早朝のミズナラ林

画像

昇ってきた朝日が、クリやヤマザクラ、カラマツなどが混在するミズナラ林の中に差し込んできました。ベランダに出て朝の空気に触れただけではもったいないと思い、ララを誘ってミズナラ林の中を散歩することにしました。ララは喜んでついては来たものの、目が覚めたばかりでまだ眠いのか、いつもほど活発には動きませんでしたが、それでも頭上からはたくさんの野鳥の声が降るように聞こえ、地上にはヤマアザミやユウガギク、シラヤマギク、ヒヨドリバナ、イブキボウフウ、キンミズヒキなどが咲いている明るい林の中を私の後をついて40分ほど歩いてきました。それだけ歩いても下界とは違い、低い気温と爽やかな風のおかげでちっとも汗はかかず、ララも舌を出すどころか息を弾ませることもありませんでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック