に姿をみせたカエルが犠牲になりました。自然界の食物連鎖の一環の中でのこととはいえ、気の毒なことです。このあとコサギは、満足そうに喉を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/10 12:57
ムラサキツメクサ
朝から雨になりました。このごろよく雨が降ります。晴れた日には少しの時間でも野外へ出たくなりますが、雨の日は好きなバードウオッチングをしたり、野草、昆虫を観察するためにフィールドへ出てみようという気持ちも萎えてしまいがちです。しかし、今日は降る雨を見ていてふと水が張られた田を見たくなり、お昼過ぎに少しだけ車で出かけて見ました。このごろ田んぼも埋め立てられたり放置されることが多くなり、水田として利用されているところが減少していますが、水が張られたばかりの田、早苗が育って緑色が広がった田、刈り入れ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/09 18:44
ツバナ
フィールドのあちこちで、チガヤが銀色に輝く花穂を風になびかせ始めました。このあたりでは、チガヤ全体を花穂の呼び名のツバナと呼ぶことが多いようです。亡くなった祖母や母もこれをツバナと呼ぶことが多く、若い茎を折りとって吸ったり噛むと甘いので昔は子供がよく採ったものだと話してくれました。しかし、小学生の頃それを聞いて実際に舐めてみると、強い甘味に慣れた舌には微かな甘味しか感じることができず、わざわざ味わうほどのものではないと思ったことがあります。ただ、チガヤの穂波が、低い角度から差す朝日や夕日を受... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/08 02:33
ケリがよく鳴きます。
この頃フィールドの中の畦や草はらで野鳥や昆虫の撮影をしていると。よくケリの威嚇にあいます。このあたりのケリは、今が繁殖期の真っ最中のようです。ただ、地上で営巣するケリにとっては、田植えの時期に入ったので巣作りに適当な場所を探すのもたいへんなことでしょう。おまけに、このフィールドでは猛禽類はトビとチョウゲンボウがたまに見られるだけだったのに、昨年からオオタカがよく上空を飛ぶようになりました。ケリにとってはますます子育てがしにくくなり、鋭い威嚇の声を上げる機会が増えそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/07 13:44
キジが鳴いた!
最近はフィールドへ出ると、キジの鳴き声がよく聞こえてきます。昨日も近くでけたたましく鳴く声が聞こえたので辺り一帯を探してみると、草むらの中に1羽の雄のキジを見つけました。写真を撮ろうとして接近しようとすると、さすがに敏感です。すぐに私に気づいてシロツメクサやハハコグサ、ハルジオンなどが群れ咲く草はらの中を走って逃げて行きました。そのあとも少しずつ場所を移動している間に何度も鳴き声を聞いたので、その度に姿を探したところ、遠くではあるもののそれぞれ別の個体と思われる雄のキジを3度見ることができま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/06 01:44
5月の空にオオタカが飛びました。
5月の晴れ渡った空を、オオタカが飛びました。地上でも強いと感じる風が吹いているので、上空ではよほど強い風だろうと思われるのに、悠然と谷ひとつ隔てた丘の上を帆翔しながら獲物を探している様子でした。撮影するには少々遠すぎる距離で、少しでも近づいてくれないかと待っていましたが、それでも数百mの距離までしか接近してくれず、300mmの望遠レンズしか持ち合わせていなかったのでこの程度の画像しか得られなかったことが残念でした。遠目にも初列風切り羽が2、3枚抜け落ちていることが分かる翼ながら、さすがにこの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/05 15:55
キンラン
公園の雑木林の中で、シダやジャノヒゲが生えている一角の落ち葉が積み重なった中からキンランが顔を出し、鮮やかな黄色の蕾を見せていました。この公園内でキンランを見るのは初めてのことなので、近寄って周辺を探してみると、さらに一株が落ち葉の中から頭をもたげ蕾をつけていました。これがさらに数を増やしてくれるといいのですが、よく目立つ鮮やかな色をしていて人目につきやすい花なので、子供が摘んでしまうおそれもあり、さらには山野草を見るとすぐに掘り返して採っていってしまう心無い人もいるので、無事に花期を終えて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/05 13:33
急旋回
今年は3月26日に初めて見て以来、日を追うごとに空を舞うツバメの数が増えてきました。巣作りは終わって抱卵中のものが多くなり、中にはもう育雛に入った番もあります。昨日の午後は、珍しくララとハンナを家に置いて1時間ほどセッカを探してフィールドの中を歩いていると、セッカの姿は見つかりませんでしたが、青草が茂る空き地の上や、水が張られた田の上をたくさんのツバメが軽やかに飛び交っていました。ツバメは、目にする機会も多く飛翔速度も速いため、飛翔する野鳥を撮影するためのよい練習台になります。そのため、私が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/05 02:00
緑が濃くなってきました。
新緑の季節になって、やわらかい緑色だった木々の葉がすっかり濃い緑色に変わり、その葉が作る緑陰の影もくっきりとしてきました。下草も日に日に丈を伸ばしています。日差しの中を歩くと暑がるのはララやハンナだけではなく、私も汗をかくことが多くなりました。遊歩道を歩く人たちの服装も半袖姿が多くなり、一緒に歩いているイヌたちもみな舌を出しています。今日は午後から最高気温が25℃を超えました。満開になっているツツジやフジの花が終わると、季節はいよいよ夏へ向かって歩みをはやめていきます。写真は、緑が濃くなった... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/04 18:55
フジの花が満開です。
公園の藤棚はもちろん、フィールドのあちこちで野生のフジが満開になっています。4月11日に、いつも散歩をする里山の中で白いフジが咲いたのを目にしたのが、今年のフジを見た最初でした。今年はフジの開花は例年より1週間ほど早いと感じながら、いくつかのフィールドの中を見ていたところ、1週間ほど前から毎年一番見事に咲く公園の池の面にかかるフジも薄紫色の花を咲かせ、水面をわたっていく風に無数の花房を揺らせるようになりました。近くの雑木林でも、登りついたフジの花でヒサカキやハゼ、スダジイ、アラカシの木などが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/04 11:11
田おこしが始まりました。
スズメノテッポウやタネツケバナが一面を覆っていた田に、トラクターが入っていました。いよいよ田おこしが始まり、その田に水が張られると田植えのシーズンです。トラクターが作業を終えたところでは掘り起こされた黒い土が広がり、、そこへムクドリの群れやハシブトガラスの群れが舞い降りて、土の中に隠れていた昆虫などをついばんでいました。ムクドリの群れの中にコムクドリがいないかと探していると、すぐ近くに写真のハクセキレイもやってきて、ムクドリの群れの中に交じってしきりに土の中をつついて餌を探し始めました。田植... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/03 15:33
ナワシロイチゴの花
道の脇で枝を伸ばしたくさんの蕾をつけていたので、いつ咲くかと散歩に訪れるたびに見ていたナワシロイチゴが、花を開き始めました。まだひとつふたつと数えられるほどの数ですが、ほかの野に咲くイチゴの仲間の花よりずっと地味な花が、控えめに咲いていました。先日はこの辺り一帯の道の草が刈られていたので、ナワシロイチゴも一網打尽にほかの草と一緒に刈り取られたのかと、がっかりしながら枝を伸ばしていたところへ近づいて見たところ、このナワシロイチゴだけが刈り取られずに残されていました。草刈作業をした人も、この花や... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/03 12:33
ミカンの花が咲き始めました。
ミカンの花が咲き始めました。ララたちとよく散歩に訪れる里山の中にある小さな畑の一角に植えられたミカンが、今年もたくさんの花をつけ、あたりに爽やかな香りを漂わせようとしています。今日も撮影する前に顔を近づけると、一年ぶりになるよい香りが鼻腔をくすぐりました。ミカンの花の香りは私の好きな香りの一つで、以前にもこの香りが漂ってくると昔を思い出し、もう会えなくなってしまった人たちの顔が浮かんでくると書いたことがありましたが、5月にこの香りが漂うようになると、いつも旧宅のお風呂の窓近くに植えられていた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/02 02:11
今年も咲いた!
今年も庭のフェンスに絡ませたブラックベリーが花を咲かせました。昨日の朝気が付くと、薄紫の花が一輪開き、今朝はそれが数輪に増えていました。たくさんの蕾があちこちの枝先についたので、これから次々に開いていきます。一昨年の実を収穫したあとで2株が枯れ、残った株の枝も元気をなくしたため昨年は花の数も少なく、場合によっては残った株も枯れるのではないかと心配しましたが、なんとか元気を回復し、取木をして根付いた枝も元気に芽を出し少ないながら花を付けました。今年はまだ、今までのようにフェンスが見えないほど茂... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/01 23:11
ツルアジサイが咲きました。
先週あたりから、少しずつ開きかけた蕾が見えていたツルアジサイの花が咲きました。今年は例年になくたくさんの蕾が付いたので開花を楽しみにしていたところ、きのうの雨の中でほとんどの蕾が一斉に開き門柱周辺を白い花で飾りました。梅雨から梅雨明け頃に山へ行くと、大木に登りついたこの花がたくさんの白い花を咲かせていて目を奪われることがありますが、我が家のツルアジサイは例年野山に自生するものより一足早く、4月下旬から5月にかけて咲きます。今年もその例に漏れず、4月中に開花しました。一時は蔓や枝のまとまりが悪... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/30 00:55
ツツジの季節
今日は最高気温が20℃に届かず、そのうえ風も強いため肌寒く感じますが、最近の気温の高さにツツジの花が一斉に開き、中にはもう花期を過ぎて散り始めるものも出てきました。散歩をしていてもいたる所で紫、白、ピンクのツツジの花が目に入ってきます。サクラを見に行って以来ときどきララとハンナを連れて訪れる近くの運動公園でも、遊歩道や建物の垣根に仕立てられたり、広い公園のあちこちで大きな植え込みに仕立てられたツツジが綺麗に咲き、サクラに代わってそれらを見物する多くの人たちが訪れています。私も公園の遊歩道に無... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/29 21:55
オオヨシキリがやってきた。
今年も家の前に広がる調整池のアシ原へ、オオヨシキリがやってきました。初めて声を聞いたのは24日の夕方でしたが、以後何かと忙しくてゆっくり池を眺める時間がなかったため声ばかりを聞いていました。今日は夕方帰宅して車を降りると、近いところで大きな声で鳴く声が聞こえたので池の近くへ行って探してみたところ、小糠雨の降る中でアシにとまってけたたましく鳴いている1羽のオオヨシキリの姿を確認できました。今年もまたこの池で繁殖すると思われます。例年どおりなら、これから10月初旬ころまでこの鳥の特徴のある賑やか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/28 20:55
ハルジオンの咲く広場
里山の散歩を終えて車を止めたところまで戻って来ると、シジュウカラやコゲラの声が近くの林の梢付近で聞こえ、カワラヒワの群れも木立の中へ飛び込んでいったので、車に乗り込むことはやめて少し先の林の近くへいってみました。すると丈高く茂り出していた空き地の草が刈られて、広場のようになっていました。周囲だけに草丈の高いハルジオンが茂って広場を囲むように残されているので、ちょうどララとハンナを遊ばせるのにはもってこいの場所だと考え、帰るものだとばかり思っていたらしく車の横で座って私を見ていた2匹を呼び寄せ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/27 03:33
こんなところにタチツボスミレが・・・
雑木林の中の散歩コースにある土手の草陰で、タチツボスミレの花が咲いていました。ただ歩いているだけだと気づかないシダで覆われたところでしたが、一緒に歩いていたララが何を見つけたのか遊歩道を外れて茂みに鼻を突っ込んで匂いを嗅いでいた先を見たところ、薄紫色の花が数輪揺れていました。あまり日当たりのよくないところながら、揺れる木漏れ日を受けて落ち葉の間から芽を出し、花を咲かせたようです。林を抜けた日当たりのよい道端ではときどきスミレの花を見ますが、この林の中でタチツボスミレの花を見たのは初めてのこと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/27 01:33
ヘビイチゴの花が咲いています。
フィールドの土手や畦を、鮮やかな黄色のヘビイチゴの花が飾るようになりました。ところによっては、イチゴの葉を縮小したような若緑色の葉の間にたくさんの花を咲かせ、土の色がまったく見えないほど一面に広がっているところもあります。花が終わるとすぐに実を結ぶので、間もなく緑色の葉が広がる中に黄色の花と赤色の実が点在するようになり、その色彩の鮮やかさに思わず足をとめることになります。近くの道端ではナワシロイチゴも沢山の蕾をつけて開花の時期を待ち、カジイチゴやクサイチゴはもう花を落として緑色の実を枝先に揺... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/26 03:33
日曜日の朝
満開になったハナミズキへは、チョウ、ハチ、アブなどいろいろな種類の昆虫たちが蜜や花粉を求めて朝からやってきて、ベランダからその様子を見ているとなかなか楽しく、見飽きることがありません。昨日の朝もカーテンと窓を開けたついでにベランダへ出てハナミズキの枝を見ると、写真のようにコアオハナムグリやアオハナムグリが微かな羽音をたてて花から花へと飛び移り賑やかに食事中でした。ハナミズキに群がる昆虫たちには明るい日差しが降り注ぎ、近くの木々や電線からは、シジュウカラやカワラヒワの囀りが響き、屋根の上では2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/25 02:33
アオスジアゲハの初見
よく晴れて、朝から暑さを覚える日になりました。気温が上がり昆虫たちの活動が活発になってきているので、朝食のあとハナミズキの花を訪れる昆虫たちの様子を見てみようと小次郎とベランダへ出て見ました。先日から庭を飾っていたハナミズキの花はすっかり満開になり、ベランダへ出ると目の前に咲き広がる様子は、真っ白な総苞が強さを増してきた日差しを受けて思わず目を細めてしまうほど眩しく感じます。そんな明るい朝の光があふれた花の間を、ミツバチやヒラタアブが飛ぶ様子を見ていると、アオスジアゲハがやってきて蜜を吸い始... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/23 15:33
イタチが飛び出した!
里山の中を散歩をしていると、突然私が歩いているところから10mも離れていない茂みで何かが動く音がしたと思った途端に、道の中央へ茶色の獣が飛び出してきました。きょとんとした表情でこちらを振り返った顔を見るとイタチです。私たちがいることを知らずに飛び出したらしいイタチは一瞬動きを止めたあと、まさに脱兎のごとくという表現がぴったりの慌てふためいた様子で駆け出し、横っ飛びにノイバラの茂みへ飛び込んで行きました。野鳥を撮影しようとカメラを持っていた私がレンズを向ける間もない、短い間のことでした。私の後... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/21 03:33
サクラの季節が過ぎて行きます。
家の近くで毎年最後まで花を咲かせているヤマザクラとヤエザクラも花を落として枝は若葉に覆われ、今年のサクラの季節もすっかり過ぎて行きました。毎年のことながらサクラの花が好きな私にとっては、名残惜しく寂しい気持ちになる季節です。6年前に父が亡くなってからサクラの花を見ると、花が好きだった父が亡くなる前年、通院帰りに遠回りをして咲き始めたサクラを見せたとき、足腰が弱ってきた父が、来年のサクラは見られないかもしれないから今日サクラの花を見ることができてよかった、と喜んでいたことを思い出します。自分の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/21 01:44
シロツメクサに囲まれて
ひと月ほど前までは若草の芽生えはあちこちで見られたものの、まだ枯れ草や土の色が目立っていたフィールドの土手や空き地を、シロツメクサが鮮やかな緑色で覆いました。その隙間なく広がる葉の間からは、無数の白く丸い花が背比べをするように突き出て明るい日差しを浴び、そよ風に揺れています。長く当たっていると暑さを覚えるようになった日差しを背中に感じながら、その花に集まる昆虫を観察していると、子供の頃一面にシロツメクサが広がる中に座り込み、この花を摘んで花輪を作ったり、周りに生える草で昔ながらの遊びを教えて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/19 10:55
ハコベの花
フィールドを歩いていると、田の畦で土にしがみつくように小さな白い花がたくさん咲き広がっていました。近寄って確かめてみたところコハコベの花です。深く切れ込んで10枚あるように見える花弁を広げ、黒い土の表面に白い星を散りばめたようです。我が家の庭で見られるのはミドリハコベばかりですが、ここではコハコベばかりが見られます。どちらの花もよく似ていて、よほど顔を近づけたりルーペを使わないと細部までは詳しく分からない小さな花ですが、よく見ると整った形をしていて可愛らしく綺麗です。人の目はひかない花でも、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/18 02:00
強い風に驚いた!
昨夕から夜中にかけては、強い風が吹くとともに雨も一時強く降りました。春の嵐です。晩ご飯を食べ終わって窓際の椅子で寝ていたマリーは、突然窓ガラスや外壁を強く打つ雨音や風の音がすると驚いて大きな目を見開いて跳ね起き、部屋を飛び出して二階ホールの手すりに飛び乗り、一体今の音は何だったんだろう、といいたそうな表情で周りを何度も見回していました。のんびりしていて大抵のことには驚いたり慌てたりしない小次郎と比べると、相変わらずマリーの神経は繊細です。何でもないから気にしないようにと声をかけながらパソコン... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/17 21:00
スギナの絨毯
ときどきララとハンナを連れて行く草はらが、まるで鮮やかな緑色の毛足の長い絨毯を広げたようにスギナで覆われました。ひと月ほど前には、たくさんのツクシがいたるところから生えて足の踏み場もないほどでしたが、ツクシの季節が終わり、今度は地面の中に張り巡らされた根から無数のスギナが芽を出しました。ララとハンナはその感触が気に入ったのか、地面を埋め尽くしたスギナの中へ入り歩き回ったり、ときどき寝そべって転がり、気持ちよさそうに春の日を浴びていました。今日は昨夜強く降った雨で地面は濡れているので連れて行く... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/17 14:11
キジの声が聞こえた!
昨日は午前中郵便局へ行った帰りに途中にあるフィールドへ立ち寄ったところ、たくさんの種類の野草が花をつけ、そこへいろいろな昆虫がやってきていました。フィールドへ出るのに珍しくララもハンナも連れていなかったので、のんびりと野草や昆虫の観察をし写真を撮っていると、キジの鳴く声が聞こえてきました。このフィールドでキジの声を聞くのは1年ぶりのことです。かがみ込んでいた姿勢から腰を伸ばして立ち上がり、声の聞こえてくる方向を探していると、低い土手に茂る草の中で雄のキジの頭部が動いています。距離は100m近... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/17 12:33
ハナミズキが開花しました。
朝起きてベランダへ出て庭を見ると、昨日までは蕾ばかりだったハナミズキが、爽やかな朝の光の中で一斉に開花していました。例年より1週間ほど早い開花です。我が家のハナミズキは毎年町内でも一番遅く開花するのですが、外出したついでに近くの公園や庭を見ても、開きかけたものはあっても木全体に開花が及んだものはまだ見当たりませんでした。どういうわけか、今年は我が家のハナミズキが周囲の木の先陣をきって咲き始めたようです。いつもはのんびりと開花を始めるのに、昨日の急に高くなった気温に驚き、慌てて花を開いたのかも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/15 19:55
夏日
ひと晩降った雨があがった昨日は気温が上がり、お昼過ぎには車の温度計は外気温が25℃を超えたことを示していました。サクラの季節が過ぎたと思っていたら、もう夏日の到来です。暑さが苦手な私は、もう少し穏やかな春らしいお天気と気温の毎日が続いてほしいと願っていますが、これからは徐々に汗ばむ日が増えてきます。この頃では少し歩くとすぐに舌を出すようになったララやハンナたちも、もう少しの間肌寒いくらいの日が続いてほしいと思っていることでしょう。写真は、スズメのエンドウやタンポポ、カモジグサなど野の草が丈高... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/15 01:55
クリスマスローズの花期が終わります。
昨日の夕方から降り始め、深夜には一時叩きつけるように強く降った雨は、今朝目が覚める頃にはやんでいました。朝庭へ出ると、ガレージの隅で一晩雨にたたかれたクリスマスローズの花が、まだ雨の名残を葉に残して雲間から差す薄日を受けて咲いていました。2月下旬から咲き始めたクリスマスローズも、ほとんどが蕊を落とし花弁から鮮やかな色を消して花期を終えようとしています。今シーズンもたいした世話をしてやれずに終わりましたが、それでもたくさんの花を次々と咲かせて目を楽しませてくれました。大きな葉の下を見ると新しい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/14 16:33
カリンの花
サクラの花も散るものがたくさん出てきたのに、一昨日の夜からまた冬に戻ったように気温が下がり、夜などは寒さを覚えるほどです。しかし、そんな花冷えの中でもカリンが若葉を芽吹き、可愛らしい花を咲かせ始めました。カリンの花が咲いたのを見ると、旧宅の隣の空き地で並んで咲いていたカリンとカイドウの木の姿が記憶の中でよみがえってきます。春になると、カリンは明るい緑色の葉の間に控えめに、カイドウは房状に華やかに、どちらも可愛らしいピンクの花を競うように咲かせていました。毎年寒いうちから開花を楽しみにしていま... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/13 17:33
ダイコンの花が咲いていました。
アブラナの黄色の花が一面に広がる畑の隅の一畝で、アブラナに遠慮するように、ダイコンの真っ白な花が春風に揺れていました。アブラナの花が咲き広がる菜の花畑も、目にするたびに唱歌の朧月夜のメロディーを思い出し、また子供の頃に遊んだ野山の光景が髣髴と眼前に浮かび、郷愁を誘うよいものだと思いますが、ひとつひとつの花を比べると、私は穏やかな春の日の中でひかえめに咲く真っ白なダイコンの花のほうが好きです。このごろめったに見ることがなくなったダイコンの花を目にして嬉しくなり、明るい春の日を浴びてミツバチを遊... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/12 16:33
シジュウカラの採餌
雑木林の中で、数羽のシジュウカラが地上に降りてしきりに落ち葉の間をつつき、何やら探している様子でした。木陰に隠れて見ていると、1羽のシジュウカラが枯れ枝が重なった間から木の実らしいものをつまみ上げました。何を拾っているのだろうと自分の足元近くを探してみると、昨年の秋に落ちたスダジイやマテバシイの実がいくつも落ちていて、その中の多くが皮が剥がれ中の子房がむき出しになって転がっていました。シジュウカラたちはもう繁殖期に入っているはずなので、昆虫などのタンパク質の多い餌を中心に食べる時期だと思いま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/11 23:55
落花が進みました。
ソメイヨシノの落花が進んでいます。近くの運動公園の遊歩道をピンクのトンネルのように覆ったソメイヨシノも落花が進み、枝の間から空が見えるようになってきました。もう1週間もすれば、今度は若葉が茂って頭上を覆い、緑のトンネルになります。花弁を落とし赤い花柄が目立つようになった枝を仰ぐと、たくさんのヒヨドリやスズメが散り残る花をつけた枝に群がって、サクラの季節に名残を惜しむように花弁をついばみ蜜を吸っていました。一緒に歩いていたララもハンナも、枝で騒ぐヒヨドリたちの声や羽音が気になったのか木の下へ行... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/10 09:55
アオジとサクラ
散り始めた公園のサクラを見ながら歩いていたところ、サクラの木の下に茂る薮陰で短く鳴くアオジの声が聞こえました。まだアオジがこの辺りにいたのかと思いながらララとハンナを座らせて静かに待っていると、すぐ近くのサクラの枝に雄のアオジが現れました。サクラの花とアオジを一緒に撮影したことはなかったのでいい機会だと思ってレンズを向けたのですが、ファインダーに捉えてピントを合わせ、シャッターを切ろうとした途端にトベラやアオキが茂る葉陰へ飛び込んでしまいました。しばらく待って、再度姿を見せたときに撮影したの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/09 19:55
サクラ散る遊歩道
サクラの季節も終盤を迎えたので、近くの運動公園のソメイヨシノを見てこようと、ララとハンナを連れて出かけてきました。空が見えないほど頭上を覆っていた花は、一昨日の強い風雨に打たれ相当数が散り、若葉を見せるものも出始めていましたが、遊歩道の路面は散り落ちた花弁で一面ピンクの絨毯を敷き詰めたように覆われとても綺麗で、踏みつけるのがためらわれるようでした。人通りもほとんどなかったため、ララもハンナも自由に歩かせてやると、2匹はときおり吹いてくる風に舞い落ちる桜吹雪を受けて楽しそうに走り回っていました... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/09 10:11
アケビの花が咲き始めました。
叔父の葬儀を終えて夕方帰宅すると、一昨日から叔父の通夜や葬儀のため家の中にいつもと違った慌ただしさが広がり、そのうえ留守がちでなんとなく落ち着かず寂しい思いをさせたペットたちが、車の音を聞きつけ喜んで玄関へ迎えに出ていました。着替えをすると腰を下ろす間もなく、2日間散歩らしい散歩へ連れて行くことができなかったララとハンナを散歩へ連れ出しました。嬉しそうに尾を振りながら歩く2匹と雑木林の中へ入っていくと、2日こなかった間にアケビの新芽が大きく成長して瑞々しい若葉を広げ、たくさんつけた蕾の中には... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/06 01:00
花陰
門の前のシダレザクラが満開になりました。そのサクラを見ていると、しなやかに垂れ下がる枝が風の動きとは違う不自然な動きをしました。よく見ると花の陰に1羽のヒヨドリがとまり、花をついばんでいます。一年ぶりになるサクラの花の蜜の味を味わいに来たようです。今朝は、昨夜遅くから降り出した雨が残る中で、スズメやツグミも、サクラの花に埋もれるようにして枝の間を飛び移っていました。華やかなサクラの花陰に遊ぶ様子がいつもとは違った雰囲気に見えたので、あまりに身近すぎて撮影することが少ないヒヨドリやスズメですが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/04 11:33
花曇りの日曜日
今日は朝から暖かく、花曇りの日曜日になりました。気候もよくなり、家の前の道を行き来する人の数が増えてきました。特に家の前の調整池に植えられた十数本のシダレザクラが八分咲きになり、それを見に来る人もあって、家の外がいつもよりざわついています。朝ごはんを終えたララやハンナは、お腹がふくれたら余裕が出て外から聞こえる声や物音が気になってきたらしく、写真のようにしきりに窓の方を向いて戸外の様子を気にしています。今日は外で遊ぶ子供も多そうなので、一日賑やかに人の声や物音が聞こえてきそうです。そんなこと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/03 11:33
春雨に濡れて
春雨に濡れて、家の前の調整池を取り巻くように立ち並ぶシダレザクラが五分咲きになりました。枝によっては、写真のように満開といっていよい状態になっています。今朝も朝から傘をさして池の周りを歩き、桜見物をしながら写真を撮ってきました。生憎の雨ですが、幸い満開になる前の雨なので花弁が散ることもなく、かえってそれが春雨を含んで重そうに垂れていたり、水滴を下げた枝葉が微風に揺れる様子は風情があってよいものです。これで雨が上がり日が差して気温が上がれば、蕾のほとんどが一斉に開きそうです。近くのソメイヨシノ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/01 19:11
カジイチゴの花
フィールドの林縁に沿ってララとハンナを散歩させていると、薮影でカジイチゴの白い花が満開になっていました。今年は例年より早く咲きました。この株を見つけて数年になり毎年開花と結実を楽しみしていますが、3月中に開花したことはなかったように記憶しています。開花しているのを見つけ早速撮影してきましたが、レンズを向けながら、この株を見つけたのはルナとの散歩の途中だったこと、花の写真を撮ったときはいつもルナが横で座って静かに見ていたこと、実がなると熟した実を数個とって一緒に食べたことなどを思い出しました。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/01 00:00
ニワウメが咲きました。
門の横に植えたニワウメの花が咲きました。先週から細い枝についたたくさんの蕾のほとんどが濃いピンクの色に染まってきたことに気づいていましたが、今朝門を出ようとして気づくとたくさんの花が一斉に開き、華奢な枝全体がピンクのかわいらしい花で飾られていました。昨年は木が弱っていたのか花の数が少なかったので心配していたところ、今年はいつものようにたくさんの花をつけてくれました。向かい側の池の周囲に咲くシダレザクラも徐々に開花を始めたので、この1週間程は門の周りがピンクの春らしい花の競演で華やかになります... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/31 23:11
ベニシジミが飛び始めました。
先日来フィールドへ出ると、咲きそろった野の花の蜜を求めてモンシロチョウやキチョウが飛び交う様がよく見られますが、先週末あたりからはシジミチョウの仲間もちらほら見かけるようになってきました。昨日も散歩をしていると、ララやハンナが歩みを進める先々の草からベニシジミが飛び立ちました。腰を下ろしてゆっくりと草の間を見回すと、あちこちでたくさんの明るい色をした春型のベニシジミが飛び交っています。ベニシジミ、なかでも春型のベニシジミは、私の好きなチョウの一つなので、見かけるたびにレンズを向けシャッターを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/31 12:11
暮れなずむ林で
暮れ始めた空を背景にそびえるエノキの枝に、1羽の野鳥がとまっていました。昼間の光は弱まり、おまけに距離もあったため種類はよく分かりませんでしたが、体型からシメかイカルだろうと思いつつズームレンズを1400mm相当にしてファインダーに捉えると、大きな嘴を持ったシメの姿が確認できました。今シーズンはシメを何度か見ることができましたが、このあたりでは絶対数も少なく、そのうえ単独でいることが多いため比較的見る機会が少ない野鳥です。おそらくこれが今シーズンのシメの見納めということになりそうなので、もっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/30 11:33
飛んで行っちゃった。
夕方の散歩で、私の後をついてきていたはずのララが近くに見えないので後戻りをしてみると、ララは小川が流れる近くで立ち止まり、じっと一点を見つめていました。声をかけると、私の顔を見ては何度も今見ていた方向に視線を向けます。これはいつも野鳥を見つけたときの態度です。そっとララに近づいてその視線の方向を探したところ、少し離れたところでセグロセキレイが尾を振りながら餌を探して歩いていました。せっかくみつけてくれたのだから撮影しておこうとレンズを向けていると、セグロセキレイは突然鳴き声を上げて飛び立って... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/30 03:33
シダレザクラも咲き出した。
暖かい春の日を受けて、家の前のシダレザクラも開花が始まりました。今日は朝から暖かい日差しが降り注ぎ、日中は風もなく少し動くと汗ばむような陽気になりました。そんな暖かさの中で朝家を出ようとすると、池の周りに植えられたシダレザクラの1本の枝先にほんの数えるほどの数ながらピンクの花が揺れていました。今年のシダレザクラの開花です。ほかの枝を見るとどの枝も明日にも開きそうな蕾をたくさんつけています。午後帰宅してリビングルームから赤く膨らんだ蕾をたくさんつけた枝が春風に揺れる様子を見ていると、シジュウカ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/30 00:44
竹林のコゲラ
孟宗竹が茂って昼でも薄暗い竹林の横を通ると、竹の間で野鳥が飛び交っていることに気づきました。薮の中を好むアオジかウグイスだろうと思いながらそっと覗き込むようにして竹林の中へ入っていくと、案に相違して1羽のコゲラが葉の間や倒れた竹の上を飛び移っていました。雑木林の中ではよく出会うコゲラですが、竹林の中で見るのは初めてのことだったので、早速カメラを向けてみました。ただ薄暗い中を敏捷に動き回っているためシャッタースピードがコゲラの動きについていかないだろうと考え、木漏れ日の中に入ってきてくれるのを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/29 21:55
カワラヒワの声
春らしくなった最近のフィールドを歩くと、木々の梢や電線にとまって囀るカワラヒワの声がよく聞こえてきます。昨日も公園の池の周りの遊歩道をララとハンナを連れて散策していると、すぐ近くからカワラヒワのきれいな声が聞こえてきました。撮影しようとしてララたちの足を止め、周りのサクラやクスノキの梢を見回してみましたが声の主はみつかりません。そこで、また歩き出そうとしたところ、今度はさらに近くで声が聞こえました。その声のする方向を見ると、池の端に立つ目の前のハリエンジュの枝に1羽のカワラヒワが止まり私たち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/28 10:55
若草萌えて
フィールドの中では春が闌けてくるにしたがって、冬の間地中で寒さに耐えていた草が萌え出し、セピア色が広がっていた地面や土手が瑞々しい緑に覆われ始めました。その中には、やってきた春を謳歌するようにタンポポ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ナズナなど春の野草が点々と、あるいは固まって咲き、若草の鮮やかな緑に華やかな彩りを加えています。この頃ではどのフィールドを訪れても、野鳥を探すことは二の次になり、そんな野草や木々の芽吹きを見ることが一番の楽しみになっています。今日もララとハンナを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/28 00:44
ソメイヨシノが開花しました。
公園のソメイヨシノの開花が始まりました。先ほどララとハンナを連れて公園を歩いてきたところ、遊歩道に沿って植えられたソメイヨシノの中で日当たりがよく冬でも北西風が当たらないところに植えられた数本の枝で薄いピンクの花が開いていました。開花した花をつけた枝を撮影したあとで公園の中を一回りしてきたのですが、ほとんどの木の蕾は大きく膨らみ花弁の色を見せてはいるものの、開花している木はまだ数えるほどでした。しかし、今日あたりからは気温が上がってきそうなので、この2、3日で一気に開きをうな気配です。先日ま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/27 13:55
アオジの数が減りました。
先週あたりまで藪の中や木陰でさかんに鳴いていたアオジの声が、昨日今日とめっきりと聞こえなくなってきました。今日もララとハンナを連れて散歩しながら、いつも数羽の個体の声がよく聞こえていた薮の横を通りましたが、1羽のアオジの声を1度聞くことができただけでした。そろそろ山へ戻っていったのでしょうか。それに代わって、薮陰ではウグイスの声がよく聞こえるようになってきました。地鳴きを繰り返していたり、囀りも下手だったのに、この数日はどの薮や茂みで聞いても上手に囀るようになりました。野鳥の鳴き声にも移りゆ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/27 01:44
明るい日差しを受けて
風はまだ冷たさを感じることがあるものの、日差しは強くなってきました。芽を吹き出した木々の新芽は明るい緑色や赤みを帯びた緑色に輝き、青みを増してきた草の葉は風が通り過ぎるたびに揺れて光っています。散歩をしていても、水面や地面からの照り返しが眩しく感じられることが多くなりました。ララやハンナの背中や首の毛も、歩みを進めるごとに光を反射してつやつやと光ります。これからしばらくは、日差しは明るく風も爽やかで散歩には絶好の季節です。写真は、散歩の途中でそんな明るい日差しを受けて、同じ姿勢で一休みするラ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/26 17:33
風の強い日でした。
夜になって弱まったものの、昨日は風の強い日でした。それも一昨日までの穏やかな春風から冬が戻ってきたような冷たさを感じる北西風に変わり、散歩に出ると風が吹き抜ける谷筋になったところでは時折思わず立ち止まってしまうほど強い風が吹き付けてきました。散歩を始めようと車を降りたララも、歩き始めた途端に吹き付けてきた強い北風に、垂れた耳が吹き流されるようにめくれ上がり、しばらくの間風の様子をうかがうように四本の足を踏ん張って立ちつくしていました。風を避けようと、北側に丘や林がある道ばかりを選んで歩いてき... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/25 02:11
サクラが咲いた!
サクラが咲きました。お寺の裏山をララと散歩をしていると、先日若葉が芽吹き始め蕾も膨らんできていたヤマザクラの枝先でちらほらと開花が始まっていました。このあたりのソメイヨシノはまだ開花していないのに、今年は例年ソメイヨシノに遅れて咲くヤマザクラが我が家周辺のサクラの先陣を切ってサクラの季節の到来を告げました。あいにく今日は冬型の気圧配置となり、昨日までの暖かさが消えて北西風が強く吹き付ける日になったため、開いたばかりの花は冷たい風に震え上がっていることでしょう。ただ週明けには暖かさが戻るという... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/24 18:44
たくさんの野鳥と出会えました。
今日はいつもより少し早めに、午前11時ころからララと公園へ散歩に行くと、公園内のあちこちでいつになくたくさんの野鳥と出会いました。この公園で周年見られるシジュウカラ、コゲラ、メジロ、カワラヒワ、ヒヨドリなどはもちろんのこと、さすがに池に浮かぶカモたちはほとんど姿を消しましたが水面にはまだカンムリカイツブリやキンクロハジロ、オオバンは確認でき、雑木林の中では行く先々で冬鳥のツグミ、シロハラ、ジョウビタキ、ビンズイ、アオジ、シメも飛び交っていました。写真のシジュウカラも、今日の散歩中に撮影したも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/23 23:55
まだビンズイがいました。
蕾が膨らみ始め花弁の色も見えてきたシダレザクラの枝にとまるビンズイです。昨日の朝ハンナと散歩に行くため玄関を出ると、どこかでビンズイが鳴いていました。門を出て家の前の池をの周りを歩いていたところ、1羽のビンズイが頭上を掠めて飛んできて、池の端に植えられたシダレザクラの枝にとまりました。暖かくなってきたので、今シーズンはよく姿を見せてくれたビンズイも、そろそろ北へ向かっていなくなるだろうと思っていましたが、まだ旅立ってはいなかったようです。サクラの開花もまもなくなので、もうしばらくとどまってく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/23 01:11
お花畑
いつもララと散歩をする公園は、自然の地形を利用した公園で広い面積を持ち、あまり人が足を踏み入れない区域がたくさんあります。野鳥を探すには人のいないところが適しているため、私はララを連れてよくそんなところを選んで歩き回っています。今そういった区域の中の日当たりのよい場所では、踏みつけられることがないため春の野の草が一面に地面を覆い、それらの花が満開となって、まるでお花畑に迷い込んだように綺麗です。一面に地面を埋め尽くす花を見ると、世間ではこれらを雑草と呼んで邪魔者扱いしていますが、なんとももっ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/22 17:33
チョウが舞うようになりました。
フィールドでは、チョウがたくさん舞うようになってきました。まだ種類は多くはなく、モンシロチョウとキチョウがほとんどですが、それでもナノハナや一斉にに咲き出した春の野草の間を、白や黄色のチョウが明るさを増した春の日を浴びてひらひらと飛び交う様子は、春らしくてよいものです。もう少しすれば、シジミチョウやタテハチョウの仲間もいろいろ姿を見せてきます。野草とともにチョウの観察も楽しみな季節になってきました。写真は散歩中に撮影した、オオイヌノフグリにやってきたキチョウです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/22 11:11
ウメの花とジョウビタキ
昨日のお昼過ぎに、ほとんどのウメの花は散ってしまい、遅咲きの紅梅だけが花を残す梅林の一角でララを遊ばせていると、林の中から雄のジョウビタキが飛び出してきました。ララを呼び寄せ一緒に草の上に腰を下ろして見ていると、ジョウビタキは私たちと一定の距離を保ってウメの枝と地面を飛び交いながら餌を探している様子でした。今シーズンはジョウビタキの飛来数が多かったようで、あちこちで何度も見る機会がありました。その例に漏れず、この梅林でも訪れるたびにジョウビタキと出会うことができました。しかし、暖かくなってそ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/22 03:33
ヤマザクラも開花しそうです。
19日には福岡市と名古屋市で今年初のソメイヨシノの開花宣言が出され、今日は東京都でも開花したとのことですが、フィールドの雑木林の中にあるヤマザクラも柔らかな葉を出し、花の蕾も割れて花弁の色が見えてきました。周辺のソメイヨシノはまだ開花していないのに、例年ならソメイヨシノに遅れて咲くヤマザクラがもう1、2日で開きそうなので、今年はソメイヨシノもヤマザクラもほとんど同時に開花しそうな雰囲気です。スモモやアンズの蕾も大きく膨らんで白さが目立ってきました。あと一週間もすれば、野山はいろいろな花で溢れ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/21 23:00
ウメの花とシジュウカラ
ハンナと公園の奥の雑木林の中を抜ける道を歩いていると、花が残っているウメの枝でシジュウカラが遊んでいました。こんなとき、ララだとリードなしで連れているうえ、野鳥観察の要領も覚えているため私の邪魔にならないように動いてくれるので、素早くカメラの用意をしてレンズを向けることができます。しかし、ハンナは大型犬なので、リードなしで連れ歩くのは人迷惑にもなると考え、リードをつけずに散歩をすることは教えてありません。さらに野鳥観察に連れて行ったこともなく、そのときに必要なことは何も教えてないため、ハンナ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/20 22:33
ウメの花とホオジロ
散歩を終えようとして、広場を走り回っていたララを呼んで駐車場へ向かおうとすると、すぐ近くのウメの木の辺りでホオジロの地鳴きが聞こえました。先へ行こうとしていたララを呼び止めて足音を忍ばせウメの木に近づき枝の間を探していたところ、タンポポやホトケノザが群れ咲いている地面から1羽のホオジロが飛びたって枝にとまり、さかんに地鳴きを繰り返し始めました。枝に止まっていたのではなく、地面で餌を拾いながら鳴いていたようです。鳴きながら枝の間を移動する様子をしばらくの間見ていると、ホオジロは散り残った花のあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/20 00:33
ウメの季節が過ぎました。
公園ではほとんどのウメの花は散り、咲き始めた時期が遅い一部の紅梅だけが濃いピンクの花を残しています。このごろでは、遊歩道や池の岸に沿って植えられたソメイヨシノの蕾が膨らみ、その蕾の中に紅色が見えるものも出始め、ウメの花に代わってサクラの花が公園の中を彩ろうとしています。ウメの季節が終わり観梅の客足も遠のいたので、公園内が静かになり落ち着きを取り戻しましたが、もう一週間もすれば今度は桜見物の人出で賑わいだしそうです。公園内をララとゆっくり散策しながら野鳥の撮影をするのは、サクラの季節が過ぎ去る... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/19 02:00
すっかり春です。
今日は朝から暖かく、お昼過ぎには気温は22℃を超え、一度にサクラの季節がやってきたような陽気になりました。そんな暖かさが広がるフィールドでは、あちこちでナノハナやカラシナが満開になり、辺りの景色を明るい黄色で彩っています。今日もララと家から近い里山の中を歩くと、ところどころにある畑や道沿いの土手ではナノハナがそよ風に揺れて、辺りには花の匂いが立ちこめ、近づいてみるとたくさんのミツバチやハナバチの仲間が花粉や蜜を求めてやってきていました。道端に咲く野の花にはモンシロチョウやキチョウが舞い、頭上... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/17 23:55
夏羽になっていました。
2月半ばから梅まつりが催され人出が多くなったため訪れていなかった公園のウメも、ほとんどが散ってしまったようなので、そろそろ訪れる人の数も減っただろうと考え、1か月ぶりに公園内を散策して野鳥を探してきました。人の姿が疎らになった公園内はいつもの静けさが戻り、シジュウカラやヤマガラ、メジロ、コゲラ、カワラヒワなど常連の野鳥たちがたくさん木々の間を飛び交い、囀りも聞かせてくれるようになっていました。池の周囲を取り巻く遊歩道を行き交う人もほとんどいなくなっていたので、ララとのんびり歩きながらカモたち... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/17 18:11
こんなところにオキザリス
めったに足を踏み入れないフィールドの一角へ入っていくと、道端を埋めるように10mほどにわたって黄色の花が咲いていました。近寄ってみるとオオキバナカタバミとも呼ばれているオキザリス・ぺスカプラーエです。以前はここにはトキワツユクサやイネ科の植物が生えていました。それが今は、誰かが植えたものが増えたのか、ほかの草が入る余地がないほど混み合って生えています。この花も南アフリカあたりが原産の外来種で、園芸目的で栽培していたものが最近では各地で野生化していると聞きます。このあたりではムラサキカタバミや... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/16 00:33
ビンズイが群れていました。
朝の散歩でハンナと町内を歩いていると、空き地で数羽のビンズイが地上に降りて餌を探していました。普段は群れることもなく、あまり鳴き声を聞くことがないビンズイが、群れになり頻繁に声を出して地面の上を歩き回っています。近くではハクセキレイやスズメも賑やかに鳴きながら同じように地面をつついていました。暖かくなって、冬の間眠っていた虫たちが出てきたのかもしれません。ビンズイは北へ帰っていく長旅に備えた体力作りのために、ズメたちは繁殖期を迎えて、たんぱく質の補給が必要な季節になってきました。3月も半ばを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/15 18:55
囀りの季節がやってきました。
先週あたりから、家の周りでもフィールドでも、鈴を転がすようなカワラヒワの囀りがよく聞こえるようになりました。昨日の朝もハンナと町内を散歩していると、頭上からカワラヒワの囀りが聞こえてきたので仰ぎ見たところ、1羽のカワラヒワが電線にとまり、真っ青に晴れ渡った空を背景によく響く爽やかな声で鳴いていました。午後からララと訪れたフィールドでも、雑木林のあちこちの梢からカワラヒワの囀りが聞こえ、それに負けない声でホオジロ、ウグイス、シジュウカラの囀りも聞こえていました。いよいよ野鳥たちが繁殖期に入り、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/14 02:33
3種のセキレイがいました。
久しぶりにキセキレイと出会いました。アオジの声に誘われて潅木や背の高い枯れ草で覆われた小川近くの土手に沿って歩いていると、目の前を野鳥が横切り水の流れの近くへ降り立ちました。一緒に歩いていたララを急がせて近寄ってみると、胸や尻が綺麗な黄色のキセキレイがさかんに長い尾羽を振っていました。昨年の12月頃からフィールドではハクセキレイばかりが目についていましたが、この頃セグロセキレイの姿をときどき見かけるようになり、この直前には荒地で餌を探しているセグロセキレイとハクセキレイの姿を認め撮影してきた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/13 23:44
ピンクの絨毯
昨日は野鳥を探すかたわら、様々な種類の野の花が咲く中を散歩してきたララでしたが、今日は別のフィールドへ出かけ、雑木林の隣に広がる50aほどの荒地が一面のホトケノザで覆われる中で、思い切り駆け回ってきました。冬の間は冷たい風が吹き抜け、殺風景なむき出しの地面が広がるだけで寒々としていた荒地に、春の訪れとともに少しずつ緑色の葉が広がり始めたと思っていたところ、先週あたりから花の色も見えてきていました。それが、今日訪れると、荒地は濃いピンクの絨毯を敷き詰めたように咲き広がる花で地面も見えないほどに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 20:33
野の花に囲まれて
フィールドの中では、この10日ほどの間にたくさんの野の花が咲くようになってきました。今日もララと野鳥を探してフィールド内を散策していると、明るい日差しの中で色とりどりの花が咲いていました。どれも花は小さく色彩も栽培種のような派手さはありませんが、素朴さや可憐さでは負けていません。ララが腰を下ろした周囲をざっと見回しただけでも、タンポポ、ナズナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、キュウリグサ、ミミナグサ、スズメノエンドウ、イヌハコベ、ハルノノゲシ、ヒメオドリコソウ、トキワハゼなどが見られます。これ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 00:55
ララが見つけたジョウビタキ
散歩中に私の先を行くララが立ち止まりました。進んでいく先の方をじっと注視しては私の方を振り返っています。何かを見つけたときのいつもの態度なので、そっと足音を忍ばせてララの近くまで行くと、道に降りたジョウビタキの雌が何やら一心に路面をつついていました。早速レンズを向けて数回シャッターを切ったところ、すぐに飛び立って土手の上に生える木の間を飛び移り出したのでララに声をかけて呼び寄せ、一緒に土手を上り、草むらに身を隠して撮影してきました。この冬はよく観察できたジョウビタキですが、暖かさが増してきた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/11 23:33
ヒメオドリコソウが咲いていました。
3月になって、行く先々でいろいろな野の花が見られるようになってきました。このヒメオドリコソウも、3日ほど前に野鳥を探してフィールド内を歩いている途中でララを休ませようと日当たりのよい土手に腰を下ろすと、足元でオオイヌノフグリやホトケノザが咲き広がる中に一群れ顔を出し、小さなピンクの花を開き始めていました。これも多くの野草がそうであるように外来種が帰化したものです。そのため、在来種を守るためには広がってほしくはない植物ながら、地面を覆うように一面に咲くと、根元近くの緑色の葉と上部の紫がかった葉... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/10 11:44
ツクシが顔を出していました。
いつもララの散歩は午後になって出かけることが多いのですが、日曜日の今日は午前中に家を出て、先日エナガとシジュウカラ、それにコゲラが混群を作って賑やかに騒いでいたフィールドを歩いてきました。今日はエナガの可愛らしい様子を撮影したいと思って出かけたフィールドでしたが、残念ながら近くで見られた野鳥はキジバトとツグミばかりで、ウグイスやホオジロ、アオジ、シジュウカラは声が聞こえてくるものの姿は見えず、狙ったエナガは影も形もありませんでした。ただ、野鳥を探すかたわら、ララと土手を歩いていたところ、オオ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/06 22:55
ノスリが驚いた。
最近開拓したフィールドの雑木林の入口に車をとめて、カメラやララの散歩バッグの用意をしていたところ、待ちきれなくなったララが早く歩きたくてそわそわしているので、先に行ってもいいというと待ってましたとばかりに雑木林の中へ駆け込んで行きました。すると、すぐに頭上で梢の枝が擦れる音と羽音が聞こえました。見上げると、ノスリがコナラの梢を離れて飛び立ったところです。ララが飛び跳ねるようにして落ち葉を踏んだ音に驚いたのでしょう。ちょうど手にしたカメラのスイッチを入れると、すぐにレンズを向けシャッターを切り... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/05 14:55
アオジの声が聞こえた。
フィールドへ着いてララを車から降ろそうとしていると、近くでアオジの鳴く声が聞こえてきました。耳を澄ましてその声を聴いていると、1羽だけではなく少なくとも3羽はいるようです。ララを降ろし歩き回らないように座らせ、急いでカメラの用意をして車の陰で待っていたところ、すぐ近くのススキやカモジグサなどのイネ科の植物が枯れ草となって残る土手の茂みからメスのアオジが現れ、それに続くようにさらに3羽のアオジが姿を見せました。今シーズンのフィールドではアオジの声をよく聞き、いつもの年より個体数は多いように思え... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/05 11:55
もう少し練習が必要です。
暖かさを増してきた日差しに、固く閉じていた冬芽の中にも緩んできたものが見られるようになった雑木林を歩くと、ウグイスやシジュウカラ、エナガの囀りを聞くことができるようになってきました。そんな声の主を探して、柔らかく積もった枯葉を踏んで林の奥へ入って行ったところ、雄のホオジロが、まだ芽を吹く前のハゼの木の枝にとまっていました。何をしているんだろうと思って離れてみていたところ、地鳴きをしながらときどき空に向かって口を開け、囀りらしき声を出そうとしています。しかし、まだその鳴き方はぎこちなく、聞きな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/04 03:33
弥生の空
吹く風は冷たさを残すものの、柔らかな日差しが満ちて春の色をたたえ始めた桃の節句の空をツグミが飛びました。昨日までの真冬のような寒さが弱まり、今朝はよく晴れて日差しも暖かく、ハンナと散歩をしていると汗ばむほどの陽気になりました。町内を巡る2kmほどの散歩コースを歩いている間にも、空き地ではキュウリグサやオオイヌノフグリが咲く中で数羽のビンズイが賑やかに鳴きながら餌をついばみ、満開を過ぎたウメの木ではメジロが残り少なくなった蜜を求め、電線や梢ではスズメやカワラヒワが囀りを始めるなど、身の回りでは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/03 11:11
朝の池で
この数日町内の調整池で姿を見ていなかったので、そろそろ繁殖の時期になって番を作り、どこかで子育てを始めたのかと思っていたカワセミと、朝の散歩で出会うことができました。この調整池は丘陵地を開発した住宅街の中にありますが、周囲は広く整地されてしまって崖や土手などカワセミが営巣するのに適した場所はなく、おまけに岸の周辺には数匹のネコが出没するため、これまでに池にやってきていたカワセミも繁殖の時期になるといったん姿が見えなくなりました。このカワセミも、そろそろ雄を見つけて、営巣するのに適した水辺で子... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/02 10:00
弥生・March・Maerz・Martius
三月になりました。いよいよ春の到来です。今日は昨日の午後からの冷え込みが続き、冷たい真冬のような北西風が道路を吹き抜けていますが、日差しはすっかり春の光をたたえています。フィールドでは春の草が花を咲かせ始め、枯れ草に覆われセピア色だった地面が小さな野の花で飾られるようになってきました。そんなフィールドの中をララと冷たい風を受けて歩いていたところ、ホトケノザで一面が覆われた空き地をキジが駆け抜けました。まだ若い雄のキジのようでしたが、明るい日差しを受けて羽毛の色がとても鮮やかでした。これからキ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/01 14:11
夕日が眩しい
昼間の気温が上がってきた最近では、晴れた日には小次郎がベランダへ出たがるようになってきました。お天気がよかった昨日も、朝から南に向いて風がほとんど当たらないベランダへ何度も出ては気持ちよさそうに目を細めて、ガーデンテーブルの上で日向ぼっこを楽しんでいました。夕方になって少し冷えてきたので、ベランダへ出る窓を閉めようとして部屋の中へ呼び入れると、小次郎はムックリと起き上がり手すりに前足をかけ、眩しそうな表情で夕日を覗き込むようにして、傾いた日差しを浴びていました。冬も遠のき、ベランダで暖かい日... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/29 02:33
メバルが届いた!
朝の散歩を終えて家の近くまで帰ってくると、宅急便のトラックが門の前にとまっていました。ハンナを急がせ帰宅して玄関先で荷物を受け取ると、大学時代の友人から届いた冷蔵の荷物でした。配達伝票に書かれた品名を見ると魚となっています。これはいつも送ってくれる私の大好物のメバルだろうと期待して、ハンナとララが興味深そうな顔で見守る中で蓋を開けたところ、やはり思ったとおりの大きなメバルが7匹とアジが1匹入っていました。メバルはどれも25cm以上あり、アジは30cmを越える大物です。送ってくれた友人は和歌山... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/27 17:44
馥郁と薫る
今日も朝から明るい日差しに包まれるよいお天気になりました。公園の梅林では、その日差しの中で一輪一輪が輝くようにウメの花が咲き、えもいわれぬ馥郁とした香りがまだ人の姿も少ない静かな朝の空気の中に満ちていました。このあたりのウメは満開の時期を迎え、今日、明日が人出の最盛期になるでしょう。暖かい日になりそうなので,観梅に訪れる人たちも寒さに震えることなく十分にウメの花を楽しむことができそうです。人ごみが嫌いな私は、明日はこの公園を避けて、人の姿を見ることはほとんどない雑木林の中に咲く梅を見に行こう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/27 11:11
満開のウメの花を背景に
ウメの木がよく植えられているこの周辺では、あちこちでウメの花が満開になり様々な種類の白梅紅梅が咲き誇っています。ララが散歩をする公園やフィールドでも、よい香りを漂わせるウメの花をそこらじゅうで見ることができます。写真は、そんな公園の一角で咲いていた白梅と紅梅を背景にして、ウメの花にやってきたメジロ、ホオジロ、ジョウビタキなどの野鳥を撮影している私を土手の上から見ているララです。例年より早く咲きだしたウメの花は、もう花弁を散らせるものも出てきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/27 00:44
ミサゴのホバリング
晴れ渡った朝の空にミサゴが舞っていました。カメラのスイッチは入れたのですが撮影するには少し高度が高すぎると思いながら見ていたところ、うまい具合にミサゴは輪を描くように帆翔しながら高度を下げ池の上空でホバリングをはじめました。距離は縮まったうえに動きも遅くなったので撮影するには絶好の機会です。急いでピントを合わせると何度もシャッターを切りました。ただ、獲物を狙って水の中へ飛び込む場面を期待したのですが、獲物が逃げたのか私が近くにいることを気にしたのか、ホバリングの位置から急降下することなくまた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/25 19:00

トップへ | みんなの「自然」ブログ

サラ&メル 自然のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる