たくさん遊んだ!

画像

ドッグランのステージを足並み揃えて歩くララとハンナです。別荘地の中にあるこのドッグランは、家の近くにある20haを超える面積をもつものと比べるとずっと小さな規模でしたが、それでも中には平均台やスラローム用のポール、障害用のバーなどの遊具があり、ララもハンナも毎日たくさん遊ぶことができました。特にいつも散歩をする公園のアスレチックコースでは崖に沿った細道を平気で走ったり、高さのある斜面を駆け上がったりしているのに、高さが1mもない平均台を怖がっていたララが、自分の足で渡り終えることが出来るようになったことは一つの収穫でした。ただ、スラロームや障害を連続して飛ぶことはまだ教えてなかったので、ララもハンナもうまくこなせませんでした。障害を飛ぶことはイヌにとっても楽しいはずなので、そのうち少しずつ教えてやろうと思いながら楽しく遊んだドッグランでのひとときでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック