夕暮れの海辺

DSC_5535.JPG
昨日は台風も去って雨もあがったので、夕日が山の端に隠れる頃になってララとハンナを連れて海へ行ってきました。雨が続いていたので、公園の散歩もそうですが、海辺を歩くのも久しぶりになります。気温は暑かった日中の暑さが残り29℃ほどありましたが、涼しい風が吹いていたのでそれほどの暑さは感じず、ララもハンナも楽しそうに尾を振って歩いていました。夕方の海辺は夕靄に包まれ、空と海との境目も定かではなく、波間にはボラと見られる体長50cm程もある魚がいくつも跳ね上がり、金星は出ていなかったもののまさに私の好きな頼山陽の漢詩「泊天草洋」の情景が彷彿としてくる眺めが広がっていました。写真は、防波堤の上で目の前に広がるそんな光景を見ているララとハンナです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント