走りたいなぁ・・・

DSC_4871 - コピー.JPG
ハンナが楽しそうに広場を駆け回る様子を、羨ましそうに目で追っているララです。ララも元来は走ることが大好きで、ゴムまりが弾むように飛び跳ね、散歩中にはハンナと一緒にあちこちを走り回っていました。ところが、昨年末あたりから蛋白漏出性腸炎の症状が重くなり、それが一進一退を繰り返しているうちに固太りでガッチリとしていた体が急激に痩せて、とくにこの春あたりからは背骨や腰骨が触るとはっきり分かるようになってしまいました。それでも散歩にはいきたがり、ときどきは走りたそうな様子もみせます。しかし、獣医さんからは、寝たきりでも当たり前なのに散歩に行きたがること自体が不思議だといわれるような状態なので、体力をできるだけ温存させるため走り出そうとする度に止まるように指示し、ゆっくり歩かせるようにしています。ハンナが走り出すと自分も一緒になって走りたそうな素振りをよく見せますが、当分の間はゆっくり穏やかに歩くしかなさそうです。