蹲ったシロチドリ

DSC_5117.JPG
渚の砂のくぼみで、シロチドリが蹲っていました。抱卵をしているのだろうかと思いながら撮影し、そのあと慎重に近寄っていくと、すぐに私に気づいたシロチドリは足早に走ってそこを離れ、10mほど先へ行ってしまいました。シロチドリが立ち去ったあとを見てみると、砂のくぼみのほかは何もありません。どうも私か、上空を舞っていたハシブトガラスを警戒して身を隠していたようでした。よくよく考えれば、このくぼみのあたりは、満潮になれば波をかぶるところなので、営巣するわけはありません。春から初夏にかけてこの海岸で2組の番が雛を孵したことを確認していたため、また営巣場所を見つけたかもしれないと喜んで早合点してしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント