アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然」のブログ記事

みんなの「自然」ブログ

タイトル 日 時
夏日
夏日 昨日の気温は25℃を超えて夏日となり、最高気温は27℃まで上がりました。少し動くと汗ばんでくる陽気に一日中半袖シャツで過ごしましたが、それでも日が出ているうちは暑く感じました。そこでララとハンナの散歩は、夕方日が傾き涼しい風が出てきた頃から出かけました。しかし、それでもララもハンナも歩き出すとすぐに舌が出て暑そうな様子で歩いていました。公園へ行く途中ではあちこちに植えられたツツジが満開になり、公園の中では緑が濃くなってフジが見頃を迎え、あたりの景色は春を通り過ぎてすっかり初夏になったような雰... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/22 01:33
ヒメケブカチョッキリ
ヒメケブカチョッキリ やわらかな芽を伸ばしてきたノイバラの枝先に、体長数oほどの黒っぽい甲虫が集まっていました。頸部や口器が長かったのでゾウムシの仲間だとは思いましたが、近寄ってよく見てみるとヒメケブカチョッキリのようでした。チョッキリやオトシブミの仲間は葉を切って丸めて卵を産み付ける揺籃を作り、最後に切り落として地面に落とすものや枝につるすようにするものが多くいます。その揺籃の作り方はなかなか巧みで、いつ見ても感心します。子供のころには晩春から初夏にかけて野山で遊ぶと、ときどき揺籃が落ちていたのでそれを拾い集め... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/20 21:55
ここは涼しい!
ここは涼しい! 木陰のないドッグランで日差しを受けて遊び、暑さに参ってきた様子がありありと見えたので、ドッグランの周囲に広がる林の中に連れ出したところ、木陰を渡ってくるひんやりとした風に一息ついた様子を見せるララとハンナです。この林はクロマツ、タブ、ウバメガシ、キョウチクトウ、イチョウ、センダン、シャリンバイ、アジサイなどと雑多な樹木が植えられた人工林で、数100mにわたって大きな木の枝が頭上を覆って緑のトンネルになった散歩道があり、植物を見たり野鳥を観察してのんびり歩くにはいいところです。昨日もクロマツの... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/20 01:55
ナナホシテントウを見ると
ナナホシテントウを見ると イネ科の植物やヤエムグラが伸びてきた草むらの中で、ナナホシテントウがせっせと動き回って餌を探していました。萌え出してきた草の緑とナナホシテントウのオレンジ色と黒の体色の対比がきれいです。春になってナナホシテントウを見ると、幼いころこの虫が好だった息子が、よく妻とお弁当を持って野原へ採集に行ったことを思い出します。カラスノエンドウやノイバラの新芽に集まるアブラムシを餌にしようとやってくるナナホシテントウを、虫篭いっぱいに集めて嬉しそうに帰宅し、家の庭に放していました。その当時は父母や私が草花を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/19 17:11
新緑の中で
新緑の中で 明るくやわらかい緑に包まれだした雑木林の周辺を、ツグミが飛んでいました。ツグミは、このあたりでは冬が去ってからも一番後まで残っている冬鳥ですが、そろそろ夏鳥と入れ替わって姿が見えなくなる時期になってきました。最近では、渡りを前にしてたくさん餌を食べてまるまると太り、群れを作っているツグミをよく目にします。寒い間は毎日行く先々で見ることができ珍しくもない野鳥でも、この時期になって半年ほど見られなくなると思うと、少し寂しく感じます。夏を過ごす北の土地に無事到着できることを願いながら、シャッターを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/19 04:44
カワウとカルガモ
カワウとカルガモ 暖かくなって、あちこちの水辺ではカルガモを除くとカモの仲間の姿がすっかり見られなくなりました。冬の間はたくさんのマガモやホシハジロ、キンクロハジロが水面に浮かんでいた公園の大きな池でも、この頃では岸近くに群れているカルガモの他は、ときおりカイツブリがぽつんと広い水面に浮かんでいるだけです。そのカルガモも、寒いころと比べると四分の一ほどの数になり、広い水面は寂しい状態になりました。そんな池の周囲を散歩していると、繁殖羽を纏ったカワウとカルガモが並んで岸に上がっていました。この池の遊歩道沿いでカ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/04/18 16:33
ハナミズキの思い出
ハナミズキの思い出 ベランダの前に立つハナミズキが今年もたくさんの花をつけ、それが麗かな日差しを受けて開花を始めました。ハナミズキにはいろいろな思い出がありますが、今でもこの花を見るとまず目に浮かんでくるのは、4月下旬から5月にかけて大学院へ通う道や大学構内に立ち並んでいた白とピンクのハナミズキの姿で、好きな学問を研究する面白さに心が弾んでいたときに毎日仰いだ満開の光景は、今も鮮やかに脳裏に浮かんできます。さらに修士の学位を取得したあと、指導教授からこれからは学問のプロとしての自覚を持ってより研鑽に励むようにと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/15 16:44
サクラの葉陰で
サクラの葉陰で すっかり葉桜になったソメイヨシノの枝の下を歩いていると、頭上でヤマガラの声がしました。この時期によく聞こえる雄の囀りではなく小さく優しい声です。どこにいるのだろうと重なった葉の間を覗くようにして探してみると、梢近くで2羽のヤマガラがサクラに付いた毛虫を受け渡していました。1羽は雛鳥のように翼を震わせて餌を受け取っています。葉陰に隠れてよく見えないうちは雛鳥が親に餌をねだっているのかと思いましたが、姿が確認できると成鳥です、どうも番を作った雌が雄に餌をねだっているようでした。たくさんの野鳥が番... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 22:00
雨の降り出す前に
雨の降り出す前に 今日の午後から明日にかけて、まとまった強い雨とともに風も強まるような予報が出ていたので、雨が降り出す前にララとハンナに散歩をさせようと考え、いつもより早めに2匹を連れ出しました。当初はいつもの公園を歩こうと考えて家を出たものの、思ったより風が強かったため急遽行き先を変更して、風を遮ってくれる大きな木や茂みが立ち並ぶ森の中を歩いてきました。空は雲に覆われていたものの、幸い散歩中に雨は落ちてくることはなく、芽吹いてきた新緑を楽しみながら人影のない木立の間を1時間ほどのんびりと歩いてくることができ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 19:55
林の中で
林の中で 林の中では半月ほど前からウグイスの囀りがよく聞こえるようになり、ことに先週あたりからは林のあちこちからよい声が聞こえてきます。口笛で鳴き声をまねるとそれに応えるように鳴き、ときには近くまでやって来るため、姿を探しながらいつまでも口笛を吹いていたところ、林の中のにおいを嗅ぎ回っていたララとハンナが遊び飽きて退屈になってきたらしく、一体何をしているんだろうと考えているような様子で口笛を吹いている私に近寄ってきました。今の森や林の中は、芽吹いてきた植物の放つ匂いとウグイスに限らずいろいろな野鳥の囀... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/13 23:44
ミツバチ
ミツバチ 昨日の散歩で遊んだレンゲ畑では、モンシロチョウやモンキチョウなどのチョウを始め、ミツバチ、ヒラタアブ、ハナアブやハナカミキリの仲間、それにナナホシテントウやナミテントウなど春になると顔を見せる昆虫たちがレンゲソウやカラスノエンドウなどの葉の間にたくさん見つかりました。写真はレンゲソウの花の間を飛び回るミツバチですが、脚には花粉団子をつけ忙しそうな様子でレンゲソウの蜜を集めていました。そういえば、このレンゲ畑の近くの雑木林の中には3年ほど前まではミツバチの巣箱がたくさん置いてあり、たくさんのミ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/13 17:55
春も深まって
春も深まって 日が西に傾く時間になると涼しく気持ちのよい風が吹いてきますが、日中は少し動くと汗ばむほどの暑さを感じる季節になりました。暑さに弱いハンナは、この頃の散歩では日差しがあるうちは木陰の多い雑木林の中を歩くことが多くなりました。もう少しすると、朝早くか夕方日が陰ってからでないと散歩は嫌がるようになりそうです。写真は、公園の中を一周りしたあとで、一休みしようよ、といいたそうな表情で芝生の上に座り込んだハンナです。曇り空の下でしたが、暑さを感じて休みたくなったようでした。春も深まるとともに、藤棚ではも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/13 13:33
レンゲ畑
レンゲ畑 スズメノテッポウやカラスノエンドウが広がる休耕田の一角で、レンゲソウの花が固まって咲いていました。20年ほど前までは、少し田舎の方へ行けばときどき一面に広がるレンゲ畑を見ることもありましたが、それもこの頃ではすっかり目にすることがなくなりました。ただ、フィールドの中でこの休耕田の一面だけは、持ち主がときどき種子をまくのか毎年ではないもののレンゲソウが固まって咲くことがあります。しばらくぶりにレンゲソウが固まって咲く様子を見て子供時代を懐かしく思い出し、ララを呼び寄せて写真を撮ってきました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/12 23:33
キジの番が現れた!
キジの番が現れた! 散歩を終えてララとハンナを車に乗せフィールドの中をゆっくりと動き出すと、前方の少し離れた藪陰で何かが動いたような気がしました。車を路側にとめて目を凝らして見たところ、草の陰で動く雄のキジの赤い顔が見えました。足音などの音に敏感な野鳥なので車から降りることはやめて窓を開けて様子を見ていると、雄の後ろから雌のキジも姿を現しました。ときどきこの辺りを通ると雄キジの鳴く声やドラミングの音を聞くことがありましたが、繁殖期に入って番を作ったようです。2羽はしばらくの間私がいることには気づかない様子で餌を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/12 16:33
ヤブツバキの落花
ヤブツバキの落花 よく散歩に訪れる広い公園の中では、遊歩道の脇や雑木林の中などいたるところでヤブツバキの木を見ることができます。どれも自然の中で剪定もされずに生長したものばかりなので幹は太く樹高は数mになっていて、頭上にかぶさるように枝を張りたくさんの花をつけています。そのヤブツバキが春も深まってきて花を落とす時期になり、この頃では園内を歩くとあちこちで真っ赤な花が地面に落ちている光景が見られます。昨日も点々と赤い花が落ちている遊歩道をララとハンナを連れて歩いていると、頭上でヤブツバキの蜜を吸っているヒヨドリ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/11 13:55
野の花が咲く中で
野の花が咲く中で 春が闌けてきたこの頃のフィールドでは、草地が広がり日当たりのよいところを歩くと、いたるところでタンポポの黄色い花が目にとまります。この写真は、公園の池の端に芝生が広がっているところで撮影しましたが、芝生の間からタンポポやタネツケバナ、オオイヌノフグリなど春の野の花ががたくさん顔を出して元の芝生が覆われ、花畑になったようでした。そんな花の間には、ハクセキレイやムクドリ、カワラヒワ、ツグミなどが舞い降り、明るい日差しの中で餌探しに夢中になっていました。のどかな春の午後です。写真は、弾むような足取... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/10 14:11
のんびり過ごした休暇
のんびり過ごした休暇 春の休暇最後の今日は、朝から本を読んで過ごしました。今度の9日間の休暇は、最初の日に法事が入っていただけであとは旅行などへ出かける予定は何もなかったので、できるだけペットと遊んでやり、あとは本を読んで過ごそうと考え20冊ほど用意しましたが、結局数冊は読みきれずに終わりました。ただ、読書の計画は予定通りに完了しなかったもののペットを遊んでやることは十分でき、雨の日以外は毎日散歩へも連れ出し自然の中でたくさん運動させてやることができました。そのおかげで私もあちこちで好きなバードウオッチングや野草... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/08 23:33
カモの画像を整理して
カモの画像を整理して 春も深まって、いつも散歩をしている公園の池にたくさん群れていたカモの姿が、カルガモを除くと全て見られなくなりました。この冬も池では200羽を超えるマガモを中心にして、ホシハジロやキンクロハジロもそれぞれ100羽以上が越冬しました。しかし、昨年の晩秋から先月までに池で撮影した撮影した写真を見返してみると、ミコアイサの画像がほとんどを占め、ほかのカモたちの画像はほとんどないことに気づきました。別のいくつかのフィールドでは、まんべんなくいろいろな種類のカモが撮影できましたが、この池では限られた時間... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/08 13:33
草の中のカワラヒワ
草の中のカワラヒワ 散歩中にララが立ち止まり、萌え出てきた草が叢がっているあたりを注視し始めました。草の中に何かがいるときに見せる動作です。私もそっとルナの近くまでいきルナの視線の先を見ると、芽生えて間もないカモジグサの細い葉が動きました。するとその葉の間からカワラヒワの頭がのぞき、すぐに体全体も現れました。昨秋落ちた草の実か、繁殖期のタンパク源にするため昆虫でも探していたようです。しばらく動かないようにして観察していると、タンポポやヒメオドリコソウ、スズメノエンドウ、スイバなど春の野の花の間を行ったり来たりし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/08 02:44
サクラの季節も終わります。
サクラの季節も終わります。 昨日からの雨で、ソメイヨシノの花はほとんどが散ってしまいました。ソメイヨシノに遅れて咲きだしたヤマザクラやシダレザクラも花期を終えようとして花びらを散らしています。今年のサクラのシーズンもいよいよ終わりを迎えました。それにしても、今年の春は散歩をするたびにサクラが咲いているところばかりを訪ね歩いたため、たくさんお花見ができました。サクラの下では人出も多く、ララとハンナはいろいろな人から声をかけられたくさん楽しい思いをすることができました。来年もまた2匹と一緒にきれいな花を見ることができること... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/07 17:11
入日に照らされて
入日に照らされて やわらかくあたりを包む春の入日の淡い光の中で、仲良く遊ぶララとハンナです。昨日は午後5時にフラワーガーデンから帰りるとすぐに、一昨日も訪れた海辺の公園へ散歩に出かけました。芝生が広がった中で自由に遊ばせてやると、2匹は私の周りで駆け回りあちこちの草の中に鼻を突っ込みにおいを嗅いでいましたが、何かを見つけたらしく突然動きを止めて2匹並んで同じあたりをじっと見つめ始めました。離れたところから望遠レンズでその様子を見ていると何かが動いているらしく2匹の視線は少しずつ移動しています。どうも暖かくなっ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/05 12:44
花の宴
花の宴 昨日は、車で15分ほどのところにあるフラワーガーデンへ行ってきました。以前は機会があるごとに花好きだった父母や叔父夫妻を連れて行った施設ですが、父母が亡くなりそのあとを追うように叔父夫妻も亡くなってからは、数年足が遠のいていました。それが、現在ちょうど休暇中でもあり、お天気もよいので久し振りに訪れてみようと妻が提案したため、お昼ご飯を食べてから出かけてきました。多くの種類の草花や花木の花が溢れるように咲き乱れる広いガーデン内は、折からの春風にソメイヨシノの花吹雪が舞い、春爛漫の風情の中に繰り... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/05 02:44
通行人見物
通行人見物 家の前に立ち並び、あたりに華やかな雰囲気を醸し出していたシダレザクラも、少しずつ花を散らすようになり、枝先にやわらかな緑色の葉が見られるようになってきました。開花してからのこの二週間ほどは、通行の途中で咲いた花を眺めたり立ち話をする人で門の前の道路が賑やかでした。道路で話し声が聞こえたり、人の気配がすると、小次郎は窓枠にのって外の様子を眺め、サクラ見物ならぬ通行人見物をすることが日課のようになっていましたが、そろそろ花も終わる頃になってきたので人通りも減り、小次郎が退屈しのぎをする機会も減っ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/04 12:44
草むらからホオジロが飛び出した!
草むらからホオジロが飛び出した! 春の野草が草丈を伸ばして地面を覆ってきたフィールドの中を歩いていたところ、すぐ近くの草の茂みのあたりで短くふた声で鳴くホオジロの声が聞こえてきました。ララとハンナを呼び寄せて静かにするようにいって座らせ、腰を下ろして数分待っていたところ、カラスノエンドウやミミナグサ、それにスギナが茂っている草むらから雄のホオジロが飛び出して枯れ草に止まりました。このホオジロは、私が10メートルほどの距離にいることが分かっているはずなのに驚く様子も見せず、草の間を飛び回ってツクシと並んでみたり、草の中から頭だ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/04 04:44
モズがやってきたけれど・・・
モズがやってきたけれど・・・ ソメイヨシノより開花が遅かったヤマザクラも、そろそろ花を散らす頃になりました。風がやってくるたびに白い花弁が舞う下でヤマザクラの花の写真を撮っていると、近くのハゼの木の枝へモズがやってきました。ヤマザクラの枝へ飛んできてくれると花と一緒に撮影できると期待して待っていましたが、あちこちの枝を渡り歩いていたもののヤマザクラの枝へはやってきてくれず、まだ芽吹いていない枝ばかりにとまってあたりを睥睨し、しばらくすると飛び去っていきました。宮本武蔵の枯木鳴鵙図ではありませんが、モズは花に彩られるより枯... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/04 02:44
海を見渡す公園で
海を見渡す公園で 家の中にいるのはもったいないような春らしいよいお天気に誘われて、昨日の夕方はララとハンナを海辺の公園へ連れて行き、のんびりと遊んできました。3月31日から春の休暇をとったので、この一週間は新年度の準備などの用件が入るとき以外は比較的のんびりとペットたちの相手をしてやれます。海辺の公園は、亡くなったルナとは頻繁に訪れた場所でしたが、この頃はよく混み合ったり駐車場が有料になったりといった事情が重なったため、以前のようには足を向けなくなっていました。ところが、先日ドイツからやってきた知人を案内して... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/03 23:55
タンポポの絨毯
タンポポの絨毯 公園の池の岸に広がる草はらの一角で、一面にタンポポの花が咲き広がりました。タンポポの花の間では、オオイヌノフグリやタネツケバナも咲いて、まるで鮮やかな色彩の花模様の絨毯を広げたようです。近くを通る人はみな足を止めて見入ったり、中には花咲く中へシートを広げて腰を下ろし、お弁当を食べている人もいました。散歩を終えたララとハンナも、池を渡ってくる快い春風が気持ちよかったらしく、タンポポの花が咲く中へ足を踏み入れて座り込み、しばらくの間明るい日差しを受けて満足そうな表情であたりを見回していました。自... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/03 19:44
カモの見納め
カモの見納め 自然観察をしているフィールドのどの水域でもカモの姿が見えなくなったので、このあたりのカモたちはみな北へ向かって旅立ったと思っていたところ、いつもララとハンナを連れて散歩をしている海辺で10羽のスズガモの群れと出会いました。昨シーズンは200羽ほどのスズガモがほぼ同数のヒドリガモとともに冬を越した水域ですが、今シーズンはヒドリガモは200羽を超える数が飛来したものの、スズガモはたまに1羽2羽とごく少数が確認できただけでした。シーズン最後に姿を見せたこの群れは、どこか別の土地で冬を越し北へ向かう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/03 02:44
麗らか
麗らか 麗らかな春の午後の日を浴びて、池の岸辺に広がる草の上で水面を見ているララとハンナです。冬の間マガモやホシハジロ、ミコアイサ、キンクロハジロなどのカモの仲間やカンムリカイツブリの姿で賑やかだった水面が、この頃ではほとんどの水鳥の姿が消えて寂しくなりました。今日も2匹と一緒に腰を下ろして池の一帯を見渡しても、広い水面にカルガモが数羽とオオバンが5羽移動している姿が確認できただけでした。オオバンも冬の間は8羽いたものが、この1週間はいつも5羽が目に留まるだけです。先行した3羽に続いて残っていた5羽... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/02 19:11
サクラ吹雪が舞う中で
サクラ吹雪が舞う中で ソメイヨシノの花びらが舞い落ちる草はらでララとハンナを遊ばせていると、気分がよくなったハンナは何度も草の上を転がり地面に体をこすりつけてました。すると体中に降り積もった花びらがつきました。しかし、それに気づかないハンナは、横に座っているララを見て、ララの頭や体に降りかかってきた花びらがのっているのを見ると、何をつけているんだろう、といった顔で近寄っていき匂いを嗅ぎながら丁寧に舐めて落としてやっていました。風がやってくるたびにサクラ吹雪が舞う中で、のどかな時間が流れた春の午後でした。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/02 14:55
散り始めた!
散り始めた! 満開になったソメイヨシノが、昨日あたりから風に乗って花びらを散らすようになってきました。今日は日曜日だったので朝から公園を散歩すると、草の上や側溝の中にたくさんのピンクの花びらが重なって落ちていました。まだ木によっては見ごろになっているものもありますが、そろそろサクラの季節も終わりを迎えようとしています。そういえば、公園のモミジの枝先では柔らかな新芽が芽吹き始め、家の玄関横のヒメシャラも小さな葉を開き始めました。今週あたりからは、野山で新緑が目に眩しくなってきそうです。写真は、花期を終えよう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/01 23:55
春の渚
春の渚 穏やかに波が寄せる春の渚を、気持ちよさそうに歩くハンナです。昨日は大潮の満潮時に海岸を訪れたため、土曜日の午後でしたが潮干狩りをする人や海岸でバーベキューをしたりして遊ぶ人の姿もなく、渚を歩くのはララとハンナを連れた私だけで、何の遠慮をすることもなく夕日が西の山に掛かりかけるころまで快さを感じる春の海風に吹かれて、自由に広い浜辺を駆けてきました。ただ、気温が20℃を超えるようになって、ハンナは少し動いただけで暑さを感じるようになったらしく、冷たい北風が吹いていた頃と比べると動きが緩慢になって... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/01 15:00
間一髪
間一髪 久しぶりの海辺の散歩で広い砂浜を走り回り、疲れて波打ち際で小休止していたところ、気づかないうちに満ちてきた海水が迫ってきたため驚くララです。昨日はちょうど満潮になる時刻に海辺で遊ぶと、大潮だったこともあり海水が海岸線の奥まで押し寄せてきていました。波打ち際で遊ぶことが好きで、休憩するときもよく水際で転がったり座ることが多いララなので、いつものつもりで座っていたのでしょうが、目に見えるほどの速さで満ちてくる海水が体を濡らす寸前まで迫ってきていることには気づかなかったようです。あと一度波が押し寄... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/01 10:55
春の日を浴びて
春の日を浴びて すっかり花を散らせたウメの枝で、ホオジロが気持ちよさそうに春の日を浴びていました。近くの梢では、雄のホオジロが盛んに囀りの声を聞かせています。三週間ほど前まではまだ囀りの終わりがうまくまとめられず、一筆啓上仕り候とも、源平つつじ茶つつじとも聞きなせない状態でしたが、最近ではどの個体も上手に囀るようになりました。この数年私が自然観察をしているフィールドの中ではホオジロの個体数が増えてきているので、今年も繁殖期を迎え多くの番が雛を孵すことを期待しています。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/01 02:55
弥生尽の海辺
弥生尽の海辺 今日は2年前の春に亡くなった叔父の三回忌の法要が催されたため、朝からお参りに出かけました。午後4時近くになって帰宅すると、着替えをしてすぐに留守番をさせられ退屈をしていたララとハンナを散歩に連れ出し、この頃足が遠のいていた海辺へ向かいました。西に傾いた春の日がやわらかい光を投げかける海辺は、穏やかに波が寄せて、シャツ1枚でも寒さを感じない暖かさでした。さすがに3月も終わろうとする頃になると、冬の寒さはすっかり影を潜めます。そんな暖かさに包まれた砂浜では、ララやハンナが遊ぶ足元でもうハマヒルガ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/31 23:55
残念!
残念! 満開になったサクラの枝で、シジュウカラの姿をよく見かけるようになりました。シジュウカラは花の蜜を吸う訳ではないので、暖かくなって枝や幹で動き出した虫を捕っているのでしょう。賑やかな囀りを聴かせるとともに、かわいらしい姿を重なった花の間のそこここで見せています。昨日もよく晴れた空を背景に爛漫と咲く花を見ていると、1羽のシジュウカラが近くの枝にやってきて明るい声で囀りながら枝を渡り歩いていました。よい構図だったのでサクラの花と一緒に撮影しようとしたところ、残念なことにレンズを向けたとたんに枝を離... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/30 14:33
黄色の嘴
黄色の嘴 満開になったソメイヨシノの枝に数羽のヒヨドリがやってきて、手当たり次第に目の前にある花に嘴を差し込み蜜を吸っていました。近くではカワラヒワやシジュカラの声もしきりに聞こえていましたが、ヒヨドリが大きな羽音を立て鋭い声で鳴いている間は遠慮しているのか近寄ってきません。枝の間を花びらを散らしながら縦横無尽に飛び回るヒヨドリにレンズを向けその動きを追っていると、満開になった花の中に埋まるようにして蜜を吸っていた1羽が顔を出してこちらを見下ろしてきました。よく見ると、嘴は目先近くまでサクラの花粉にま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/29 19:44
満開のシダレザクラを背景にして
満開のシダレザクラを背景にして 公園のソメイヨシノが満開になりましたが、植栽してある本数は少ないながら華やかさではソメイヨシノに負けていないシダレザクラも満開になりました。枝ではシジュウカラ、ヒヨドリ、ホオジロなどが絶え間なく囀りを響かせ、根元ではタンポポが黄色の花をたくさん咲かせて、その周囲にはまさに春爛漫といった雰囲気が満ち溢れています。横を通る人たちもピンクの花の華やかさや春風に揺れる細い枝の繊細さに目を留め、ほとんどの人たちがこの木の前で写真を撮っています。私もララとハンナを座らせて、たくさんの小ぶりの花をつけ地上... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/29 12:55
爛春
爛春 今日はいつもと違ってお昼前に公園を散歩すると、汗ばむほどの気温と強い日差しに、歩き出して50mも歩かないうちからハンナは長い舌を出してしまいました。そこで広い遊歩道を歩くことはやめて、木陰が多い脇道や雑木林の中ばかりを歩くことにしましたが、それでも弾むように飛び跳ねて前を行くララとは違って暑くてたまらないといった様子で、途中2度ほど休憩しながら公園内を一回りしてきました。今日の気温は23℃を上回ったので、18℃あたりから暑がりはじめるハンナにとっては、この気温の中を日差しを浴びて歩くことは暑... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/28 16:33
シジュウカラの囀り
シジュウカラの囀り 野鳥たちの囀りが、雑木林のあちこちからよく響いてくるようになりました。昨日も公園の雑木林から池にかけて散歩していると、ヤマガラやシジュウカラが囀る明るい声がしきりに木々の間から聞こえてきました。姿を探して見ると、梢や葉陰で体全体を使って力いっぱい鳴いています。私たちはよい声を聴いて楽しんでいますが、野鳥たちは繁殖期の真っ只中に入り、雌を求めたり縄張りを守ったりと一年でも一番大変な時期になってきました。写真は、池の近くでケヤキやモミジの梢、その下に茂る潅木の枝などを飛び回りながら、絶え間なく囀... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/28 01:11
満開間近
満開間近 公園のソメイヨシノが見ごろになってきました。膨らんできていた蕾が、連日のよいお天気で一気に開いてきました。都内のサクラは例年より10日も早く開花して、2日ほど前にはもう満開になったとの報道がありましたが、この辺りのサクラも例年より1週間は早い満開を迎えそうで、この暖かさが続けば週末には見ごろを過ぎて散り始めそうな勢いです。ただ、昨日今日と園内を散歩すると、人出は多くなってはきたものの、平日のためかまだ人ごみができるほどではなく、ところどころで子供連れやお年寄りのグループが花見を楽しんでいる姿... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/27 17:33
ベニシダレザクラも開花した!
ベニシダレザクラも開花した! 一昨日は近くを歩かなかったので気がつきませんでしたが、ソメイヨシノの開花が始まった公園では、ベニシダレザクラも開花していました。咲き具合を見ると、開花はソメイヨシノより一日二日早かったようです。ベニシダレザクラは、花の大きさはソメイヨシノより小さくても、濃いめのピンクの花の色と枝を覆うように密集して咲いた様子は遠目からもよく目立ちます。例年たくさんの花をつけた枝を春風に揺らし、遊歩道を散策する人たちの目を楽しませてくれるサクラなので、今年も満開近くになると公園の中を華やかに飾ることでしょう。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/03/25 01:00
ムスカリの花
ムスカリの花 春の野草で覆われてきた土手にムスカリの花がひと固まり咲いていました。花壇や花畑などは近くにないので誰かが植えたわけではなく、どこかから運ばれてきた球根が増えたものでしょうが、オオイヌノフグリやホトケノザなど野草の花が咲き広がる中でよく目立ち、春の野にアクセントを添えていました。近寄って見ると、野遊びをした子供が摘んだのか、タンポポの花やツクシ、ナズナなどとともにたくさんのムスカリの青い花も石の上に並べてありました。昔の子供とは違い最近の子供たちが野山で草花遊びをしている様子を見ることはほとん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/24 18:11
いいお天気だ!
いいお天気だ! 昨日は、気温は先日来の暖かさからすると低めながら明るい日差しが降り注ぎ、風が当たらない日向では気持ちのよい春の暖かさを満喫できるよいお天気でした。公園の散歩に連れ出したララとハンナも、そんな春らしくなった日差しを浴びて軽快な脚運びで遊歩道を歩き、梅林の中の草地で遊ばせてやるとララは萌え出た春の草の中を楽しそうに駆け回り、ハンナは心地よさげな様子で草の上を転げ回って体中に枯草をつけていました。サクラの開花をみる時期になって梅林のウメもすっかり花期を終え、この写真を撮った一角に咲く遅咲きの紅梅数... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/24 10:55
咲いた!
咲いた! 公園のソメイヨシノが開花を始めました。今日公園を訪れると、昨日の記事に明日にでも咲きそうだと書いたソメイヨシノの木の枝のところどころで、いくつかの花が咲いていました。まだ公園全体のソメイヨシノが開花したわけではありませんが、日当たりがよく冷たい風が当たらない遊歩道の脇に立ち並ぶ木では、いくつかの木でちらほらと花が見られます。いよいよサクラの季節がやってきました。公園内では、まだ遅咲きのウメが濃いピンク色の花をつけていて、モモやアンズの花も咲いているので、この一週間ほどは山の春のように一度に何... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/23 22:33
今朝もキジバトがやってきた
今朝もキジバトがやってきた 朝日が差し始めた庭にキジバトがやってきました。最近よく窓のすぐ近くの枝にやってきて、のどかな声で鳴いています。番とみられる2羽でやってくることが多いので、巣作りをして雛を孵してくれないかと常々思っているのですが、まだ一度も我が家の庭木で巣作りをしてくれません。お隣の庭に植えられたシラカシの木では、毎年ヒヨドリやキジバトが営巣しているのに、すぐ近くにあるわが家の木では一度も巣作りをしないのはどういう訳だろうと考えてみると、どうも巣作りに適当な枝が窓に近すぎることが原因のようです。今朝も2羽のキ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/23 19:11
カワラヒワの囀り
カワラヒワの囀り 近くからカワラヒワの囀りが聞こえてきました。周囲を見回してみたところ、花期を終えてほとんどの花を落としたウメの枝で、1羽のカワラヒワが夕日を浴びてよい声で鳴いていました。一昨日から寒さがぶり返してきましたが、それでも日差しはすっかり春らしくなり、フィールドの中ではヒバリ、ホオジロ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラなどの囀りが聞こえてくるようになりました。先日は例年より早くツバメの姿を確認しましたが、そろそろほかの夏鳥たちも姿を見せて囀りを聞かせてくれるでしょう。繁殖期を迎えて、野鳥たちが野山... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/23 02:55
オシドリはまだいました!
オシドリはまだいました! 公園の池のミコアイサをはじめマガモやホシハジロなど多くのカモたちの姿が見えなくなったので、公園から少し離れたところにある池にやってきていたオシドリたちも姿を消しただろうと思いつつその池に立ち寄ってみたところ、水面に張り出した木の陰でまだ13羽のオシドリが群れていました。そこで急いで車からカメラを持ち出し、今シーズンはこれが最後になるだろうと思いながら撮影してきました。昨年は確認できませんでしたが、一昨年は7羽、今シーズンは13羽と増えているので、来シーズンも飛来を期待できそうです。昨年確認で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/23 01:00
雨がやんで
雨がやんで 降り続いた雨があがった今日は、ララやハンナが待ちに待った散歩へ行くことができました。風が強く気温が低めで、車を降りたときには上着なしでは少々寒さを感じましたが、張り切って歩く2匹と一緒に足を進めているとすぐに体が温まってきました。遊歩道を歩くと、数日訪れなかった間に立ち並ぶソメイヨシノの蕾が大きく膨らんで明日にでもたくさんの花が開きそうな様子を見せ、2月から春の到来を告げて公園の中を紅白の花で彩っていたウメの花は遅咲きのもの以外はほとんどが散り果てて、園内を彩る主役が交代しようとしていました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/22 18:55
モンキチョウ
モンキチョウ 春風が野面を吹き渡るようになり、フィールドの中では萌え出た草の間を飛び回るチョウの姿が見られるようになってきました。3月に入ってチラホラと目に留まるようになったモンシロチョウ、キチョウ、モンキチョウが、この頃では咲きそろいだした春の野草の花の蜜を求めて、ミツバチやアブに交じってあちこちで飛び交っています。今日はまたあいにくの雨の一日となりそうなので、モンシロチョウたちも葉陰に隠れて雨をしのいでいることでしょうが、晴れてくれば日毎にその数も増し、今はまだほとんど見られないシジミチョウの仲間やハ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/21 12:11
夕風に吹かれて
  昨日の散歩中に公園の展望台のベンチに座り、山の向こうへ落ちていく夕日を送っていると、開けた視界の中をカラスやムクドリの群れが鳴きながら飛んでいきました。写真は、その群れを目で追うララとハンナです。つい先ごろまでは、この展望台に立つと、冷たい北西風が強く吹きつけるため、思わずコートのボタンをかけたり襟を立て早々に下りてきたものですが、最近では散歩の後半にここへやってくると、運動をしてあたたまった体に吹く風が心地よく感じられるようになりました。昨日も汗ばむほど運動したあと展望台へ行ったところ、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/19 03:33
夕方の散歩
日曜日の今日は、久し振りに買い物に出かけたためララとハンナの散歩の時間が遅くなり、午後5時近くになって家を出発しました。それでも真冬の頃とは違いまだ明るいので、車でいつもの公園まで行き、梅林の中を歩いてきました。梅林では、たくさん咲いていたウメも多くは散ってしまい、遅咲きのウメが満開の時期を過ぎようとしています。そんな梅林の中で、夕方人が少なくなったことを幸いにリードを外して自由に歩かせてやると、2匹は起伏のある土地にたくさんのウメが植えられた中を楽しそうに駆け回り、ときどき写真のように並ん... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/18 22:11
蕾が膨らみ色づいた!
東京ではソメイヨシノの開花が認められたそうですが、この近辺ではまだ開花したとの情報は入ってきません。ただ、昨日のお昼ころ窓の外を見ていると、家の前のシダレザクラの枝にいろいろな野鳥たちが訪れていたので写真を撮って画像を見てみたところ、枝のあちこちについた蕾が膨らみ、赤味が増してきていることに気づきました。例年ソメイヨシノより少し早めに咲く木なので、暖かい日が続けばあと数日で開花を始めるものも出てくるかもしれません。いよいよ春爛漫の季節がやってきます。そういえば、昨日の午後には例年より10日ほ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/18 00:33
カンムリカイツブリとヒドリガモ
コートなしでも散策できるようになった海辺に、まだヒドリガモが群れていました。ただ、真冬の頃と比べると数は半分以下になりました。今シーズンもたくさん飛来してたくさん写真を撮らせてくれたヒドリガモたちですが、暖かくなって北へ向かう季節になってきたので、そろそろ見納めになるだろうと思いながら見ていると、すぐ近くにカンムリカイツブリが浮かび上がりました。望遠レンズに捉えてみると、最近夏羽に変わった個体が多く見られるようになったのに、この個体はまだ換羽が始まっていなくて冬羽のままでした。カンムリカイツ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/17 15:33
サンシュユの花
雑木林と竹林に囲まれ林の中にポッカリと穴があいたように広がる空き地で、サンシュユの花が満開になっていました。明るい日差しを浴びて、目の覚めるような黄色の花が春が来たことを告げています。サンシュユの花はマンサクの花とともに早春に咲く花木の中では好きな花の一つです。早春には春がやってくることを知らせる花を咲かせ、夏は形のよい葉を茂らせ、秋には真っ赤な実をつけて、そのあとはすっかり落として枝ぶりを見せてくれるので、一年中楽しめる木です。そのため、我が家の庭にも一株植えたい木ですが、残念ながらこの木... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/17 11:33
ヒサカキの花
雑木林の中であちこちに茂みを作っているヒサカキの枝に、たくさんの花が咲いていました。花径わずか数oで近くまで寄らないと気づかないくらい小さな花ですが、よく見るとなかなかかわいらしい形をした花です。ただ、この花が放つ香りは、この花に集まる虫たちにとってはよい香りなのかもしれませんが、いつ嗅いでも感心しません。どちらかといえば私の感覚からすれば悪臭の部類に入るので、花の咲く季節にこの木が集まっているところは敬遠して歩いています。しかし、花の後にできる実は真っ黒に熟すと野鳥たちが冬越しをするための... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/16 18:44
雨だ!
昨夜零時を回ってから降り出した雨が、朝になっても降り続いています。初夏のような暖かさのよいお天気が続いていましたが、それもひと段落して乾燥していた空気に適度に湿度を与える雨になりました。予報では、最高気温も昨日までと比べると10℃近く低いようです。お昼を過ぎた今も小降りにはなりましたがまだ雨は降り続いて、外からは雨音が聞こえてきます。午後からは雨は上がるという予報が出ていますが、まだやむ気配は見えません。写真は、雨の中を来宅した妹の車が水しぶきの音を残して帰っていくのを窓から見送ったあと、外... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/16 12:44
楽しかったけれど、暑かった!
昨日もよいお天気になって日中の気温は23℃まで上がり、暖かさを通り越して少し動くと暑さを感じ汗ばんできたほどで、日暮れまでシャツ1枚で腕まくりをして過ごしました。23℃まで上がると、ララとハンナ、ことにハンナにとっては快適さよりも暑さを感じる気温で、散歩を始めるとすぐに長い舌を出し、それが帰りの車の中で温度を下げたエアコンの風に当たって落ち着くまで出たままでした。お彼岸を回る頃まではまだ何度も冷え込む日がやってくるでしょうが、これからは徐々にララやハンナにとっては嬉しくない暑くて過ごしにくい... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/16 01:55
アオジの雌
昨年の秋にたくさんなったカラスウリの実が残る茂みの中で、複数のアオジの鳴く声が聞こえました。近くで駆け回っていたララとハンナを呼んで脇に座らせ静かに待っていると、アオジの雌が1羽姿を現しました。3月も半ばになり、そろそろアオジも姿が見られなくなる頃です。今シーズンは、この茂みの周辺でよくアオジと出会うことができたので、来シーズンもまたここへやってきてくれることを期待しながらシャッターを切ってきました。できれば、少し離れたところで花を咲かせているウメの枝にとまってほしかったのですが、そう都合よ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/15 16:33
アブラナの花
アブラナが、鮮やかな黄色の花を春の日に輝かせていました。最近では、子供の頃のように身近でアブラナの花が一面に広がる光景を見ることがなくなりました。文部省唱歌の朧月夜にうたわれるような菜の花畑は、日本の原風景として残しておきたい景色の一つですが、昨今の社会事情や経済事情では観光用としてしか残すことは難しいのでしょう。それでも、ときおり公園の花壇や住宅街の中の空き地を使った畑などで咲いている姿を目にすることがあります。そんなときには、幼い頃に祖父や祖母に手を引かれて観梅にいく道すがら、目の前に広... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/15 01:11
暖かい日です!
朝からよく晴れて、明るい日差しが降り注ぐよいお天気になりました。気温もお昼過ぎには23℃ほどになり、日向を歩くと上着はおろかセーターもいらない暖かさになりました。そんなお天気の下で里山の小道を散歩をしているとすぐに汗ばんできたので、シャツ1枚になって腕もまくってララとハンナに声を掛けながら歩いていたところ、ウメの木が固まって植えられた辺りで十数羽のメジロの群れが盛んに囀りながらウメの枝を軽快に飛び移り、花の蜜を吸っていました。寒い冬のうちから開花を待っていたウメの花も、最近の暖かさで一気に満... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/14 18:33
若草踏んで
フィールドでは、いたるところで春の草が芽吹いてきました。冬の間は枯れ草色の単色の世界だったところが、やわらかい色合いの緑で一面に覆われました。その間では色とりどりの春の花が見られます。よく散歩に訪れる里山の中に広がる草はらでも何種類もの草が芽を出し、日毎に丈を伸ばしています。草はらの近くでは紅梅が咲き誇り、その下ではホトケノザの濃いピンクの花が絨毯のように広がって、明るい日差しの中で草はら周辺を歩くと、紅萌ゆる岡の花早緑匂う岸の色、と歌われた世界が彷彿とし、つい歌詞を口ずさんでしまいます。そ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/14 02:55
目の前をカシラダカが横切った!
先日撮影できたオシドリの様子を見るため池の近くへ車をとめて下りると、突然羽音とともに目の前を野鳥が横切り雑木林の中に飛び込んでいきました。この雑木林は滅多に人がやってこないため野鳥の種類が豊富なので、何が飛んできたのか期待しつつ探してみたところ、今シーズンは出会うことが少なく昨秋以来4か月ぶりに見るカシラダカでした。よく見てみると番なのか2羽のカシラダカが芽吹き始めた枝の間を飛び交っていたので、後を追うようにしてついて行きたくさんの写真を撮ることができました。そろそろ春になってカシラダカも北... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/13 22:00
ヤマガラも囀りだした!
公園の中でララとハンナを遊ばせながら、ウメの花や地上に顔を出してきた野草を撮影していると、頭上を覆うクスの高い枝からヤマガラの囀りが聞こえてきました。葉に覆われた枝の間を探してみたところ、辺りを見回しながら大きな口を開けて囀っている写真のヤマガラが見つかりました。昨日は家でカワラヒワの囀りを聞いたばかりでしたが、今日はヤマガラの囀りを聞くことができました。注意をして聞いていると、遠くからもヤマガラやメジロの囀る声が聞こえてきます。先週までは雑木林の中に入っても野鳥たちの囀りは聞くことができず... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/13 19:33
カワラヒワの囀り
家の前にあるシダレザクラの混みあった枝の中で動く野鳥がいました。毎日メジロが来て賑やかに騒いでいる木なので、今日もメジロがやってきたのだろうとレンズを向けてみると、家の周りでは久し振りに見るカワラヒワでした。暖かくなってきたので、そろそろカワラヒワも繁殖期に入り特徴のあるコロコロと鈴を転がすような声で囀り出すす頃だと考えていたところ、数羽でやってきていたうちの1羽がタイミングよく囀りを始めました。今年初めて聞くカワラヒワの囀りです。ただ、まだ上手く声が出ないのか、短時間で終わってしまいました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/13 13:44
ウメの香
街の中のいたるところで、ウメの花がきれいな花を見せよい香りを漂わせています。この街は大きな梅林もあり、街路や公園それに家庭の庭にもよくウメが植えられているので、この季節には行く先々でウメの花や清々しい香りを楽しむことができます。写真も先日散歩に訪れた公園の中の四阿で撮ったものですが、周囲には本数はそれほど多くはないものの、紅梅を中心にして数種類のウメが今を盛りと咲き競っていました。ララとハンナもウメの香を嗅いでいるのか、鼻を掲げてウメの木の間を歩いていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/09 23:55
姿が消えた!
公園の池に飛来していたミコアイサの姿を見る機会が、3月に入ってから減りました。この数日は一度も確認できていません。園内では梅まつりが開催されているため人出が多く、騒々しい人の声やら音楽を嫌っていくつもあるほかの入江に退避していて姿を見せないのか、それともこの池を離れてしまったのか、気になるところです。2月下旬から群れが散らばり始めたため、番を作りだしてそろそろ北へ帰る日も近いかもしれないと感じていましたが、昨年に続いて今シーズンも岸近くへやってきてはくれず満足のいく写真が撮影できていないので... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/09 12:55
また雨だ
天気予報どおりに、今日は朝から雨が降り出しました。ペットたち、ことにララとハンナはまた散歩に出ることができないつまらない一日です。朝からペット4匹は、写真のようにリビングルームに集まりつまらなさそうな様子をして、マリーや小次郎は居眠りをしたり窓をつたう雨や雨粒に叩かれて揺れる木の葉を眺め、ララやハンナは私の後をついて回ったり毛繕いをしたりと、それぞれが思い思いの方法で暇を潰していました。今も外では強い風が吹き、雨も断続的に強まったり弱まったりを繰り返してやむ気配を見せません。気象庁のレーダー... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/08 20:33
ヒドリガモが飛んだ!
どんよりと曇った空の下でゆったりと穏やかに波打つ海面の上を飛ぶ、ヒドリガモの雌です。雄と比べると地味な色合いですが、翼を広げると雨覆羽の模様はなかなかきれいです。ララとハンナを遊ばせていると、目の前を横切るように飛んだので、反射的にレンズを向けてシャッターを切りました。この水域では、昨シーズンはヒドリガモが200羽以上飛来したことに加えて、スズガモもほぼ同数姿を見せ大変賑やかでしたが、今シーズンはスズガモは数えるほどの飛来数しかなく寂しい状態でした。暖かさを感じられるようになり、そろそろカモ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/08 12:11
満開
ウメの花が満開になりました。先週末あたりからの暖かさを受けて、それまで昨年より遅れ気味だった開花が一度に進み、どこのウメも白やピンクの花で枝を飾り馥郁とした香りを辺りに漂わせています。近くにある梅林やウメの名所は、どこも観梅の客で賑わっているようです。写真は、そんな賑わいを避けてララとハンナを散歩させるために訪れた公園の入り口で咲いていたシダレウメです。薄曇りの空の下で、本数は少ないもののどの木も満開となり、艶やかな姿を見せていました。明日はお天気が崩れてくるとの天気予報が出ているので、咲い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/07 18:00
今年も来ていた!
家から車で10分ほどの所にある池にオシドリが来ていました。いつもの公園へ散歩に行くと、梅まつりにやってきた車で満車となり駐車することができなかったので、近くにある別の公園を歩いた後、一昨年オシドリがやってきた池へ立ち寄ってみました。人の姿を見ることはほとんどない池の周囲に広がる林の中で野鳥を探すつもりだったのですが、何気なく池を見ると、岸から水面を覆うようにかぶさったコナラやスダジイが作る暗い陰で水鳥が動きました。しばらく注視していたところ、なんと昨年は見ることができなかったオシドリが水面を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/07 16:44
木陰へ行こう
風は前日までとは違い冷たさを感じる北西風が吹いてはいましたが、気温は車の温度計で17℃ほどになり、今日も散歩で日向を歩くと上着を脱いでも汗ばむほどの暖かさでした。ララとハンナは昨日の雨で一日散歩ができなかったので、今日は張り切って歩くかと考え里山の中を通るアップダウンのある道を速足で歩かせたところ、すぐに暑がって歩みが遅くなりました。運動して火照ってきた体に冷たい風は気持ちよかったのですが、日差しは真冬のころと比べると強くなってきています。ララやハンナたちにとっては、日差しの中で運動するには... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/06 21:55
雨の一日
昨日の上天気とは打って変わって、今日は未明から強い雨が降り、明け方には外から聞こえてくる雨音で目が覚めました。それがお昼頃には少し小降りになったのでこれでやんでいくかと思っていたところ、すぐにまた強く降り始め、つい先ほども短時間ながら夕方の空が真っ暗になって、バケツをひっくり返したような雨が降りました。この分では、今日は夜になっても雨はやみそうにありません。家の中にいるペットたちも、そんな強い雨の音が窓ガラスや庭木を叩くたびに首を上げて外の様子を気にし、辺りを見回していました。写真は、玄関先... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/05 18:55
暑かった!
スズメノエンドウがやわらかい芽を出し、ホトケノザやハコベが咲く草地で腰を下ろして一休みするララとハンナです。昨日の暖かさの中でフィールドの中を散歩していると、上着を脱いで歩いていた私でも汗ばむほどだったので、ララとハンナにはなおのこと暑く感じたようです。いつものようにあちこちを歩き回ると、2匹は揃って長い舌を出し、ときどき写真のように暑そうな様子で腰を下ろしたり伏せて休んでいました。これだけ暑がるのは今年初めてのことです。散歩の後半では、林の中や木陰の中で日差しを避けて風に吹かれた方が快適に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/05 06:11
ウメとジョウビタキ
開花を始めたウメの木に、ジョウビタキの雄がやってきました。ウメの木が固まって植えてある横を歩いていると、近くで盛んにジョウビタキの鳴く声が聞こえていたので、たくさん咲いた白梅の枝にやってこないかと足を止めて待っていたところ、姿を見せるには見せたものの、なかなか思うようなところへはとまってくれず、開花が遅れている紅梅の枝ばかりを飛び移っていました。暖かくなって、そろそろ冬鳥たちは北へ去っていく季節が近づいています。ジョウビタキもあとひと月もすればこのあたりではほとんど見られなくなります。せいぜ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/05 05:55
ツクシ
急に暖かさが増した昨日は、フィールドの中ではたくさんの野の花が一斉に咲きだしました。オオイヌノフグリの青、ホトケノザやヒメオドリコソウのピンク、タネツケバナやハコベの白など、冬の間セピア色で覆われていた地面を彩り始めたそんな野草たちの一つ一つを楽しみながら歩いていると、枯れ草の積み重なった間からツクシが頭をもたげていました。昨年の春にも一面にツクシが生えた草地だったので、枯れ草を取り除けながら探してみるといたるところで小さなツクシの頭が見つかりました。昨日の暖かさで、ツクシも目覚めたようです... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/05 01:44
春だ〜!
お昼過ぎの気温が20℃近くまで上がり、暖かい日になりました。この暖かさに、散歩へ出るとあちこちでウメの花が一斉に開花し、2日ほど前にはまだ3分咲きから5分咲きだったものが満開近くまで開花を進めました。足元では、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、タネツケバナ、ヒメオドリコソウなど春の野草が地面を覆うように咲きだしました。ララもハンナも、芽吹いてきたやわらかい草の中を嬉しそうに飛び跳ねていましたが、日差しが当たるところではすぐに長い舌が出ていました。季節は一気に春です。ただ天気予報によれば、6日あた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/04 22:44
ノスリを見て
春らしい明るさを見せてきた空を、ノスリが飛びました。近くの喬木の梢にとまっていたらしく、私が近づく気配に驚いて頭上をかすめるように飛び出していき、その後上空を旋回し始めました。この数年フィールドの中ではノスリを見る頻度が増加し、ときには3羽から4羽を一度に見ることもあり、冬の間は一番よく目にする猛禽になっています。次いでミサゴ、オオタカ、ハイタカの順に見ることができますが、撮影したいと思っているチュウヒは、残念ながらフィールド内に広いアシ原や草原がないためか、希に上空を通過していく姿しか確認... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/04 11:44
ムクドリの撮影
今日の海岸の散歩では、あちこちでアサリ取りや散歩をする人が動いていたため見ることができた野鳥の種類もわずかで、ヒドリガモの群れとハクセキレイくらいしか撮影できる距離にはいませんでした。ただ、帰りがけに磯に打ち上げられたアオサの中から餌を拾っているのか、ムクドリの一群が飛び回っていたので撮影してみました。ムクドリは、いつでもどこでも大量に見ることできる野鳥なので撮影意欲は湧かない対象ですが、それでもよく見ると顔の模様には個体差があり、季節によっては群れの中にコムクドリが交じっていることもあるの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/03 22:33
暖かく穏やかな日です
2日に渡って吹いていた強い風も止んで、今日は朝から暖かい日になりました。北に向いて午前中の日差しが入らない部屋でも、暖房は必要がないほどです。まして朝から日差しが入るリビングルームや和室などでは、日溜まりにいるとセーターを脱ぎたくなる暖かさです。そんな気持ちのよい日溜まりでは、ペットたちが思い思いに場所を選んで横になったり丸くなり、うたた寝を楽しんでいます。暑さが苦手で寒さにはいたって強いハンナも、朝食後は写真のように日差しの中に入って横になり、気持ちよさそうにまどろんでいました。今日は一日... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/02 12:55
強風
一昨日の夜からの雨はやんだものの、一夜明けてお昼ころになっても依然残る強い風の中でバランスを取りながら枝にとまるヒヨドリです。夜通し続いた強風は、この季節にこのあたりではめずらしく暴風警報まで発令させました。昨日の早朝には解除された警報でしたが、その後も強い風は吹き続け、あちこちで電線を鳴らしたり虎落笛の音を響かせ、木々の葉を落としてようやく夜には収まってきました。おかげで、野鳥たちも雨はやんでもいつものように飛び回るわけにはいかなかったようで、昨日は家の周囲でも小鳥たちの姿が少ない一日でし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/02 02:11
春の嵐
今日から3月。いよいよ暖かい春がやってきます。ただ、厳しい寒さの中で心待ちにしていた春の到来ですが、お天気は昨夜から降り出した雨が風を伴って強まり、一晩中強い風の音が響き、窓や庭木を叩く雨音も絶え間なく聞こえていました。午前6時を回って少し風雨が収まってきたものの、まだ雨はやみそうにありません。嵐が告げた春の幕開けになりました。写真は、カーテンを開けたところ窓を打つ雨音を気にする小次郎です。強い風雨のため今朝は庭に来る野鳥の姿もなく、小次郎は退屈そうに窓を流れる雨を眺めていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/01 07:11
保護色
ヒサカキやマサキなどの潅木にアケビ、ツルウメモドキ、アオツヅラフジなどのツル植物が巻き付いた茂みから1羽の野鳥が飛び出し、傾き始めた日差しに照らされた茂みの上にとまりました。望遠レンズを向けると、辺りでしきりに鳴き声が聞こえていたアオジです。それにしても、動いたから分かりましたが、じっとしていたら遠目では周囲の草木の色彩や影に紛れてすぐに見つけることは難しい体色です。1羽ずつを近くで見ると、胸から腹へかけての黄色などは鮮やかでよく目立ちそうな色合いですが、茂みの中に入るとそれも保護色となり周... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/27 21:44
ツグミ
シダレザクラの枝が、風の息とは合わない動きをしていました。何か野鳥がいるらしいと考えて少しずつ近寄っていったところ、ムクドリとツグミが餌になる虫でも探しているのか枝の間を動いていました。どちらも身近にいる普通の野鳥ながら、地上で一緒に餌を拾っていることはよく目にしても木の枝で並んでいる光景を見ることは珍しいので撮影しておこうとしてレンズを向けたところ、私に気づいたムクドリたちは一斉に飛び立ってしまいました。しかし、ツグミはしばらくの間あたりを見回しながら枝にとどまっていたので数枚撮影してきま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/26 17:33
何をしていたのか?
いい陽気に誘われて咲き始めた野草の花を探しながら里山の中を歩いていると、進んでいく先で1羽の野鳥がサクラの枝と地面の間を何度も行き来していました。そっと近づいていき確認すると雌のモズです。何をしているのかは分かりませんでしたが、地面では何かをちぎったりつついたりし、枝に飛び上がると口を動かして食べているように見えました。飛び去るまで観察していましたが何をしているのか分からず、姿が見えなくなってからモズが降りていた地面の辺りを探しても何も見つからなかったので、結局モズの行動は不明のままでした。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/24 22:33
朝の光
春が近づき、日の出の時刻も真冬の頃より30分は早くなってきました。我が家は高台にあるので、日の出とともに部屋の中へ朝の光が差し込んできます。遮光カーテンを開けた途端に部屋中に朝日が入り、その光がガラスや家具を光らせたり床に影を作る様子はいつ見ても爽やかで気持ちのよいものです。今朝もカーテンを開けて朝日を浴びていると、ペットたちも寝ていたマットやソファーから起き上がって私の周りに集まり、部屋の中に満ちた明るい朝の光の中で思い思いに遊んでいました。写真は、朝日が入るリビングルームで、レースのカー... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/24 08:44
潮の引いた渚を駆ける
明るく柔らかな日差しに包まれて、穏やかに波が寄せる渚を楽しそうに駆けるララです。この頃の海辺は、晴れて風がないときには春がやってきたような暖かさを感じます。濡れることが嫌いなララも、潮が引いているときなどは、写真のように海水で湿った水際を気持ちよさそうに駆けています。真冬の頃と比べると水がぬるんできたのか、興味があるものを見つけると潮だまりに足を踏み入れるようにもなりました。アサリを採る人の姿もちらほら見かけるようになり、海辺で遊ぶにはよい季節が近づいています。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/23 10:33
アメリカヒドリ
波打ち際に群れて打ち上げられた海藻を食べているヒドリガモの中に、アメリカヒドリとヒドリガモのハイブリッドが1羽交じっていました。今シーズンは、大きな群れの中にアメリカヒドリのハイブリッドが交じっているのをよく確認しています。しかし、アメリカヒドリの特徴が出ている程度は個体によって様々です。その中でもこの個体は、後ろのヒドリガモと比べても分かるように、目の後ろの緑色がはっきり出て頭部の白さも目立ち、今ーズン目にした中で一番アメリカヒドリの因子が大きく出ていました。このあたりでは、純血のアメリカ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/23 01:33
春めいて
夜の気温はまだ零下になったり、吹く風も北寄りの冷たい風が吹く日が多い季節ですが、日中の日差しは明るさを増して春めいてきました。フィールドの中を歩いても、日当たりのよいところではオオイヌノフグリやホトケノザ、タネツケバナなど春に先駆けて咲き始める野草の花があちこちで見られるようになりました。写真は、そんな春の訪れが近いことが感じられるフィールドで撮影したものですが、ここではララやハンナの足元でカラスノエンドウも芽を出して、背丈は低いもののもうたくさんの若葉の茂みを作っていました。ララとハンナは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/22 22:33
暖かい日差しに誘われて
前頁のミコアイサを撮った後は芝生の上でララとハンナを遊んでやっていると、暖かい日差しに誘われたように近くの木の枝や茂みには、ジョウビタキ、ヒヨドリ、メジロ、シジュウカラ、ツグミ、シロハラ、コゲラ、キジバトと、公園の常連である野鳥たちが入れ替わり立ち代わりやって来て目を楽しませてくれました。あとひと月もすれば、気温が上がり昆虫たちが活動を始め、それとともに野鳥たちの繁殖期も始まるので、公園の中はいろいろな野鳥たちが囀る声で賑やかになります。早くそんな暖かさが訪れてほしいと思いながら、近くへやっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/22 17:11
ミコアイサが飛んできた!
池の岸近くに広がる芝生の上でララとハンナを遊ばせながら、水面に浮かぶカルガモやオオバンを見ていると、遠くからミコアイサの雄が2羽こちらへ飛んでくるのが見えました。対岸の入り組んだ入江の奥から来たようです。近くへやってくることを期待しながらファインダーに捉えて見ていたところ、やはりいつものように岸に近づくことはなく、大きく旋回して対岸にある別の入江へ向かって行きました。それでも今回はほんの一瞬ではありましたが、岸からおよそ100mほどのところを飛んだので、これまでで一番近い距離での撮影になりま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/22 02:22
ハゼの実とコゲラ
久しく洗っていなかったので、見るからに汚くみすぼらしくなった車の洗車と撥水加工をガソリンスタンドで依頼した待ち時間に、ガソリンスタンドから歩いてすぐのところにある里山を散策してきました。今頃の時期は、ときどきイカルやシメが見られるところなので期待して行ったのですが、残念ながら目にしたのはコゲラ、ツグミ、モズ、それにヒヨドリといつもみることができる野鳥だけでした。写真は、そこで撮影したハゼの実を食べるコゲラです。まだたくさん枝についているハゼの実に数羽のコゲラがやってきて、満足そうについばんで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/20 02:33
気持ちのいい午後です。
よく晴れて、気温もお昼には10度を超え暖かい日になりました。空には白い雲が断片となってゆったりと流れています。風が当たらない日向では、春が来たような日差しが燦々と降り注いで気持ちのよい午後です。日向へ出るとすぐに舌が出てくる暑がりのハンナも、適度な空気の冷たさと日差しの暖かさが気持ちいいのか雑木林の中を抜け出して、回りの木々の枝からメジロの鳴く声が絶え間なく聞こえてくる草はらで横になり、穏やかな表情で体中に日の光を浴びていました。足元では、オオイヌノフグリが満開になっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/19 14:11
群れが散らばったようです。
7羽から11羽が群れていた公園の池のミコアイサが、2月に入ってからは群れを解いたのかまとまって見られることが少なくなり、さらに先週あたりからはあちらに1羽こちらに1羽というように散らばって行動しています。今シーズンこの池にやってきた雌は2羽だけなので、番ができたとしてもふた組のはずです。残りの雄は群れていてもよさそうなものですが、どこか別の水域へ移動しているのか、目の届く範囲ではなかなかまとまった数が確認ができません。昨日も昨年の暮れからいつも群れていた水域には1羽も見られず、別の入江で写真... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/19 01:33
紅梅と一緒に
今日も公園の梅林を歩いてくると、さすがに日曜日なので人出も多く、広場では梅まつりのいろいろな催し物が開催され、賑やかな音楽も鳴り響いていました。人ごみを避けて池の周りを回って見ると、まだまだ開花した花は少なく中にはまだ蕾が固い木も数多く見受けられました。梅林全体のウメが見ごろになるには、もう少し時間がかかりそうな様子でした。開花が早かった昨年の今頃は、六分咲きから八分咲きになった木が多かったのに、今年の開花は相当遅れています。写真は、一番開花が進んでいた紅梅と一緒に撮影したララとハンナです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/18 18:55
セグロカモメとヒドリガモ
前ページのユリカモメに続いて、カモメの仲間の画像をもう1枚。暖かかった一昨日の午後、風もない穏やかな海面に浮かぶセグロカモメです。セグロカモメも、ユリカモメ同様どちらかといえばこの海岸で見ることは希な野鳥なのでレンズを向けてみました。たくさん群れているヒドリガモに交じって群れの中を漂っていましたが、さすがに大型カモメの仲間だけあって体もヒドリガモよりふた回り以上大きく堂々としています。この個体は、冬羽の特徴である頭部の褐色の斑点は消えて、真っ白な頭をしていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/18 13:33
ユリカモメが1羽
冷たい北西風が強まりうねりが大きくなってきた海上で、ユリカモメが1羽波の間に見え隠れしながら浮かんでいました。周囲をシロチドリの群れが飛び回っても何も気にする様子も見せずに、餌を獲るわけでもなく、波の揺れるままに身を任せていました。この海岸ではウミネコやカモメはよく見ますが、ユリカモメを見ることはあまりありません。それでレンズを向け、数枚撮影してきました。一昨日掲載したカンムリカイツブリやコサギは、もう夏羽に変わってきていましたが、このユリカモメの顔は真っ白で、まだ冬羽のままでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/18 01:55
急に気温が下がってきた!
午後3時過ぎに散歩へ出たときには車の車外温度計で10℃ほどを指していた気温が、1時間半ほど公園の中を歩いている間に手袋をしたくなるほど急激に下がってきました。北寄りの風も出てくるし、空が暗くなってきたと思っていると風に乗って雪まで降ってきました。この2日ほどの暖かさに気を許していたら、また寒さが襲ってきたようです。散歩を終え帰宅しようとして車に乗ると、温度計は3℃を示していました。2時間弱で6℃ほど気温が降下したことになります。風も強まってきたことだし、寒いわけです。今も外では雪がちらついて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/17 20:33
春の気配
春が来たような暖かい日差しを受けて、咲き始めた紅梅の木の間で休む散歩中のララとハンナです。まだ蕾ばかりでほとんど咲いた木がなく、一所懸命探さなければ咲いた花が見つからないような梅林の中ですが、それでも紅梅がチラホラと咲き始めた木が固まっているところがありました。その一角で一休みして2匹と一緒に草の上に寝転がると、枯れ草の中にタンポポの黄色の花やオオイヌノフグリの青い花があちこちで見つかりました。公園の雑木林の中では、寒い冬を耐えた木の芽が膨らみ始めている木々も見られます。これからまだまだ寒さ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/16 23:55
白梅が咲いた!
いつもの公園の遊歩道は梅まつりに訪れる人たちで込み合っているだろうと考え、今日の散歩も公園奥の森の中へララとハンナを連れて行くつもりで公園の前を通ると、駐車場の込み具合はそれほどでもなかったため、ウメの花の咲き具合も確かめるつもりで公園の中を歩くことにしました。梅林の中へ入ってみると、昨日今日の暖かさで開花は相当進んだろうと考えていたウメも、それまで続いたこの冬の厳しい寒さで縮み上がっていたのか開花したものはごくわずかで、ほとんどが蕾のままでした。咲き始めると辺り一面に漂うウメの花の香りもま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/16 18:55
コサギにも飾り羽
前頁の夏羽に変わったカンムリカイツブリを見た後、散歩を終えて駐車した場所に戻る途中で気が付くと、コサギが1羽磯で餌を探していました。せっかく近くにいるのだから撮影しておこうと考えて、カメラを取り出してファインダーを覗くと、このコサギももう胸や背中にレースのような飾り羽をつけ、それが海から吹いてくる風に靡いていました。この辺りでは二日ほどは暖かい日が続いているとはいっても、まだ各地から連日厳しい冬の寒さの様子や雪の便りが届いています。しかし、生き物の世界ではほんのわずかずつながら日足が伸びてき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/16 17:33
夏羽になったカンムリカイツブリ
曇ってはいたけれど、昨日も前日に続いて暖かく穏やかな日だったので、ララとハンナを海へ連れて行きました。2日前に訪れたときの身を切るように冷たい風が吹いていたのとは大変な違いで、2匹と遊んでいると汗ばんできたため、途中から来ていたダウンコートを脱いでしまいました。そんな春がやってきたような海の上や波打ち際では、たくさんのヒドリガモやマガモがのんびりと水面に浮かび餌を探していましたが、その中で1羽だけ形が違う水鳥がいたので近寄っていくと、夏羽に変わったカンムリカイツブリでした。公園の池で見る個体... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/16 12:33
いろんなニオイがする!
昨日は久しぶりに足を踏み入れた森の奥で、ララとハンナの鼻はいろいろなニオイを感じたようです。歩いていく途中のあちこちでニオイをたどるように地面に鼻をつけて慎重に足を進めたり、鼻を掲げて空気に漂うニオイを嗅ぎ、重なった落ち葉の中、クマザサや潅木の茂みなども繰り返し探索していました。その様子に、私も注意して足元を見ながら歩いていると、まだ新しいイタチやタヌキのものと思われる糞が落ちていたので、野生の小動物が前の晩あたりに活動していたようです。いつもはヒメネズミやアカネズミの巣穴を見つけると熱心に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/15 10:33
何をしてるの?
昨日はこれまでの寒さが去って、お昼過ぎには気温は10℃を超えて風もなく、春がやってきたような穏やかな日でした。そんな暖かさに梅林のウメも咲き始め平日でも人出は多かろうと考えて、公園の遊歩道を歩くことはやめて公園の奥に広がる森の中へ入ってきました。いつ来ても人と出会うことはないので、すぐにハンナのリードも外して自由に歩かせ、私はカメラを取り出して野鳥を探して午後の木漏れ日が揺れる森の中をあちこち歩きました。写真は、大きなクスの木に登って野鳥の写真を撮っている私を見つけ、何をしているの、といいた... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/15 01:33
強い風を受けて
上空を帆翔中のハイタカが強い風の中で、よくノスリがしているように、翼を羽ばたかせることなく広げた翼や尾羽に風を受け、上手にバランスを取りながら空中で停止する姿勢を繰り返していました。まるで糸のついていない凧です。このあたりでは、オオタカはたまに飛ぶことはあっても、ハイタカは見る機会が少ない野鳥なのに、先日出会って以来短い間に2度ほどこのフィールドの上を飛ぶ同一個体と見られるハイタカを確認しました。どうも今シーズンこのフィールド周辺をテリトリーにしたように思えるので、春が来て暖かくなるまでのし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/14 12:55
池の端で
池の岸に生えるハンノキやナンキンハゼに絡みついたツルウメモドキの茂みの中で、ホオジロの鳴く声がしていました。まだ暖かい春には間があるので、梢にとまってする得意の囀りの声は聞けず、木陰に入って鳴く地鳴きばかりです。その声を聞きながら遠くの池の面に浮かぶミコアイサの動きを追っていると、羽ばたきの音とともに2羽のホオジロが茂みの中から目の前に飛び出してきました。この頃この近辺では数が増えてスズメよりもよく目にするので、離れた所にいる場合にはレンズを向けることが少なくなったホオジロですが、すぐ近くに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/13 16:44
寒風の中を飛ぶシロチドリ
西からの強い寒風が吹き寄せる海は、大きなうねりを見せて渚へも大きな波が打ち寄せ、海岸は風の音と打ち寄せる波の音が轟いていました。そのため、いつも海上にたくさん群れているヒドリガモやスズガモの姿も、波打ち際あたりでよく見られるハクセキレイの姿も見られず、撮影する対象もない状態でしたが、砂浜を歩いていると数羽のシロチドリの群れと出会いました。この群れは小石に覆われた波打ち際で餌を拾い、何かに驚くと一斉に飛び立って海上を一周りし、しばらくするとまた波打ち際に戻る行動を繰り返していました。写真は、肌... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/13 04:44
まだまだ遠い!
公園の池に浮かぶミコアイサが、少しだけながら岸に近寄ってくるようになりました。それと時を同じくするように、今まで固まって動いていた群れが1羽2羽と分かれて、池のあちこちに浮かんでいることが多くなりました。ただそうはいっても、水際からまだ200m近く離れていて撮影に適した距離へはやってきません。ミコアイサがいることを知って池を訪れるバードウオッチャーが増えてきて、600o以上の大きな望遠レンズを三脚に装着した人も時折見かけるようになりましたが、話してみるとやはりまだ距離があり過ぎてよい写真は撮... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/10 22:55
寒風の中を飛ぶ
今日もフィールドの上空をノスリが舞いました。先日ハイタカが飛んだフィールドへ、柳の下の泥鰌を狙おうと3日続けて散歩に出かけました。ところが、滅多に出会うことのないハイタカなので当然といえば当然のことながら、その後は出会うことがありません。しかし、上空ばかりを気にして歩いていると、このフィールドをテリトリーにしているらしいノスリの姿は毎日見られます。昨日もララとハンナを自由に遊ばせて開けた草はらで空を仰いでいると、寒風をついて2羽のノスリが冬空に大きな輪を描いていました。上空では相当強い風が吹... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/09 02:55
こんなところでコゲラに会った!
散歩中に、ノイバラ、アケビ、サルトリイバラ、フジ、キヅタ、スイカヅラなど、このあたりに生える木性蔓植物のほとんどが集まった大きな薮の横を通ると、コゲラの声がしました。耳を澄ませていると、木の幹を叩く音も聞こえてきます。アオジやウグイスなど木陰を好む野鳥はよく声を聞いたり運がいいと姿をみることができる薮ですが、コゲラの声を聞くことは少ないところなので足を止めて姿を探していたところ、ちょうど目の前の絡み合った蔓の間から1羽のコゲラが現れました。すぐにレンズを向けてシャッター切り、茂みに隠れるまで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/09 01:33
シジュウカラがやってきません。
この冬は、庭や家の近くでシジュウカラの姿を見ることがありません。例年11月から12月になるとメジロとともに数羽が毎日のようにやってきて、家の中からでも枝の間を飛び交う可愛らしい姿を見ることができるのに、寂しいことです。フィールドへ出ると、林の中ではいつもどおり出会うことできるので、このあたりのシジュウカラの数が減ったわけではなさそうです。この冬は野山に餌が多いのかもしれないと思いながら、庭へ来るメジロの群れを見るたびにその中にシジュウカラが交じっていないか注意して見ている毎日です。写真は、フ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/08 11:44
春が近づいています。
気温は日中でも5℃前後から上がらず、昨夜などは最低気温がマイナス4℃ほどと、寒い日が毎日続いていますが、野山の草は少しずつ春に向かって動き始めています。昨日もララとハンナを近くの里山の草はらで遊ばせていると、倒れて積み重なった枯れ草の間からスズメノエンドウやホトケノザ、タネツケバナなどが芽吹いて緑色が見え始め、気の早いものはもう花を咲かせていました。道端ではスイセンの黄色い花も咲き、近くのウメの枝では蕾が膨らんできました。年が明ける前には遠い遠いと思っていた春の到来も、間近に感じられる季節に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/08 00:44
ハイタカが現れた!
里山の中に広がる草はらの中でララとハンナを遊ばせていてふと空を仰ぐと、周囲の林の梢をかすめるように猛禽が飛びました。つい数分前にノスリが上空を舞っていたので、また戻って来たのだろうと考えて2匹と遊んでいましたが、もう一度上空に目をやったところ、こちらへ近づいて来る猛禽の尾羽が長く、ノスリのように丸みを帯びていません。体型から、たまにこのあたりを飛ぶオオタカがやってきたと考え、急いでカメラを取り出してファインダーに捉えると、鷹斑の様子や大きさからオオタカではなくハイタカの雌のようでした。このフ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/07 12:55
人に慣れて・・・
昨年10月に公園の池にやってきたオオバンがすっかり人に慣れ、一番人通りの多い遊歩道へも上がってきて、土手や芝生に生えている草を食べるようになりました。飛来した当初は人影が見えない入江に集まっていましたが、年が明けてからは人通りの多い岸に集まり、公園を訪れる人たちがカルガモに与えるパン屑や穀物などを一緒に食べるようになって、餌を持った人がいると集まってきます。野鳥が人から与えられる餌に慣れてしまうことには問題もありますが、観察したり撮影するには楽です。最近は毎年飛来数も安定していて10羽前後が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/06 11:33
自然の中は楽しいな!
住宅開発が進みわずかに残る里山の小道を、楽しそうに散歩するララとハンナです。私が子供の頃にはまだたくさん野山が広がり、季節ごとの自然が子供なりに楽しめたところが、この頃では開発という名のもとにあちこちで破壊され、今では住宅地や大きな道路、商業施設の密集地となって昔ながらの自然が残るところは貴重な存在になってきました。そんな自然が残っているところを探しては、野鳥や野草の観察をしながらララとハンナを歩かせています。ララやハンナも自然が残る中へ連れて行くと市街地を歩かせたときとは明らかに違って目を... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/06 01:00
ジョウビタキ
雑木林の縁を歩いていると、どこからかジョウビタキの雄が飛んできて近くのウメの枝にとまりました。今シーズンは10月から11月の初めころにかけてはジョウビタキと出会えない日が続いたので、今シーズンは渡ってきたジョウビタキの数が少ないのだろうかと思っていましたが、12月に入ってからはフィールドへ出ると雄雌ともによく姿を見るようになりました。ただ、例年家の周りでもよく見かけるのに、今シーズンは未だに家の庭に来た姿を見ることができないままです。写真のジョウビタキは人に慣れてきているのか、近い距離にいて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/04 00:55
冬のサクラ並木
公園のサクラ並木で一休みするララとハンナです。日差しは暖かそうに見えるものの通り抜けていく風は冷たく、ソメイヨシノの花芽もまだ固く芽鱗の中で眠っています。3月下旬になるとほころび始め頭上を覆うように咲くサクラの並木も、今はまだ枯れ木が立ち並んだような状態で、強い北風が梢を揺らしています。枝の間を飛びかう野鳥を観察するには花や葉がない方が見やすいのですが、やはりサクラ並木の下は春の光の中で咲き乱れるサクラの花を仰ぎながら歩きたいものです。あと2か月ほどは、冬の日が枝の間から差し込み、枯葉が風に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/03 19:55
ハンナが見つけたアオジ
散歩中に先を行くハンナが足をとめて、前方を注視しながらときどき振り返って私を見ました。近寄っていきハンナの視線の方向を見ると、ヒサカキやネズミモチ、アオキなどが茂る藪の前で太いフジの蔓にアオジがとまっていました。サラやルナなどこれまで飼ってきたイヌは野鳥を見つけるとよく知らせてくれましたが、ハンナにはまだ野鳥を見つけたときどうしたらよいかなどということは何も教えていません。ただ、私が野鳥を見つけると必ずララとハンナにとまるよう指示し、観察や撮影が終わると動くことを許可してきたので、目の前に野... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/02 16:44
皆既月食の下を飛ぶ
今夜は雨になり、東京などはまた雪が降り出して積雪が心配されるようなお天気になりましたが、昨夜はときどき流れてくる薄い雲はかかったものの晴れて皆既月食を満足いくまで見ることができました。写真は、ちょうど仕事を終えて外へ出て空を仰いだときに東の空を見ると月食が始まった月が出ていたので見ていたところ、その月の下を飛ぶ飛行機があったので一緒の画面に入れてシャッターを切ったものです。赤と緑の翼端灯とストロボライトが綺麗でしたが、写真では航跡のようになってしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/02 01:44
頭上のノスリ
里山の林の中を辿る小道を歩いていると、頭上の梢が風もないのに音を立てました。仰ぎ見ると大きなクロガネモチの梢にノスリが1羽とまり羽繕いをしていました。近くで遊んでいたララとハンナを座らせ動かないようにいいつけながらカメラを取り出してノスリをファインダーに捉えシャッターを切ろうとすると、私たちの気配に気づいたらしいノスリは梢をざわつかせ大きな羽音を立てて空中へ飛び出しました。写真はその瞬間を捉えたものです。明るい日差しがあって、送電線が写らなければ、もっとよい写真になったでしょうが、近くで観察... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/01 16:55
Super・Blue・BloodMoon
今夜はおよそ3年ぶりの皆既月食がありました。特に今回は満月が地球に最接近するスーパームーンとよばれる位置にあり、またブルームーンと呼ばれる月内に2度目の満月となり、さらに月の見かけの色が赤銅色となるためブラッドムーンと呼ばれる皆既月食が重なるということで、NASAのホームページやニュースなどでも話題になっていました。前回の皆既月食は天候が悪く見ることができなかったので今回はなんとか見たいものだと思っていたところ、仕事を終えて帰宅しようと外に出ると、空は晴れて東の空にちょうど地球の本影が掛かり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/01 00:55
ミコアイサが飛んできた!
日が傾いて雑木林の木立が影を落とし始めた池の面をかすめるように、ミコアイサの雄が飛びました。遠く離れた水面に6羽が群れているのを確認してカメラのレンズを向けていたところ、まったく予期しない方向から1羽が視界を横切るように飛んできたので急いでレンズをそちらに向けました。自動露出で撮影した場合、真っ白なミコアイサは周囲が暗いとどうしても周囲の風景に露出が合って白くとんでしまいます。そこで6羽を撮影するために露出補正をして撮影していたのですが、急に視界の中に飛び込んできた1羽もそのままの状態で撮影... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/31 21:33
ルナの歩いた道
今日は時間がなかったため、ララとハンナをいつものように公園や海には連れて行かず、昨年の秋以来足が遠のいていた家から車で数分の所にある里山の中を散歩してきました。ここは距離の短いコースながら坂道が続くので、亡くなったルナが年取ってきてからは足腰を鍛えるため毎日のように歩いた道です。ルナは体をゆするようにしてゆったりのんびりと歩いていましたが、ララとハンナはまだ若いので、できるだけ坂道を走らせてやりました。久々に歩く道では、ヒヨドリの大群やアオジ、メジロ、シジュウカラ、コゲラ、シメなどの姿が枝の... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/31 16:55
ウメ一輪
寒風が吹き抜けていく公園の池の端で、紅梅の花が一輪開きました。たくさんの紅梅白梅が植えられた公園ですが、ほかのウメの木の枝では膨らんで花弁の色を見せ始めた蕾はあちこちで見られるものの、最近の寒さに縮み上がってしまったのかまだ花は一輪も見られません。厳しい寒さの中で周囲の木に先駆けて頑張って開花したこの花も、春の日を受けて咲くウメの花のようにのびのびと花弁を開くのではなく、冷たい風の中で花弁を全開することをためらっているように見えました。まだこれから強い寒波がやってくるという予報が出ているので... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/31 01:33
最近のカンムリカイツブリ
人を警戒して岸近くへは近づくことがなかった公園の池のカンムリカイツブリが、今シーズンは以前よりずっと岸に接近してくることが多くなりました。今日も岸から投げ与えられる餌に集まるカルガモの群れの中に交じり、岸から十数m離れた所までやってきて潜水を繰り返していました。個体数も増え、2年前に初めてこの池で見たときにはシーズン中を通して1羽が確認できただけだったのに、今シーズンは視界の中に常時数羽を見ることができます。最近のカンムリカイツブリの様子を見ていると、個体数がもっと増え、それが近寄ってきて目... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/30 22:55
雪降る中でも元気です。
雪のちらつく中で昨日も公園の池のミコアイサは、元気に水面を移動したり潜水して餌を探していました。食性が植物食ではなく魚を追って捕食しなければならないからでしょうが、体は小ぶりながらマガモやホシハジロなどよりはるかに活動的です。相変わらず岸近くへは寄ってきてくれないものの、最近群れている水域が広がって、たまのことながらわずか2、30mですがこれまでより近いところへ来るようになりました。ただ、年末には11羽が群れていたのに、この頃ではいつも7羽しか確認できません。上空をよくオオタカが飛んでいるの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/29 13:33
また雪だ!寒い!
昨日は午後からまた雪が降り出しました。散歩へ出ようとするとチラホラと雪が舞いだし、公園の中を歩いている間ずっと冷たい風に乗ってたくさんの雪が落ちていました。先日のように積もるような雪ではないものの、このあたりで日中に降る雪としては珍しく湿り気の少ない粉雪です。それにしても、今年の寒中は例年と比べて気温が低く日中からよく雪が降ります。昨日もララとハンナは少しも寒さを感じない様子で元気に動き回っていましたが、私は肌を刺すような寒風の中でのんびり歩いている気分にはならなかったため、草むらや木の陰な... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/29 01:44
バイクの爆音
散歩をする公園の駐車場に大型のバイクが何台もやってきて、エンジンの爆音があたりに響きました。その音を聞いたララとハンナは気になるのか、駐車場内を行き来するバイクの動きを座り込んでじっと見ていました。その様子を見ていると、処分される寸前に間一髪で助け出されたララを引き取りに行った帰り道に、休憩した高速道路のサービスエリアで近くを走るバイクの音を聞いたときのことが思い出されました。そのときのララの怯えようは尋常ではなく、表情は恐怖と悲しみがごっちゃになった何ともいえない表情をしていました。保護さ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/28 16:11
寒さは厳しいけれど・・・
昨日も寒い日でした。前日や前々日ほどではないにしても、最高気温は5℃ほどで、それも日が傾きだした午後3時過ぎにはもう2℃ほどに下がっていました。散歩に出ても元気なのはララとハンナばかりで、私はすぐに手足が冷たくなり、ゆっくり歩いていたのでは寒くて仕方のない日が続いています。しかし、日の光には心なしか春めいた明るさを感じるようになりました。風が当たらない日溜まりではウメの花の蕾が膨らみ、木によってはもう花弁の色が見え始めたものがあちこちで見られます。散歩の途中で出会った、日差しが明るい茂みにや... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/28 01:00
アオジの声
大きなクスやタブノキが茂る林の中を歩いていたところ、どこからか短く一声ずつ鳴くアオジの声が聞こえてきました。立ちどまって耳を澄ませていると徐々に近くで聞こえるようになったため、先へ行くララとハンナに止まるようにいって辺りの潅木を見回し探していると、ほんの10メートルほど離れた土手の上の枝で鳴いているアオジを見つけました。2匹に動かないように指示して土手を上り、ヒサカキの茂みに隠れてカメラのレンズを向け撮影を始めても、アオジは私に気づかないのか飛び立つ気配は見せず、数分同じ枝にとまってしきりに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/27 01:44
雪が融けない
今週になってからの厳しい寒さは続き、今朝も日が高く昇った午前10時過ぎになっても気温は0℃と、近年にない寒さが続いています。そのため、日陰のあちこちでは降った雪が融けずに凍って残っています。昨夜また少し降ったとはいえ、雪の降ることはほとんどなく、降ってもすぐに融けてしまうことの多い温暖なこの地方では珍しいことです。慣れない雪で車の運転などは事故が心配されますが、雪が大好きなハンナにとっては嬉しいことで、雪が残っているところへ行くと嬉しそうにその上を走り回ってはしゃいでいます。ところが、ララは... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/26 11:44
強い風と雪の中で
強い北西風で波立ち大きなうねりまで起きている公園の池で、折りから舞い落ちてきた雪を受けてミコアイサが波の間に見え隠れして浮いていました。マガモやホシハジロ、オオバンなどは風を避けて入江や大きな木の陰になった水面へ移動しているのに、7羽のミコアイサは人を警戒しているのか風をまともに受ける池の中央付近から離れません。小さな体で波に揺り上げ揺り据えられても一向に気にする様子もなく、波の動くままに任せて水面を漂っていました。さすがに今日の寒さでは池の周りを歩いたり野鳥を観察する人は一人もいないので、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/26 00:00
モズと出会いました。
小雪のちらつく雑木林の中で、久しぶりにモズと出会いました。昨年の11月下旬に、畑が広がるフィールドで出会って以来になります。野山のそこら中にいてそんなに珍しい野鳥でもないのに、出会わないとなると本当に出会わないものです。多くの野鳥は冬になると群れを作るものが多くなりますが、モズは単独で生活しているうえ、秋にするような高鳴きもしないので気づきにくくなることが原因かもしれません。写真のモズは、遊歩道脇の藪の中から飛び出してきて目の前の小枝にとまり、しきりに尾羽を振りながらしばらくの間辺りを見回す... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/25 19:00
積もった、積もった!
昨日午後から降り出した雪は、降ったりやんだりを繰り返しながら午後8時すぎから本格的な降り方になりました。帰宅した午後10時を回る頃にはあたりはすっかり真っ白になり、路面は凍ってスリップしやすく、スタッドレスタイヤでなければ危険な状態になりました。雪の様子を見ているとしばらくやむ気配はなく、車の屋根や吹きだまりでは数cm、道路でも2cmほどの積雪量になったので、深夜ではありましたが雪が大好きなハンナを外に出して通行が途絶えた家の前の道路で遊ばせてやりました。一年ぶりの積雪に玄関を出たとたんハン... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/25 13:33
雪が降ってきた!
お昼から散歩に出ると、車の外気温計は午後2時過ぎだというのに2℃しか示していません。普通なら一日のうちで一番気温が上がる時間帯なのに、午前中より低い気温になっていました。公園へ着いて園内を歩き始めても、あまりの寒さのためか歩いている人影は全くなく、ダウンコートを着ていても足元から深々と寒さが伝わってきました。そこでゆっくり歩いているより走ったほうが暖かくなるだろうと考え、いつも歩くコースを駆け足で回り、いつもの三分の一ほどの時間で駆け抜けてきました。一通りの散歩を終えて弾んだ息を整えながら早... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/25 02:11
風が冷たかった!
一昨日は散歩に行こうとして玄関を出たとたんに雨が降りだしたため急遽散歩を中止してしまったので、雨があがった昨日はララとハンナは朝から散歩に行きたくてうずうずしている様子でした。そこで、いつもの散歩より早くお昼過ぎに出かけたところ、公園へ着くと気温は8℃ほどながら北からの冷たい風が強く吹き、体感気温は0℃ほどではないかと思われる寒さでした。そのため、昨日の分までたくさん歩こうと張り切って出かけたのですが、風の冷たさにその気持ちも萎えてしまい、逆にいつもより早めに散歩を切り上げて車に乗ってしまい... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/24 01:33
猛禽類がよく見られます。
よく晴れた真っ青な冬空を背景にしてノスリが飛んできました。今シーズンはどのフィールドを訪れてもよくノスリを確認できます。さらには、オオタカやハイタカ、ミサゴ、それにチョウゲンボウと、猛禽類の姿をよく見かけます。一昨日と一昨昨日も、大きく傾いた夕日の放つ弱まった光の逆光の中だったため撮影することはできませんでしたが、オオタカが頭上を飛びました。今シーズンは野山で猛禽類の餌になる小動物や小型の野鳥が増えたようです。こんな大都会の近くでたびたび猛禽類と出会えるのは嬉しいことです。一昨日は野鳥観察中... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/23 12:55
スズメの群れ
冬になって、フィールドでは野鳥の群れをよく見かけるようになりました。林の中ではカラ類やメジロなどの群れが見かけられ賑やかな声が聞こえていますが、畑や田が広がるフィールドへ出るとムクドリやスズメの群れが見られます。先日も刈り取り後放置されすっかり乾燥した堅田が広がるあたりで野鳥を探していると、200羽近いスズメの群れが田の中で落ちたイネや草の種子を拾っていました。家の近くではほとんど見かけなくなったスズメなので、撮影してみようとして近づいていったところ、その気配に感づいた数羽が飛び立ったと思っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/22 22:22
冷えてきました
天気予報どおり冷え込んできました。お昼すぎからは雨も降り出し、昨日までの春が来たような暖かさから一転して今日は手足の先がかじかむような冷たさです。温度計を見ても、昨日より最高気温が8℃ほど低く、暦どおり寒中らしい厳しい寒さがやってきました。急にやってきたこの低温はネコのマリーや小次郎にとって堪えるらしく、どちらもあまり動き回らず暖房器具のある部屋で暖かい布団やクッションに座って静かにしています。東京都内には大雪警報も出て、すでに都心で6cmの積雪だとの報道が流れていました。温暖なこの地方でも... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/22 18:33
スイセンの花
よく日のあたる公園のフジ棚の脇で、スイセンの花が咲き始めました。春はまだ先ですが、ほんの少しずつ日足が伸びだしたことを知って開花を始めたようです。寒さの中で咲き始めたスイセンの花を見ると、画家だった祖父がよく早春にスイセンの花の絵を描いていたことや、花好きだった父が庭でたくさんのスイセンを育てていた姿、それが咲き始めるとよく家族の間で話題に上ったことなど、いろいろなことが思い出されます。咲いたスイセンの花を目にして過ぎ去った昔を思い出しながらその近くで野鳥の写真を撮っていると、風にのってよい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/21 21:33
獲物の争奪戦
ミコアイサが昨年末に飛来して以来、公園を散歩するときにはまず池に浮かぶミコアイサの姿を探すようになりました。今日もララとハンナを遊ばせながら池の岸で遠くに浮かぶミコアイサの数を数えその様子を見ていたところ、水面へ浮かび上がった1羽の雄が大きな魚を咥えていました。するとそれを見たもう1羽の雄がそれを奪おうと横からしきりに嘴を出し、獲物を奪われまいと逃げる雄と水しぶきを上げながら写真のように水面の上を所狭した飛んで争奪戦を始めました。途中雌も1羽それに加わりなかなか見ごたえのある光景でしたが、結... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/21 20:11
前を行くジョウビタキ
公園のサクラ並木を歩いていると、道の脇の藪陰から雄のジョウビタキが飛び出してきました。ララとハンナが動き回っていることもあり、私たちを警戒してすぐにどこかへ飛んで行ってしまうだろうと思っていると、15mから20m先を先導するように少しずつ飛んではサクラの枝やフェンスにとまって何度も振り返り待っているような様子を見せていました。そこで、せっかく近くにいてくれるのなら撮影してみようとカメラを取り出してレンズを向けてみました。このジョウビタキは数十mの間ずっと私たちの前を道案内をするように移動して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/21 12:55
暖かい大寒
今日は大寒だというのに暖かい日になりました。午後3時を回ってからララとハンナの散歩に出かけたときも車の外部温度計は13℃を示していました。まるで春がやってきたような暖かさです。予報によれば、来週の月曜日からは大寒波が来るということですが、この数日は穏やかなよいお天気が続いています。できることなら、こんなお天気がずっと続いてほしいものです。写真は、夕日が斜めから差し込む林の中で腰を下ろして野鳥撮影している私を待つ散歩中のララとハンナですが、午後4時を過ぎ日が大きく西へ傾いても大寒らしい厳しい寒... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/20 19:44
ウミアイサが3羽
波打ち際から遠く離れた水域で、3羽の水鳥が波に浮き沈みしながらしきりに潜水を繰り返していました。距離があるうえに逆光気味だったため種類はよく分かりませんでしたが、スズガモがよく浮かんでいる水域なのでおそらくスズガモだろうと思いながら見ていたところ、角度を変えた様子を見るとスズガモにしては胴体が長いように思えました。そこでポケットから単眼鏡を取り出して焦点を合わせると視界に入ってきたのはウミアイサです。昨シーズンも数回この水域で確認しましたが、今シーズンもやってきていました。早速カメラを取り出... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/20 12:55
ミサゴが飛んだ!
昨日の雨も朝にはすっかりあがり、今日は穏やかな晴天が広がりました。風もなくよく晴れた空を見て、この分なら海も穏やかだろうと考え、ララとハンナを連れて昨年末以来行っていなかった海辺へ足を向けてみました。海辺に着いてみると、案の定目の前には穏やかな海が広がり、折からの干潮ですっかり潮が引き広い砂浜が現れていたので、何度も2匹と一緒になって波打ち際を走りよい運動ができました。そんな気持ちよく運動ができたあとで、砂浜に腰を下ろして海から吹いてくる心地よい風に吹かれてララとハンナを自由に遊ばせながら海... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/18 23:33
窓際でウグイスが撮影できました。
今日は未明から降り始めた雨が一日中やまずに振り続きそうな生憎のお天気ですが、昨日は気温も高くて風もなく穏やかな一日でした。そんな陽気に誘われたのか、家の周りでは野鳥の声がよく聞こえていたので、窓際に座り庭や道路を挟んで家の前に広がる調整池にやってくる野鳥を見ていたところ、メジロ、ツグミ、ビンズイ、ムクドリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、キジバト、ジョウビタキなどが入れ替わり立ち代わりやってきた中に交じって、めずらしくウグイスの姿も確認できました。いつもは藪陰に隠れて体全体を撮影させてくれることが少... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/17 16:33
ミコアイサがやって来た!
昨年の2月に初めて公園の池に飛来したミコアイサが今シーズンも年末に飛来し、公園を訪れるたびに真っ白な姿を見ることができます。今シーズンは現在までに11羽が確認できていますが雄が9羽と多く、雌はわずかに2羽だけです。ただ、せっかく飛来してくれたものの、いつも観察できる岸から300mほどの遥か遠くの水域に浮かんでいることが多く、望遠レンズを使用してもなかなかいい画像が得られません。昨日はたまたま何かに驚いていつもの水域を離れ100mほどの距離まで近づいてくれたので、まだまだ遠いもののレンズを向け... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/17 11:44
水面を駆ける
公園の池の人通りが多い遊歩道近くの水域で遊ぶオオバンの数が、4羽になりました。例年に比べるとまだ数は少ないものの、カルガモに交じって岸近くまでやってきて散歩をする人たちの目を楽しませています。昨日の夕方も、岸辺を歩いていると、首を前後に動かす独特の動作をしながら水面を移動していた2羽が散歩中のイヌが吠えた声に驚き、水しぶきを上げて水面を駆けるような動作を何度も見せてくれました。もちろん翼も使って体を浮かせているのですが、特徴のある大きな足は水面を離れず、まるで水面を蹴って走っているように見え... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/30 13:33
ミユビシギが1羽だけ
季節風の起こす波が打ち寄せる海辺で、波に運ばれてきた小石や貝殻が堆積した中をミユビシギが1羽歩いていました。先日シロチドリの群れと行動を共にしているところを撮影した個体のようです。飛び上がっても強い風に流され飛行が安定しないのか、すぐに降り立って砂浜を歩き回っていました。昨日はあたりにシロチドリの群れは見られず、海上にはヒドリガモやスズガモが多数見られたものの、砂浜を動いていたのはこのミユビシギが1羽だけで、撮影するには被写体が乏しく寂しい状態でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/29 23:33
ハイブリッド
肌を刺すように感じる冷たい風が吹き付ける波打ち際で、100羽ほどのヒドリガモが群れて波が運んでくるアオサなどの海藻を拾っていました。そのたくさんの群れの様子をファインダーの中で切り取り撮影していると、近くにいた雄の頭部の目の後ろに緑色の羽毛があることに気づきました。アメリカヒドリとの交雑種です。ヒドリガモとアメリカヒドリはよく交雑種を作るので、時折頭部に緑色の羽毛を持つ個体と出会え、ヒドリガモの群れと出会うと、これを見つけるのも一つの楽しみです。ただ、アメリカヒドリそのものにはなかなかお目に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/29 21:55
もう帰るの・・・
部屋の中から外を見ていると風は弱く日差しも暖かそうだったので、今日の散歩は海へ行くことにしました。ところが、ララとハンナを車から降ろそうとしてドアを開けると、海から吹いてくる風は冷たく強さも相当なもので、思わずダウンコートの前を閉じ、襟を立てました。砂浜へ下りて波打ち際を歩いていても、いつもの半分ほどの時間いただけで冷たさのため手もかじかんで耳も痛くなってきたので、海岸では30分ほど歩いただけで早々に帰ってきました。ところが、ララとハンナは冷たい風の中でも元気なもので、一日中降ったみぞれのた... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/28 20:00
冬本番
公園の池の周囲を巡る遊歩道に沿って立ち並ぶ、サクラ、ウメ、ハリエンジュ、コナラなどの木々が、冷たい木枯らしや雨に打たれてすっかり葉を落とし、見通しがよくなりました。雑木林の中でも秋の公園を華やかに飾ったモミジやカエデはもちろん、ケヤキ、エノキ、コナラなどもほぼ落葉が終わり、常緑樹が頭上を覆うところ以外は地上まで日が差し込むようになって明るくなりました。冬木立の姿になった木々の間を吹き抜けていく風も、身を切るような冷たさを感じる日が多くなり、今日などは温暖なこのあたりでも強い北西風とともに一日... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/27 23:55
近くにやって来た!
いつもは人を警戒して岸には近づかず池の中央付近の水域にいるカンムリカイツブリが、どういうわけか公園の中で一番人通りが多く賑やかな遊歩道に沿った岸近くに浮かんでいました。岸からわずか20mほどの水面です。それも水に潜って魚を追うわけではなく、ゆったりとしてときどき目をつぶり眠るような素振りも見せていました。この3年ほど毎年冬になるとこの池でカンムリカイツブリを見ていますが、こんなことは初めてです。カルガモ、マガモ、オオバンが群れて人のそばまでやってきている水域なので、近寄っても安心だと判断した... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/26 23:55
サザンカの落花
公園の駐車場近くにたくさんのサザンカが植えられた茂みがあり、そこでは垣根のサザンカと違い刈り込まれずのびのびと生長させてあるため樹高も数メートルになり幹も太くなって、その一角はサザンカの林のようになっています。この頃では、そのサザンカが濃いピンクや白の花をたくさん咲かせ、次々と花びらを地上に振りまいています。きれいに咲いた花を近くで見ようとして茂みの中へ入っていったところ、たくさんのメジロが群れになって木全体を覆うように咲く花の蜜を吸いに来ていたので、少しずつ移動していくメジロを追って観察し... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/26 19:55
シロハラが飛んできた!
公園の池の周囲には多くの自然のままの林が残っていますが、一部には護岸工事などをした後に生えてきたパイオニア植物のアカメガシワや、野鳥が種子を落としていったものが発芽したと思われるナンキンハゼ、ハンノキが岸を覆っているところがあります。そんな岸の近くを散歩していると、シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラ、ヒヨドリなどが池に張り出したナンキンハゼの木に集まり、賑やかに鳴き交わしながら白い実をついばんでいました。たくさんいるので近づいて撮影しようとしたのですが、私に気づいた1羽のシジュウカラが飛び立つと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/25 21:55
クリスマスホーリー
クリスマスに合わせて、庭のクリスマスホーリーが実を真っ赤に色づかせました。12月に入った頃から赤い色が目立ち始めていましたが、一週間ほど前から鮮やかな赤色になり、葉の濃い緑色と相まってまさにクリスマスカラーで庭を彩っています。この木は、園芸店で処分される寸前の枯れ木のような苗木を3本ほど譲り受けまとめてカシの木の下に植えたものですが、どの苗も根付いて毎年きれいな実をつけ冬の庭を飾ってくれるようになりました。それが特に今年はたくさんの実が付き、枝という枝で赤い実が見られます。ただ、これもヒヨド... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/25 15:11
コゲラのように
枝に残る葉がわずかになったコナラの梢を見上げていると、ヤマガラが1羽やってきました。何をしているのか、コゲラのようにしきりに幹を叩いて軽い音を立てています。林の中では、よく木の皮の間や割れ目にドングリやエゴノキの実を押し込んで貯食している光景を見かけますが、今回は何も持たずただ幹を叩いているだけでした。コナラの凹凸のある幹の表面に潜む虫を探していたのかもしれません。この公園内にはシジュウカラほどではないにしてもたくさんいるヤマガラですが、ここしばらく出会っていなかったので急いでカメラを取り出... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/23 23:33
大きなクリの木の下で
秋にたくさんの大きな実を落とし周囲の地面をを毬だらけにした公園の奥に聳えるクリの木が、今度はたくさんの葉を落としていました。この木は目の高さ付近の周は大人の腕で二抱えほどあり、高さも梢の先まで20mはあって、クリの木としては非常に大きな木です。その木が落とす葉なので大変な量で、辺りの地面は茶色の葉で覆われ、吹き溜まりになっているところでは分厚く重なっています。ララもハンナも足の裏にやわらかく当たる感触が気持ちいいのか枯葉を蹴立てて遊んでいましたが、ララは調子に乗り過ぎてその枯葉で足を滑らせ、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/23 21:33
草の実がついた!
フィールドの中のまだ草が刈られたり朽ちたりせずに残っている草むらでは、秋にできた実が枯れ草になった穂についているものがあります。そんな茂みへ飛び込んでいったララやハンナは、体中に草の実をつけてくるので、それを取り去ることは大変です。特に毛が細く長いララは、一度絡みついた草の実は幾重にも毛に絡まり全部を取り除くのには結構時間がかかり苦労します。先日も藪の中に入って行ったララは、たくさんのイノコズチとコセンダングサの実を顔の周りにつけて出てきました。写真はひととおり実を取り除いたあとで撮った写真... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/23 14:11
冬のヒメアカタテハ
冬の午後の日を浴びて、ヒメアカタテハが海岸を飛んでいました。コンクリートの堤防や砂浜が広がる中で、オレンジ色の翅の色が鮮やかです。この海岸周辺には幼虫の食草になるヨモギはほとんど見当たらないのに、この個体はどこからやってきたのだろうと考えながら目で追っていると、堤防の上にとまり翅を広げました。見ると翅は全く傷んでいないので、この秋に羽化した個体のようです。これから寒さが強まっていく中で、成虫で冬越しすることになるのでしょう。樹液や動物の糞尿も吸うアカタテハとは違い、花の蜜しか口にしないこのチ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/22 18:33
波をかぶっても・・・
北西の季節風が強まるようになって、北に開けた海岸には大きな波やうねりが寄せる日が多くなりました。護岸堤防には、寄せる波によって大きな飛沫が上がっています。そんな冷たい風が吹き荒ぶ海の上や海岸でも、カモやカワウたちは群れをなして元気に活動しています。先日も強い風が吹き付ける海岸で野鳥を探して歩いていると、ヒドリガモが護岸堤防の上で群れていましたが、繰り返し打ち寄せてくる波を何度もかぶりながら平気な様子で水際を歩いていました。普段から水の上にいて慣れているとはいえ、小さな体でよく波に打ちつけられ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/22 16:33
センダンの実
海辺の公園の駐車場を取り囲む林の中には、たくさんのセンダンの木があります。それが晩秋から冬には葉を落とした枝にたくさん黄色のビー玉のようなまん丸の実をたわわにつけ、遠目にもセンダンの木があることがよく分かり、地上にはその実が撒き散らされたように転がっています。この実は粒も揃っていかにも子供がおもちゃにしそうな実ですが、有毒なサポニンが含まれていてイヌなら5粒ほど口に入れれば致死量に達する可能性があります。そのためララとハンナが誤って食べると危険なので、センダンの実が落ちているところへ行かない... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/21 21:33
二つのテリトリー
公園の雑木林の中で、雄のジョウビタキがテリトリーにしていると思われる場所を2か所見つけました。先日水浴びをしているジョウビタキと出会った水場の近くと、林の奥の人がほとんど立ち入らない静かな木立の中です。どちらでも、しきりに枝の間を飛び回っている雄の姿を何度も確認できました。しっかりと林の中にいついている様子です。今年の秋はジョウビタキと出会う機会が少なく寂しい思いをしていましたが、これで冬の間は雑木林を訪れると、オレンジ色が目立つ姿をたびたび見ることができそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/21 01:55
たくさんのホシハジロ
今シーズンの公園の池には、これまでになくホシハジロがたくさんやってきています。この数年は、この池に飛来するカモの中ではマガモが一番多かったのですが、今シーズンはまだマガモの数は例年の半数ほどで、代わりにこれまではそれほど見られなかったホシハジロがマガモとほぼ同じくらいいるようです。水面に浮かぶカモの群れを見ていると、マガモの雄の頭部の緑色とホシハジロの雄の頭部の赤褐色がよく目立ちます。何か種類の違ったカモが来ていないかと群れの中を探していると、ホシハジロの雌が飛び立ちました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/20 11:55
コナラの葉の間で
公園の雑木林の中のコナラに残る黄葉の間で、シジュウカラの群れが枝から枝を飛び移り熱心に餌を探していました。シジュウカラが飛ぶたびに小さな枝やその先についた葉が揺れ、冬の日を受けて鮮やかな黄色やオレンジ色に輝きます。よく見ると、群れの中にはメジロやコゲラも交じって葉陰で動いていました。園内の木々は冬木立の姿になったものが増え、比較的落葉の遅いコナラの中にも、すっかり葉を落とし枝の間から青く澄んだ冬空をのぞかせているものも出てきました。まもなく写真のコナラも全ての葉を落として冬の眠りに入り、野鳥... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/20 01:11
オオセグロカモメ
オオセグロカモメが、真っ青に晴れ渡った冬空を舞っていました。冬になって海辺ではカモメが見られるようになりましたが、北の地方と違いこのあたりの海岸でオオセグロカモメを見ることは希です。遠目では周年見られるウミネコだろうと思って海上を飛ぶこの個体を見ていたところ、近くへやってきた姿を望遠レンズ越しに見てみるとより大型で、尾羽に黒色帯はなく真っ白で足がピンクだったこと、翼の上面が黒色で前縁部の白さが際立って見えたこと、嘴の先端下面に赤い点が確認できたことからオオセグロカモメと分かり、近くを通過して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/19 11:33
呑み込めた!
日が傾き気温が下がり始めた池で、カンムリカイツブリが捕まえた獲物を呑み込もうと四苦八苦していました。木陰が途切れ水面が見渡せるところへくると、池の中央付近にカンムリカイツブリが1羽浮いていましたが、水面を滑らかに移動しているいつもとは様子が違いました。体をくねらせたり首を水の中へ差し込んだりしてしきりに動き、水しぶきをあげたくさんの水紋を作っています。距離があったので望遠レンズを使って確認すると、体調20cmほどはありそうな魚を嘴に挟み、どうにかして呑み込もうとしているようでした。10cm前... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/18 10:33
蒼空に舞う
公園の駐車場に車をとめ散歩を始める準備をしていると、上空をノスリが飛んでいることに気づきました。早く歩きたそうにしているララとハンナを車のそばで待たせ、カメラを取り出してほぼ真上の空に向けてレンズを向けました。ノスリは餌を探しているらしく、真っ青に晴れ渡った冬空の中でゆったりと大きな輪を描いて下界を注視しながら公園の上を舞っていました。上空は相当強い北西風が吹いている様子で、その風を大きく広げた翼と尾羽に受けてまるで凧のように羽ばたきもせず1か所にとどまってあたりを見下ろしていることが何度も... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/18 02:11
たくさんの落ち葉
公園の中では、木々が落とした葉がいたるところで積もっています。遊歩道の清掃はほとんど毎日行われているようですが、広い公園なので落ち葉の季節には掃除をしたそばから散り積もって手がまわらない箇所も数多く出てきます。この写真を撮った遊歩道も、コナラやモミジの木がたくさんあり頭上を大きな枝が重なって覆っているため、毎日散り落ちる葉は大変な量になります。散歩やランニングをする人の数は多い道ですが、人が踏み散らすよりも何倍もたくさんの数の葉が落ちて積もります。私は落ち葉の上を歩くことが好きなので、晩秋か... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/17 18:33
初冬の浜辺
海辺を仲良く並んで歩くララとハンナです。昨日の午後の浜辺は風もなく、日差しが燦々と降り注ぎ、冬とは思えないような暖かい散歩日和でした。2匹はいつものように波打ち際で漂着物のチェックをしたり、砂山に上ったりして遊んでいましたが、砂浜が広がって走り易いところへ差し掛かったところで、私が走ろうか、と声をかけると、嬉しそうに駆け寄ってきて一緒に走り始め、何度も砂浜を往復しました。しかし、30分ほど駆け足をさせると飽きてきたのかどちらも座り込んだので、おやつのビスケットをを与えたあと私が野鳥の撮影を始... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/16 21:44
イソヒヨドリが舞い降りた!
これも昨日の海岸で出会ったイソヒヨドリの雄です。この頃この海岸を訪れると、おそらく同一個体だと思われるこのイソヒヨドリの姿を見る機会がよくあります。昨日もララとハンナと一緒に海岸線を歩いていたところ、前方20メートルほどのところへ舞い降りて周囲を見回していました。それを見つけたララとハンナが近寄っていこうとしたのでそれを制して座らせ、私もその横に腰を下ろしてゆっくりとイソヒヨドリを撮影しました。明るい昼下がりの日差しの中で、青色と赤褐色の体色がきれいに映えていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/16 11:55
シロチドリの群れの中のミユビシギ
昨日はよく晴れて穏やかな日だったので海岸へ散歩に行くと、波打ち際でミユビシギが1羽シロチドリの群れの近くで餌をついばんでいました。見た当初はいつもこの辺にいるイソシギだろうと思っていましたが、望遠レンズで観察していると脚は黒く、翼角が黒いことが確認できました。ミユビシギは通常このあたりでは春と秋の渡りの時期に見られる旅鳥ですが、この時期にまだこのあたりにいるということだと、この個体はここで越冬をするようです。何度も接近して撮影しようとするたびにシロチドリの群れと一緒に飛び立ち、写真のように海... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/16 11:33
ビワの花
思わずコートの襟を立ててしまうような冷たい風が吹き抜けていく中で、ビワの花が咲いていました。近づくとよい香りがします。この香りで冬も活動するアブやハエ、それにメジロなどの野鳥を呼んで受粉を手伝ってもらっているようですが、花としては花序にたくさん咲いていても色も形も目立たない地味な花です。その花は、これから寒さに耐えて冬の間咲き、初夏になると黄金色の甘い実を提供してくれます。ただ、私にとってビワの木はその実よりも幹から作る木刀に関心があります。これまで私が剣道をしてきた経験の中で使ったいろいろ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/14 19:44
冬本番
12月も中旬に入り、公園の中の木々も落葉を終えるものが多くなりました。先週までは枝についていたモミジの葉もほとんどが落ち、今は黄色や茶色に色を変えたコナラだけが最後の秋の色彩を残しています。今日はデパートで買い物をするため都心へ出ると、街路樹のイチョウも大半の葉を落とし路面が黄色の葉で覆われていました。初雪も全国各地で観測され、この冬一番の寒波がやってきているということなので、今夜は厳しい冷え込みになり冷たい風に残っている葉の多くも吹き飛ばされてしまうでしょう。いよいよ冬本番の時期に入ってき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/13 16:55
初冬の散歩道
昨日は時間がなかったので、ララとハンナの散歩は家から車で5分ほどのところに残る里山を歩いてきました。しばらく訪れなかったうちに、雑木林の木々はたくさん葉を落とし、青々と茂っていた草も枯れ、あたりはすっかり冬の景色になっていました。ここは一回りしても距離はいつもの公園を歩くより短めですが、坂が多いので運動にはなります。足腰が弱るといけないと考えて、よくルナもここに連れてきて自由に歩かせました。昨日はよく指示に従うようになってきたハンナもルナやララのように自由に歩かせてやろうとして、初めからリー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/13 01:55
ララとハンナが見つけたアオジ
先へ行くララとハンナが足をとめてじっと前方を見ていました。数m後を歩いていた私は、2匹が何か見つけたらしいと感じ足を速めながら2匹の視線の方向を見ると、遊歩道の真ん中でアオジが道に落ちたエサをついばんでいました。頭上をスダジイの枝が幾重にも覆い、今でもたくさんの実が転がっている道なので、何か餌になるものが落ちていたのでしょう。先月末ころからここを通ると、ヒサカキやヤブツバキなどが作る暗い茂みの中を飛ぶ2羽のアオジを何度も確認していましたが、込み合った枝と藪の暗さが邪魔をして撮影することができ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/12 21:33
スズメの群れ
家の構造、ことに軒や外壁の形状が昔と大きく変化し、営巣が困難な住宅が集まった新興住宅街である我が家の周辺では、スズメの姿を見ることが少なくなりましたが、フィールドへ出るとまだときどき群れているスズメを見ることができます。昨日もフィールドの中を歩いていると、30羽ほどのスズメがウメの木の枝に鈴なりになってとまっていました。ウメの木がまるでスズメのなる木のようです。旧宅で暮らした子供の頃の朝は、庭の中や窓際へ来てなくスズメの声で目が覚めたことが多かったように記憶していますが、今の家では夜明けとと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/12 12:33
ジョウビタキの水浴び
今月5日の記事で、今シーズンはジョウビタキと出会うことが少ないと記述しましたが、相変わらず出会う頻度は低く、あれからも数度姿を見ただけです。例年なら毎日姿を見て声も聞くのに、寂しいことです。ただ、3日ほど前に公園を散歩していると、木陰の暗い水場で雄のジョウビタキと出会いました。薮の中で動く影が見え隠れしていたのでそれが出てくるのを待っていると、雄のジョウビタキが木陰から飛び出し、水場に降りてきて水浴びを始めました。陰に隠れて見ていたところ、思いのほか長い時間水を飲んだり体を水に沈めたりして、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/11 22:11
ノスリの初見
初冬のよく晴れた空にノスリが飛びました。いつもは秋の早いうちに確認するノスリですが、今シーズンは出会う機会がなく、これが初撮りになります。フィールドの中で車をとめ、空を仰ぐと遠い空から真っ直ぐにこちらへ向かって来るノスリを認めました。撮影しようとカメラを構え接近してくるのを待っていたところ、私の頭上付近へ来たときに近くの林の梢からハシブトガラスが1羽モビングをするために舞い上がりました。はじめのうちはカラスを無視するように悠然と飛び続けていたノスリでしたが、執拗に攻撃を仕掛けるカラスに閉口し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/10 02:55
早く帰ろうよ・・・
昨日は雨のため散歩ができなかったララとハンナは、外へ行きたくてうずうずしていたのでしょう。今日は朝から私の顔を見ると玄関へ足を向けて、早く散歩に行こうと何度も請求していました。しかし、いろいろすることもあり2匹の要望にはすぐにこたえられず、ようやく午後3時を過ぎて公園へ出かけることができました。いつものように園内を一巡りし、途中ではたくさん走り回ると運動不足も解消して満足したらしく、1時間もすると駐車場へ向かい始めました。散歩に満足して、今度は早く家へ戻りたくなったようです。ところが、その途... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 22:33
冬のシロチドリ
暖かい陽気に誘われて訪れた昨日の海辺では、やわらかな初冬の日差しを浴びて、シロチドリの群れとイソシギが波打ち際で羽を休めていました。写真は、私やララ、ハンナの声や動きに驚いて飛び立ち、海の上を周回するシロチドリの群れです。この浜辺にいたシロチドリも数を減らし、昨日見ただけでは8羽が確認できただけでした。秋には20羽以上の群れが二つ確認できていましたが、ほとんどのシロチドリはもう暖かい南を指して飛び去ったようです。ただ、この浜辺では数は少なくなるものの冬場にも見ることができるので、現在この浜辺... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/08 23:00
ちょっと休もうか
今日は夜明け前から雨になり、お昼過ぎにはやんだものの夕方になった現在も雲が低く垂れこめていますが、昨日はよく晴れて暖かく穏やかなお天気でした。そこで、ララとハンナを久しぶりに海辺へ連れて行ったところ、潮が引いて砂浜が広がっていたこともあって、2匹は波打ち際で砂の上にたくさんの足跡を残して駆け回ったり、広い砂浜のあちこちに散らばる波が残していった貝殻や木材などのにおいを嗅ぎ回ったりしてたくさん運動ができました。私もこの頃の寒さから解放され、上着もいらず少し走ると汗ばんでくる暖かさの中で、初冬の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/08 16:44
海上のカンムリカイツブリ
近頃私がフィールドにしている水辺では、池でも海でもカンムリカイツブリを見る機会が増えました。以前はフィールドの中では滅多に見ることができず、見つけると喜んでレンズを向けたものですが、去年からは特によく見かけ、今シーズンなどは公園の大きな池へ行くと必ず確認することができます。そのため、この頃ではは目視するだけで撮影しないこともよくあります。昨日も午後の暖かさに誘われてララとハンナを乗せて10kmほど離れた海辺まで行くと、カンムリカイツブリが1羽熱心に魚を獲っていました。少し遠かったせいもありレ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/08 02:55
シロハラだった。
アラカシ、タブノキ、クスなどの大木が茂る林の中を歩いていると、枝が騒いだのでレンズを向けながら何がいるのか探してみました。何か野鳥が2羽いることは分かりましたが、暗いうえに重なった枝が邪魔をして種類まではよく分かりません。カメラのモードをストロボモードにして枝の間に影が見えた瞬間を狙って数回シャッターを切ると、野鳥は込み合った枝の奥深くへ入り込んで姿を消してしまいました。帰宅後、画像をパソコンに落として拡大してみると、3枚の画像にストロボライトに目を光らせたシロハラが写っていました。最近公園... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/07 21:33
落ち葉
いつも遊歩道はもちろん林の中もきれいに清掃されている公園の中ですが、毎日木々の葉が大量に落ちるこの季節には、落ち葉を取り去るそばから次から次へと無数の葉が舞い落ちています。昨日も午後からララとハンナを連れて散歩をしていると、雑木林を抜けて梅林へ出るあたりに立ち並ぶエノキやコナラの大木から落ちた葉が、遊歩道から路側一帯に敷き詰めたように広がっていました。その中を歩くと快い柔らかさと軽い枯葉の音が靴底から伝わってきます。ときには、落ち葉の下に隠れているドングリやエノキの実が潰れる音もします。ララ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/07 10:00
人前に出てきた!
公園の池へ11月中旬にやってきて、半島状に岸が突き出て陰になり人の気配がほとんどない入り江に浮いていたオオバンが、2日ほど前から公園の中でも一番賑やかな岸辺近くの水域に姿を見せるようになりました。ようやく人に慣れてきたようです。ただ、今シーズン私がこの池で確認できたのは現在のところ4羽ですが、人前に姿を見せるようになったのはまだ写真の1羽だけです。最近では毎年10羽前後のオオバンがこの池にやってきて、12月から1月くらいになると人にも慣れてくるのか、人通りの多い遊歩道近くまでカルガモに交じっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/06 18:33
枯葉の音
雑木林の中は落葉が進んで、いたるところで厚く落ち葉が積もるようになりました。遊歩道を歩いていると、ときどき積もった枯葉をかき回したりその上を歩く音がします。ほとんどの場合、キジバトやツグミ、シロハラが地上に降りて餌を探している音ですが、まれにイタチが枯葉を蹴散らす軽い音を立てながら逃げていく姿も見られます。ヨーロッパの森のようにリスやハリネズミが見られるともっと楽しいでしょうが、この雑木林で見られる哺乳類は3種類のノネズミとイタチ、ハクビシンくらいで種類は多くありません。それでも、野鳥の種類... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/05 21:33
やっと撮影できたジョウビタキ
今シーズンの私のフィールドでは、ジョウビタキの数が少ないようです。昨シーズンは例年になく多くのジョウビタキの個体数を見ることができましたが、この秋は10月上旬に初めて声を聞き、その数日後1羽の雌の姿を確認して以来、ときおり声は聞くものの姿は見ることができず撮影できないままになっていました。それが数日前にようやく散歩中に枝の間を飛ぶ雌を近くで見ることができ、画像にも捉えることができました。いつもならこの時期には家の周りにもよく出没するためごく簡単に撮影でき、家の中にいても頻繁に声を聞くことがで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/05 13:55
捕獲
昨日訪れた宝ヶ池で、オシドリの姿が現れるのを待つあいだ池の周囲を歩いていると、上空を2羽のトビが輪を描いて舞っていました。私が普段フィールドにしている野山ではトビは滅多に目にすることはないので、ちょうどよい機会だとレンズを向けていたところ、1羽が獲物を見つけたらしく一気に急降下して水面に足を伸ばし、水中に入れたと思った瞬間もう足には獲物を掴み、水しぶきをあげて上昇していきました。ちょうどよい機会に出会って、急降下に入ったところから魚を捕獲して上空へ去っていくまで連続撮影ができました。その中の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/04 23:55
残念、オシドリの姿はなかった!
昨日は、紅葉を映す池に浮かぶオシドリの撮影を目的で京都の宝ヶ池へ家族と一緒に出かけてきました。しかし、残念なことに1羽のオシドリも見ることができませんでした。この数年毎年冬になると宝ヶ池を訪れていますが、1羽のオシドリも見ることができなかったのは初めてのことです。やはりオシドリの姿を求めて池のあたりで大きな望遠レンズを抱えている数人の方たちにお聞きしたところ、今年はまだ4、5羽しか確認していないとのことで、昨日は朝から待っているが一度も姿を見せないということでした。2011年には30羽近い数... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/04 17:33
ハクセキレイ
どこかでハクセキレイが盛んに鳴く声が聞えたので、カメラの望遠レンズを使って声のするあたりを探してみたところ、水際で夕日に染まって鳴くハクセキレイを見つけました。よく見ると、すぐ近くにもう1羽います。この何年来、秋になるとよくハクセキレイの姿を見かけるようになりました。私が子供のころには、それほど頻繁に目にする野鳥ではなく、街の中で見かけることはほとんどありませんでした。木立の多い旧宅の庭には年間を通じて三十数種類の野鳥がやってきて、野鳥が好きだった祖父が毎日アトリエから見ていましたが、そのこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/30 17:33
秋の色
色を変え始めたコナラ、クヌギ、エノキやモミジなどが織りなす色を映す池の面に枝を張り出すようにして、ノイバラが真っ赤な実をたくさんつけていました。秋になってたくさんの実をつけた池の周りの雑木林の木々も、クリ、シイ、カシ、コナラ、クヌギ、エノキなどほとんどの木は実を落とし、今公園の中で枝に実をつけているのは、このノイバラを始め、ナンキンハゼ、ヒサカキ、カクレミノ、クスくらいになりました。その中でも真っ赤なノイバラの実と真っ白なナンキンハゼの実はよく目につきます。今日も池の周りを歩いていると、この... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/29 17:33
1個になった
今年はたくさんの実をつけた木が多かった公園のカキも、この頃になって野鳥に食べられたり落ちたりして枝に付けた実の数が少なくなってきました。中にはもう実も葉もすっかり落として、冬木立の姿になっているものもあります。よく熟れたカキの実に夕日が照り映えた色は、日本の秋を飾るよい色の一つだと常々感じ、毎年秋になると色調を落としてきた自然の中で色鮮やかに点在するこの色を楽しんでいます。その色も今年はそろそろ見納めになってきました。今日も枝に1個だけ残ったカキの実を見ていたところ、メジロが1羽やってきて、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/28 21:33
小春日和
11月も残すところあと3日と冬間近になって、今日は最近になく暖かな小春日和の一日となりました。車の外気温計も散歩に出たお昼過ぎには20℃を示し、風もなく穏やかな日差しの中を歩いていると汗ばんできました。公園の中では暖かさに誘われて色づいた木々の葉を楽しんで散歩をする人の数も多く、遊歩道を歩く若い人もお年寄りもほとんどの人が上着を脱いだ軽快な姿でした。ララとハンナも気持ちのよいお天気に足取り軽く歩行距離も伸び、途中人のいない広場ではリードを外すと何度も繰り返し嬉しそうに走っていました。今日は一... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/28 17:33
着水
秋も過ぎゆこうとしているこの頃では、野鳥観察のフィールドにしているどの水域でも、種類は違うものの水面に浮かぶカモの数が増えてきました。この写真を撮った公園の池では100羽を超えるマガモを中心として、ホシハジロとキンクロハジロもそれぞれ数十羽の群れを作っています。それらの群れが一斉に飛び立ったり舞い降り着水するときなどは、羽音や水音があたりに響き賑やかです。ことにマガモは体も大きく数も多いため、群れが一斉に離水着水するときにはたくさんの水しぶきを上げ鳴き声も交えて壮観です。ちょうど池に沿った遊... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/27 16:11
ヤマノイモの黄葉
雑木林の林縁で、アラカシやヒサカキに上り付いたヤマノイモの葉が、鮮やかな黄色に染まって、ツタの葉の赤とともに沈んだ色が広がってきた林の中を彩っていました。ただ、生長するには一定以上の日照が必要らしく、日当たりのよい林縁や、林内でも木漏れ日が明るく照らすところには見られますが、同じ林の中でも常緑樹の大きな枝か幾重にも重なり昼でも暗いところには見られません。ヤマノイモといえば、地下にできる自然薯と呼ばれるイモや葉腋にできるムカゴが美味しく、これは私の好物です。この頃では自然薯掘りは禁止されている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/26 20:33
ホオジロの群れ
晩秋の午後のやわらかい日差しを浴びて、灌木の枝の間を地鳴きを繰り返しながらホオジロが飛び回っていました。数えてみると5羽いるようです。繁殖期が終わった秋になってからは、フィールドの中では群れを作った野鳥たちがよく見られるようになりました。ホオジロも、夏が終わるころから数羽からときによっては十数羽が群れている様子を見ることが多くなりました。この2、3年ホオジロの数が増えたこのフィールドでも、エノコログサやセイタカアワダチソウが茂る草むらのあちこちから地鳴きが聞こえ、腰を据えて観察しているとい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/25 19:11
カンムリカイツブリも到着
今年も近くの公園の池にカンムリカイツブリの姿が浮かびました。先週10kmほど離れた海岸で沖に浮かぶ1羽を確認しましたが、そのときは遠すぎて撮影することはできませんでした。毎年この池にやってきているため、そろそろ出会えるころだろうとは思っていましたが、マガモとキンクロハジロの群れが浮かぶ様子を見ていたところ、突然マガモの群れの中に浮かび上がりました。餌を捕っているようだったので5分ほどその様子を見ていると、相変わらずカイツブリに比べて潜水時間が長く、次に浮かび上がると思いがけない方向や遠いとこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/23 19:11
11月も下旬になって
11月も下旬に入り公園の木々の落葉も進んでいます。モミジやコナラはまだ木全体が鮮やかな色に染まるには少し早いようで、色を変え始めた葉を枝にたくさん残していますが、サクラはもうほとんどの枝が葉を落とし、周囲の地面を落ち葉で覆っています。落ち葉の中にはまだ赤や黄の鮮やかな色を残しているものもあるものの、もうすっかり枯れてしまって踏んで歩くと乾いた音を立てたり少しの風にも舞い立つものがたくさんあります。先日もサクラの木がたくさん立ち並ぶ土手や池のほとりでララとハンナを走らせて遊ばせると走るたびに枯... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/22 20:44
ドングリの落ちる音
秋の夜が深々と更けて、あたりは静まり返り部屋の中も冷え込んできました。今シーズン初めて暖房をつけてリビングルームで本を読んでいると、時折お隣のカシの枝に実ったドングリが小庇か物置の屋根に落ちる音が響いてきます。いつもドングリが屋根に落ちる音を聞くと、八ヶ岳の別荘の屋根にミズナラのドングリが落ちる音を、山の秋の風情があると喜んで聞いていた亡き父母を思い出します。今夜も夜の闇の中に響くドングリの落ちる音を聞きながら父母と過ごした山の秋を懐かしく思い出していると、私の感慨など知るはずもありませんが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/21 02:33
カシラダカに観察された!
フィールドの中をララとハンナに声をかけながらのんびり歩いていると、ウメの木の枝の向こうからカシラダカがこちらを見ていました。いつもは私が周囲に注意を払い野鳥を探して歩くのですが、このときは逆にカシラダカに観察されているような気分になりました。せっかく姿を見せてくれたので、ララとハンナを呼び止め散歩バッグからカメラを取り出してレンズを向けましたが、そんな動きをしていてもこのカシラダカは逃げるでもなく、しばらくの間じっとこちらを見ていて私が危害を加えないと考えたのか、近くのセイタカアワダチソウや... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/20 14:11
ツタの紅葉
昨日は雲が絶え間なく流れて日差しを遮り、日照時間の少ない晩秋というより冬を感じる薄ら寒い日でした。午後から散歩に出ても、公園の中は冷たい風が吹き、寒さはそれほど苦にならない私もこの秋初めて上着を着て歩いてきました。そんな一度に冬がやってきたような公園を歩き始めると突然時雨がやってきて、以後大きな雲が流れてくるたびに時雨るので、開けたところは避けて木立の中ばかりを歩いていると、雑木林のあちこちで木々に上り付いたツタの葉が赤く染まって薄暗い林の中に彩を添えていました。この数日の冷え込みで、ツタの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/20 09:33
よく冷えた!
今朝はこの秋一番の冷え込みになり、このあたりでも最低気温が5℃ほどになりました。予報では、今日はお昼でも気温は上がらず最高気温も10℃ほどで、お正月頃の気温になるだろうといっています。朝起きてすぐに階下へ降りていくと、ペットたちも冷え込みを感じたらしく、ララとハンナは先日買ってやったマットの上で並んで横になり、小次郎もその間に割り込むようにして寝ていました。マリーは割り込んでいく余地がなかったのか、ソファーの上でクッションの間に挟まれるようにして丸くなっていました。私はまだこのくらいの冷え込... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/19 12:55
雨がやむと・・・
今日は天気予報どおり朝から冷たい雨が降っています。せっかくの土曜日ですが、ララもハンナも外へ出ることができず、窓からつまらなさそうに外を眺めています。昨日はこの時期としては暖かめな気持ちのよいお天気で、写真のように穏やかに波が寄せる海辺でたくさん遊べ運動量も充分確保できましたが、今日は家の中で静かに過ごさなければなりません。この雨が夕方から夜にかけてやむと真冬のような強い寒波がやってくるとのことなので、これからは海辺での散歩には寒さ対策が必要になって、ハンナのような厚いアンダーコートのないラ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/18 12:33
落葉した梅林で
秋になって繁殖期が終わり多くの野鳥たちが群れを作るようになったことや、落葉樹の葉が落ちて林の中の見通しがよくなったこともあって、野鳥の観察や撮影が楽になってきました。夏の間は声は聞こえても葉陰に隠れてなかなか姿を見ることができなかった野鳥たちも、最近は簡単に見つけることができます。ことに公園の雑木林の中ではヒヨドリについでよく目にするシジュウカラは、10月後半あたりから散歩のため公園を訪れるたびに枝で遊ぶ姿を目にするようになりました。昨日も梅林の中でララとハンナを遊ばせていると、コゲラも交え... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 10:33
カシラダカは多いけれど・・・
明るく朝日が差す草はらの中に立つウメの木の枝に、カシラダカの群れがとまっていました。今シーズンはこの草はら周辺には多数のカシラダカがやってきて、いつ訪れても何羽かの個体とは出会うことができ、ときによっては20羽以上の数を見ることができます。ただ、それとは反対にこの秋は、毎年10月にはこの草はらへやってきていたノビタキと出会うことができませんでした。昨年はたくさんの数がやってきて、12月上旬までカシラダカと同時に見ることができましたが、今年はまだ一度も見ることができていないので、もう今からの時... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/16 23:44
マガモが増えてきました。
散歩で公園を訪れるたびに、池に飛来するマガモの数が増えています。多いときは一日で数十羽が増え、池の中央付近や人がやってこない入江状になった水域など群れているところでは、まだほかのカモの飛来は少ないこともあって、見渡す限りマガモで埋め尽くされているといっていいほどです。コナラやアラカシ、スダジイなどが池の面に張り出したところでは、その枝影にも落ちたドングリを拾ったり羽を休めているマガモの群れが隠れていて、近づくと思わぬたくさんの個体が慌てて移動を始めたり、写真のように飛び立つこともあります。例... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/15 09:33
オオタカが飛んだけれど・・・
散歩の帰りに何気なく遠くの空を見上げると、タカが輪を描いて飛んでいました。遠すぎることとタカの高度も相当高かったため撮影することは無理でしたが、せっかくタカがいたのだからあわよくば近寄ってこないかと、しばらくその場に佇んでその動きを追っていたところ、少しずつ近づいて来るようにみえました。タカを望遠レンズで捉えて、姿形がなんとか分かる距離までやってきたのを見ると、オオタカのようです。オオタカとはしばらく出会っていなかったので、高度を下げて接近してくれることを期待して待っていました。しかし、ほぼ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/14 01:11
ホシハジロもやってきた
今日は公園の池に沿った遊歩道を歩いていると、昨日3羽のオオバンがいた入り組んだ岸の向こうから、ホシハジロの群れが水面を滑るように移動して現れました。私が立っている場所からは距離がありましたが、はっきりホシハジロと分かる明るい茶色の頭を並べて池の中央付近に浮いているキンクロハジロの群れの中に交じって行きました。あたりを見回しても目にとまったのは雄が6羽と雌が2羽だけでしたが、今後冷え込みがきつくなってくると昨年並みに数十羽の群れにはなるでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/13 17:44
オオバンが到着
今年も公園の池にオオバンがやってきました。一昨年は10羽、昨年は8羽やってきましたが、今年はまだ3羽だけのようです。以前にはこの池では見たことがなかったのに、数年前に1羽が突然姿を見せたと思っていたらそれ以後毎年複数が飛来するようになって、冬の間この池で群れになって過ごしています。昨年などは人にも慣れて、人通りの多い遊歩道に上がってきて投げてもらう餌を食べたり、人の近くで草を食べたりしていました。今年はまだ人のやってこない入江状になった水域で3羽が固まっていますが、いずれ昨年のように大勢の人... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/13 02:55
エナガの群れ
公園での散歩を終えて駐車場へ戻りクルマに乗ろうとしたところ、周囲の木々の枝でエナガの声が聞こえました。この公園ではほとんど見ることのないエナガなので、ララとハンナを車の中で待たせて声のする方へ行って探してみると、葉を落としたサクラの枝先を飛び回るエナガの群れを見つけました。ざっと数えただけで10羽います。何とか撮影しようとカメラを構えましたが、ほとんど真上の枝を飛び回り空が背景になってしまううえに、日が西に傾いてほぼ真横から逆光となって差し込むため、近くには来てくれるもののかろうじてエナガが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/12 21:33
オナガガモの数
10月中旬に飛来を確認したヒドリガモの数は増えてきましたが、同じ日に確認したオナガガモの数が増えてきません。今日は公園の池で40羽ほどのマガモの群れや、やはり50羽ほどはいるとみられるキンクロハジロの群れ、それに数羽のホシハジロの飛来が見られたものの、オナガガモとコガモはまだ数が少なく、例年見られる数にはとても及びません。昨年もオナガガモの飛来数はそれまでの冬より少なめでしたが、今年も昨年同様の少なさなのか気になるところです。ただ、まだ見られる雄のほとんどがエクリプスの状態から冬羽に変化しつ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 23:00
飛び去った!
広い草はらの中に立つウメの木の根元で野鳥が姿を見せるのを待っていると、近くの雑木林の方角から十数羽の野鳥が群れを作って飛んできました。望遠レンズで確認すると、カシラダカです。私が腰を下ろしている草むらの茂みの中からも、ホオジロの声と混じり合って数か所からカシラダカの短く鳴く声が聞こえています。今シーズンは、例年になくこの草はらにやってきたカシラダカの数が多くなりました。飛んできた群れが降りて来るのを待って撮影しようとしていたところ、この群れは私に気づいたらしく一旦降下を始めたあと先頭の一羽が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/10 12:44
シイの実が落ちた!
公園のスダジイの木の下では、たくさんの実が落ちました。マテバシイの大きな実はもうすっかり落ちきっていますが、スダジイはまだ枝にたくさんの実をつけています。この一週間ほどの間は毎日木の下にはこの実が大量に転がり、歩くと踏みつけられた実が割れる音がします。写真の道はよくルナと一緒に歩いた道ですが、秋になりスダジイの実やアラカシの実が遊歩道を覆うと、ルナは歩きにくそうに歩みを進めていました。昨日はララとハンナを連れて歩きながら、体を揺らしてゆっくりとこの遊歩道を歩いていたルナの姿を思い出し、ルナと... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/10 03:11
ジュウガツザクラを見ていると
農業用水沿いに植えられたジュウガツザクラの花を見ていたところ、ホオジロが5羽やってきました。盛んに地鳴きを繰り返しながら、ジュウガツザクラの枝とその下の土手を覆う草むらを往復して飛び交い餌を探している様子です。土手を覆う植物の多くは、イネ科の植物やセイタカアワダチソウ、ヤマハギなので、たくさんの種子がこぼれているのでしょう。それにしてもこの周辺では3年ほど前からホオジロの数が増えました。私がフィールドにしているところではどこもホオジロは増えていますが、ここでは特にそれが顕著です。以前はホオジ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/10 01:55
カキが熟した!
昨年の秋は実の数が少なかった公園のカキの木が、今年はどれもたくさんの実をつけました。その実が熟し、一つ一つが、秋の日を受けて鮮やかな色に輝いています。そんなカキの木には入れ替わり立ち代わりメジロやヒヨドリがやってきて、熟した実の皮を破りおいしそうに果肉をつついています。今日もララとハンナを遊ばせながらカキの木にやってくる野鳥を見ていたところ、2匹が木の近くで走ったり転がって遊び始めるとヒヨドリはすぐに逃げてしまいましたが、十数羽のメジロは警戒する様子もなく、楽しそうに鳴きながらカキの実の味を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/09 23:33
赤く染まった葉に囲まれて
家の周りでもよく姿を見るキジバトですが、この頃毎日のように庭へやってきてはのんびりとした声で鳴いています。一昨日は窓際近くまできて小次郎を興奮させた番が今日も朝から庭にやってきて、狭い庭のあちこちで餌でも探しているのか地上に降りて地面をつついていました。写真は、午後になってまたやってきて、落葉が進んできたハナミズキの枝にとまるキジバトです。赤く染まった葉に囲まれて、いつも見るキジバトより見栄えがしたのでレンズを向けてみました。今日の小次郎はキジバトがやってきてことにまったく気づかず、二階のホ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/09 16:44
朝から雨になりました。
数日の間雲一つない晴天が続きましたが、今日は久し振りに朝から雨になりました。ただ、風もなく穏やかな降り方なので、そろそろ朝晩の冷え込みが強くなり風邪をひく人が増えてきたことを考えると、空気に適度な湿りを与えるよい雨です。とはいっても、散歩に出たいララとハンナにとっては、家の中に閉じ込められ嬉しくない雨で、今朝も新聞を取りに玄関を開ける私の後ろから残念そうな表情で雨に濡れる庭を見ていました。しかし天気予報を見ると、明日は降水確率0%ということです。写真は3日前の夕方、雲一つない空を茜色に染めて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/08 10:00
ハナミズキの紅葉
庭のハナミズキの葉がすっかり紅葉して、秋の日を透かし鮮やかな色彩を見せています。ことにお昼前あたりから日が傾きだす午後3時すぎころまでは、一枚一枚の葉が日に照り映えてそれぞれ微妙な色合いの違いを見せ、いつまで見ていても見飽きることがありません。ただ、せっかくきれいに色づいても見頃はすぐに過ぎてしまい、この2、3日でずいぶん落葉が進みました。昨日も逆光の中で葉脈を浮かび上がらせている葉を見ていると、野鳥が枝の間を飛ぶだけではらはらと舞い落ち、一度強い雨か風が来れば一斉に全ての葉が落ちてしまいそ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/08 02:00
フジバカマの花の訪問者
リビングルームの窓の下に植えたフジバカマの花が、満開になって秋風に揺れています。漂ってくる香りを楽しみながら毎日花を訪れる昆虫たちを見ていると、ヤマトシジミ、モンシロチョウ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、アカタテハなどのチョウや、ヒラタアブ、ハナアブなどのアブの仲間、それにカメムシの仲間などいろいろな種類がやってきています。昨日は窓から外を見ていると、写真のホウジャクもやってきて素早い動きで花から花を飛び移り、長い口吻を伸ばしてせわしげに蜜を吸っていました。アサギマダラがやってくることを期待... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/07 00:00
アオジもやってきた!
今シーズン初めてアオジと出会えました。カシラダカの群れが見られるようになった草はらで、数羽のカシラダカと2羽のホオジロが飛んでいたので、近くへきた個体にレンズを向けていたところ、草の茂みの中から1羽飛び出した野鳥にピントを合わせると胸の黄色と褐色の縦縞が目に飛び込んできました。アオジです。最近草の茂みの中からカシラダカやホオジロの声に交じって声だけは聞こえていましたが、ようやく姿を見ることができました。この草はらでは一面に茂ったエノコログサやオヒシバ、イヌタデなどの種子が実り、それが地面に溢... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/06 13:33
イヌタデの群落
日当たりのよいフィールドの一角で、イヌタデが一面に赤い絨毯を広げていました。秋が深まって野の花が減り枯れ草色が広がってきた中で、赤い花序の色が際立って鮮やかに見えます。このあたりのイヌタデは早いものでは3月下旬から花をつけ始めますが、この花は花弁を持たず赤く花弁のように見えるのは萼なので、蕾ができてから種子ができる秋の終わりまで長い間きれいな赤い花が咲いているように見えます。一面の花ざかりのように見える写真のイヌタデの群落も、一本一本を見ると花序の先の方には順次咲き上がってきた花が見られるも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 17:55
カシラダカが十数羽
10月27日に今シーズン初めて確認できたカシラダカを、11月に入ってからはよく見かけるようになりました。昨日もエノコログサやセイタカアワダチソウなどで覆われた草はらが広がるフィールドへ立ち寄ってみると、草の中からしきりにカシラダカやホオジロの鳴き声が聞こえてきました。カメラを携えてその草の中へ足を踏み入れるとすぐに茂みから数羽のカシラダカが驚いて飛び立ち、近くに立つウメの枝にとまりました。少し離れた木立を見ると、枝先にとまった数羽のカシラダカも確認でき、草むらの中からもまだ鳴き声が聞こえてき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 02:11
たくさん葉が落ちた!
昨日は午後から公園の中を散歩してきましたが、園内の落葉樹の中でもまず先陣を切って葉を落とすハリエンジュやサクラは、お昼ころから吹き始めた強く冷たい風に吹き落とされたのか、たくさんの葉を落としました。ハリエンジュなどはもうすっかり葉のない状態です。池にはマガモの群れもやってきて、コナラやアラカシなどドングリのなる木の枝が張り出した水面に集まり、落ちた木の実を掬い上げて食べています。林の中ではジョウビタキの声が響き、ビンズイの姿も確認できました。公園の中にもすっかり秋が闌けてきました。これから冷... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 01:33
雑木林の奥
夏の間はヤブカが大量に発生するため、とてもララやハンナを連れて行くことができなかった雑木林の奥を、半年ぶりに歩いてきました。林の中は何百年も経た大木が鬱蒼と茂り、大きな枝が重なり合って昼でも薄暗く、人と出会うことはまずないので、2匹を自由に歩かせるにはもってこいの場所です。昨日もリードを外して私は野鳥を探しながら歩いていると、ララとハンナはあちこちの匂いを嗅ぎながら木立の中を歩き回り、アカネズミかヒメネズミの巣穴と思われる穴を見つけたり、イタチかハクビシンが食べ残したらしいカラスの死骸を見つ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/03 04:44
カンムリカイツブリ初見
公園の池にカンムリカイツブリがやってきました。これで3年連続での飛来です。いつもの秋はまずキンクロハジロがやってきて、次にホシハジロやマガモ、ヒドリガモが見られる池ですが、今年はキンクロハジロが3羽飛来したのを確認した日にカンムリカイツブリが1羽確認できました。ほかのフィールドではヒドリガモやオナガガモ、コガモの姿が日ごとに増えています。この池では、毎年200羽を超えるヒドリガモやマガモ、キンクロハジロの群れとともに、少数ながらいろいろな種類の水鳥が見られます。昨シーズンはこれまで飛来したこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/02 17:00
モミジ
このあたりの紅葉は例年11月下旬から12月始めが見頃になりますが、ララやハンナの散歩で訪れる公園のモミジの一部が、最近鮮やかな色に染まり始めました。ハゼやサクラ、ハナミズキは色を変えて木全体が真っ赤に色づいたものが見られるものの、公園内のほとんどのモミジはまだ緑色の葉に覆われています。それなのに写真のモミジやこの木の近くのモミジはすっかり晩秋の装いに変わり、その葉の一枚一枚が明るい秋の日に照り映えています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/02 02:00
秋の海辺にて
昨日に続いて朝から雲一つない青空が夕方まで広がり、そのうえ風もなく穏やかなお天気だったので、今日は海辺へ散歩に行ってきました。この頃波が静かだと、海辺では釣り糸を垂れる人の数が増えてきました。今日はその中の一人の男性と話をし、何が釣れているかうかがってみると、ハゼがよく釣れるようになったとのことでした。魚の話をしばらくして別れようとしたところ、その男性はハンナを指さして何という犬種かと聞かれ、以前にはゴールデンレトリバーを飼っていたが15歳で亡くなってしまったと寂しそうに話されて、大きなイヌ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/01 22:00
あそこにいるよ!
人がやってこない雑木林の中で、ララとハンナを自由に遊ばせながら野鳥を探していたところ、ララが立ちどまって前方を注視しつつ私の方を何度も見ました。私も立ち止まりララの視線を追うと、30mほど先の木々の枝の間を2羽のジョウビタキが飛んでいました。この頃バードウオッチングの要領を覚えてきたララは、近くで私がカメラを構えたり、自分が野鳥を見つけると立ち止まり動かないようにしていることが多くなり、ときとしてこうして野鳥がいることを教えてくれるようになりました。私の指示には必ず従うことができるようになり... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/01 12:44
よく晴れた!
昨日は、これまで雨ばかりだったお天気の埋め合わせをするように、雲一つない青空が広がりました。そんな抜けるように澄み切った青空を仰ぎながら、ララとハンナを連れて公園の中を散歩してきました。気温は昨日に続いて低く、日中でも肌寒さを感じるような風が吹いていましたが、さすがに2匹と坂道を上り下りし、雑木林の中を一緒になって走り回ると10分もしないうちに汗が出てきました。これからしばらくは、ララとハンナを連れて野山を駆け回るには一番にいい季節です。せいぜい時間を見つけて、2匹と一緒に深まっていく秋の風... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/01 02:44
フジバカマが満開です。
秋も深まってきて、道路際に植えたフジバカマがたくさんの花を咲かせました。先日襲来した二つの台風で茎が折られてしまうのではないかと思いましたが、強い風にもよく耐えて、倒れたものは1本もありませんでした。わが家は高台にあるため風がよく当たり、風に吹かれて葉や花がこすれ合うたびによい香りが漂ってきます。そんなフジバカマの花には、最近花を咲かせる植物が減ったこともあってか、チョウやハナアブなどの昆虫がよくやってきて蜜を吸っています。今朝も近くを通ると、アカタテハが花から花を飛び移っては、小さな花の一... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/31 17:33
こんなところにイソヒヨドリが・・・
さきおとといは、各地から集まってくる大学時代の友人たちを待つ間、宿泊するホテルの横を流れる木曽川の岸を散策していると、たくさんのカルガモが群れている間を飛んで青色が目立つ野鳥が近くへやってきました。地上へ降り立った野鳥を見ると、イソヒヨドリの雄です。イソヒヨドリは海岸近くではよく見かけますが、こんな海から遠く離れた内陸部で見たのは初めてのことでした。一瞬目を疑いましたが、最近生息範囲を拡大しているように見えるイソヒヨドリなので、伊勢湾沿岸にいたものが徐々に木曽川を遡上して拡散してきたのかもし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/31 03:33
元気が戻った!
台風22号がもたらした雨のため、また外出ができなかったララとハンナを、昨日は夕方近くになって公園へ連れて行きました。私が友人たちとの旅行のため一晩家を留守にしたところ、どちらもしょげかえり、ハンナなどは下痢までしたというので、昨日は体調を見ながらのんびりと歩かせるつもりでしたが、公園で車から降ろした途端に2匹は張り切って飛び跳ね、その後もほとんど速歩や駆け足で公園の雑木林の中を駆け回っていました。ハンナは食欲も戻り、便も健康そうなものが確認できたので、体調はいつもの状態に戻ったようです。写真... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/31 01:44
よくボラが跳ねます。
この頃海辺へ行くと、よくボラが跳ねています。イナと呼ばれる30cm以下の個体も河口付近ではたくさん群れていますが、少し岸から離れた海面では、大きな個体があちらでもこちらでも威勢よく跳ねては水飛沫を上げています。中には50cm以上ありそうなものも見られ、そんな大きさのボラが跳ねると水面から1m近くも豪快に飛び上がることがあって、迫力があります。この水域では、ミサゴが抱えて飛んでいる獲物もボラが多いようですし、大型のサギが獲っている獲物もボラやイナが多いので、相当たくさんのボラが生息しているよう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 00:55
カシラダカの初見
カシラダカがやってきました。今日の散歩の帰りに少し寄り道をして、毎年ノビタキやカシラダカが見られるフィールドへ立ち寄ると、セイタカアワダチソウの茂る中からホオジロの鳴き声に交じり合ってカシラダカらしい声が聞えてきました。草の間に腰を下ろし数分待っていたところ、草むらの中から飛び立った2羽のカシラダカが近くのウメの枝にとまりました。逆光気味でしたが、場所を移動すると飛び立ってしまうだろうと考え、露出補正をして撮影してきました。今シーズンのカシラダカの初見です。昨年はこの辺りで見る機会が少なかっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 18:55
久しぶりの公園
昨日に続いて、今日も朝から雲一つない秋晴れの空が広がりました。昨日は海辺で遊んだので、今日は雑木林の中を散歩しようと、いつもの公園へ出かけました。10日以上訪れていなかった公園は、先日まではまだ青かったアラカシやコナラのドングリが地面に落ち、ハゼノキやハナミズキなどは葉の色を変え始めていました。池のほとりでララとハンナを休ませながら池の周辺を見ていると、夏の間はカイツブリくらいしか浮いていなかった大きな池の水面には、カモの姿が見られるようになり、すぐ近くの林の中からはジョウビタキの声も聞こえ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 17:33
秋の日を浴びて
長く続いた雨がようやくやんで広がった秋空の下、明るい日差しを体いっぱいに受けて、海岸の砂の上を楽しそうに駆けるララとハンナです。今日の海辺は雲一つない空を映して真っ青な海が広がり、空気も澄んで視程もよく対岸の風景もはっきりと見ることができました。気温も20℃をやや下回るくらいで乾燥した気持ちのよい風が吹き、散歩をするには絶好のコンディションだったため、ララもハンナも終始足取り軽く連れ立って、砂浜のあちこちを歩き回ってきました。例年なら今頃はこんなよいお天気が続く季節のはずですが、今年の秋は1... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/26 20:33
数が増えてきた!
今月18日に、海辺で今シーズン初めてヒドリガモの飛来を確認したときは2羽だけでしたが、今日は数が増えて42羽が確認できました。昨年はヒドリガモだけで200羽ほどの群れを作っていたので、日を追うごとにますます群れは大きくなっていくでしょう。カモたちは、久しぶりに晴れた爽やかな秋空の下で、水音を立て飛沫を上げて水浴びをしたり、、飛び立って近くの水域を一巡りしてまた着水したりと、長旅の疲れを癒しているような様子でのんびりと水面を漂っていました。中には、写真のように波打ち際まできて、打ち寄せる波に乗... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/26 17:33
海へ行けた、散歩ができた!
ララとハンナをようやく散歩に連れて行くことができました。早朝から行こうと考えていましたが、少し寝過ごしてしまい、しっかり日が昇ってしまってからの出発になりました。しかし、夏のように午前8時近くになると暑くてとても散歩させるわけにはいかないというようなことはなく、2匹は日陰が全くない海辺でも、この数日間の運動不足を解消しようとするかのように、駆け足をしたり砂の上を転がったりと嬉しそうな様子で遊んでいました。季節はすっかり秋です。写真は、私が座り込んで野鳥がやってくるのを待っているところへ、遊び... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/26 16:11
獲物を獲って
潮が引き始めた干潟で、ダイサギが水の中へ入りじっと水面を見つめていました。しばらくすると、離れてみている私の目にも浅くなってきた水の中を魚の群れがやってくるのが見えました。ダイサギは動きをとめてその群れが近づいてくるのを見つめていましたが、突然素早く嘴を水中に突き刺すように差し入れ、頭を上げるとボラと思われる魚を咥えていました。絶妙の間合いの取り方です。このあとダイサギはすぐに飲み込もうとはせず、獲物を獲ったことを喜んでいるように翼を何度も羽ばたかせて水の中を走り、干潟の泥の上でしばらく舞う... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/26 02:33
やっと晴れたけれど・・・
今朝は、久し振りに太陽が顔を見せました。台風21号と秋雨前線の影響で長いあいだ雨の日が続き、家の中まで湿っぽくなる梅雨時のような鬱陶しさでした。野鳥たちも雨に閉じ込められていたのか、最近では夜明け頃から聞こえる鳴き声も少なく、家の周りを飛び回る姿を見る機会も少ない毎日でした。それが、今朝は早くからヒヨドリ、ハクセキレイ、シジュウカラ、ムクドリなどの声がたくさん聞こえ、その声で目が覚めました。こんなに雨が多い10月も珍しく、この辺りの小中学校の運動会は、予備日にも開催できず何度も中止になってい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/24 17:00
何の音だろう、驚いた・・・
今日未明、台風の風が西から南寄りに変わってきたと思った途端に、突然外で大きな音がしました。その音にマリーは驚いて、眠っていたソファーの背もたれの上から飛び下り、何の音だろう、と怖そうな様子であたりを見回していました。その後も強風が通り過ぎるたびに何度も音がするので、ご近所へ迷惑になると思い、庭へ出て見たところ、ガレージの屋根のポリカーボネイトの板の一部が浮き上がり風に揺れていました。急いで応急手当をして家に入りましたが、風向きが徐々に変わっていったこともあってその後は大きな音はしませんでした... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/23 16:55
台風接近中
日が落ちてから雨足が強くなってきました。雨が断続的に窓ガラスを打つたびに、小次郎が慌てて窓辺へ駆け寄り、カーテンの裾を前足で払って外の様子を見ています。さきほどは、こんな雨の中でイヌを散歩させている人が、突然の強風にあおられたらしく門の前で大きな叫び声をあげました。その声を聞いて、小次郎はさらに心穏やかではいられなくなったらしく、耳を立て目を輝かせて警戒態勢をとり、覗くことができる窓すべてから外を見ようと、家の中を走りだしました。台風がまだ遠くにあるうちからこんな調子では、夜半から明日未明に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/22 18:33
超大型台風がやってきます。
朝から暗い日になりました。いよいよ超大型のカテゴリーに入る台風21号がやってきます。夜明け前から時折強い雨が降り、家の前の住宅街を水害から守る調整池は満々と水を湛え始めました。気象庁のレーダーナウキャストを見ていると、あと30分もすればさらに強い雨を運んでくる雲がやって来そうです。今日の午後から明日のお昼くらいまでが警戒を要することになりそうで、ララもハンナもまた一日中外にも出られず、家の中だけで過ごすことになります。朝起きてリビングルームのカーテンを開けようとすると、2匹は寄り添って雨が叩... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/22 08:33
イソシギとコガモ
いよいよ明日か明後日には、超大型台風に発達した21号がやってきそうです。昨夕から一時やんでいた雨も、朝9時前からまた降り出しました。これから2日ほどは野鳥の観察もできないだろうと考え、降り出す前に少しだけフィールドの中を歩いてきました。隣の市との境界になっている二級河川の河口付近へ行くと、ここにも数羽のコガモがやってきていました。昨日あたりに到着したようです。その様子を見ていたところ、いつもこのあたりを飛び回っているイソシギが、遠方からの到着を歓迎するようにコガモの周りを何度も飛び回り、干潟... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/21 15:33
ノコンギク
フィールドを歩くと、ノコンギクの薄紫色の花が秋風に揺れている姿があちこちで見られます。蒸し暑さにあえいでいた8月下旬あたりから少しずつ見られるようになっていましたが、やはりノコンギクは澄み切った秋の空のもと涼しい風にそよぐ姿が似合います。ただ、最近は毎日雨の日が続き、せっかく咲いた花も日差しを受けることができず、雨滴を含んでうなだれています。早く明るい秋の日に映える姿を見たいものです。写真のノコンギクは、フィールドの中で岩陰から1本だけ細い茎を伸ばし、頼りなげに咲く様子を雨のやみ間に撮影して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/20 19:00
アキノノゲシ
フィールドの中では、アキノノゲシの淡い黄色の花がいたるところで咲いています。背丈が1m以上に伸びてたくましく太い茎を持つものがあると思えば、生育条件が悪かったのかわずか30cm程度で細く弱々しいものもありますが、いずれも優しい色調のひと目でキク科植物と分かる花をつけて、秋風に揺れています。いつも雑草扱いをされ、花として顧みられることが少ない植物ながら、野を渡っていくひんやりとした風に揺れる様子は、コスモスの花とともに秋の風情を感じさせます。昨日もフィールドの中を歩くと、たくさんのこの花と出会... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/19 02:33
カモがやって来た!
昨日の朝の散歩の折に、2羽のヒドリガモが海面に浮いていることを確認しましたが、撮影しようとしたところ間の悪いことにカメラの電池が切れてしまいました。そこで、フィールドにしている河口近くの入江にも飛来しているかもしれないと考え、お昼頃にカメラを持って訪れてみると、やはりカモの姿が確認できました。ヒドリガモが20羽ほど、オナガガモが5羽、コガモが10羽、マガモが2羽です。エクリプスから冬羽に変わろうとしているものもたくさん見受けられ、オナガガモなどは、まだ全てそんな状態でした。今年は、例年よりか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/19 01:00
海辺にも秋が来た!
晴れました。今朝は久しぶりに朝日が顔を出し、澄んだ青空が広がりました。先週末から雨のため散歩のできなかったララとハンナは、今日こそ散歩ができると思ったのでしょう、私が起きるのを今か今かと待っていました。着替えをしてすぐに出かけた海辺は、わずか一週間ほどのことで季節は足を速めて進み、長袖シャツ1枚だけでは肌寒く感じるほどの涼しく爽やかな風が吹き、2羽だけでしたが今シーズン初めて確認するヒドリガモもやってきて、すっかり本格的な秋の様相を見せていました。ララもハンナも久しぶりの海辺を、暑さを感じな... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/18 09:33
コスモス
今日もまた鬱陶しい雨の一日です。天気予報を見ると、今週中はこんなぐずついた日が多く、さらに来週には台風21号が接近するかもしれないとのことなので、当分爽やかな秋空は望めそうもありません。ちょうど今は私の好きなコスモスが咲く季節で、あちこちでピンクや白の花が秋風に揺れている様子を見ることができますが、せっかく咲いた花もこのお天気の中で雨に叩かれてうなだれています。さらにこれで台風まで来れば、茎ごと地面に倒れ伏してしまいます。何とか早く雨がやみ、台風の襲来はないようにしたいものです。写真は、数日... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/16 21:55
ウミホオズキ
秋雨前線の停滞が続き、今日も朝から本降りの雨の一日となりました。お天気がよかったら、ララとハンナを海へ連れて行き遊ばせようと考えていたのにがっかりです。2匹も家の中で退屈そうにしています。仕方がないので、最近撮影した写真の整理でもしようとパソコンのファイルを開いていたところ、先週の土曜日に海へ行った折に撮影したウミホオズキの画像が出てきたので掲載してみました。ウミホオズキは、小さい頃我が家へ出入りの魚屋さんがときどき遊び道具にと届けてくれ、それを祖母が洗って口に含み上手に鳴らしてくれたことを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/15 17:33
ジュウガツザクラ
農業用水の流れに沿って土手の両側にたくさん植えられているジュウガツザクラが、花を咲かせました。ただ、春のソメイヨシノやヤマザクラと違って、木によって花の数に極端な差があり、中には全く花がついていない木もあります。また、その花が秋風の中で咲いている様子は、ソメイヨシノの花が一斉に咲いたときのような華やかさはなく、逆に何か一抹の寂しさを含んでいるような風情です。ジュウガツザクラは一年に2回、秋と春に咲き、秋に咲かなかった枝では春に花が咲くという二段構えの開花をするようなので花数が少ないこともある... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/15 01:33
ヤブマメの花
時期的には少し遅いようですが、フィールドの片隅でヒサカキに登り付きヤブマメが花をつけていました。ヤブマメは林縁などで比較的日当たりのよところに見られることが多いのですが、これは藪の北側でひっそりと咲いていました。日当たりが悪いためか、花数は少なめです。それでも11月には豆果を下げ、その中にウズラマメによく似た模様の小さな実を3個から5個並べるでしょう。昨年の今頃は、ここにはヤブマメの花をなく、すぐ近くで赤く色づき始めた莢を下げたタンキリマメが蔓を伸ばしていました。しかし、実を散らす前に刈り取... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/14 20:55
雨の降る前に
秋雨前線の南下にともなって、今日は昼から雨になりそれが長引くだろうとの予報があったので、雨の降る前にと考えて朝方ララとハンナを連れて公園へ散歩に行ってきました。いつもの朝より遅めの時間帯で公園は混んでいるかと思って出かけましたが、天気予報の影響からかそれほどたくさんの人出はなく、のんびり歩くことができました。散歩中には、グループでハイキングでもされているのか20人ほどのリュックを背負ったお年寄りと出会い、ララとハンナはその中の多くの人たちから声をかけられたり撫でられて上機嫌で散歩ができました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/13 23:33
ハクセキレイの争い
池の周りに沿った散策道を歩いていると、道の脇に広がるスダジイやクスが茂る林の梢をかすめるようにして2羽のハクセキレイが飛んできて、鋭い声をだしながら頭上を何度も飛び交いました。どうも縄張り争いをしている様子です。縄張り意識が強いハクセキレイですが、この池ではいつも複数のハクセキレイが見られるものの、うまくすみ分けているのか争っている様子はほとんど見たことがありません。どうも今朝は新参者のハクセキレイがやってきたようです。一緒に歩いていたララとハンナの足を止め近くで遊ばせながらハクセキレイの争... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/13 17:55
朝の光の中で
昇ったばかりの朝日を受けて、ホオジロがウメの枝先にとまり気持ちよさそうに囀っていました。この数年ノビタキやカシラダカがやってきている草はらへ、ノビタキの姿を探しにいったところ、いたのは数羽のホオジロだけでした。昨年は9月下旬から10月中旬までたくさんのノビタキが飛び交っていたのに、この秋は何度この草はらを訪れてもまだ1羽も見ることができません。10月も下旬になれば遅くまで残っている個体でも南へ渡って行くので、そろそろ姿を見せてくれないとこの秋はここでノビタキを見ることはできないかもしれないと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/12 19:44
明るくなった!
この頃は日の出の時間が遅くなりました。夏の初めの頃は午前4時半には明るくなってきたのに、今は午前6時近くになってようやく日が昇ってきます。朝早く散歩に行くと午前5時ではまだ薄暗く、夜の暗さが残る雑木林の中を歩いても野鳥の声はほとんど聞こえません。そのかわり、夜の間に静かに下りた空気は冷たく、木々の放った匂いが漂い爽やかです。そんな雑木林の中を一回りしてくるころになると東の空が明るく輝き出し、それに連れて徐々に聞こえだした野鳥の声が賑やかに林の中に響くようになると、雑木林の梢の向こうから朝日が... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/12 10:44
2頭のウラギンシジミ
色づき始めたカキの実に、何か白いものが付いているように見えました。近寄ってみると、2頭のウラギンシジミが並んでカキの皮の破れた部分へ頭を突っ込み、一心に果汁を吸っていました。ヒヨドリかメジロが果肉を食べようとして開けた部分を見つけて、これはいいものがあったと食事にやってきたのでしょう。腐った果肉や動物の糞尿から水分を吸うことの多いウラギンシジミにしてみると、大ご馳走です。同じように果汁の匂いを嗅ぎつけて上ってきたクロヤマアリと一緒になって、私がほんの1mほどのところまで近寄っても逃げることな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/12 02:11
センダンの実
海辺の公園の駐車場の周囲には、何本かの大きなセンダンの木があります。初夏にはきれいな紫色の花をたくさん房のようにつけて目を楽しませてくれますが、秋になって今度はたくさんの鈴のような実を見せてくれました。もう少し熟れて黄色味が増してくると、この実を求めてヒヨドリやムクドリなどが群れになってやってきそうです。そのころにはたくさんの実が落ち、木の周辺の地面には撒き散らされたように転がります。ただ、まん丸で黄色のよく目立つ実なのでつい拾って手に取ってしまいますが、この実には毒性がありイヌなどが食べる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/10 21:44
夕空
秋も深まってきて空気が澄み渡り、きれいな夕映えが見られる日が多くなってきました。西の空の雲を色鮮やかに染めて、ゆっくりと山の彼方へ落ちていく夕日の輝きも見事です。今日もララとハンナと一緒に海辺に座って刻一刻と色彩を変えていく空や雲の様子を見ていると、日が落ちて茜色から夜の闇が混じり始め紫色に変化してきた空を、離陸したジェット機が高度を上げながら大きくゆっくりと旋回を始めました。すると、まだ高い空には残る今日最後の光が機体や翼を照らし、反射した光が黄昏れていく空で一瞬明るくきらめきました。その... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/09 22:55
夕日が沈む!
体育の日の今日はいろいろ行事をする人たちが多かったのか、夕方海辺へ散歩に行くと砂浜には家族連れや大学のサークル、職場のサークルなどのたくさんのテントが立ち並び、とてもララやハンナをいつものように自由に走らせることはできないほど人で混み合っていました。仕方がないので人やテントの間を抜けるようにして一通りの散歩をし、あとは人のこない護岸堤防の上へ行って座り、沖を行く船や空を飛ぶウミネコなどを見ながらゆっくりと海風に吹かれて沈む夕日を送ってきました。大した散歩にはなりませんでしたが、気温も高めだっ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/09 18:33
ツミとハシブトガラス
昨日は、このあたりでは珍しい野鳥のツミを見ることができました。午後に家の近くで車を運転していてふと上空を見ると、遠くの空でハシブトガラスとそれよりかなり小さめな野鳥が争っていました。それもいつもならオオタカやトビにもモビングを仕掛けるハシブトガラスが、防戦一方で逃げ回っています。車を路肩にとめてカメラを持ち出し望遠レンズ越しに見ると、初めのうちはヒヨドリのようにみえた小さい野鳥は、猛禽のようです。近づいてくれることを期待しましたが、残念ながら2羽はそれほど近寄ってはくれず、攻撃を受けたまりか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/09 15:33
そんなに慌てなくても・・・
ハンナはララと比べると体が大きいこともあるのでしょうが、好きなものを食べるときと、甘えたいとき以外は動作が全体にのんびりおっとりしています。散歩に連れて行っても、機敏に駆け回るララとは違い歩き方もゆったりとし、私から遅れても姿が見えるうちは慌てる素振りもみせずあたりを見回しながらのんびり歩いてきます。今朝も波打ち際に大きなスズキが打ち上げられているのを見つけると、しきりににおいを嗅ぎ出したので、触らないように注意して付いてくるようにいったところ、残してきたスズキが気になるのか何度も振り返りゆ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/08 23:55
夜明けの空で
白み始めた空を見上げていると、海岸線に沿うようにして高い空を猛禽らしい姿が近づいて来るのが見えました。まだ西の空には夜の闇が残っているような状態だったので、トビなのかミサゴなのか明るいときなら判断できる距離に来てもまだよく分かりません。そんな距離の海の上を帆翔し始めた姿をしばらく眺めていると東の空が明るくなり始め、空全体にも徐々に朝の光が広がり出しました。そこで、弱い光の中ながら望遠レンズを向けてみると、体の白さが目に飛び込んできました。ミサゴです。まだ薄暗い中で高い空から海中の獲物を探して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/08 18:44
朝風
日が昇ってくる前の砂浜をたくさん歩いたあと、東の空が明るく薄桃色に染まり始めた中で、海から吹いてくる涼しい風を気持ちよさそうに受けて芝生の上で休憩するララとハンナです。少し前までは、夜明け前後に散歩をしても歩き始めるとすぐに暑さを感じ汗ばんでいましたが、最近では気温が15℃前後にまで下がるようになり、風があると半袖では肌寒く感じる日が多くなりました。そのおかげで2匹の運動量が増え、散歩時間も夏の頃より5割ほど増えています。日中はまだ暑さを感じることが多いものの、朝晩の涼しさには秋が深まりつつ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/08 10:55
波をかぶった、驚いた!
よく降った雨も午前中にはあがり道路も乾燥したので、夕方から海へ散歩に行ってきました。二日ぶりの散歩にララもハンナも嬉しそうに車に乗り込み、海辺ではリードを外してやると寄せてくる波と遊ぶように波打ち際で飛び跳ねていました。ただ、海辺の散歩を楽しんでいたものの、満潮の時刻が近づいてきていて寄せてくる波の勢いが強く、波打ち際で腹ばいになりくつろいでいたララは、突然やってきた大きな波の飛沫をかぶってしまい驚いて飛び上がり、何度も体を震わせて水を飛ばしていました。とんだ災難です。まさか波がやってくると... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/07 21:55
マルバルコウソウ
この頃、フィールドの茂みや路肩の草むらでマルバルコウソウの花がよく見られます。小さな花ながら、鮮やかな赤色の花がほとんどない秋の野の中で、オレンジがかった赤い花がよく目立っています。これはルコウソウの仲間で、江戸時代後期の嘉永年間に園芸用植物として日本に伝わった植物だと聞いています。それが今では園芸用には繊細な羽状複葉を持つルコウソウは栽培されるのに、花の形はよく似ていても葉の形状が違うマルバルコウソウは見向きもされず、野生化したものが初秋になると秋の野を飾っています。元来暖地を好む植物のよ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/07 15:33
涼しさの中で
今日は未明から雨になり、明け方の最低気温が15℃ほど、最高気温も20℃ほどと、ずいぶん涼しくなってきました。ちょうどひと月ほど前に訪れた、八ヶ岳山麓の別荘地のある標高1300m辺りの気温と同じくらいになりました。八ヶ岳に滞在中はララとハンナは下界の蒸し暑さから解放されて生き生きとしていましたが、この頃では家にいても暑がることがなくなってよく動くようになってきました。山の気候とはひと月以上のずれがあるこの辺りでも、ようやく秋の気配が濃くなって少しずつ木々の葉の色が変わり始めました。標高の高い山... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/06 16:55
秋の実りを前にして
この頃では行く先々でいろいろな種類の木の実が落ちるようになり、散歩へ行くたび拾ってくるのでたくさんの木の実がたまりました。それをスケッチするためにテーブルの上に広げるのですが、亡くなったメルはドングリを拾ってきて机の上などに置いておくと、よくおもちゃにし転がして遊んでいたので、マリーや小次郎も同じようにするのではないかと警戒していました。しかし、この2匹は木の実などには興味はないらしく一向に手出しはしません。昨夜もクリ、スダジイ、マテバシイ、ツブラジイ、アラカシ、クヌギのドングリやシマトネリ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/06 04:44
ギンナンの思い出
秋風の中でギンナンが黄金色に熟し、枝が垂れ下がるほどたわわに実りました。明るい秋の日を受けて、澄み切った真っ青な空の色と、まだ黄葉には間がある緑色の葉との色彩の対比が鮮やかできれいです。写真のギンナンは、散歩で訪れる公園近くの畑に植えられ収穫を待つものですが、ギンナンを見るといつも、学生時代に見た京都御苑の中のイチョウの大木に鈴なりになっていた様子や、落ちたギンナンを拾い集めたこと、拾った後のにおいに悩まされたことなどが懐かしく蘇ってきます。大学二回生の秋だったかと思いますが、芝生の上に落ち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/06 03:33
落ち葉
日が短くなり始め、朝晩冷え込むようにもなって、木の葉の落ちる季節がやってきました。サクラの葉の落葉は9月から始まっていましたが、今朝早くに公園へ行くと、まだ清掃がされていない駐車場には葉を黄色く染めたセンダンやハリエンジュ、ハナミズキの葉がたくさん落ちていました。これから12月初旬までは山肌や雑木林を飾る紅葉とともに、舞い落ち地面にいろいろな彩を添える木の葉を見ることも散歩をする中での楽しみになります。写真は、散歩を終えて駐車場に戻り一休みしながら、風が吹いたり野鳥が騒ぐたびに枝をざわつかせ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/05 19:55
中秋の月
昨日は中秋でした。例年この日は、ススキやハギなど秋の野の花を自然観察フィールドで採ってきてベランダで飾るのですが、昨日は忙しくて採りに行くことができず、仕事終えて帰宅したのも11時近かったため、ゆっくりとお月見をすることはできませんでした。それでも帰宅後ベランダへ出て、秋の冷気の中で虫の声を聞きながらしばらく眺め撮影した月がこの画像です。南の空高く澄んだ秋の夜空で皓皓と輝き、地上を明るく照らしていました。中秋は旧暦の7月から9月の真ん中をいうので、必ず満月になるとは限らず、今年の中秋の月は月... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/05 09:33
水飛沫
夕方の海岸でミサゴがやってくるのを待っていたところ、1羽のミサゴが遠くの空から一直線に飛んできて、距離はあるものの見通しのきく水域で漁を始め、一瞬ホバリングする姿勢を見せた後すぐに急降下して海中へ突っ込みました。いつもの海面近くに浮いた魚を上手に掬い獲る方法ではなく、体ごと海中に沈めて2、3秒浮いてきません。何をしているのだろうと見ていると、やがて何度も大きく羽ばたきながら浮き上がり海水を滴らせて空中へ舞い上がりました。しかし、その足には魚は掴まれてはいなくて、漁は失敗してしまったようでした... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/04 16:44
モズの声
先週あたりから、あちこちでモズの声がよく聞こえるようになりました。いまフィールドへ出ると、一番よく聞こえてくる野鳥の声はモズの声で、辺りを見回すと梢の先や電線などにとまって高鳴きを繰り返す姿もよく目につきます。一昨日の朝もフィールドの中で腰を下ろして野鳥の声を聞いていると、短時間の間にすぐ近くへ3羽のモズが順番にやってきて梢の先で鋭い声を上げていました。写真はそのうちの1羽で、しばらく辺りを睥睨するように首をめぐらしていた後、突然甲高い声で叫ぶと梢を離れて草はらに立ち並ぶ木立の向こうへ飛んで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/03 20:33
アオツヅラフジの実
フィールドの中でネズミモチやカクレミノに絡みついたアオツヅラフジの実が、色づいてきました。中にはまだ緑色の実もあるものの、たくさんの実が青く色づき表面に白い粉をふいてきました。この実は一見エビヅルやヤマブドウに似て美味しそうに見えますが、アルカロイド系の毒を持つので、目の前にたくさんなっていても食べることができないのが残念です。ただ、この蔓は粘り強く丈夫なため、昔は葛籠を作る材料にしたそうです。私は、以前にはリースの土台を作るときにアケビの蔓とともにこれを利用しました。アオツヅラフジの近くで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/03 14:44
雨は嫌だなぁ・・・
今日は朝から雨の一日になりました。久しぶりの本格的な雨で、夕方からは特に強さが増して、仕事が終わって剣道の稽古へ行くときなどはワイパーを稼働させても前が見えないほどの降り方でした。そのため、この頃は連日行くことができていた公園や海辺の散歩もおあずけとなり、ララもハンナも一日中つまらなさそうな様子で床やソファーで転がり、あわよくば遊んでもらおうと私の様子を目で追い続けていました。天気予報によれば、明日もお昼ころまでは雨は残り、ところによっては強く降り雷も発生するかもしれないとのことなので、夕方... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/02 23:44
ハクセキレイの数が増えてきました。
9月中旬あたりからよく目に留まるようになってきたハクセキレイが、最近はさらに数を増やしてきたようです。写真のハクセキレイは、いつもララとハンナを連れて散歩をする家から10kmほど離れた砂浜を飛び回っていた個体ですが、公園でも海辺でも、農耕地や我が家のある住宅街の中でも、いたるところで数多くのハクセキレイの姿を目にすることができ、鳴き声も朝早くからよく聞こえてきます。例年秋から冬にかけて数が増えてくるハクセキレイながら、今シーズンは特に個体数が多いように感じます。ただ、それに反比例するようにキ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/02 22:33
夜明けの空を翔ぶ
夜明けの海岸でララとハンナを遊ばせながらミサゴがやってくるのを待っていたところ、遠くから海岸線に沿ってゆったりとした羽ばたきで大型の野鳥が飛んでくるのが見えました。海面近くを低い高度で飛んでくるのでミサゴではないと分かりましたが、望遠レンズの視野に入れて見ているとサギのようです。それが近寄ってくるにつれ、大きさからいつでも撮影することのできるアオサギかダイサギだと分かったので、シャッターから指をはなして見ていました。しかし、目の前を通り過ぎるときに背景になった日が昇る前の空の色がきれいだった... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/02 12:33
海風に吹かれて
昨日の夕方は、まだ日が高い午後4時ころから海辺へ散歩に行きました。夏の頃なら暑くてハンナは車から降りることをいやがり、とても散歩などできない時間帯ですが、昨日は日差しを遮るもののない波打ち際で1時間以上遊んでいても一向に暑がる様子も見せず、私が車へ戻ることを促すまで楽しそうにララと浜辺を駆けたり漂着物を調べたりして遊んでいました。空は真っ青に晴れ渡り、爽やかな風が吹いて、ララやハンナと一緒に海辺で遊ぶには絶好の季節になりました。写真は、海をわたってくる風に吹かれて気持ちよさそうに波打ち際に立... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/01 09:00
いいお天気だなぁ!
ララとハンナに待つようにいって、ノイバラやクズ、ヤブガラシ、ヘクソカズラなどの蔓が絡み合って大きな茂みを作っている周りで昆虫や野鳥を探していてふと気が付くと、座って待っていたはずの2匹は日向で横になり、のんびりとした様子でくつろいでいました。ほんの少し前までは日向へ出ただけで暑がり、できるだけ日陰を選んで歩いたり休んだりしていた2匹ですが、、昨日のように気温は23℃ほどで爽やかな風が吹くようになると、日向でも気持ちがいいと感じるようです。暑がりのハンナでものんびりと日差しの中で毛づくろいをし... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 03:33
ウラナミシジミ
秋になって、ウラナミシジミがよく目に留まるようになってきました。今日は夏の間はヤブカが多く、とてもララやハンナを連れて行くことはできなかったフィールドへ5か月ぶりに足を向けると、少し開けた草原や空き地をキチョウやアゲハそれにヒメジャノとともに、ウラナミシジミも飛んでいました。できれば花にとまったところを撮りたかったのですが、あいにく咲いている花は何もなかったので、地面に下りて吸水しているところを撮影してきました。このフィールドは狭いながらいろいろなチョウの幼虫の食草になる植物が多く、比較的多... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 01:11
急旋回
海辺で見られるシロチドリの群れが増えてきました。いつ訪れても20羽から30羽の群れが3つほど確認できます。先日もララとハンナを散歩させながら、波打ち際から飛び立ち海上を一巡りしてはまた水際へ戻ってくることを繰り返している群れを見ていると、30羽を超える群れが近くの浜辺に向かって帰ってきました。水際へ降りたら撮影してやろうとして着地地点と思われるあたりへ近づきながらレンズを向けたとたん、着地の準備に入った群れは写真のように慌てて急旋回して方向を変え、勢いよく沖へ向けて飛んでいってしまいました。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/29 22:00
いい季節になってきました。
一日の最低気温が20℃を下回る日が続くようになって、ララもハンナも暑がることが少なくなってきました。日中は相変わらずエアコンを入れたままにしていますが、夜中の3時くらいから朝の7時くらいまではエアコンがなくても静かに寝ています。早朝の散歩に連れて行っても、歩く距離も伸び、暑いときには歩くことを渋っていたハンナも自発的に歩くようになりました。いつも元気なララなどは、広い公園の中を所狭しと駆け回っています。ララは暑いときでもよく走るイヌですが、肌寒さを感じるこの頃の朝の風の中では、まるでテニスボ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/29 00:55
ミサゴが飛んだ!
澄み渡って高さを増してきたように感じ始めた秋空高く、1羽のミサゴが飛びました。10日ほど前には海辺を飛ぶミサゴを見ましたが、今度は公園の大きな池の上空を舞うミサゴです。涼しさを感じるようになって、この辺りでもミサゴの姿が頻繁に確認できる季節になってきました。この池の周囲の広い雑木林一帯では繁殖しているらしく、例年暑さが厳しい真夏の時期を除き、番と見られる2羽のミサゴが見られ、時期によっては幼鳥も一緒に舞う様子が確認できます。これで今シーズンも大空を悠々と舞うミサゴの姿が繁殖期が終わる梅雨明け... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/28 23:33
シジュウカラの遊び
秋になって、群れになっているシジュウカラをよく見るようになりました。多いときには20羽ほどのシジュウカラにコゲラやメジロ、ときにヤマガラが交じった群れが公園の中を飛び交っています。二日ほど前も遊歩道脇のコナラやカキ、それにシマトネリコなどが立ち並ぶ周辺でたくさんのシジュウカラとコゲラの姿が見られました。その様子を近くでララとハンナとともに腰を下ろして見ていると、1羽のシジュウカラが地面に下りて土の表面を何度もつついては飛び上がっていました。近くにはシマトネリコの実やまだ青いコナラのドングリが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/28 18:33
キカラスウリの花
公園のウメの木に絡まった蔓の間で、白い花がいくつか咲いていました。近寄ると花弁の先が糸状に分かれています。見た当初はてっきりカラスウリの花だと思いましたが、糸状の部分がカラスウリのものより太いし、考えてみると9月も下旬になって咲くカラスウリの花はありません。これは花期が長いキカラスウリの花ではないかと調べてみたところ、やはりキカラスウリの雄花でした。以前から頻繁に訪れる公園ですが、これまで周辺でキカラスウリの花を見たことはありませんでした。これも思わぬところから顔を出しているほかの植物と同じ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/27 00:00
モズの高鳴き
夜が明けていく空に向かって、モズが大きな声で高鳴きを繰り返していました。この数日は最低気温が20℃を下回る日が現れるようになり、朝晩は肌に心地よい冷気が立ち込めて、あたりには秋の風情が色濃くなってきました。日の出の時刻も真夏と比べると1時間は遅くなり、日の入りの時刻も早くなって、日照時間に敏感に反応する植物などはもうすっかり夏から秋のモードへ移っています。これから日に日に秋が深まり、モズの高鳴きが本格的に聞こえだすと、渡りの途中で羽を休める夏鳥や旅鳥との出会いが期待され、さらには冬鳥の飛来が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/26 04:44
ドングリの転がる道
いつも散歩をする公園の遊歩道にドングリが転がる季節になってきました。この公園では、まずマテバシイのドングリが大量に落ち始め、それからスダジイやツブラジイの小ぶりなドングリが転がり、秋も深まるとコナラやクヌギのドングリが落ちてきます。今朝は駐車場近くの遊歩道をララと歩くと、おびただしい数のマテバシイのドングリが遊歩道を埋めるように落ちていました。一週間ほど前からよく落ちるようになっていましたが、それにしても今朝はよく落ちていました。ドングリが転がった遊歩道を見ると、亡くなったルナが歩きにくそう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/25 22:44
秋涼
今朝はハンナが珍しく車に乗りたがらなかったため、ララだけ連れて朝の散歩に行ってきました。夜が明けたばかりの空気は半袖では肌寒く感じるほど冷たく、朝晩の気温の変化に秋が深まりつつあることを実感するようになってきました。高い梢からは、シジュウカラやホオジロの声を圧するようにモズの高鳴きも聞こえるようになり、公園の土手に咲くヒガンバナは満開です。おかげで、ララも暑さから解放され気持ちよさそうに遊歩道を駆け回り飛び跳ねていました。ただ、朝露がたくさん草の葉に乗る季節になり、背が低く足の毛も多いララは... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/25 09:33
日溜まり
9月も下旬に入ってリビングルームに入る日差しもずいぶん傾き、部屋の奥まで光が入ってくるようになりました。朝から夕方日が西の空低くなるまで、リビングルームの中にはどこかに日溜まりができています。部屋の中はまだララやハンナのために夏のころと同じようにエアコンを入れているので、少し気温が下がってきたこの頃では、ネコのマリーや小次郎は暖かさを求めてそんな日溜まりを選んで休むことが多くなってきました。写真は、朝ご飯を食べた後、朝の光が当たるソファーの上で気持ちよさそうに眠る昨日のマリーです。今日はあい... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/22 21:44
クリ拾い
昨日の散歩では、クリ拾いができました。思わぬところでキビタキと出会ったあと、人がほとんど入ってこない雑木林の奥へ入っていくと、たくさんの毬とともに所々に艶のある大きなクリの実が転がっていました。見上げると大きなクリの木の枝にはまだたくさんの毬がついています。あたりに落ちている実を拾ったあと、少し枝を揺らすといくつかの毬が落ちてきたので、足で踏みつけるようにして毬を取り除いてその中の実も拾うと、散歩バッグの中が結構な数のクリの実で埋まりました。ララとハンナは、私がクリの木に上り枝を揺らしている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/22 05:55
キビタキだっ!
今日は雑木林の中を散歩中に、思いがけなくキビタキと出会いました。林の奥の大きな木が立ち並び、重なり合った枝で昼でも薄暗い遊歩道をララとハンナと話をしながら歩いていたところ、私たちの声や足音に驚いて落ち葉の積もった土手から何かが飛び立ちました。その飛んで行った先の枝の間を探していると、高い枝で動く黄色が目立つ野鳥の姿を見つけました。場所を移動しながらその野鳥を望遠レンズの視野に捉えると、小刻みに動いているキビタキの雄です。夏を山の中で過ごし、秋の到来を知って南へ渡って行くために山を下りてきたよ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/21 22:11
ノウタケ
雑木林の木陰で、ノウタケが落ち葉の間からたくさん顔を出していました。ノウタケは成長すると表面にシワがより脳の表面のようになる場合があることから名が付いたらしいですが、幼菌のうちは形がパンやポットパイのように見え、手触りもパンのような弾力のある柔らかさがあります。長い間歩いている雑木林の中ですが、これだけたくさんのノウタケが一度に見られたのは初めてのことです。近くを歩き回って見ると、大きなシロオニタケモドキや小さなヒトヨタケの仲間などいろいろなキノコが地面や朽木から頭をもたげていました。雑木林... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/21 12:33
散歩が楽になりました。
昨日は曇り気味だったこともあって気温も低めだったので、夏の間は暑くて敬遠していたお昼過ぎの時間帯に散歩をしてきました。公園の中は、夏の暑さはすっかり影を潜めて秋を感じる心地よい風が吹き、ララもハンナもそれほど暑がる様子も見せず、スダジイのドングリやヤマグリの毬が転がる雑木林の中を楽しそうに一巡りしてきました。涼しさがやってきて考えることは皆同じらしく、暑さの中ではイヌを連れた散歩姿は見られない時間帯だったのに、昨日はイヌを散歩させる人たちの姿が何組も見られました。まだ中には暑さを感じる日もあ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/21 05:11
ヒガンバナが咲きました。
一昨日あたりから開花が始まったこの辺りのヒガンバナが、今日はあちこちで一斉に開花しました。ちょうど今日は彼岸の入り、いいタイミングでの開花です。お昼過ぎにララとハンナを散歩させようと車を走らせると、公園への道すがら、土手や田の畦のあちこちでヒガンバナが秋の日を受けて燃えるような色で咲いている光景にであいました。散歩をした公園の中でも数は少ないもののヒガンバナの花が咲き始め、遊歩道にはドングリの実が転がりだしています。いよいよ厳しい暑さに閉口した夏が過ぎて、本格的な秋の気配が兆してきました。写... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/20 17:11
ヒヨドリバナを供えます。
9月20日の今日は、母の祥月命日です。過ぎてしまうと早いもので、2010年に亡くなってもう7年の歳月が過ぎました。この年は、2月に父が亡くなり、その後3月には義父が、4月には父の妹である叔母が亡くなり、そして父の後を追うように夏の暑さが遠のき始めた9月になって母が亡くなるという我が家にとっては大きな変動のあった大変な年でした。周りの支えがあったおかげで静かに父母たちを送ることができましたが、今でも家族や親族でこの年の話が出ると、いつもみなの心には看病や葬儀が立て続いた大変な年だったとの感慨が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/20 12:55
タカサブロウ
9月も下旬に入ろうとしていますが、田の周囲ではまだタカサブロウの白い小さな花がたくさん咲いています。先月には水路近くや田の水際で鮮やかな黄色の花を咲かせていたヒレタゴボウは勢いがなくなり、花の数が目に見えて減ってきましたが、タカサブロウはまだまだ元気です。ただ、さすがにこの時期になると花だけではなく、これから熟していこうとしているたくさんの緑色の実が見られます。タカサブロウは史前帰化植物と考えられ、水田の周辺では昔から馴染みのある植物であるのに、何を調べてもこの名称のいわれはよく分かっていな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/20 04:44
群れを作ったシロチドリ
先月下旬あたりから数が増えてきたシロチドリが、30羽を超える群れを作りました。繁殖期が終わり、南へ渡っていくための群れが形成されてきたようです。今年の夏はこの海岸で繁殖したシロチドリの番の数は少なかったうえに巣立った雛が少なく、コアジサシも少なかったこともあって浜辺は例年になく寂しい状態でしたが、この頃では訪れるたびにシロチドリの数が増え、鳴き声もよく聞こえてきてにぎやかです。人が訪れることが多い海岸のため人に慣れていて、それほど人影を恐れることがなく観察がしやすい群れながら、さすがにララや... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/19 18:33
台風が去って
午前1時くらいまで強く吹いていた風もおさまり、一時は激しく窓を叩いていた雨音も日付が変わったあたりから聞こえなくなってきました。気象庁の台風情報を見ると、現在台風18号は北陸あたりを北へ向かって進んでいるようです。幸い我が家では何の被害もなく、一時ペットたちは強い風雨に不安そうな様子を見せていたものの、風雨の収まった現在はいつもの夜のような落ち着きが戻り、静かに横になっています。これでひとまず台風騒動は落ち着きそうですが、これから台風が向かう進路にある地方での被害がないようにしたいものです。... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/18 03:11
ミサゴが現れた!
台風18号が運んでくる低く垂れこめた雲が流れる空を、ミサゴが飛びました。ミサゴは留鳥とはいうものの、この海岸では夏には見られなくなり、秋が深まってきた頃から春までの間によく見ることができます。そのミサゴが、ララとハンナと一緒に歩いていた海辺の沖合をゆったりと翼を羽ばたかせて飛んで行きました。暗い曇り空だったうえ遠くを飛んだので、褐色と白の体色のコントラストはうまく画像に現れませんでしたが、それでもこの秋初めてミサゴの姿を見ることができた確認画像にはなりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/17 23:33
思いがけなく散歩ができました。
台風18号が接近してはいましたが、今日は午前中からお昼ころにかけて雨がやみ風も弱まり、路面も乾いてきたため、再度雨が降り出す前に散歩をしておこうと急いで海辺へ出かけてきました。海は大きなうねりを伴い始め、岸に打ち寄せる波はいつもと違い激しく砕けて飛び散っていましたが、風は強くなかったのでまだ海面に白波はたっていませんでした。それが夕方からは風が強くなり雨も降り出して、午後10時を回った現在は外へ出るのは危険と思われる状態になってきました。台風の襲来を前にして、今日明日は散歩ができないと思って... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/17 22:33
雨が強くなってきた!
早朝には穏やかに降っていた雨が、午前8時頃からは本降りになってきました。外からは、雨粒が庭木の葉や路面を叩く音、しぶきを上げて走る車の音が聞こえてきます。昨日たくさんのアシが刈り取られた家の前の調整池にも、大量の水が溜まり始めました。台風の接近はまだ少し先になるようなので、この雨は台風に刺激された秋雨前線が降らせる雨のようですが、せっかくの連休がこの雨と明日にはやってくるであろう台風によって何もできずに終わりそうです。ララとハンナも散歩に出かけることもできず、一日中家の中に閉じ込められて暮ら... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/16 16:00
ハギの花
先日訪れた八ヶ岳山麓では、秋の野草に交じってヤマハギやミヤギノハギの花がたくさん見られましたが、9月も半ばを過ぎようとする頃になって、このあたりでもフィールドの中でヤマハギの花が咲き乱れるようになりました。今年は、中秋が10月4日と例年に比べ遅いお月見となります。3年前の中秋のように9月初旬では、フィールドの中でススキやハギの花を探すのに苦労しますが、今年は十分成長して穂を出したススキや、たくさん花をつけたハギを飾ることができそうです。写真は、昨日撮影した農道の脇で群れ咲いていたヤマハギの花... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/16 10:33
台風がやってくる!
今朝は散歩に海辺へ行こうと考えていましたが、朝起きると雨が降っていて道路はすっかり濡れていました。まだ風はないものの、台風18号の影響が出始めたようです。私がいつもの時間に階下へ降りていったので、散歩へ行くことができると喜んだララとハンナでしたが、カーテンを開けて雨が降っているのを見せてやると、出かけることは諦めたようでした。これで台風が通り過ぎるまで2日ほどは海辺の散歩はおあずけになります。気温も下がってきて散歩がしやすくなってきたので、できるだけ写真のように海辺や公園で自由に遊ばせてやり... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/16 08:55
コアジサシの姿が消えました。
秋がやってきて、今シーズンのフィールドではもともと数が少なかったコアジサシの数がめっきり少なくなり、この頃ではほとんど見かけることがなくなってきました。そろそろ南へ渡っていくものが増えてきたのかもしれません。海辺で見られる野鳥の中でもコアジサシは好きな野鳥の一つで、特に大空を軽快に飛び回る姿を見ると、俄然撮影意欲がわいてきます。来シーズンは、真っ青に晴れ渡った夏空を飛び回るたくさんのコアジサシを見てみたいものです。写真は、先月の末に撮影した、夜が明け始めた海の上で獲物に狙いをつけてホバリング... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/15 16:55
クズの花
フィールドの中のあちこちの茂みで木や草に絡みついたクズが、9月に入ってたくさんの花をつけるようになりました。繁殖力の強さから農家に煙たがられることはもちろん、私にとってもバードウオッチングや自然観察をするため夏の茂みや林に入るときには障害になって困るクズですが、秋に花の咲くときだけは近寄って撮影したり、この花に集まる昆虫を探す楽しみの対象になります。また、この蕾や咲いたばかりの柔らかい花は食用にもなり、根から葛粉を取るような手間暇をかけることなく季節感を味わうことができます。さらにこの頃では... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/15 02:44
残念!
昨年の秋に、公園の遊歩道の脇でひっそりと咲いているツリガネニンジンの花を見つけました。よく見るともう一株が近くのクマザサの陰で芽を出して、どちらも薄紫色の特徴のある形をした花を吊り下げていました。この公園では滅多に見られない野草なので、今年もこの花が見られることを楽しみにしていたところ、春には同じところから芽が出て葉を広げていました。そのため、そろそろ茎も伸び花が付き始めたのではないかと期待して確認に行ったところ、なんと公園整備の草刈が行われて辺り一帯の草は一網打尽に刈り取られ、ツリガネニン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/14 14:44
間一髪
深夜に降った雨で濡れた路面が乾き始めていたので、午前5時過ぎから日が昇る前後の涼しさの中で公園の雑木林の中を散歩してきました。あちこちの木々でホオジロやシジュウカラが飛び交い鳴き交わす様子を楽しみながら遊歩道を一周りして、午前6時半を過ぎるころに帰宅しました。すると家へ入り腰を下ろして10分もしないうちに明るかった空が急に暗くなり、大粒の雨が大きな雨音をたてて降り出しました。もう少し公園でのんびりしていたらずぶ濡れになるところでしたが、間一髪のところで濡れずにすみました。その雨は短時間でやん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/11 15:11
ハヤブサが飛んだ!
昨夜も絵を描いていたら寝そびれて、気が付くと夜明け近くになっていたので、まだ薄暗い午前5時からララとハンナを連れて海辺の公園へ行ってきました。砂浜に座って朝日が昇ってくるのを待っていたところ、ふと北の空を見るとようやく光が広がり始めた空を背景に1羽の猛禽が飛んでいました。望遠レンズを向けると翼の形や尾羽の長さからハヤブサのようです。近くを飛んでくれれば夜明け前の乏しい光の中でも体色や斑紋などが確認できたでしょうが、直線距離でも100m以上離れていて速い速度で遠ざかる一方だったため目視で確認す... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/10 08:11
キツリフネの花
久しぶりに、本当に久しぶりにキツリフネの花と出会いました。楽しく過ごした八ヶ岳山麓に別れを告げて家路につこうと車を動かし始めたところ、木々の間から八ヶ岳の全貌が見えました。車の通行もほとんどなかったので路肩に車をとめ、山の写真を撮ろうとしてよい構図になる場所をを探して移動しながら足元をたしかめるために視線を落とすと、清水の流れる溝の脇に一叢のキツリフネが特徴のある花をたくさん咲かせていました。毎年濃いピンクのツリフネソウの花は見ていましたが、キツリフネの花を見るのは何年ぶりになるでしょうか。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/10 03:55
コバギボウシ
1週間前に滞在した八ヶ岳山麓では、少し盛りを過ぎてきた感はありましたが、あちこちでコバギボウシの紫色の花が見られました。オオバギボウシの花より濃い目の、品のいい紫色をしています。特に別荘周辺では、歩いていく先々の木陰で点々とこの花がノギクの仲間やアザミの仲間とともに咲いていて目を楽しませてくれました。私が住むあたりでは、園芸品種のギボウシはときどき公園や庭に植えられたものを見かけますが、自然の中に咲くこの花は見ることはありません。滞在中は、毎日外を歩くたびにこの花を堪能してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/09 19:55
夜明けの海
一昨日の夜は本を読んだり絵を描いていたところ眠くもならなかったので、ひと晩起きていました。気が付くと午前5時近くになっていてカーテンを開けると空が白んできていました。しばらく明るくなってくる空を見ていると雲が染まりだし綺麗な朝焼けが現れ始めたので、寝るのはやめて夜明けの海を見てこようと思い立ち、ララとハンナを起こして車に乗せ、海辺の公園へ行ってきました。朝日が昇る前の海は人の姿もなく静かで風も涼しく、2匹は気持ちよさそうに広い砂浜を駆け回って遊んでいました。夏の間は海水浴や海遊びを楽しむ人た... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/09 01:55
野鳥とは出会えなかった!
八ヶ岳山麓に滞在中は、趣味のバードウオッチングもできるかと楽しみにしていました。ところが、平地にいるときには見られない高原の野鳥とはまったく出会うことはできませんでした。散策をすればカラ類の声は聞こえてはくるものの、どれも林の奥や梢高くにいることが多くて撮影までできるような状況はほとんどなく、朝からベランダに椅子を出して別荘の周囲の木立にやってくる野鳥も待ってみましたが、これも期待したようにはやってこなくて、遠くで声を聞かせたり、高い梢の間を飛び交う姿を見せてくれただけでした。楽しい旅行では... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/08 22:55
キベリタテハ
別荘地の中をキベリタテハが飛んでいました。キベリタテハは幼虫の食草がダケカンバやシラカバのため、標高が800mから1000mを超える高原へ来なければ見ることができないチョウです。それが突然ミズナラの木陰から現れたので、急いでカメラのスイッチを入れレンズを向けました。しかし、草や木にとまることはなく敏捷に飛び回るばかりだったため、なかなかシャッターチャンスはありませんでした。それでもほんの一瞬とまったときに撮影したのがこの写真です。ただ、せっかくとまっても翅を開いてくれなかったので、このチョウ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/08 02:55
シラヤマギク
秋を迎えようとする八ヶ岳山麓では、いたるところでノギクの白や薄紫色の花が見られました。ただ、別荘地の木陰では薄紫色のノコンギクやヨメナの花は見られず、白い花弁を持つシラヤマギクやシロヨメナがイブキボウフウやヒヨドリバナと花の白さを競い合うように草の間から立ち上がり、涼しい風に揺れていました。特にシラヤマギクの数は多く、あちこちに点在して丈高く伸ばした細い茎の先で疎らに舌状花を広げ野趣に富んだ姿を見せていました。写真は、カラマツ林の中の散策道の脇でひっそりと咲いていたシラヤマギクです。私のフィ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/07 22:55
ミヤギノハギ
平地より一足早く秋の気配が漂っていた高原では、あちこちでハギの花が風に揺れていました。ヤマハギはこの辺りでも8月から開花を始めちらほらと花が見られますが、さすがに秋の到来が早い高原に生えるものはたくさんの花を咲かせ、そのほかメドハギやミヤギノハギもたくさん見ることができました。写真のハギの花は、滞在した別荘地から車で数分の距離にある別の別荘地に咲いていたミヤギノハギです。別荘の敷地内に咲いていたので、おそらく野生のものではなく植栽されたものでしょうが、涼しい早朝の風に優しく揺れて、近くに咲く... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/06 16:55
朝の散歩
朝の散歩の途中で一休みするハンナです。高原の朝の散歩は涼しく快適で、暑さには極端に弱いハンナでも大きく息を弾ませたり長い舌を出すことなく、たくさん歩くことができました。特に別荘地の中は、ミズナラ、カラマツ、クリなどの大きな樹木が作る木陰が多く、そんな木立の間をわたってくる風は実に爽やかでした。歩いているとススキの穂が風に揺れて、地面には青いクリの毬がたくさん落ち、所々では大きなトチの実も転がって、秋がやってきていることを告げていましたが、紅葉にはまだ少し早く、写真のハンナの後ろに見えるドウダ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/05 15:55
エゾアオカメムシ
別荘の玄関へ入っていく途中には、ヤマアザミ、コバギボウシ、ハクサンフウロ、ヒヨドリバナなどいろいろな野草が花を咲かせていました。その中にイブキボウフウも数株あり、たくさんの真っ白な花序を広げ、いろいろな昆虫を呼び寄せていました。そこに集まっていた昆虫の一つが、写真のエゾアオカメムシです。これは北海道や東北では平地でも見られるそうですが、私が住んでいるあたりではある程度高さのある山の中へ入らなければ見ることが難しいカメムシです。ちょうど私が玄関を出て駐車場に行こうとして、何気なくイブキボウフウ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/05 00:55
タマゴタケ見つけた!
カラマツとミズナラが入り混じって並ぶ林の中を歩くと、あちこちでハッタケ、ハナイグチ、ミヤマカヤタケなど食用になるキノコを含めて、いろいろなキノコが顔を出していました。中には、アカネズミやムササビなどが齧ったらしい食痕のあるものも見られます。家の周囲のフィールドでは見られない、そんなキノコたちを探したり高原の野草を撮影していると、一緒に歩いていたララがミズナラの根元の匂いを嗅ぎ前足で土を掻く動作をしました。アカネズミの巣穴でも見つけたのかと思って近寄ってみたところ、腐葉土が崩れたところから鮮や... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/04 11:55
ツリフネソウ
別荘地近くのカラマツ林の中を抜ける道路を、窓を開けて爽やかな早朝の高原の風を入れながら車で走っていると、道路沿いの茂みに濃いピンクの花の群落が目にとまりました。もともと交通量は少ないうえに朝早いので通る車もなかろうと道路脇に停車して茂みに近寄っていくと、にじみ出るように清水が湧き出ている辺り一帯にツリフネソウが朝露を宿してたくさん咲いていました。晩夏の山へ来ると見ることを楽しみにしている野草の一つに出会うことができ、嬉しくなって車からカメラを持ち出してきて何度もシャッターを押してきました。近... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/03 16:55
久しぶりの八ヶ岳高原
夏の休暇の後半を利用して、8月31日ら今日まで高原の清澄な空気の中で家族やペットとともにのんびりと夏の疲れを癒してきました。以前はよく訪れていた八ヶ岳山麓でしたが、ここしばらくは足が遠のいていました。それが、今年は義母が90歳になるので、そのお祝いと記念に以前よく遊んだ八ヶ岳周辺で夏のひとときを過ごそうという話がまとまりました。私と妻はララとハンナを連れて車で現地へ向かい、義母は息子が東京まで迎えに行き、妹と一緒に列車で連れてくるという予定を立て、小淵沢の駅で落ち合い久し振りに皆で揃って高原... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 23:55
キョウジョシギ
夕暮れの波打ち際を歩いていると、1羽のシギと思われる野鳥がほんの20mほど離れた小石が打ち上げられている浜辺へ降り立ちました。いつものイソシギだろうと思いながら望遠レンズを向けてみると、なんとこの浜辺で初めて見るキョウジョシギです。この海岸から15km以上離れた大きな川の河口付近では春や秋の渡りの時期に見ることはありますが、このあたりの海岸では見た記憶がありません。折悪しく夕日が山の彼方へ落ちて光が急激に乏しくなってきた時間でしたが、残照の中で30枚ほど撮影してきました。普通は群れでいること... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/30 21:44
朝日が昇った!
今朝は日の出前から公園の散歩に出かけてきました。朝刊を取り入れるため玄関を開けたところ、涼しい風が吹いていました。気温を見ると25℃と最近の朝にしては低めだったため、新聞を読むことは後回しにして涼しいうちにララとハンナの散歩をしようと、急いで散歩の用意をして2匹を車に乗せました。公園について朝の爽やかな風の中を歩いていると、池の端に来たときに雑木林の梢が連なる間から金色の光が差し、やがて朝日が昇ってきました。朝の光が明るく池の面を金色に染めると一陣の風が吹き渡り、桜並木の葉が軽い音を立てて鳴... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/28 07:44
1羽のアマサギ
夏も終わりに近づいて、そろそろアマサギも渡りのための群れを作る季節になってきました。先日も20羽を超える群れと出会いましたが、そのうちの半数は冬羽に変わっていました。ところが数日前、車で走行中に出会ったアマサギは、頭部や背にはまだきれいな亜麻色残し、1羽だけで朝露が光る水田の畦に舞い降り、夢中で草の間に首を突っ込んでヌマガエルやバッタの仲間を捕食していました。相当たくさんの餌になる生き物がいるらしく、見ている間に草についた露で首や胸はすっかり濡れてしまいましたが、そんなことは一向に気にならな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/28 03:11
夕映えの中で
昨日は夕方から気持ちのよい風が吹きだし、気温も最近になく低めだったので、午後5時半過ぎからララとハンナを連れて海岸を散歩してきました。これまでは午後6時を回っても気温は30℃を越え湿度も高い日が多かったため夕方の散歩はほとんど出来ませんでしたが、そろそろ子供たちの夏休みも終わる頃になって朝夕の空気や光には秋の兆しを感じ取ることができるようになってきました。ひと月前は午後7時を回っても明るかったのに、最近では日の暮れが目に見えて早くなり、午後6時半を回ると夕闇が忍び寄ってきます。昨日もララとハ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/28 01:44
野鳥の声を楽しんだ朝
玉になった露がいたるところで光る草むらの中を歩いていると、夜が明けて明るさを増してきた空に向かって、ホオジロが大きな声で囀っていました。いつものように高い梢ではなく、丈高く伸びた草の先にとまって、私の目の高さで鳴いています。ちょうど身を隠すことができる草陰があったので気づかれずに近寄ることができ、かがみこんで鳴き声を楽しみながらレンズを向け、ホオジロのいろいろな動作を撮影していました。すると、すぐ近くでセッカも風に舞う木の葉のようにひらひらと飛びながらしきりに鳴き始め、少し離れた草はらからは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/26 18:44
遅い巣立ち
巣立ちしたツバメの若鳥が電線に並んでいました。総勢6羽の兄弟で、まだ嘴に黄色が残っています。この時期の巣立ちということは、2回目の繁殖をした番の子供でしょうが、短めの翼と尾羽ながら上手にあたりを飛び回っては電線に戻っていました。あとひと月ほどすれば、集団で渡りをするために川原や池の岸に生えるアシ原にたくさんのツバメが集まるようになります。それまでにしっかり餌を食べて丈夫な体を作り、群れと一緒に南へ渡っていかなければなりません。天敵に襲われることなく無事に海を越え、来年も戻って来てくれることを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/25 02:33
微かに秋の気配
昨日は暦の上で処暑でしたが、厳しい暑さは一向に収まる気配をみせず、暑さにあえぐ日が続いています。しかし、気温は下がらないものの、朝晩の空の色や光にはときどき秋の気配がのぞくようになり、2、3日前からは、日が落ちると草むらからコオロギの鳴き声が聞こえるようになりました。この写真を撮った昨日の朝も午前6時前ですでに気温は27℃となっていたものの、空は澄んで高さが増してきたように感じ、ハンナの足元の草の中ではコオロギの声がして、海辺にも微かな秋の気配が忍び寄ってきていました。目には定かに見えないも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/24 22:33
朝の光の中を
早朝の透明感のある光の中をシロチドリが飛び交っていました。真夏の海岸は相変わらず出会うことのできる野鳥の種類や数は少ない状態ながら、海辺で繁殖をしたシロチドリは、イソシギとともに毎日渚や海上を元気に飛び回っています。今シーズンはこの海岸で巣立ちした雛の数は1羽だけと寂しい状態ですが、渚を歩く姿や、波の上を飛ぶ様子を見ることは海岸を散歩するときの楽しみの一つです。今シーズンは、夏になると海上を行き来し、海に飛び込んで魚を獲る様子をみせて楽しませてくれるコアジサシの姿がほとんど見られないので、い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/24 19:55
ハクセキレイの幼鳥
海辺を歩いていると、波打ち際あたりでセキレイの鳴く声が聞こえてきました。声に誘われて近寄って行ったところ、波が運んできた漂流物の陰で3羽のハクセキレイが濡れた砂の上を歩いていました。1羽ずつ望遠レンズの視野に入れて確認していくと、2羽は成鳥ですが、1羽はまだ全身が灰色で顔には黄色が残る幼鳥でした。今年孵った子供を連れた番のようです。成鳥はいつでも見られるので、幼鳥に焦点を合わせてレンズをを向けていると、突然砂浜から飛び上がって、すぐ近くの波に濡れる防波堤に降り立ちました。親鳥の方は餌を探すこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/23 22:11
雷雨はあったけれど
今朝も早朝に雷雨がありました。このところ連日未明から夜明けにかけて夕立のような強い雨とともに雷が鳴ります。時間的には短ければ15分程度、長くても1時間程度なのですが、ララとハンナの散歩をする上では気になる雨です。今朝は比較的短時間の雨だったので、路面は濡れてはいたものの海辺の砂浜はかえって適度の水分を吸ってしまり歩きやすかろうと考えて車を海へ向けて走りました。すると家から10kmほど離れた海辺の辺りでは、それほど雨は降らなかったらしく、青空が広がり路面や砂浜もほとんど濡れていませんでした。海... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/23 17:00
ヒレタゴボウの咲く季節
ヒレタゴボウの花が咲く季節になりました。田の畦や水路の周辺のあちこちでたくさんの黄色の花が見られ、中には子供の背丈より高く生長しているものもあります。ヒレタゴボウは太平洋戦争後に帰化植物となったと聞いていますが、田や野原で毎日遊んでいた子供の頃には見た記憶はほとんどありません。しかし、最近では8月から10月ころの田の周辺でよく見ることができるようになりました。ただ、群落を作っていても、それが数年続くところはほとんど見たことはありません。ナス科の植物のように同じ土地での生育を忌避するのか、種子... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/23 05:55
大丈夫かな?
昨夜は剣道をしたあと心地よい疲れが残り、横になるだけのつもりでベッドで本を読んでいるといつのまにか眠ってしまい、目が覚めると午前2時を回っていました。それからは眠る気にもならず絵を描いていると、夜明け近くになり空が白み始めたため、もう少ししたらララとハンナの散歩に行こうかと考えながら絵筆を走らせていたところ、遠くから雷鳴が聞こえ始め雨音が聞こえてきました。すると、ララは平気で横になっているのに、ハンナは落ち着かない様子で部屋の中を回りだし、すぐに私にくっついて体を押し付けてきました。どうも雷... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/22 14:55
葉の先にとまったアキアカネ
朝日が昇り始めた田の畦で、たくさんの朝露を置いたエノコログサの葉の先にアキアカネがとまっていました。近寄っても、ちっとも逃げようとする気配をみせません。どうも朝日が差してくる方向へ翅と体を垂直に向けて、朝露に濡れ重くなった翅を乾かしていたようです。朝の光を透かして光る翅がきれいなので驚かせないように距離をおいて様子を見ながら撮影していると、強さを増してきた光で羽も乾いたのか、しばらくすると元気に飛び立っていきました。8月になってから田の上を飛ぶアキアカネの数が増えてきましたが、これからは日を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/21 14:11
ヤマガラの食事
駐車場から公園の中へ入り、木々の枝が頭上に被さりトンネル状になった遊歩道を歩いていると、枝の間からヤマガラの声が聞こえました。近くにヤマガラが好きなエゴノキがあるので、その近くへ行き待っていたところすぐに1羽のヤマガラがやってきて地上に落ちているエゴノキの実を拾い上げ、目の前のユズリハの枝に飛び上がってその実をつつき始めました。いつものことながら、まん丸の実を上手に片足で握り根気よくつついています。ヤマガラは概して人に慣れやすい野鳥ですが、ララとハンナがその枝のすぐ下で歩き回り、私も数メート... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/20 12:33
ヒマワリ畑にて
自然観察をするフィールドの一角にヒマワリ畑があります。面積は5aほどですが、大きなヒマワリの花が一面に咲き、辺りに広がる緑色の草木の中で花の黄色が際立っています。散歩の帰り道で、そろそろ種子を作るものも出てきたころだから、それを求めてカワラヒワがやってくるかもしれないと思いついて車の方向を変え、ヒマワリ畑へ行ってきました。すると、まだこの畑のヒマワリは今が盛りと咲き誇っているものがほとんどで、種子ができているものはほんのわずかでしたが、花を撮影しながら少し待っていたところ、やはりカワラヒワが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/19 22:33
ササゴイとケリ
早朝の干潟で野鳥を探していると、ケリが餌を探している近くへササゴイが舞い降りてきました。朝の食事に来たらしく、ササゴイはすぐに水際へ行くと狙いをすまして何度も突き刺すように素早く水中へ嘴を入れ、頭を上げるとその度に小魚が嘴の間で光っていました。狙った獲物を外すことなく百発百中の見事な早業です。今シーズンは、この干潟のある入江に来ることが少なかったため、ササゴイの撮影もほとんど出来ませんでした。8月も半ばを過ぎて、ここでササゴイを見ることが出来るのもあとひと月ほどです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/18 12:55
アマサギの群れ
車を走らせていると、遠くの雑草が茂る荒れ地に群れるサギが目にとまりました。側道に入って車をとめ望遠レンズ越しに見ると、ダイサギが1羽入った20羽を超えるアマサギの群れです。細い道をあちこちたどって近寄ろうとしましたがサギのいるところまでたどり着ける道はなく、やむなく遠くから群れの動きを見ていました。しかし、昨年見た100羽を超える大きな群れとは比べもにならないものの、今シーズン確認したうちでは大きな群れだったため、何とか近寄って撮影しようと車から降り徒歩で草の中を移動していったところ、50m... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/17 18:33
モノトーンの世界
雲が垂れ込め今にも雨が降ってきそうな海岸の防波堤で、アオサギ、ダイサギそれに20羽を超えるカワウが羽を休めていました。白や黒それに灰色の野鳥たちが勢ぞろいし、曇り空を映した海の色を背景にモノトーンの世界が広がっていました。今年のお盆は明るい太陽を見ることはほとんどありませんでしたが、今日もまた朝から一面の曇り空が広がっています。得意のポーズで翼を広げるカワウたちも、こんなお天気ばかりでは濡れた羽が乾くまでに時間がかかりそうです。厳しい暑さは願い下げですが、そろそろ明るい青空を見たくなりました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/17 09:11
送り盆
今年のお盆も終わりました。今朝は早くから精霊送りの用意をし、送り火を焚いた後お寺へご先祖を送り、お墓参りもしてきました。送り火といえば毎年のことですが、迎え火を焚くときは感じないのに、送り火を焚くときには一抹の寂寥感を感じます。ご先祖が目に見えるわけでも話ができるわけでもないのに、長年経験してきた送り盆の後は一年先まで家の中には亡くなった人たちはいなくなるという、お盆の行事の中での言い伝えと結びついているのか、夏が終わる時期になったことを感じ取っての感覚か定かではありませんが、今年もこの時期... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/16 19:00
一日中雨だった!
今朝は久々に雨の朝になりました。この頃は連日早朝の散歩に行くことができていたララとハンナは、私が起きて階下へ下りていくと早速散歩に行くことができると喜びました。しかし、カーテンを開けて雨が降っている様子を見せて散歩に行くことはできないというと、どちらもあきらめきれないといった表情をしながら残念そうに床の上で横になってしまいました。今日は日差しもなく、最高気温も最近では33℃以上の日が多かったのに、珍しく27℃どまりで散歩しやすい状態なので、雨さえやめば早朝でなくても散歩ができたのに、とうとう... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/15 23:55
メマツヨイグサ
今年の夏は、海岸の砂浜でメマツヨイグサがたくさん見られます。例年ハマヒルガオの花期が終わると匍匐するコマツヨイグサが砂地を覆う一帯ですが、その間からたくさんのメマツヨイグサが立ち上がって、高いものでは1メートルを超える草丈で先端にいくつかの黄色の花を咲かせています。オオマツヨイグサが林立して直径10cm近い花を開いているような見事さはありませんが、それでも直径5cm弱ほどの花が頭を揃えて咲いている様子はきれいです。写真のメマツヨイグサは、人に踏まれることが多い場所で1本だけ50センチほどの草... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/14 19:55
渚にて
潮が引き始めた渚を、シロチドリが1羽歩き回っていました。近寄って行っても逃げることもなく、こちらを見ながらあちこち動き回っています。先月末に、巣立ちした若鳥を従えたシロチドリを撮影した浜辺を、ララとハンナを連れて今朝早くに散歩していたときのことです。撮影するには適当な距離だったので、波打ち際の散歩を楽しんでいるようにも見えるシロチドリにレンズを向けていろいろなポーズを撮影してきました。それにしても、今シーズンは、数は多くないにしろこの浜辺ではシロチドリはよく確認できますが、コチドリの姿はまだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/12 23:33
とにかく暑い!
公園の温室周辺では、高い気温や強い日差しの中で夏の花や熱帯地方の花が花ざかりになっています。早朝散歩のついでに立ち寄ると人の姿はなく、一つ一つの花をゆっくりと見ることが出来るのですが、散歩を終えるころにはララとハンナはすっかり暑さに参ってしまい、そんな花を見るよりも早く車の中でエアコンの風に吹かれたくなっています。そのため私が好きなハイビスカスやプルメリアの花を見たり、簡単にスケッチをしてみようと思っても、2匹はなかなかそんな余裕を与えてくれません。私もこの厳しい暑さでは2匹もさぞ辛かろうと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/11 23:44
ミソハギ
お盆が近づき、フィールドの中の田の脇でミソハギの花が咲きました。ミソハギは盆花にする地方が多く、このあたりでもよく仏壇に飾りますが、この頃では土地開発が進んで野で見ることは少なくなりました。子供の頃には祖母とこの花を探して歩くと、田の畦や土手に群れ咲いていた記憶が朧げながら残っていますが、最近では私が自然観察をしている数か所のフィールドの中でもこの写真を撮ったところでしかお目にかかれません。今朝はたっぷりと朝露を含んだ草むらの中で咲くミソハギの花を、遠い昔を懐かしみながら楽しみ撮影してきまし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/11 17:33
蒸し暑かった!
今朝は午前5時半過ぎでも気温がすでに28℃あり、おまけに湿度が90%を超えて蒸し暑い朝になりました。散歩に出ようと玄関を出た途端にむっとする湿った空気が肌を覆い、一度に汗が吹き出てきました。そのためせっかく公園へ行ったのですが、ハンナにとっては耐え難い暑さだろうと考え、散歩も20分ほどですませ広場で自由に遊ばせたあと、いつもより早く車に乗り込みました。ララもハンナも、もう帰ろうか、と声をかけると私の先に立って駐車場へ向かい、車のドアの前で待っていました。どちらもよほど今朝の暑さは堪えたようで... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/11 08:11
魚が跳ねた!
いつも散歩に訪れる海岸では、魚が集まってきているのか、最近よく水面から魚が躍りあがります。先日は岸から100m以上離れた水域で体長30cmから50cmはある、おそらくボラと思われる魚が群れを成し、水面から大きな水しぶきを上げて飛び跳ねていました。遠くから見ていても水面の各所で大きな水しぶきがあがり、魚の白い腹が朝日にきらめいて壮観でした。それが今朝は岸近くで、体長10cm前後のボラやアジ、スズキの稚魚らしい魚が水面近くに群れて、水の輪を作ったり水面から飛び上がってさかんに小さな水音を立ててい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/10 17:55
ハグロトンボ
小川の岸にサクラの枝がかぶさり、その下をクズの蔓が覆う陰で、たくさんのハグロトンボが飛び交っていました。3日ほど前に、この小川に現れるカワセミを探しに来たおりには、シオカラトンボやコシアキトンボ、それにアキアカネはちらほらと見られましたが、ハグロトンボは影も形もありませんでした。ハグロトンボは羽化した当初は陰の多いところで集まり、それから明るいところへ出ていくと聞いたことがあるので、ちょうど羽化したところだったのかもしれません。川面やクズの葉の間を飛び交う様子を見ていたところ、この群れはほと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/09 18:33
ヒマワリに種子ができた!
ヒマワリの花は、強烈な日差しを受けて今がさかりと鮮やかな黄色の花弁を空に向けて咲いていますが、写真のヒマワリはフィールドの中の畑の脇に数十本が植えられ、7月上旬から小さめの花をたくさん咲かせていました。それが8月に入ってからは早々と種子を作り、本体はすっかり枯れた状態になりました。こんな状態になるとこの種子が大好物のカワラヒワがやってくるだろうと、この1週間くらい機会があるごとに様子を見に訪れていたところ、やはり20羽を超えるカワラヒワの群れがやってきました。中にはまだ巣立ったばかりの若鳥も... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/09 12:55
風は爽やか
長い時間雨を降らせた台風5号も今日未明には日本海で温帯低気圧になりました。観測史上3番目の長寿台風だったそうです。その台風がこのあたりを通過してしまった昨日は、台風一過の晴天にはなりませんでしたが、今朝はよく晴れて青空が広がりました。気温は朝5時過ぎには27℃近くになっていましたが、北よりから吹く風は最近になく爽やかで、木陰にいるとひんやりと気持ちよく感じました。そのおかげで、今朝の散歩はララはもちろん暑がりのハンナの足もよく進み、雑木林の中を一巡りしたあとも更に公園入口近くの芝生広場へも回... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/09 08:44
ダイサギとキアシシギ
朝日が昇ったばかりの海を見ていると、海に長く突き出た防波堤の先にダイサギが1羽、朝日に向かって佇んでいました。明るさを増した空を映す青い海の色と、朝日を受けたダイサギの白とのコントラストがきれいだったので撮影してみようと思いましたが、防波堤まで100m以上あり望遠レンズを使っても遠すぎました。そこで、波打ち際で遊んでいるララとハンナに声をかけて防波堤に近づいていくと、ダイサギの足元にはシギも歩き回っていることに気づきました。いつもこの海岸を飛んでいるイソシギだろうと思いながら先ほどの半分ほど... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/08 20:33
台風がやってきた!
台風5号の接近にともない昨夜から降り出した雨が、夜明けころから風とともに強まり、一時は家の周囲が強く打ち付ける雨の音に包まれました。今は一時雨も小康状態となり、時折日が差してセミも鳴き始めていますが、予報では台風は四国沖をゆっくり進んでいるらしく暴風警報や大雨警報は出たままで、気象庁のレーダーナウキャストで見ると雨雲はまだどんどん押し寄せてきているため、通過してしまうまで油断はできません。今日は檀那寺で施餓鬼会が催される日でしたが、風雨の強さにお寺に連絡をとったところ、お参りはしておくので後... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/07 09:55
アオサギが驚いた
渚へ下りていくために小さな砂山を越えると、波打ち際の岩の上からアオサギが飛び立ちました。アオサギがいることを知らずに、ララとハンナを相手に話しながら歩いていたので、私たちの気配に驚いたようです。この頃の海辺は、冬とは違って見ることができる野鳥の種類も数も減っています。いつもなら、ごく普通にフィールドのどこででも見られるためアオサギにはあまり撮影意欲がわかないのですが、昨日の朝は海辺を歩いていてもツバメとカワウくらいしか出会えなかったので、驚いて飛び立ち目の前を飛び去っていくアオサギを撮影して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/07 01:55
朝の田で
朝日が高く昇ってきた午前7時を回った田の中で、真っ青なイネの葉に囲まれアマサギが1羽立ち尽くしていました。少し前まで稲の葉で無数に光っていた朝露も消えて、徐々に気温が上がってきた中で何をしているのだろうと10分ほど車の中から見ていましたが、餌を探す様子もなく、ここ一週間くらいの間に増えてきたアキアカネやコシアキトンボが周囲を飛んでも見向きもせず、じっと遠くを見つめたまま佇んでいました。もう少し接近して撮影しようかとも思いましたが、ドアを開けると一度に入ってきた蒸し暑い風にその気も失せて、カメ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/06 17:00
今日も暑くなりそう・・・
空全体を覆っていた雲の一部に切れ間ができ、昇り始めた朝日が雲間から顔を出しました。ちょうど海岸一帯を照らすだけの切れ間で、沖合や、障害物もほとんどない海岸の開けた一帯は鈍く沈んだ色の中にありましたが、私たちが歩いている海岸の2km四方くらいだけは朝の光に明るく鮮やかに浮かび上がりました。ひとしきり渚を歩き回って漂着物の探索を終え暑くなってきたララとハンナは、波打ち際から離れて草の上に並んで腰を下ろし、明るさとともに暑さも届けてくれる朝の光が、流れる雲の間から漏れ差してくる様子を眺めていました... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/06 02:44
イヌビワの実
カワセミやセキレイを探して小川のほとりを歩いていると、流れにかぶさるようにイヌビワが枝を広げていました。流れにかかる小橋の上から見るとたくさんの実ができて、それが熟し始めていました。10年ほど前までフィールドにしていた丘にあった藪の中では、この木が毎年花を咲かせ実を結んでいましたが、フィールドを変えてからはご無沙汰をしていました。この木は名前はビワとついているもののイチジクの仲間で、今は緑色や赤茶色をしている実がもう少しすると黒くなり完熟します。その実は種が多く食べにくいため敢えて食用にする... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/04 01:33
シロチドリの幼鳥
昇り始めた朝日を受けて、明るさを増してきた空の色を映し青味を増してきた海の色の変化を見ていると、視界を2羽のシロチドリが横切りました。その飛び方を見ていると、1羽はしっかりとしていますが、もう1羽は何か頼りなげな飛び方をしています。砂浜へ降りた2羽はときどき飛び上がるものの、近くへやってくるのを待っていてもちっともやってこず、そのうち遠くの波打ち際へ降りて小石が積もった中を小走りに移動しはじめました。遮蔽物もないので私の方から近づけば逃げてしまうと考え、少し遠すぎる距離ではありましたが、望遠... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/01 19:11
アキアカネが舞いだした!
今朝は海岸の散歩をしていると、海の上や渚周辺をたくさんのアキアカネが舞っていました。下界では耐えがたい猛暑が続いているのに、もう山から下りてきたようです。体色はまだ鈍いオレンジ色で、秋真っ盛りのころの鮮やかな色ではありません。夏はまだまだこれからで、厳しい暑さは収まる気配は見せませんが、早くアキアカネが鮮やかな色になり、涼しい秋風の中で斜めから差すようになった秋の日に翅をきらめかせて群れ飛ぶ光景が見たいものです。そんなことを思いながら砂浜の上を舞うアキアカネを見ていると、ララも気になるのか、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/31 15:00
朝の入江で
夜が明けたばかりの入り江にケリがやってきました。先日はフィールドの中で見ることができるケリが減ったと記しましたが、この入り江でも2年前までは潮が引き始めると一度に30羽を超える数の個体を干潟で見ることができたのに、今年は多くても数羽です。この画像を撮ったときも、ササゴイを撮影するつもりで出かけたところ、目的とするササゴイはやってきていなかったのでしばらくカルガモの群れや水面に踊る魚を見ていると、アオサギやダイサギが餌を獲っている水際へ2羽のケリが舞い降りてきました。そこでその後続いてやってく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/30 23:11
ハクセキレイの若鳥
朝露をたっぷりと含んだ公園の芝生の上でララとハンナを遊ばせていると、ララが突然立ち止まりじっと一点を見つめ出しました。声をかけると、私の顔と見ていた方向を交互にみるのでララの近くへ行ってみたところ、芝生の上をハクセキレイが歩いていました。よく見ると、羽毛の色が灰色のこの夏に生まれた若鳥です。まだそれほど人を恐れない様子で、私やララからほんの数mの所まで近づいてきて餌を探していました。広い雑木林を背後に持つこの公園では、初夏のころからいろいろな種類の野鳥の雛や若鳥が見られましたが、まだあと半月... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/28 18:33
夏の花
この頃の公園の散歩では、ハンナが暑がるため坂道が多く歩く距離も伸びる公園の奥へは行くことが少なくなり、雑木林の中も半分ほど歩くだけになりました。その代わりに、林の陰になって午前6時半頃までは朝日が当たらない公園入口の芝生の広場で遊ばせることが多くなりました。ここは小さな植物園や温室があり、この季節には夏の花で溢れています。今朝も温室の周りではマンデビラ、ハイビスカス、ブーゲンビレアなど熱帯の花が、あちこちに配置された花壇ではサルビア、ジニア、センニチコウなど色とりどりの草花が、さらに花木では... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/28 13:11
蝉時雨
子供たちも夏休みに入って一週間ほどが経ち、夏も真っ盛りです。家の周囲でも庭木や道路の並木では早朝からセミの声がよく響くようになりました。それが、大木が高さを競うように林立する公園の雑木林の中を歩くとさらに数を増し、頭上からも周りからもあらゆる方向からアブラゼミとクマゼミの鳴き声が降るように聞こえてきます。まさに蝉時雨です。子供の頃は、これだけたくさんのセミの声がすると俄然捕虫網を持つ手に力が入りましたが、セミ捕りとは縁のなくなった今は、あちらで一つこちらで一つとまばらに聞こえてくるセミの声に... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/27 12:33
ホオジロ
雨が上がった野末で、ホオジロが鳴いていました。最近ではフィールドへ出ると一度は出会うことが多くなったホオジロですが、市街地や商業地の開発のため丘や林を重機が行き来してどんどん切り崩していた頃は、このあたりではほとんど見ることができなくなっていました。それがこの数年自然が戻ってくるとともに徐々に数が増え、今シーズンのフィールド内では、ヒヨドリやキジバトについでよく目に留まる野鳥になり、撮影しようと思えばそれほどの苦労なくいつでも画像が得られるようになりました。しかし、探してもなかなか見つけるこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/26 23:33
カワラヒワの採餌
イネ科の草で覆われた小川の岸で、この夏生まれた個体も交えて数羽のカワラヒワが長く伸びた穂の先をついばんでいました。もう実を結んだ草もたくさんあるようです。この川は川幅が数mで水深も浅い小川ですが、澄んできれいな水が流れ小魚も群れているため、よくカワセミの姿を見ることがあります。しかしこのときは、カワセミを撮影しようとやってきたものの、一度川面を擦るように川上から川下へ向けて飛んでいく姿を確認しただけで、その後はちっとも現れなかったため、カワセミの撮影はあきらめ被写体をカワラヒワに変えてみまし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/25 21:55
危機一髪だった!
昇ったばかりの朝日に無数の露の玉が光る水田脇の畦で、1羽のアマサギがゆっくりと身を起こしました。鮮やかな緑色の中で亜麻色と白色の体色がよく目立ちます。 先ほど車を運転中に、上空でオオタカと思しきタカの襲撃を受けていたアマサギです。タカは逃げるアマサギを追って一度田の面近くまで急降下したあとは襲うことは諦めたのか、大きく羽ばたいて飛んで行きました。危機一髪のところで襲撃を逃れ畦で身を低くしていたアマサギは、タカの様子を見ながらゆっくりと体を起こし、体についた朝露を払うため大きく身震いをしました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/24 17:00
目の前でイソシギが飛んだ!
今にも雨が降りそうな雲が流れる空の下で、2羽のイソシギがゆったりとうねる海面近くを滑るように飛びました。イソシギは、浜辺に降りていると背面の薄い茶色が砂浜の色彩に溶け込み保護色となって目立たない野鳥ですが、一端飛翔すると、翼の白線がよく目立ち、尾羽の模様がきれいです。今朝も浜辺へララとハンナを連れて行き走らせると、波打ち際の小石が集まったところで餌を拾っていたイソシギが2羽、目の前から飛び立ち、海面に触れるほど低く飛んで遠くの防波堤へ降り立ちました。私もララやハンナもイソシギがいるとは全く気... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/23 20:55
ササゴイだった。
最近足が遠のいていた、二級河川が海へ流れこむ河口に広がる干潟を中心としたフィールドへ、早朝散歩の帰りに久し振りに立ち寄りました。すると、車を下りてカメラを手に持った途端に目の前の水面近くを1羽の野鳥が飛びました。何か分からないままにファインダーに捉えてその姿を追い数度シャッターを切ると、その野鳥は干潟へ着地しました。ただ数十m離れているうえ、朝が早く光量が不足していたため瞬時には何か分かりませんでしたが、望遠レンズを通して干潟を動き回る様子を見ているとササゴイでした。もう少し近くに舞い降りて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/22 21:11
セッカの声
散歩を終え帰宅しようとして車を走らせていると、後ろの座席でララとハンナが流れていく車外の景色を面白そうに見始めました。先程までは長い舌を出して座席に横になり散歩で弾んだ息を整えていましたが、勢いよく吹き出すエアコンの冷たい風に当たり落ち着いてきたようです。それなら、少し寄り道をしてフィールドの一つを見てこようと車の方向を変えました。田が広がるフィールドに着いて農業用水が流れる横で停車すると、すぐにセッカが下降するときの鳴き声が聞こえました。急いでカメラを取り出し空を見回しても全く飛んでいる姿... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/22 18:44
日が昇った
日が昇りかけるころに家を出て公園の遊歩道を歩き出し、大きな池の端に来ると、東に広がる雑木林の梢を明るく染めて太陽が顔を出しました。すると、それまで陰の中に沈んでいた木立の間に矢のように明るい光が差し込み、木や草の葉に乗っている朝露のひと粒ひと粒に朝日が宿り、涼しげに輝きました。棚引く雲を黄金色に染めて昇る朝日が綺麗だったので、足を止めて東の空を見ていたところ、ふと気が付くとララとハンナも私の近くへ来て座り、朝の光を体いっぱいに受けて昇ってくる太陽を見ていました。朝日が昇る様子は、いつ見ても清... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/22 07:55
オニユリの花
きれいに整備された公園の一角で、オニユリの花がたくさん咲いていました。一本の茎に花弁を反らせた花をたくさんつけて昇ってきた朝日に照らされ、時おり吹いてくる冷気を含んだ風を受けて揺れていました。市街地開発など無縁で豊富な自然が残っていた子供のころの夏には、家から自転車で20分ほど走った丘陵地の雑木林や野原を歩くとよくこのオニユリやヤマユリの花が咲いていました。草木の緑が濃くなったころで、その中で咲く鮮やかなオレンジや白の大型の花はよく目につき、虫取りをしながら眺めていたことが懐かしい思い出とし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/21 16:33
今度はクサガメがいました。
今朝は夜明けに突然雨が降り出しました。ただ、降り方は激しかったものの短時間でやんだため、路面は直ぐに乾いてくるだろうと考え、朝の散歩には出かけてみました。公園についてみると、やはり水はけのよいところは乾き始めていて、濡れることの嫌いなララも積極的に歩き始めたのでいつもどおり公園を一巡りしてきました。すると、その途中で、池につながる側溝にクサガメが落ちてもがいていました。一時的にせよ強い雨だったため、水が溢れて側溝に流れ込んだのかもしれません。それを拾い上げて池の近くの草の上においてやると、目... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/21 09:11
あそこにもいるよ・・・
雑木林の梢高く昇った朝日が差し込み明るくなった木立の間で、頭上の枝を行き来して騒ぐ野鳥を見上げるララとハンナです。日が昇るとともに気温も上がってきたので、そろそろ散歩を切り上げて帰ろうとしていると、遊歩道を覆う大きな木々の間にヒヨドリやメジロ、コゲラがやってきて枝が騒ぎました。撮影できるものならメジロとコゲラを撮影してみようとしてカメラを頭上に向けていたところ、辺りで遊んでいたララとハンナもいつの間にか近くへきて並んで座り、葉や小枝を落として騒々しい音を立てる数羽のヒヨドリを、あそこにもいる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/20 22:55
夜明けの雑木林で
まだ薄暗さが残る雑木林の中を散策していると、木立の中からシジュウカラやスズメの声が聞えてきました。遊歩道でララとハンナを遊ばせながら辺りに注意していると、やがて近くのヒサカキやウメの木に数羽のシジュウカラがやってきて、木の幹や葉に着いている昆虫などを探し始めました。群れはさらに近づいてくる気配を見せたのでララとハンナを呼び寄せ動かないように指示して座らせ待っていたところ、普通なら撮影できる距離まで近寄ってくれましたが、薄暗さの中ではきれいな画像が得られそうにないのでカメラを向けるのはやめてシ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/20 17:11
ケリの数が減りました。
よく晴れた朝の空をケリが飛びました。久し振りに見るケリの姿です。昨年までは、フィールドにしている河口に行っても、田や草地に行ってもたくさんのケリが群れていました。ところが、今年はどうしたわけか極端にケリの数が減りました。ときどき独特の鋭い鳴き声が聞こえても、確認できるのは1羽か2羽です。この写真は昨日の朝に撮ったものですが、このときも確認できたのは番とみられる2羽のみで、昨年まではたくさんのケリが飛んでいた田が広がる見通しのよいフィールドの中を見回しても他には1羽も確認することはできませんで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/20 01:55
コゲラの群れ
朝日が差し込んできた雑木林の中に、コゲラが木の幹をつつく音が聞こえてきました。その音に交じってきれいとはいえない独特の鳴き声も聞こえてきます。音や声からすると数羽のコゲラがいる様子です。音のするあたりへ行き頭上を見上げると、コナラやクスの幹や枝を小走りに移動して餌を探しているいるコゲラの姿がいくつかありました。ちょうど繁殖時期も終盤に入り、この群れの中にも今年生まれた個体も含まれているでしょう。この雑木林で生活する野鳥の中では数が多く、見る機会も多いコゲラですが、ほかの野鳥のようにすぐに飛び... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/18 21:55
近くにホオジロがやってきた
朝露に濡れながら野鳥や昆虫を探してフィールドの中の草むらを歩いていると、背丈の高い草の向こうに野鳥が飛んで来て草にとまるのが見えました。目の前で揺れる草をそっとかき分けて覗いてみたところ、10mもない近い距離に繁茂するクズの蔓にホオジロがとまっていました。そっと覗いているつもりでも、ホオジロは私の存在を気づいているはずですが逃げようともせず、周囲を見回しながら地鳴きを繰り返していました。この頃このフィールドではホオジロの数が増え、見る機会も増えていますが、これだけ近くに来て逃げずにいることは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/18 17:44
ダイサギの飛翔
朝の光が広がり始めた空を飛ぶダイサギです。寒い間は海辺や川で見ることが多かったダイサギですが、田に水が入ってイネが育ち始め餌になる両生類や昆虫などが増えてきたこの頃では、田の中やその周辺で餌を探す姿をよく見かけます。田が広がるフィールドの中ではこの他にチュウサギ、コサギ、アマサギ、アオサギと、このあたりで日中活動するサギのすべてが見られるようになりました。朝早くや夕方などは、希にですがゴイサギやササゴイが見られることもあります。このダイサギも、早朝から田の中で餌を獲っていたらしく、遠くの田の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/16 23:33
リョウブの花
雑木林の夏の花、リョウブが白い花を開きかけました。ネズミモチの花も終わりちょうど今の時期は林の中には花の姿はないので、この花が咲くとよく目立ちます。ただ、この花は樹冠に咲くため、樹高が高いと木の下を通っていても気づかないこともあります。今日は雑木林の中の遊歩道の坂を下っていると、眼下にたくさんの真っ白な総状花序が目に飛び込んできたので開花が始まったことを知りました。リョウブは、樹皮がはがれる独特の幹を使って床柱に利用したり、昔は飢饉のときに若芽を食べたりと利用価値の高い木ですが、花からはよい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 22:33
朝日が昇った!
公園の大きな池の対岸に広がる雑木林の梢の上に、朝日が昇りました。辺り一帯に朝の光が満ちて、遊歩道を歩いていたララとハンナの影が路面に長く伸びました。2匹を座らせて周りに棚引く雲を金色に染めて昇ってくる太陽を見ていると、5日前からちらほらと聞こえ始めていたアブラゼミの鳴き声が、合唱となって周囲の木々で聞こえ始めました。今年は例年に比べると数日早いアブラゼミの初鳴きでしたが、これから日を追うごとにその合唱の声は大きくなり、まもなくクマゼミの声もこれに加わります。来週には子供たちも夏休みに入り、季... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 15:55
ヤブカンゾウ
フィールドの木陰で、今年もヤブカンゾウの花が咲きました。私が自然観察やバードウオッチグをしているフィールドでヤブカンゾウの花が見られるのはここだけで、それも一向に増えるわけでもなく毎年ほぼ同じ株の大きさを保っています。ヤブカンゾウは三倍体なので、種子はできず地下茎を走らせて増えていくだけとはいえ、もう少し増えてもよさそうなものです。芽が出始めたころの葉はおいしいのでたくさん顔を出していれば採りたいと思っていても、とてもそんな量が採れるほどでもありません。そのため食べることはあきらめて花を見る... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/14 22:00
朝日に映えて
昇ったばかりの朝日を浴びてアオサギが飛びました。東の空が明るくなって、フィールド内の野原や林から野鳥たちの声が賑やかに聞こえるようになったので、木々の枝からとびだしてくる野鳥を狙ってカメラを構えていると、遠くの空から悠々と翼を羽ばたかせ、徐々に高度を下げながら1羽の大型のサギが近づいてきました。接近してくるにしたがって姿がはっきりしてくると、アオサギです。アオサギは海岸でも田や池でも一番よく見ることができるサギなので、いつもはそれほど撮影意欲は湧かない対象ですが、この時は東を指して飛ぶ姿が朝... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/14 17:44
ツマグロヒョウモン
フィールドの中を歩いていたところ、落ち葉か草の葉にたまった朝露を飲んでいるのか、ツマグロヒョウモンの雌が地面に下りて翅をゆっくりと動かしていました。夏になって日向ではツマグロヒョウモンの姿がよく見られるようになりました。その様子を撮影しようとして少しずつ近寄っていくと、突然雄のツマグロヒョウモンが飛んで来て、雌の周りを飛び始めました。交尾の相手を見つけたと思ってやってきたのでしょう。しかし、雄がどれだけ誘いかけても雌は全く相手にならず、吸水に夢中になっていました。そんな雌の様子に、数分間いろ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/13 18:55
青田の上を舞う
朝露の水玉が光る青田の上を、数羽のツバメが軽快に舞っていました。それを目で追っていたところ、2羽は風切り羽も尾羽もやや短く、今年生まれた若鳥のようでした。しかし、飛び方や餌の捕獲はもう親鳥と遜色はなく、望遠レンズ越しに見ていると、田の上を飛ぶガガンボやカのような小さな昆虫からシオカラトンボのような大きな昆虫まで、上手に捕食していました。今年第一回目の雛も無事に成長する頃になったので、親鳥たちの中には二回目の繁殖に入るものも出てくることでしょう。飛翔する野鳥を撮影する練習を兼ねて、田の上を低く... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/13 08:44
雷鳴
昨夜は午後8時過ぎから聞こえ始めた雷鳴が時間とともに大きくなり、やがて雨も降り出して、午後11時前から1時間ほどは激しい雷雨になりました。一時は断続的に明るく夜空を走る稲光とともに、最近になく大きな雷鳴が何度も轟きました。お腹に響くような雷鳴が屋根や庭木を打つ強い雨音とともに聞こえてくるたびに、ペットたちは何事が起こったのかと考えるような表情になり、外の様子に神経を集中させ耳をそばだてていました。このあたりでは雷鳴が轟いたり近くに落雷することはめったにないので、雷に慣れていないペットたちは驚... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/13 02:33
カワラヒワの親子
葉が茂ったサクラの木の下を通ると、葉で隠された枝の間から野鳥の声が聞こえてきました。耳を澄ませて聞くと複数のカワラヒワの声です。少し距離をとって様子を見ていたところ、葉が疎らについた枝に2羽のカワラヒワが現れました。1羽はまだ巣立ったばかりの雛のようです。雛は十分成長して親鳥と同じ大きさにはなっていましたが、まだ餌をとることはうまくないらしく、親鳥に餌を要求しカワラヒワの特徴である黄色の帯の入った翼をさかんにばたつかせながら、親鳥が近づくたびに騒々しく鳴き声を上げていました。今朝の散歩中には... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/12 21:33
オオヨシキリの巣立ち
今年も家の前の調整池のアシ原でオオヨシキリが繁殖に成功しました。昨日から、池の周囲に並ぶシダレザクラの枝と池の中のアシの間をさかんに行き来して飛ぶ練習をする様子が見られます。体は親鳥とほとんど同じ大きさに成長していますが、まだ親鳥に餌をねだり大きな声で賑やかに鳴いています。例年このアシ原で巣立つのは2、3羽で、今年は2羽が巣立ったようです。通常オオヨシキリは4個から6個の卵を産むはずですが、孵らなかった卵や、天敵に捕食された雛があるのでしょう。先日の強く降った雨で池の水が増えたため巣が水に浸... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/12 09:11
何かいたよ!
雑木林の中に積もった枯葉の上で遊んでいたララが、しきりに枯葉や地面のにおいを嗅ぎ回り始め、ところどころで立ち止まっては枯葉や土を前足で掻いています。その様子にどうしたのかとララに向かって声をかけると写真のように、ここに何かいたよ、といっているような表情で私と自分の足元を見比べました。そこでララの近くへ行って辺りの地面を見たところ、小さな穴が開いています。探してみると数m離れてまた見つかりました。どうもノネズミと呼ばれているアカネズミかヒメネズミの作った巣穴のようです。この林の中ではよくこの穴... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/11 22:11
ホオジロの若鳥
朝露をたくさん置いたメヒシバやエノコログサ、アレチマツヨイグサなどが茂る草地を、靴やズボンの裾を濡らしながら歩いていると、ホオジロの声が聞こえてきました。立ち止まって声のする辺りを見回していたところ、草の中から1羽の野鳥が飛び出し、すぐ近くへ舞い降りました。ホオジロです。ただ、よく見るとまだ羽毛が整わない若鳥でした。このフィールドでは昨シーズンあたりからホオジロの数が増えています。今朝も近くでは、この若鳥の他にまだ他のホオジロが複数いるらしく、草の中と近くのウメの木の茂った葉の中から短く鳴く... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/11 13:33
波状雲
今朝はこの数日の朝のようによく晴れ渡った青空は顔を見せず、空の大部分が薄い雲で覆われて夜が明けました。散歩をしている間に昇ってきた朝日を見ると、東の空一面に広がる波状雲に包まれ鈍い光を放っていました。このあたりでは秋に巻積雲、高積雲、高層雲が作る波状雲がよく見られ、これらは高度があるので波が細かく真っ白に見えることが多いのですが、今朝は高度が低い層積雲が作る波状雲だったため、太めで影のある波が広がりました。ただ大気波が安定していなかったらしく、気づいてからものの30分ほどで波は崩れ始め、やが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/09 22:33
獲った!
朝の光が一面に広がった田の中で、ダイサギとアマサギが稲の間をぬって餌を探していました。遠くから様子を見ていると、ダイサギは立て続けに獲物を見つけ捕食している様子でした。ただ、何を捕まえているのかはこちらに背を向けた状態だったのでよく分かりませんでしたが、しばらくして体の向きを替えて餌を探し始めたので望遠レンズを通して見ていたところ、嘴に大きな獲物を挟んで持ち上げました。シャッターを切ってそれを液晶画面で拡大してみると、トノサマガエルかダルマガエルらしい大型のカエルです。ダイサギは、この写真を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/09 14:11
夏らしくなった田圃
4月から5月にかけて植えられた早苗が大きく生長して、稲田は明るい緑で覆われました。一つ一つの稲を見ると、もう花穂が出ているものもたくさんあります。そんな田が広がる早朝のフィールドへ足を運んでみると、葉に朝露を置いた一面の青田が広がる上をたくさんのツバメが飛び交い、遠くには1羽のアマサギが立ちつくして辺りを見回していました。このフィールドでアマサギに出会うことは珍しいので、畦に入って靴を朝露に濡らしながらアマサギにレンズを向けていました。すると、突然ファインダーの中へ田の面をかすめるように飛ん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/08 19:44
たくさん芽が出た!
最近のよく降る雨でたっぷりと水分を含んだ雑木林の中の落ち葉の間から、たくさんの芽が伸びてきました。遊歩道を外れて木立の中へ踏み入っていくと、いたるところで5cmから10cmほどの双葉が取れて2枚の本葉をつけた幼木が顔を出しています。あたりの落ち葉を取り除けてみると、これから双葉を持ち上げようとしているまだ緑色になっていない芽もたくさん見られます。雑木林なのでいろいろな種類の木の幼木が見られますが、特に、エノキ、コナラ、スダジイ、ツバキ、カクレミノの幼木が目につきます。写真のように今朝の散歩で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/07 13:33
初収穫
庭でできたブラックベリーの初収穫です。株が減ったので一度に収穫できる数は少なくなりましたが、家族でデザートに食るには毎日これくらい採れれば十分です。ただ、今年はカメムシが甘い香りに誘われてたくさん寄ってきているので、慎重に摘まないと収穫した中に紛れ込んでしまいそうで注意が必要です。亡くなったサラとルナは毎朝私がこの実を摘んで家に入ってくるのを玄関で待ち構えていて、一粒ずつもらうことを楽しみにしていました。ララとハンナはどうかと様子を見ていましたが、食べることは大好きで、家族が与えるものはなん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/07 04:44
ヤマガラの若鳥
夜が明けたばかりの雑木林の中の遊歩道を歩いていると、前方のコナラやエノキの枝から賑やかに鳴き交わす野鳥の声が聞えてきました。足音を立てないようにしてそっと近寄っていくと、地上でも数羽の野鳥が動いています。そっと木立の陰から見ていると、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、メジロにスズメまで入り混じった二十数羽の混群が枝から枝を飛び移り、朝の食事をしているようでした。ララとハンナには座って待つようにいって、さらに距離を詰めていったところ、土手の斜面で餌を探している1羽の野鳥がいました。日陰の薄暗い木... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/06 17:55
ツマジロエダシャク
公園の雑木林の中を抜ける遊歩道の脇に茂るササの群落の近くを通ると、白っぽく見える小さなガがササの葉にとまっていました。普通なら離れていては気づかないほどの大きさのガですが、ササの葉の緑色とガの体色のコントラストがはっきりしていて目にとまりました。近寄ってみると、前翅と後翅を離してとまることが多く、まるで折り紙で折ったように見えるツマジロエダシャクです。暑くなって野鳥を見る機会が減ってきている中で、昆虫たちの発生はさかんになり、日向ではシジミチョウの仲間やキチョウがたくさん飛び交い、木陰では小... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/06 00:55
ブラックベリーの実が熟してきました。
今年も庭のフェンスに絡ませたブラックベリーが実をつけ、それが熟して黒くなり甘い香りを漂わせるようになりました。1997年の9月に新築した現在の家に住み始め、次の年の春に園芸店で見かけた1本のブラックベリーの苗を購入してフェンスの横に植えました。それが翌年から実をつけてきたので、もう18年間多い少ないはあっても毎年この季節になると甘い実を提供し続けています。一時は落ちた実から発芽して3本になり、我が家だけでは食べきれないほどの実が毎日採れたため、知人に分けたりジャムやシロップ漬けなどを作りまし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/05 12:33
四阿で休憩中
蒸し暑さに閉口して早朝散歩を切り上げ、公園の池近くの木立の中にある四阿で休憩するララとハンナです。今日の散歩は、せっかく早起きして出かけたのにハンナには相当暑さが堪えたらしく、足取りも重くすぐに座り込んでは帰りたがったため短時間で切り上げることになりました。四阿でいつもより時間をかけてゆっくりと休みながら辺りを見回していると、池の対岸をはじめ遠くの景色が高い湿度のためか白っぽくかすんで滲んだように見えていました。公園の中に見かける人の数もいつもより少なく、ハンナだけではなくやはり人もこの早朝... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/04 22:00
暑かった〜
今朝は6時前に散歩に出ると、台風3号の影響で南から湿った風が吹き込んでいる影響でしょう、湿度は高くて早朝の爽やかさなどは感じられず、気温も車の温度計を見るとすでに28℃を示していました。公園に着いて車のドアを開けると、ララは飛び出して走り始めましたが、暑さにはからっきし弱いハンナは、あまりの蒸し暑さに車外へ出たものかどうか思案しているような様子でした。それを無理やり車から降ろして散歩を始めましたが、木陰を歩いても蒸し暑く、ハンナは長い舌を出して息を弾ませ何度も座り込み、、歩く意欲は全くないと... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/04 07:55
イソヒヨドリの若鳥
海岸を歩いていると、遠くの護岸コンクリートの上を飛び回る野鳥が1羽目に留まりました。少しずつ近づいていきながらカメラの望遠レンズ越しに見ていると、野鳥の方もこちらへ近づいてきます。30mほどの距離まで近寄ってきたので、ララとハンナを座らせてよく観察してみると、イソヒヨドリのようでした。ただ朝日が逆光気味に差していたため影になってはっきりとは識別できず、しばらく様子を見ていたところ、野鳥が向きを変え体全体に光がよく当たりました。やはりイソヒヨドリです。ただ確認した瞬間はメスだと思いましたが、飛... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/04 01:33
ヒロハホウライタケ
連日の雨に濡れて十分水分を含んだ雑木林の中では、朽ち木や重なった落ち葉の上でいろいろなキノコが顔を出しています。草木と違い菌類は一日で一気に成長するものが多いため、前日には見られなかったキノコが翌日には傘を持ち上げている様子が各所で見られます。写真のキノコも2日前には全く影も形もなかったのに、落ち葉が重なった雑木林の中の土手の木陰に群がって出現しました。キノコの識別は難しく苦手で、典型的なキノコ以外はよく分からないので、帰宅してから図鑑やらインターネットで調べてみました。まだ断定はできません... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/03 15:33
アジサイの咲く小道
梅雨真っ盛りの時期になり、アジサイの花があちこちで見られるようになりました。いつも散歩をする公園でも、正門近くの広場の花壇や遊歩道の脇ではいろいろな種類のアジサイの花がたくさん咲き競っています。この写真を撮った木道の周囲でも、各種アジサイやハンゲショウなどが満開になっています。この辺りには熱帯植物を集めた温室や、バラの小道、花木を植えた広場などがあって季節ごとのいろいろな花が鑑賞できるうえ、休日などは催し物も開催されるので、いつもたくさんの人で賑わっています。そのため、ララとハンナを連れた散... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/02 11:55
捕まえた!
フィールドの中の草はらで、草の間を飛び交っているキチョウやベニシジミなどのチョウや甲虫を撮影していたところ、近くの梅の枝で葉ずれの音ががしたので振り向きました。すると、ヒバリが青葉が茂った枝の間から顔を出し、枝先にとまりました。飛んでいるとき以外は地面を歩いていることの多いヒバリが、木の枝にとまるのは珍しいと思いながらカメラのレンズを向けると、嘴に何か咥えています。レンズのズームを望遠側にして確認すると、シャクガの幼虫のようなものを捕まえたようです。ヒバリはしばらく獲物を咥えたまま枝先であた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/29 00:44
エゴノキの実
5月には枝という枝に白い花を吊り下げ目を楽しませてくれた公園のエゴノキに、たくさんの丸い鈴のような実ができました。この実はヤマガラの大好物なので、今年もこの実が稔るころになると毎日実をついばみ、エゴサポニンを含む有毒な皮を足で抑えて上手に剥いて種子を食べたり、貯食のため大きな口を開けこの実を咥えて飛び去るヤマガラの姿を観察することができます。ヤマガラを見たかったらこの木を探せば手っ取り早いといわれているほどヤマガラが好む実ですが、この木でヤマガラを見るたびに、実を与えることによってヤマガラを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/28 17:11
緑陰
公園の中が、春たけなわの頃の明るい緑色からすっかり濃緑色に染まり、地面には木々が濃い緑陰をつくるようになりました。雑木林の中をたどる遊歩道の頭上も日毎に重なり合う葉や枝が増え、冬の間は明るかった林内がすっかり暗い陰の中に沈んでいます。場所によっては、昼なお暗いという表現がぴったりで、ストロボを使わなければ撮影に支障があるほどです。ただ、そんな木々に覆われた遊歩道は、最近の強さをましてきた日差しを避けて散歩をするにはありがたい存在です。このごろの公園の散歩では、早朝に散策するときは公園の中の遊... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/28 01:55
コアジサシ
太陽が地平線から顔を出し、明るい朝の光が満ち始めた空にコアジサシが舞いました。冬の間はスズガモやヒドリガモを中心に数百羽のカモが群れていた海辺も、5月初旬ころを境に、すっかりカモの仲間の姿を見ることはできなくなりました。代わりに、昨日の朝波打ち際を歩いていると、この海岸へやって来る夏鳥の代表であるコアジサシが軽快に海上を飛び回り、時おり海中へ飛び込んでは魚を獲っていました。近くの海浜公園の海開きも終わり、海辺は夏の賑わいをみせる季節になってきました。写真は、獲物に狙いをつけてホバリングをする... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/27 00:33
ホオジロの争い
朝のやわらかい光に包まれた梅林の中を歩いていると、すぐ近くからホオジロの声が聞えてきました。ただいつもの梢から聞こえる囀りとは違い、2羽が争っているように聞こえました。そこで、遊んでいるララとハンナを呼び寄せて、声のする木立の間へ入っていくと、2羽の雄のホオジロが枝の間を飛び交いながら鋭く短い声を出して攻撃し合っていました。しばらくその争いを見ていると、最後には決着がついたのか1羽の雄が逃げるように周りの雑木林の中へ飛び込んでいき、残った1羽は写真のようにウメの枝先にとまって周囲を見回しなが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/23 22:11
これは何だ!
昨日の雨で溢れた水に乗って現れたのか、朝の遊歩道で側溝の横に甲羅長が25cmはあろうかというアカミミガメがいました。私たちの足音を聞きつけてか、頭も脚も甲羅の中へ引っ込めたままです。それを見つけたララとハンナは、これは何だろうと近寄って、においを嗅ぐために鼻をつけようとしたとたんにカメは脚を出して動きました。するとララとハンナははじかれたように飛び上がってカメから離れ、これは一体何だ、といった様子で遠くから見ているばかりでカメに近寄ろうとはしませんでした。どちらもカメを一度も見たことがなかっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/22 19:44
セッカだった!
3日前の朝、周囲が開けて見通しのよい丘陵地の草はらの中を歩きながら、この草はらでよく見かけるキジや上空を飛ぶオオタカの姿を求めてあちこちに双眼鏡を向けていると、視界の端で野鳥が飛んだことに気づきました。おそらくいつもこの周辺を飛び回っているヒバリだろうと思いながらそちらに視線を移したところ、草むらの中に立つウメの枝にその野鳥はとまりました。念のため双眼鏡を向けると、視野に入ってきたのはセッカです。この草はらでセッカを見ることは稀なので急いでカメラのスイッチを入れ、伸びたウメの枝先にとまり明る... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/21 16:33
ハンゲショウが葉を白く染めました。
ハンゲショウが、葉を白く染め花を咲かせる時期になりました。自然の中では数を減らし見る機会が減っているハンゲショウですが、いつもララとハンナを連れて散歩する公園では、遊歩道沿いの木陰の10uほどの湿地でハンゲショウが栽培されています。ただ、そこは公園の入口に近く催し物もよく開催されて人が多いので、いつもはほとんど足を向けないところです。しかし、早朝で人影もなかったため久しぶりに歩いてみると、ハンゲショウの葉の白さが目に飛び込んできました。近寄ってみると、花の付け根の葉は全て白く染まり、たくさん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/21 13:33
アマサギの初見
今シーズン初めて確認できたアマサギです。5月から家の近くのフィールドでアマサギの姿を探していましたが、これまで全く確認できていませんでした。それが、5日前の6月16日の朝、10数km離れた隣の市へ出かけた折に、途中の青田が広がる中で採餌している3羽のアマサギを見つけました。ただ、せっかく出会えたアマサギでしたが、路側帯もなく通行量が比較的多い道だったため車を長く停めておくことはできず、数分ほどの間でわずか枚数の画像しか撮影できませんでした。写真は、車を降りたらちょうど舞い上がり、田の上をゆっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/21 12:11
見つけた!
フィールドに立ち寄っても何も撮影する対象を見つけることができなかったので、上空を仰ぎ見たところ、頭上を小さく旋回しながら飛ぶ2羽のツバメに目がとまりました。望遠レンズを1羽のツバメに向けて飛翔する姿を追っていると、ファインダーの中に体の大きさのわりに高い空を飛んでいる小さな昆虫が入ってきました。するとほぼ同時にツバメもその昆虫を見つけたらしく、首を回してその昆虫を一瞥すると急旋回をしてその昆虫に向かい、あっという間に捕食しました。見事な早業です。一瞬のことでしたが、2度シャッターを切ったとこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/21 01:33
雑木林に夏が来た
夏がやってきて、公園内の樹高10mを超える大木が林立する雑木林の奥では、何層にも重なって頭上を覆う枝にたくさんの葉が茂って鬱蒼とした陰を作り、遊歩道は昼でも暗くなってきました。写真を撮る場合には、ストロボを使用しないときれいな画像が得られないほどです。ただ、下草や潅木は刈り取られているため、ヤブカに襲われることはなく風通しもよいので夏場の散歩にはありがたい場所です。特に早朝の林の中は、冷たい夜の空気が残り、木々の香りがたちこめる中に野鳥の声が響いて爽やかです。写真は、そんな夏を迎えた雑木林の... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/14 12:11
梅林も青葉に覆われました。
2月から3月にかけて綺麗な花を咲かせ馥郁とした香りを漂わせた公園の梅林が、すっかり青葉に覆われました。ウメの実も先週あたりまでにすっかり収穫され、今は青葉を茂らせ枝を伸ばし始めています。葉が茂るまではウメの木の間を駆け抜けて遊んでいたルナとハンナも、茂った葉で風通しや見通しが悪くなったうえ、下草が伸びてきたのでウメの木立の中へは入っていくことが少なくなりました。梅林の周辺の雑木林もすっかり葉の色が濃くなり、公園の中はすっかり夏の装いを見せています。そういえば、この公園の中では3日ほど前に今年... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/14 02:44
セッカが飛び立った!
この頃のフィールド内の草はらや田の畦では、チガヤが銀色の穂を風に靡かせる光景があちこちで見られます。そんなチガヤが広がる草はらを歩いていたところ、近くの足元からセッカが飛び立ちました。急いでカメラのレンズを向けると、セッカはファインダーの中で口を大きく開け、聞き間違えることのない特徴のある鳴き声を上げながら上昇し、私の頭上をいつもと違い長い時間ひらひらと舞うように飛び回りました。どうも私に向かって警戒の声を上げているようなので、チガヤの草むらの中に巣を作っている様子です。せっかく頭上を飛んで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/13 18:44
公園のシダレザクラ
今月5日の早朝に、巣立ちしたスズメの雛を撮影した公園のシダレザクラの枝に、ヒヨドリがとまりました。この木は野鳥たちにとってとまりやすいのか、四季を通じていろいろな種類の野鳥たちが羽を休めています。スズメやヒヨドリはもちろんのこと、モズ、ホオジロ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、ムクドリ、キジバトなどの留鳥をはじめ、季節ごとにそのときどきの渡り鳥や旅鳥もよく観察できます。ことに3月下旬から4月上旬にかけて小ぶりのピンクの花が木を覆うように咲きそろう時期には、花の間で遊ぶ野鳥たちが華... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/13 17:33
楽しかった!
足取り軽く、渚を歩き回るハンナです。昨日の海辺の散歩では、日暮れ近くで気温が24℃くらいまで下がってきていたことと、乾燥した爽やかな風が吹き渡っていたため体感温度はさらに下がっていたこともあって、ハンナは最近になく軽快に歩き、何度もララと一緒になって砂浜を全力疾走することもできしました。この季節の海辺は、観察できる野鳥の種類や数が減り、昨日も見ることができたのはカワウとハシブトガラスにスズメくらいで、私にとってはあまり嬉しい状態ではありませんでしたが、ハンナにとっては久しぶりの海辺の空気を満... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/12 16:11
快い海風
昨日の日曜日は、夕方になると外を吹く風が涼しくなったので、ララとハンナを車に乗せて10kmほど離れた海岸へ散歩に出かけました。日曜日でも午後から少し仕事をしたことが幸いして散歩の時間が遅くなり、気温が下がって涼しさが増したため、日が高いうちなら暑くてできない浜辺の散歩ができました。5月14日以来の浜辺です。海から吹いてくる風は秋の風のように爽やかで、最近は散歩で長い距離を歩くことは嫌がるハンナも、2時間近く波打ち際をララと一緒に仲良く行ったり来たりしながら、いろいろな漂着物をおもちゃにして遊... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/12 01:11
今年も番ができました。
4月23日にやってきて以来、毎日家の前の池のアシ原で賑やかな声を聞かせているオオヨシキリが、5月下旬から番を作ったらしく2羽が確認できるようになりました。2羽のオオヨシキリは、毎日池の周辺を元気に飛び回り、写真のように家の前のシダレザクラの枝でもよく鳴いています。今年もこの池で繁殖が行われそうです。オオヨシキリは1回の産卵で4個から6個の卵を産むといわれていますが、毎年この池で見られる巣立ちをした雛は2、3羽で、年によっては1羽だけだったこともあります。孵らなかった卵があったり、ヘビやカラス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/11 13:11
トンボの季節
5月下旬から、公園の大きな池の近くやその周辺の林の中でトンボを見かけるようになりました。初めの頃はコシアキトンボばかりでしたが、6月になってからはオニヤンマやギンヤンマをはじめシオカラトンボやムギワラトンボもちらほら目にとまります。写真は、昨日の散歩で見かけたコシアキトンボのメスです。日差しのよく入る明るい雑木林の梢をかすめるように、何度も同じコースを飛んでいました。水辺近くでこのトンボを見かけるようになると、トンボの季節が始まり暑い夏がやってきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/10 00:33
ヒメシャラの花
数日前から、玄関わきのヒメシャラが白い小さな花を咲かせています。このヒメシャラは今の家を建てたときに植えた木の一つですが、植えた場所が狭く十分根を張る余地がなかったのか生長が悪くて、樹高もあまり伸びず、5本の株立ちだったもののうち3本は枯れてしまいました。その後根元が乾燥しないようにと周りにツワブキを植え陰を作ってやったところ、残った2本は毎年ほそぼそと花をつけ、この花が好きな私の目を楽しませてくれていました。それが、今年は少ないながらも例年よりたくさんの花をつけ、蕾もいくつか残っています。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/09 18:33
ヒバリが顔を出した!
フィールドの草むらの中に腰を下ろし、キジがやってくるのを待っていると、すぐ近くの草の間から雄のヒバリが顔を出しました。冠羽をしっかり立てて辺りを見回していますが、まだ私には気づいていないようだったので、そっとカメラを構えてレンズを向けてみました。この春には、このフィールドでたくさんのヒバリが番を作りました。確認しただけでも、それほど広くない草はらで5組のヒバリの番ができていたので、雛が巣立ちをした最近ではもっとたくさんの個体がフィールドの中にいるでしょう。そろそろ巣立ちした雛たちはこのフィー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/08 19:55
梅雨入り
梅雨入りです。昨日は、午前中から降り出した雨が一日中やむことなく降り続き、気象台からはこの地方も梅雨入りをしたとの発表がありました。いよいよひと月半ほどは雨が多くしのぎにくい日が多くなり、ララやハンナの散歩も毎日定期的に出かけることが難しくなる季節です。梅雨がなければ水不足が心配されるものの、できれば早く通りすぎてほしい季節ではあります。ただ、植物たちにとっては生長が促される季節なので、水を得ていきいきとしている草木の様子を楽しめるのは嬉しいことです。このごろ家の近くでも、ハナショウブやアジ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/08 01:44
セッカだった!
早苗が植えられた水田が広がる早朝のフィールドで、肌に心地よい朝風に吹かれながらサギやツバメが飛ぶ様子を眺めていたところ、向こうの方から直線的に飛んできた野鳥が目の前を横切りました。遠くに見えたときはスズメかムクドリだろうと思っていましたが、近づいて来るにしたがって大きさがスズメより小さく体のバランスが違うことに気づき急いでファインダーに捉えると、目に飛び込んできたのはセッカです。いつもは風に吹き散らされる木の葉のように方向が定まらない飛び方をするセッカが一直線に飛び、おまけに特徴のある声で鳴... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/06 20:33
緑が濃くなりました。
夏がやってきて、木々の緑が濃さを増してきました。遊歩道に軽やかな木漏れ日を揺らしていた黄緑や浅緑だった若葉は、濃い緑に色を変えるとともに茂って日差しを遮り、遊歩道に濃い木陰をつくるようになりました。明るかった雑木林の中は日中でも薄暗くなり、薮の奥ではウグイスの声が聞こえます。ことに里山の中をたどる写真の道は、公園の遊歩道のように広々としているわけではなく、そのうえ枝打ちや剪定も施されていないため木々は頭上や道の脇を覆い、散策していると四方八方を青葉若葉に取り囲まれ体や心まで緑色に染まっていく... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/06 12:00
子スズメの巣立ち
昇ったばかりの朝日を受けて、可愛らしい声で鳴く子スズメです。気持ちのよい朝風に吹かれて公園の中を散策していると、春にきれいな花を咲かせたシダレザクラの木の周りで、スズメが騒いでいました。そっと足音を忍ばせて近寄っていったところ、巣立ちをした子スズメが5羽賑やかに鳴き交わし、その周囲を親スズメと思われる2羽が子供たちに注意を促すようにせわしなく飛び回っていました。子スズメはほとんど親と同じ大きさになっていますが、まだ嘴に僅かに黄色が残っています。先月孵った雛が、あとほんの少しの期間だけ親の援助... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/06 00:55
遅れて咲いたツツジ
ツツジの季節がすっかり終わり、近辺のツツジがみな葉の色を濃くする頃になって、我が家の道路際に植えたツツジが満開になりました。このツツジは、一時枯れるのではないかと思うほど木が弱り、枝も枯れてたくさん折れ貧弱な姿になったのですが、根の周りの土を入れ替え肥料を施したところ、徐々に元気を取り戻し年々たくさんの花を付けるようになりました。それが今年は花期になっても花が咲かず、また弱ってきたのかと思いながら様子を見ていたところ、遅ればせながら蕾を膨らませてようやく先週末から一斉に花を開きました。咲き遅... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/04 22:33
ヒナキキョウソウ
キキョウソウの小さな紫色の花が、道端や空き地で見られるようになりました。群れ咲いて風に揺れている姿は可愛らしく爽やかですが、この花がたくさん見られるようになると蒸し暑い梅雨がやってきます。この花はもともと北アメリカ原産の帰化植物で、100年ほど前には関東地方で見つかっていると聞いたことがありますが、私が子供の頃には身の回りで見た記憶がありません。野外で遊ぶことが多く植物や昆虫をとることに夢中になって自然には体全体で親しんでいた小さい頃の私が見た記憶がないので、おそらくこの近辺ではまだ繁殖して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/04 21:55
エノキの実
里山の林の下をたどる小道を歩いていると、歩みを進めるたびに靴底から何かが割れてつぶれる音が聞こえました。腰をかかがめてみると、小さな丸い実がたくさん落ちています。頭上を仰ぎ見てみたところ、新緑が日の光に映えるエノキの葉の間で、小さな丸く青い実がたくさん下がっていました。春に目立たない花を咲かせていたエノキが、実をつけました。それが先日2日間ほど強く吹いた風や、野鳥の羽ばたきなどで、成熟する前に吹き落されたようです。枝に残った実の多くは、これから暑い夏を通り越して秋が深まる頃には、黒紫色や赤褐... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/03 19:44
あそこにも、ここにも!
公園の中を駆け回った後で、弾んだ息を整えるように木陰が揺れる遊歩道で座り込み休憩すララとハンナです。一緒になって走った私も息が切れて汗ばんできたので、道の脇の石に腰を掛け木立の間を吹いてくる風に当たっていると、昨日は湿度が低いためすぐに汗が引いて、気温も最近になく低めだったため林の中の空気がひんやりと心地よく感じました。ララとハンナは落ち着くのに私より時間がかかっていましたが、それでも少し呼吸が整ってくると、写真のように高い枝の間を飛び交うヒヨドリやキジバトそれにシジュウカラやカワラヒワなど... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/03 03:33
クワの実
フィールドの中に広がる畑の片隅で、色づいているクワの実を見つけました。これまでクワの木があることに気づきませんでしたが、赤や黒の実が目についたのでそれと気づきました。子供のころにはまだときどき目にすることがあったクワの実ですが、この頃ではすっかり見ることができなくなりました。蚕を飼うことがなくなったため利用価値がなくなりクワの木が減っていったのでしょう。しかし、果実は甘酸っぱくておいしく、ジャムや果実酒など利用価値も多いので、ブラックベリーやラズベリーのようにもっと栽培されてもよさそうなもの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/02 22:33
今日は走った!
昨夜突然降り出した強い雨も未明にはやみ、今日はよいお天気になりました。この季節なので日差しは強いのですが、昨日までのような暑さはなく、強い風ながら爽やかで心地よい風が吹いて、空気の感触はまるで秋の風のようです。気温も最近になく低く、お昼過ぎでも車の温度計は外気温24℃を示していました。そんな気持ちのよいお天気に、今日はララもハンナも張り切って公園内を散歩し、昨日は途中で散歩をやめてしまったハンナも、楽しそうに遊歩道や広場を走り回っていました。毎日こんなお天気が続いてくれるとありがたいのですが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/02 16:33
トキワツユクサの花を見て
フィールドの中では、あちこちの日陰でトキワツユクサの真っ白な花が咲く季節になりました。散歩に訪れる里山では、坂が続く道の両側の木陰が毎年見事に一面のトキワツユクサに覆われる場所があります。この道は2年前に亡くなったルナと一年を通じてよく歩いた道で、いろいろな思い出が残っています。昨年もミカンの花が咲くころにこの花が木陰でたくさん咲き始めたのを見て、ルナがこの花の群れ咲く中へ顔を突っ込んだり、体ごと埋まって遊んでいたことや、咲き広がるこの花を背景に写真を撮ったことなどを思い出しましたが、今年も... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/01 22:33
ヤマザクラの実が熟しました。
4月にきれいな花を咲かせて目を楽しませてくれた里山のヤマザクラが実をつけ、それが熟してきました。散歩をしていると賑やかなムクドリの声が聞えてきたので、その声のする方へ行ったところ、ムクドリがヤマザクラの枝に群がっていました。カメラを取り出し望遠レンズを使って見てみると、ムクドリたちは熟してきた実をついばんだり、地面に落ちた実を拾っています。ムクドリと色づいたヤマザクラの実を一緒に撮影しようと考えて少し距離を詰めていったところ、その気配に感づいムクドリたちは一斉に飛び立ってしまいました。そこで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/01 16:55
草が刈られた!
遊歩道の両脇に丈高く伸びたカラムシやカモジグサ、イヌムギなどが公園整備の職員の手で一斉に刈り取られました。この公園では春から夏にかけては頻繁に草刈が行われますが、広大な公園なので刈り取ったそばから草が伸びだし、毎日のように行われている草刈作業を上回る勢いであたりを覆いつくします。今回草刈が行われた遊歩道も、2、3週間もすればまた同じように草で覆われるでしょうが、これからしばらくは周りの見通しや風通しがよい状態で散歩ができます。早速ララとハンナは、草が刈り取られ自由に行き来ができるようになった... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/01 03:33
バラが一輪
バラの季節も終盤に入ったこの頃になって、庭の隅で一輪のバラが咲きました。品種名は分かりませんが、やや彩度を落とした落ち着いたピンクの花弁を持つバラです。以前に切花として贈られたバラを、花が終わったあとで数本挿し木にしてみましたが、それが挿し木をしたことも忘れてしまっていたら根付いていて、庭の片隅で30cmほどの背丈になり花をつけました。一昨年もほぼ同じ色彩の花を咲かせるバラが根付いたので、少し丈が伸びた段階で植え替えてやりました。写真のバラも、もう少し大きくなったら機会をみて植え替えてみよう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/31 15:33
サトキマダラヒカゲ
ガソリンスタンドで洗車を依頼して、その仕上がりを待つ間近くにある公園の林の中を歩いてみました。ひと月前に歩いた時には柔らかい芽を出していた木々もすっかり青葉に変わり、サクラやケヤキの枝では茂ってきた葉陰で巣立ちした雛を交えたスズメたちが賑やかに鳴き交わしていました、そんな木々の下を通りながらコナラが立ち並ぶ公園の奥へ入っていくと、3頭のオレンジ色が目立つチョウがひらひらと舞っていたので撮影してみました。始めはヒョウモンチョウの仲間だろうと考えながらシャッターを切っていましたが、撮影した画像を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/31 12:33
5月も過ぎようとしています。
今日で5月も終わります。私の誕生月でもあり、青葉と薫風が爽やかな時期で一年のうちでも最も好きな時期が過ぎ去ろうとし、これからは暑い日が多くなり、梅雨を迎え湿度も高くなって、凌ぎにくさが増してきます。一年の中でも夏の暑さが一番嫌いな私にとっては、何ともありがたくない季節の到来です。毎年梅雨に入って蒸し暑さを感じるようになると、高い山や高原か、南半球の国へ行きたくなります。先日訪れた高原では、周りの山々にはまだ真っ白な雪が残り、爽やかで涼しい風が吹いていました。仕事がなければ、夏の間はこんな山の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/31 04:44
チゴユリ
日曜日に高原へ向かう途中では、山の中や渓流沿いにタニウツギのピンク、ミズキ、ウワミズザクラの白い花があちこちに咲き、その中にキリやフジの薄紫色の花が交じってきれいでした。目的地について林の中に入ると、日向ではツボスミレが固まって長い花柄の先に白い小さな花を咲かせ、木陰ではチゴユリのやわらかそうな緑色の葉が枯葉の間から顔を出し、かわいらしい白い花が点々と咲いていました。特に林の奥ではチゴユリが地面を覆うように広がっていたので、ララやハンナに足を踏み入れないように指示しながら写真を撮ってきました... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/30 18:33
コサメビタキの囀り
日曜日に訪れた高原では、今年の春に家の周辺では出会えなかったコサメビタキの姿を確認でき、おまけに長い時間囀りも聞くことができました。現地に着いて車のドアを開けた途端に近くの森から何度もカッコーの声がして、茂みの中からはウグイスの鳴き声が頻繁に聞こえてきたので嬉しくなりましたが、林の中へ入り遊んでいるとミズナラやマツの梢高くからはカラ類の声やホトトギスの声が響いてきました。その姿を求めて高い枝を仰ぎ見ていたところへ写真のコサメビタキがやってきて、頭上で囀りを聞かせてくれました。コサメビタキは、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/30 00:44
高原の林の中で
昨日は、以前から日曜日の一日を何も予定を入れないようにして、ララとハンナを高原か渓流で遊ばせようと考えていた計画に従って、休日の朝としては早く起きて家を出ました。依頼しておいたハンナのライフジャケットが到着しなかったため、渓流はまたの機会にして、昨日は標高1000mの高原に広がる林の中へ2匹を連れて行き、青葉が鮮やかになってきた自然の中で、野鳥や野草を楽しみながら遊んできました。ここは以前にサラとルナを連れてきて遊ばせたところで、訪れるのは約10年ぶりになります。周囲の高い山にはまだ雪がたく... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/29 02:00
セッカが飛んだ!
よく晴れた空にセッカが飛びました。散歩を終えてから時間もあったので、田が広がるフィールドへ寄ってアマサギがやってきていないか確認してから帰宅することにしました。田植えの邪魔にならないように車を止めてアシやチガヤが茂る農業用水沿いの道を歩いていると、アマサギを始めサギの仲間の姿は一つも認めることはできませんでしたが、すぐ近くでセッカの声が聞こえたので、草の陰で腰をかがめていると、すぐ近くから独特の鳴き声を響かせて1羽のセッカが舞い上がりました。セッカはスズメより小さいうえ、飛ぶときには木の葉が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/28 02:22
また散歩ができなかった・・・
昨日は、お昼過ぎにはあがると思っていた雨が、やみ間はあるものの夕方まで降っていました。そのため、夕方ララとハンナを連れて海辺へ散歩に行こうと考えていた予定が流れてしまいました。ここしばらく夏のような暑さが続いていたため、暑さに弱いララやハンナを日陰のない海辺へ連れて行くことは控え、散歩するのは木陰の多い丘陵地の公園ばかりでした。ところが、一昨日の夜から涼しくなり、この気温なら十分海辺で遊ばせることができるはずでしたが、一昨日に続き昨日も雨のため散歩はできずに終わってしまいました。天気予報では... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/27 02:55
ヒバリの巣立ち
フィールドの中で子育てがなされていた3つのヒバリの巣の一つから、雛が巣立ちました。育雛中は親鳥を驚かせて巣を放棄させてはいけないと考え、遠くから観察するだけで近寄らないようにしていましたが、昨夕フィールドを歩くと、巣の近くで雛の声が聞こえてきたためあたりを望遠レンズを使って探してみたところ、巣から10メートルほど離れたウメの木の枝に3羽の雛が確認できました。嘴には黄色が残り、風切り羽も伸びていません。近寄って行くとまだ親鳥ほどの警戒心はなく、かわいらしい姿を何枚も撮影させてくれました。これか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/25 13:33
ミカンの花の香る道
散歩をしていると、ミカンの花のよい香りが漂ってきました。以前にもブログに書いたことがあったと記憶していますが、私にとってミカンの花の香りは、遠い昔の子供時代の家の様子や、今ではもう会えなくなってしまった人たちの顔を思い出させてくれる懐かしい香りです。昔の我が家の裏庭の片隅には、祖母が植えた甘夏の大きな木がありました。毎年今頃の季節になると、爽やかな香りが庭を包み、風向きによっては家の中にまで漂ってきました。今ではそのミカンの木はなくなりましたが、どこかでミカンの花の香がするたびに、そんな香り... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/24 22:00
センダンの花が咲いていました。
センダンの花が咲く季節になりました。里山の中の細い道を歩いていると、重なる木々の向こうで薄紫色の花が風に揺れている様子が目に留まりました。ララとハンナを促して後についてこさせ、林の中に入っていったところ、まだそれほどの大木に育ってはいないものの、幹周りが50センチメートルほどのセンダンが枝のいたるところで涼しげな花をつけていました。センダンは楝とも呼ばれ、古来和歌などにも読まれ、近いところでは私の好きな唱歌の ”夏は来ぬ”の中にも夏の訪れを告げる花として登場しています。この時期に咲く花木とし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/24 12:00
青葉の中で
葉が茂り、たくさんの実がついてきた梅林の中で、数羽のスズメが賑やかに鳴きながら鮮やかな緑で覆われた枝の間を飛び交っていました。どうもこの春生まれて大きく成長した子スズメと、その親のようです。そのスズメたちにレンズを向けて撮影しようとしていたところ、同じ枝に雄のホオジロがやってきました。突然やってきたホオジロの羽音にスズメたちは驚いて別の木に移ってしまったので、ファインダーに入ったホオジロを撮影しました。スズメもホオジロも、枝や葉についたアブラムシやそのほかの昆虫を捕食しているらしく、このホオ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/23 11:44
デアが咲いた!
道に面して植えてある蔓バラのデアが、今年もたくさんの花を咲かせました。5月初旬からたくさんの蕾を枝先につけてちらほらと咲いていたものが、10日ほど前から一斉に花を開くようになり、今が満開で見ごろになっています。一時蕾にアブラムシがついたものの、以前たくさん庭に放したおかげか、今年もナナホシテントウの幼虫が大量に発生し、ほんの数日で群がっていたアブラムシを退治してくれました。できるだけ薬品は使いたくないので毎年天敵を使ってアブラムシ対策をしていますが、今年は殊のほか大成功でした。ただ、デアは咲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/23 04:44
涼風
今日も気温の高い暑い一日でしたが、夕方から風が出てきました。気温は27℃ほどあっても、風は湿度が低く乾いた快い風で適度な強さもあります。その風に吹かれていれば暑さを感じないどころか快さを感じます。先ほど散歩をしてきたララとハンナも、動いている間は徐々に足取りが遅くなり舌も出てきて暑そうでしたが、風通しのよい木陰で休ませると生き返ったような表情になり元気を取り戻していました。写真は、雑木林の中の遊歩道の坂を上り切ったところで、青葉の間を吹き抜けてくる涼しい風を受けて小休止しているララとハンナで... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 22:00
キジの数が増えました。
今年は春先から、自然観察やバードウオッチングをしているフィールドを歩くとよくキジに出会います。住宅地開発などで自然破壊が進んでいた10年ほど前までは、ほとんどキジの姿を見ない年もあり、このあたりに生息する個体数は激減したと感じていました。それが、この数年徐々に出会う機会が増えて、今年は特に数が増えているような気がします。ことに5月に入ってからは、繁殖期にも当たるためでしょうがフィールドへ出るとほぼ毎回その姿が確認でき、姿を見ることができないときでも鳴き声はよく聞こえています。この写真を撮った... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 14:00
ナワシロイチゴの花
里山へ入っていく道の脇で、ナワシロイチゴがピンクの花をつけていました。ここは毎年ナワシロイチゴがたくさん見られるところですが、今年は三週間ほど前に道の脇の草全体がきれいに刈り取られてしまい、例年のように小さなピンクの花が道端を飾る様子を見られなくなったとがっかりしていました。ところが、念のためあたりを探してみたところ、少し離れた奥の方の草むらで刈り取られず残った一株のナワシロイチゴが花をつけていました。この花は額は全開しますが花弁は開くことがないので、ほかのイチゴの仲間のように目立つ花ではあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 03:33
池のほとりで一休み
週末は2日連続して30℃を超える真夏日になりました。暑さに弱いハンナは、家の中にいても少し動いたり興奮すると息が弾んで長い舌が出てくるようになったため、いよいよエアコンの冷房機能の出番です。昨日も一日中リビングルームのエアコンを稼働させてやると、ハンナは涼しい風が下りてくる部屋の中で一番居心地のよいところへ陣取り横になっていました。散歩に出ても、ララはそれほどでもないのにハンナはすぐに暑そうな様子を見せるので、木陰を辿って歩きながらときどき休憩させるのですが、風通しのよい涼しそうな木陰で足を... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/22 01:33
たくさんいるなあ・・・
森の中へ入っていくと、人影がないこともあって野鳥たちの数も多く、梢のあちこちからいろいろな種類の鳴き声が降るように響いてきます。大きな木が立ち並び枝が高い位置にあるうえに若葉がたくさん重なるようになり、野鳥の姿を見ることが難しくなったため撮影には向きませんが、枝の間を飛ぶ野鳥たちがたてる羽音や葉ずれの音、それに鳴き声は途切れることなく頭上から聞こえてくるので、風のさやぎや水音とともに自然がうみだす音を楽しむことができます。ララやハンナも、ときどき写真のように散歩の足をとめて、聞こえてくる音や... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/21 12:44
真夏日がやってきそうです。
昨日から天気予報では、今日は各地で真夏日が続出するといっていたとおり、確かに日が高くなるとともに暑さが増してきました。昨日は車の温度計では外気温が29℃になっていましたが、今日はさらに上がり、このあたりでも真夏日になるかもしれません。いよいよ私の嫌いな夏の暑さがやってきます。それとともに、ララとハンナの散歩も、時間と場所を選ばなければならない季節になってきました。写真は、昨日の散歩中に風通しのよい高みになった木陰で休むララとハンナですが、頭上を分厚く若葉が覆って強い日差しを遮り、所々で木漏れ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/20 12:55
スイカズラの香り
里山の雑木林の中を歩いていると、スイカズラの甘く爽やかな香りが漂ってきました。匂いを頼りに薄暗い藪の中へ入っていくと、独特の形をした花弁を持つスイカズラの花がひっそりと咲いていました。咲き始めは白い花弁が、後には黄色へ色を変えるため金銀花とも呼ばれているスイカズラですが、その名のようにもうたくさんの花が花弁を黄色に変えています。白い花を一つ採って吸ってみると、甘い香りとともに少量の蜜が出てきました。私が花を口に持っていったのを見たララとハンナが、何を食べているのかと気になったらしくじっと私の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/20 01:00
先へ行くよ!
昨日はいつもの公園の雑木林ではなく、さらに奥の森の中を散歩してきました。森の中は滅多に人と出会うことはなく、そのため初めからララもハンナもリードを外して自由に歩かせてやることができるので、私も手が塞がらず野鳥や野草の写真を撮り易くなります。ララとハンナものびのびとして、一緒に走り回ったり木々の根元や薮陰の匂いを嗅いだりと楽しそうに遊びます。昨日も、木陰が涼しい遊歩道で2匹を自由に遊ばせ、私は斜面を上ったり、薮の中へ入って写真を撮っていました。被写体もなくなったのでしばらくして遊歩道へ下りてい... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/19 03:33
シロツメクサのカーペット
遊歩道の脇の土手をシロツメクサが覆いつくし、たくさんの花を咲かせました。春の初めには芝生の間にタンポポがたくさん顔を出し、黄色の花が一面に咲き広がっていましたが、公園の中でも人がよく通るところなので管理もよく行き届き頻繁に草刈が行われるため、花期が終わったタンポポが芝とともに刈り取られ、その後に今度はシロツメクサが芽を出し土手の斜面を覆いました。やわらかそうな白と緑のカーペットは、その上で寝転んだら心地よさそうです。ララとハンナもそう思ったのか、私が斜面の下の草の中で昆虫を探していると、青葉... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/18 03:33
ノイバラが咲いています。
5月になってから公園や庭ではいろいろなバラが咲き競っていますが、自然観察フィールドにしている野山では、あちこちでノイバラの白や薄いピンクの花が見られるようになり、園芸用のバラにはない素朴さで明るい日差しに花や葉を照り輝かせています。山歩きやバードウオッチングで薮を通り抜けるときには、刺を持っているうえに密生しているのでこれがあると厄介ですが、晩春から初夏にかけての花の時期と、赤いきれいな実をたくさん見せてくれる秋には毎年被写体にして楽しんでいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/17 23:55
夕方の池で
日が翳ってきた夕方の池で、カンムリカイツブリが餌を探して何度も潜水を繰り返していました。私の住む周辺ではあまり見る機会のなかったカンムリカイツブリを、数は少ないのですが、この2、3年よく目にするようになりました。ことに昨年末から今年の3月ころにかけては、この池だけでなく、よく散歩する海岸でも訪れるたびに魚を追って海面を移動している姿が観察でき、たくさんの写真を撮ることができました。このあたりに飛来する数が、少しずつ増えてきているような気がします。すっかり夏羽になったこの個体は、繁殖期に入って... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/17 12:00
自然の奏でるヒーリングミュージック
雑木林の中を歩くと、野鳥の囀りで賑やかです。昨日も林の中を散策すると、枝の間や高い梢から降るように、この林の住人のシジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、ホオジロ、ヒヨドリなどの声が響き、その声に混じってキビタキの声も聞こえていました。さらに藪の奥からはときどきウグイスの声もして、風が鳴らす葉ずれの音と野鳥の囀りが林全体を舞台にした爽やかなヒーリングミュージックを奏でているようでした。散歩の途中で息が弾んできたララとハンナをしばらく休ませてやろうとして、遊歩道の脇の積もった枯葉の上に座らせましたが... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/16 12:11
ノアザミ
夕方の公園を散歩していると、池の土手でノアザミが咲いていました。数多くあるアザミの中では、晩春から初夏にかけて開花するものはノアザミだけなので、秋に見るアザミとは違い同定は楽です。広い土手で2株だけが芽を出し生長したらしく、低い背丈の草が繁茂している中で2本の茎が高さを競うように伸びて先端に花を咲かせ、池をわたってくる夕風に揺れていました。花はまだ3輪咲いていただけですが、蕾がいくつかついて、その先が紅を点したように色を帯びてきているので、これから順次咲いていくでしょう。ノアザミは、黄や白が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/16 04:44
キジの母衣打ち
収穫されずに花が咲き、それが満開になって菜の花畑のように黄色が広がっているハクサイ畑の周りで野鳥を探していたところ、近くの草むらから雄のキジが出てきました。しばらく様子を見ていると、畑の周りの草が伸び放題になっている荒れ地を歩き回った後ハクサイ畑にやってきて、畝の間を行き来していました。キジは、20mほど離れてカメラを構えている私に気づいているはずなのに一向に警戒する様子は見せず、おもむろに空を仰いで鋭い声で鳴きだし、次には翼を広げて母衣打ちをはじめました。せっかく母衣打ちをするのなら、こち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/15 23:11
ハリエンジュが満開です。
最近の公園では、あちこちで白い花の房を下げているハリエンジュを見ることができます。公園内のほとんどのハリエンジュは樹高10m前後の高木ですが、中には池の端で写真のように枝を水面近くに垂らしているものもあります。街路樹や園芸樹として輸入されたハリエンジュですが、繁殖力が強く今では要注意外来植物として積極的に切り倒されていると聞きます。しかし、この公園内のハリエンジュはどれも大きく生長して、毎年よい香りのきれいな花を見せています。この写真を撮っている間も、あたりには風が運んでくるよい香りが漂い、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/15 13:55
一面のハマヒルガオ
昨日はバザーから帰ってから一休みして、午後5時を回った頃からララとハンナをのせて海へ車を走らせました。目的はもちろん2匹の散歩ですが、それとともに先日から開花を始めていたハマヒルガオが、そろそろ砂浜一帯を覆うように咲いたのではないかと考え、それを確かめるつもりもありました。海岸について車をとめ浜辺に出てみると、やはり思ったとおり砂の上を這うように広がったピンクの花が、夕日を浴びて一面に咲き広がっていました。まだまだ蕾が次から次に出てきているので、しばらくの間は砂浜は無数のピンクの花で飾られま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/15 02:33
夏近し
いつも散歩する公園の遊歩道で、チョウを追っている私を待つララとハンナです。気温が高くなってきたこの頃、公園の中ではいろいろな夏のチョウが見られるようになってきました。散歩中に、林に続く草むらの中を飛ぶモンキアゲハとアオスジアゲハを見かけたので、撮影しようとして2匹に待つように指示して座らせ、モンキアゲハの方を追いかけました。しかし、チョウは速い速度で若葉が茂る林の中へ入ってしまい、見事に逃げられてしまいました。そこで草むらから出て遊歩道に戻ると、写真のように2匹が、早く戻ってこないかな、とい... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/14 02:33
ベージュの小道
雑木林の中ではコナラやエノキ、クリなど落葉樹の花が咲き、花期を終えたものからどんどん花を落としています。風が強く吹いた日などは、一日で木の下が落ちた花で覆われています。ただ、花が無数に落ちたとはいっても少し前の時期のヤブツバキとは違い、花序や一つ一つの花は小さく、ベージュの目立たない色をしているので、地面が鮮やかな色彩で飾られることはありませんが、無数の花が落ちて広がるため、遊歩道は一面落ちた花を敷き詰めたようになり路面の色がベージュに変わります。そんな遊歩道を歩くと、毛の長いララの足やお腹... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/13 16:33
強い雨がやってきそうです。
夜になって雨が降り出しました。昨日も気温は高く暑い日で、正午前には27℃を超えて6月がやってきたような蒸し暑さを感じましたが、雨のおかげか午前零時を回ったころから窓を開けると涼しい風が入ってくるようになりました。ただ、天気予報やニュースでもいっていたように、九州地方で激しい雨を降らせた低気圧が接近してきているようなので、夜が明けると雨は強さを増しているでしょう。残念ながら、ララとハンナは涼しさが続いていたとしても、今日は散歩に行くことはできない雲行きです。写真のように歩けばすぐに暑くて長い舌... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/13 02:11
何であんなに騒ぐんだろう?
食事を与えようとして食器の用意をし始めると、その音を敏感に察知して、ララは部屋の中をくるくると回りだし、ハンナは用意をしているそばへきて大きな尾を派手に振り回します。そして食器を2匹の前に持っていく段になるとどちらも喜んで、ララは回るスピードを上げ、ハンナは部屋中を跳ね回ります。とくにハンナは大きな身体で跳びあがり、時にはその顔が身長175cmある私の頭の上にくることもあるほどです。食器を目の前に置けば騒ぎは収まり、2匹は首を揃えて仲良く食べていますが、そんな時小次郎は、食事のたびにララとハ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 23:55
暮れなずむ空に
暮れなずみ、地上には夕闇が濃くなってきた日暮れの空を、ずんぐりとした体形のサギが1羽横切りました。肉眼では黒い影に見えるばかりで、飛んだ時間と体型からゴイサギだろうと思いましたが、望遠レンズで捉えてパソコンの画面で拡大し明度調整をすると、風切り羽や雨覆い羽の上面全体が黒く見えるうえ、冠羽が白くは見えないためササゴイのように思えました。ただ一つ疑問に思ったのは、初列風切り羽の10番に当たると思われる羽だけが真っ白です。こんな羽の配色はゴイサギでもササゴイでも見たことがないため、この個体だけの変... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 18:33
オオヨシキリの囀り
今の時期になると毎年、家の前の調整池のアシ原ではオオヨシキリが一日中大きな声で囀っています。夜中でも聞こえてくる声に、うるさいという人達もいるようですが、寝静まった住宅街の中で夜空に響くオオヨシキリの声を聞くのもいいものです。まだ番を作った様子が見えませんが、例年ここで営巣して雛が巣立っているので、今年も夏になって飛び回る幼鳥を見ることが出来るか今から楽しみにしています。ちょうど外出しようとして門を出ると、池の真ん中あたりに茂るアシの中で囀っているオオヨシキリの姿を認めたので急いでカメラを持... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/11 23:55
木陰が続く道
昨日の雨があがり、朝から青空が見えたと思ったら気温は上昇し、お昼ころには25℃を超えて暑い日になりました。公園へ散歩に出たララとハンナは、強い日差しを浴びるとすぐに舌が出てきて、いつもの散歩コースを歩くことは嫌がったため、日の当たらない木陰が続く道ばかりを歩いてきました。ただそうすると歩く距離が短くなってしまうため、同じコースを2度回ってきました。写真は、途中で一休みしてビスケットを食べたあとのララとハンナです。きれいに刈り取られていた遊歩道の周りも、この頃急に伸びだしたカモジグサやスイバ、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/11 19:44
ハクサイ畑を背景に
チガヤやカモジグサが茂りだした一帯にセッカが舞い降りたので、そのあたりをカメラの望遠レンズ越しに探していたところ、またすぐ近くに野鳥が舞い降りてきました。今度は鳴き声もなく降りてきたのでセッカではないと分かっていましたが、レンズを向けてみると雄のホオジロが丈を伸ばしてきたスイバにとまっていました。このフィールドではこの数年ホオジロの数が増えて、撮影できる機会は頻繁にあるため珍しくもありませんでしたが、収穫されないままに放置されて花が咲いたハクサイ畑を背景にして色彩がきれいだったため、数枚撮影... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/11 12:33
田に水が張られました。
自然観察を楽しんでいるフィールドでは、先週末あたりから田に水が張られるようになりました。田植えの準備がなされ早苗が運び込まれている田も見受けられます。今週から来週にかけては田植えをする光景があちこちで見られ、まだ頼りなげな早苗が田面を吹き渡る風に揺れる光景が広がるようになります。そんな田には、水を求めて小動物が集まり、さらにそれを餌にする野鳥たちも集まってきます。先週末に、毎年飛来を楽しみにしているアマサギもそろそろやってきていないかと思いながら農道で車をゆっくりと走らせていると、アマサギの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/09 21:55
少し疲れた・・・
昨日の夕方の散歩で、遊び疲れたのかララと私が野鳥を探している間に芝生の上で居眠りを始めたハンナです。日が大きく西に傾き日差しも弱まってきたので元気が出て、つい先ほどまでララと一緒になってあちこちで匂いを嗅ぎまわったり近くに寄ってくる人たちに愛想を振りまいていたハンナでしたが、野鳥の撮影をしている間にいつのまにかララだけが私の後をついてきていて、ハンナが静かになったことに気づきました。どこにいるかと周囲を見回して見たところ、ハンナは涼しさを増してきた夕風の中で草の上に体を投げ出して、気持ちよさ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/09 13:55
暑い日でした!
昨日は最高気温が28℃近くに達し、春というよりもうすっかり夏が来たような日になり、家の中でも窓を開放しただけでは暑く、冷房がないとしのぎにくい一日となりました。ララとハンナも暑そうにしていましたが、とくに23℃あたりを超えると暑そうに舌を出し始めるハンナは、まだ高い気温に体も慣れていないためだるそうで、いつもの元気が見られませんでした。散歩に行くにも、これまでは車の窓を開けて走ると喜んで入ってくる風を受けていたのが、そんな風が入ってくる程度では暑がるので、エアコンを18℃に設定してやるとよう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/09 03:33
爽風
夕方涼しくなってから散歩に出たので、公園の散歩コースを日中に歩くより速い速度で歩くと、坂道が連続する遊歩道の途中で暑がりのハンナはもちろん、ララも舌を出してきました。実は先頭に立って2匹を励ましながら走ったり歩いていた私も息が弾んで汗ばんできたため、2匹を誘って遊歩道を外れ、林の中へ入って一休みしました。この季節の夕方、新緑の中を吹き渡ってくる風はひんやりとして爽やかです。ことに、運動して汗をかいたあと火照った顔や首筋を撫でていく風は格別です。ララもハンナも気持ちよさそうに風を受け、ときどき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/08 02:33
ツルアジサイの花
門柱に絡んだツルアジサイの花が咲きました。昨年まで門柱が見えなくなるほど巻きついていたツルアジサイでしたが、まとまりがなくなってきたので昨秋刈り取ってしまいました。それが、すっかりなくなったと思っていたところ、まだ門柱の裏に残っていた蔓から新芽を出して花芽までつけたようです。できた花序は二つだけながら、褐色のレンガの門柱に真っ白な花がよく映えます。数日前に気づいた蕾が、今日はもうすっかり開きました。ただ、両性花ばかりで、装飾花は一つもつけていません。いったんは全部取り去ろうとしたツルアジサイ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/07 19:11
またキジが出た!
5日前にキジと出会ったフィールドで、また雄のキジと出会えました。昨日は草の茂みでかがみこんで足元に咲くトキワハゼやキュウリグサ、ニワゼキショウなど小さな野の花を撮影していたところ、ファインダーから目を放し前を見ると、数mも離れていない草の陰から真っ赤な雄のキジの顔が現れました。静かに撮影していたので私に気付かなかったのか、音や振動に極めて敏感なキジにしては珍しいことです。キジは私がいることを確かめてからも、カメラを構え直した私の前を悠然と歩き、15分ほどの間近くを歩き回っていました。普通は人... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/07 00:44
野生のフジ
公園のフジ棚のフジがそろそろ花を散らしはじめ、花期の終わりを迎えようとしています。そんな頃になって、公園の奥の林でヒサカキやスダジイに登りついた野生のフジが満開になりました。中には大きなクスの枝に登り付き見上げるような高いところで揺れている房もあります。今年は下草刈のときに刈り取られたフジがあったらしく、例年池の水面までたくさんの花房を垂らすフジが見られないのは残念ですが、薄紫色の花房があちこちで垂れ下がり風に揺れている様は見事です。あと数日は、散歩に訪れるたびにこのフジの花を楽しむことがで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/06 19:33
大きなクリの木の下で
公園の雑木林の中を辿る散歩コースの途中に、大きなヤマグリの木があります。毎年秋になると、この下にはたくさんの毬が転がり秋が闌けてきたことを教えてくれる木です。この木はコースの中にいくつもある坂の一つの途中にあり、散歩中のララとハンナはよくこの木の周りで小休止します。昨日もこのクリの木の下で一休みしていると、突然近くで積もったクスの枯葉を蹴散らすような音と大きな羽音が聞こえました。それを聞いた2匹は、驚いた様子で耳をそばだて、一斉に音のした辺りに視線を向けました。私も何がいるのだろうと興味を持... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/06 01:33
モンキチョウ
草はらへ出ると、いろいろなチョウが目に留まるようになりました。私が日常観察フィールドにしている草はらでは、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ルリシジミ、ツバメシジミなどのシジミチョウの仲間や、モンシロチョウ、キチョウ、モンキチョウなどシロチョウの仲間に交じって、気温が上昇してきたこの頃では、アゲハ、キアゲハ、モンキアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハなどアゲハの仲間も毎日見られます。今日は、カメラを携えて草むらに入っていくと、たくさんのモンキチョウが辺り一帯の野の花の間を縦横に飛び交っていました。写真... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/05 23:11
捕まえた!
雛に与える餌を捕っているヒバリの様子を草はらで撮影していると、捕ったアブやクモ、昆虫の幼虫などを巣に運ぶヒバリたちの中へホオジロの雄が舞い降りて草の間を跳び歩き始めました。いったんヒバリたちを追うことはやめてホオジロにレンズを向けると、草の間から出てきたホオジロは、ガかチョウの幼虫とみられる大きな獲物を咥えていました。捕まえた、といっているような満足気な様子です。その大きな獲物を飲み込むところを撮影してやろうとシャッターチャンスを待っていたのですが、ホオジロは獲物を咥え直すとすぐに飛び上がっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 21:11
新緑
野山では木々が芽吹き、若葉をたくさん広げました。いつも散歩をする公園の雑木林や梅林も爽やかな緑色で覆われました。つい先日まで枝の間から空が見えていた雑木林の中も、いまは頭上を若葉が覆いたくさんの木陰ができるようになりました。展望のきく場所へ出ると、明るい日差しを反射して光る目にしみるような若葉の緑が視界いっぱいに広がります。運動すると暑さを感じるようになったこの頃の散歩では、ララとハンナはこんな新緑の下を通る木陰が涼しい道ばかりを好んで歩いています。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 18:00
ハマヒルガオの開花
いつも散歩をする海岸の砂浜を緑色で覆いだしたハマヒルガオが、たくさんの蕾をつけ、その中のいくつかが開花を始めました。つい先ごろ芽吹いて若芽の緑色が見えてきたばかりですが、もう開花が始まりました。潮風や強い日光、絶え間なく移動する砂地など厳しい環境のなかで生きている植物なので、効率よく短期間で生長し仲間を増やそうとしているのでしょう。開いた花の数はまだ数えるほどですが、大きく膨らんだ蕾が無数に見られるので、数日のうちにはあたり一帯に薄桃色の花が咲き乱れるようになり、砂と小石ばかりで単一の色調が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 12:44
セッカが舞い降りた!
先日急いで撮影してピントをずらしてしまったセッカでしたが、昨日は何とかピントのあった画像が撮影できました。今回は、なん組かのヒバリが営巣しているフィールドで地上へ降りたヒバリを撮影していたところ、切り倒されて積み上げられた枯れ木の枝へ特徴のある声で鳴きながら突然舞い降りてきました。セッカの好むススキやチガヤなどイネ科の植物は見られない開けた荒地なので、姿を認めたときは驚きましたが、急いでレンズを向けシャッターを切りました。ただ、やはりシャッターを3回切らせてくれただけで、すぐに飛び立ち、鳴き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/03 17:55
チュウシャクシギの群れ
海辺の散歩で、予期しない嬉しい出来事がありました。車を降りて波打ち際へ出る階段を下りていこうとすると、引き潮で岩が現れた磯でたくさんの野鳥が群れていました。小さく点々と見えるものをカウントをしてみると、30羽を超える数です。遠くて種類がはよくわからなかったためカメラを取り出し望遠レンズを使って確認すると、なんとチュウシャクシギの群れでした。このあたりでは春の一時期に単独だったり数羽でいるチュウシャクシギを見ることはありますが、これだけ多くのチュウシャクシギを一度に見たことはありません。ララと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/02 23:55
群れを解いたシロチドリ
海岸を訪れるたびに、群れを作って飛ぶ様子が観察できていたいたシロチドリが、繁殖期に入って群れを解き番を作りました。そのため最近の海岸では群れは見られなくなりましたが、たくさんの小石で覆われた渚付近では、単独で飛ぶ個体の姿がよく見られます。営巣中のシロチドリが、抱卵を交代して餌を探しに行くのでしょう。巣には近づかないようにしているのですが、うっかりララやハンナが近寄ってしまうと、巣から遠ざけようと擬傷行為を行う個体も見られます。昨日もララとハンナを遊ばせながら渚に沿って歩いていると、何度も小石... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/02 12:11
風が気持ちいい!
心地よい海からの風を受けて、海上を滑るウインドサーフィンのセールを目で追っているララです。昨日は突然の雷雨が去った午後からは晴れ間が広がりました。せっかくのゴールデンウイークの休暇なので朝から散歩に行こうと考えていた出鼻は雨にくじかれましたが、夕方近くになるとすっかり路面も乾いたのでララとハンナに声をかけて海辺へ出かけました。午前中の雨で散歩に行けないとがっかりしていた様子の2匹は、海辺で車から降ろすと嬉しそうに飛び跳ねて波打ち際へ走っていきました。砂浜でたくさん遊んだあと、私が波消しを兼ね... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/02 03:11
若草の中で
フィールドの中で野草の花の写真を撮っていると、それほど離れていないところからけたたましく鳴くキジの声が聞こえました。野草の撮影を一時中断して声のした方を見ていたところ、草の間から赤い顔が現れ、その後あたりを警戒するようなゆっくりとした動作でキジの雄が姿を見せました。一週間ほど前は近くにいながら草むらからほんの一瞬現れたキジを撮影できただけでしたが、今回は草が茂っていたとはいえ、まだ草丈が低いところを歩いてくれたので連続してたくさんの写真を撮ることができました。この時期は、萌え出たばかりの青々... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 15:33
一天にわかに掻き曇り
朝早くにはよく晴れて青空が見えていたのに、起床して着替えた頃から突然空が暗くなり雷鳴を伴った大粒の雨が激しく降ってきました。まさに一天にわかに掻き曇りといった状態です。天気予報では、上空の大気が不安定だとはいっていましたが、早朝明るい日差しが差していたことが信じられないほどの急変です。まだカーテンを開けていなかったリビングルームは照明を点ける必要があるほどの暗さになりました。強い雨は降り出した時と同じように急に収まってきましたが、まだ東の空は真っ暗で雷鳴が聞こえ小雨は降っています。今日は休日... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 11:11
子育て中
野鳥たちは繁殖期を迎え、野山のあちこちで賑やかな囀りが聞こえ、縄張り争いをする様子が見られていましたが、この頃では野鳥たちの多くが番を形成して営巣を始めました。私がフィールドの一つにしている草はらでは数か所でヒバリが営巣していますが、卵の孵化が始まったらしく、一週間ほど前からしきりに餌を運ぶ親鳥の姿が観察できるようになりました。ヒバリは巣から離れたところに舞い降りて、そこから周囲を警戒しながら小走りで巣へ向かいます。昨日も今日もその様子を見ていると、巣へ戻る回数が頻繁になり、舞い降りるたびに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/01 00:33
若葉の季節
いろいろな木々の芽出しが始まった公園の雑木林の中は、明るい緑色が溢れ、その色が微妙に色相や彩度、明度に差をつけて春真っ盛りの林を彩っています。中でも鮮やかな緑は、カキとクスの若葉です。どちらも日差しを浴びると、たくさんの木々の中でひときわ目立ちます。その他雑木林を構成する中心的な樹種の一つのコナラも、枝先に若葉が芽吹き花序もたくさん垂らし、モミジやカエデは鮮やかな黄緑色の葉や小さな赤い花をたくさん枝先につけました。池の岸ではハンノキもやわらかい色の葉を水面に映しています。そんな若葉の間を爽や... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/30 20:55
如意ケ嶽
吉田山から見た、新緑が萌えだした如意ケ嶽です。昨日は、息子が研究資料や書籍を家へ持って帰りたいから車で迎えに来てほしいとのことだったので、ララとハンナの散歩を朝のうちに終えてから京都へ車を走らせました。京都へ向かう途中は雷雨に遭いましたが、京都市内へ入った頃から雨は小降りになってやがてやんでいき、息子の住まいに着いた頃には写真のように青空が広がり、緑が鮮やかになってきた東山の山並みがくっきりと目の前に広がりました。この光景は、学生時代に吉田山の中腹で暮らした私や、吉田山を下る神楽坂を下りた街... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/30 11:55
木漏れ日揺れる散歩道
コナラやケヤキなど落葉樹に新芽が芽吹き、若葉が広がるに従って、雑木林の中の遊歩道では木漏れ日がよく揺れ、林の中の光が緑がかって見えるようになりました。冬の間、葉を落とした枝の間から差し込み、林床を包み込むように直線的に届く日差しとは違い、風に枝が揺れるたびに林の中に入ってくる光が跳ね返ったり飛び跳ねたりして踊っているように見えます。写真は、そんな木漏れ日が踊る雑木林の中で、坂道を歩いて乱れた息を整えるララとハンナです。気温が上がってきたこの頃は、2匹は日向を歩いたあとはこうして木陰で一度か二... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/29 23:55
フジの開花
今日からゴールデンウイークの休暇に入ったので、朝起きてララとハンナに食事をとらせると、車に乗せて公園へ散歩に出かけました。今日の公園は、連休を利用したウオーキング大会をはじめ各種行事があったため人出が多く、いつもの静かな園内とは違い賑やかな雰囲気でした。そんな混雑を避けて、2匹と人影の見えない遊歩道へ入っていくと、池の端でフジ棚のフジが一斉に開花して薄紫と白の長い花序を垂らしクマバチやミツバチなどたくさんの昆虫を集めていました。数日前まではちらほらと開きかけた花があることを散歩の際に確認して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/29 22:11
こんなところにシロスミレ!
春の野というより、最近ではイネ科の植物やスイバなど丈の高い草が青々と茂ってきて初夏の様相に変わりつつあるフィールドを歩いていたところ、丈の高い草が刈り取られた畦でシロスミレが咲いていました。昨年まではこの周辺でシロスミレを見たことはなく、先月訪れたときにもスミレの葉があることには気がつきませんでした。思いがけず目にしたシロスミレに嬉しくなり、カメラのレンズを向け数枚撮影してから近くを探してみると、この周囲にも数株のシロスミレが短い花茎の先に真っ白な花をつけて明るい日差しを浴びていました。耕地... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 11:44
今年もカジイチゴの花が咲いた!
今年もフィールドの一角でカジイチゴの白い花が咲きました。このカジイチゴに気づいたときには、林縁の日陰の草むらの中でほんの30cmほどの丈しかなかったのですが、それが順調に生長して毎年花を咲かせ、花が終わると黄色の実をつけるようになりました。実がなるようになってからは毎年熟すころになると必ず散歩がてら訪れ、数個採っては甘酸っぱい味に季節を感じながらルナと分けて食べていました。2年前の6月にルナが亡くなって、昨年はこのフィールドを訪れる機会も少なくなり、実が熟す時期には訪れなかったので採ることは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 03:33
ケリの声
繁殖期を迎えて、田が広がったフィールドではケリの鋭い鳴き声がよく響くようになりました。そろそろ田起こしが始まり、中にはもう水が張られた田も散見されるフィールドを歩くと、高い空から降るように聞こえてくるヒバリの囀りとともに、強く鋭く鳴くケリの声が方々から聞こえてきます。先日も、畦道や田の周りの土手に足を踏み入れると、そのあたりで営巣しているらしいケリが私に向かって何度も威嚇の声を上げて上空を舞いました。これからしばらくは、田や草地を歩くと、ケリやキジの声がよく聞こえる季節です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 01:55
ピントがずれた!
今春初めて出会ったセッカの画像です。このあたりのセッカは冬には移動するらしく毎年春の繁殖の季節になると独特の鳴き声が聞こえてきます。4月初旬には他の場所で鳴き声だけは確認していましたが姿を見ることはできませんでした。早く撮影したいと思っていたところ、先日たまたま小川が流れている道を走っていると、車の前方の枯れ草に小さな野鳥がとまるのが見えました。すぐに車をとめて望遠レンズを向けるとセッカです。距離はありましたが、すぐに飛び去りそうな様子だったので急いでシャッターを3回切りました。すると、やは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/27 12:11
山路来て
ララとハンナを連れて、滅多に人が入ってこない森の奥の道を歩いていると、木漏れ日が揺れる中にタチツボスミレが咲いていました。鬱蒼と大木が茂り昼でも薄暗い森の中ですが、所々に枝の重なりが途切れて明るく日が差すところがあります。そんなところの一つで、このタチツボスミレは小さな株の真ん中から花茎を1本伸ばしその先で小さな紫色の花を咲かせていました。スミレの花が好きな私は、自然の中で人知れず咲いているスミレの花を見ると種類を問わず嬉しくなります。気をつけていないと目にも留まらない大きさながら、目にした... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/27 01:33
コウボウムギ
散歩に訪れる海辺の波打ち際近くで、コウボウムギがたくさん穂を出しました。この写真では疎らに生えていますが、場所によっては大きな群落を作り花茎ももっと丈の高いものが林立しています。海岸は風や波による砂の移動が激しいので、砂が飛ばされたり流されたところではうまく育たず、近接したところにあっても生育に差が出るのでしょう。ちょうど今の海辺は、少し前まで風に揺れていたハマダイコンの花が終わり、このコウボウムギとハマヒルガオが芽を出して、日ごとに砂の上を覆うようになってきています。そんな砂の上を這う海浜... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/26 16:33

トップへ | みんなの「自然」ブログ

サラ&メル 自然のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる