シラヤマギク

画像

秋を迎えようとする八ヶ岳山麓では、いたるところでノギクの白や薄紫色の花が見られました。ただ、別荘地の木陰では薄紫色のノコンギクやヨメナの花は見られず、白い花弁を持つシラヤマギクやシロヨメナがイブキボウフウやヒヨドリバナと花の白さを競い合うように草の間から立ち上がり、涼しい風に揺れていました。特にシラヤマギクの数は多く、あちこちに点在して丈高く伸ばした細い茎の先で疎らに舌状花を広げ野趣に富んだ姿を見せていました。写真は、カラマツ林の中の散策道の脇でひっそりと咲いていたシラヤマギクです。私のフィールドではまず見ることのできないノギクなので、たくさん撮影してきました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック