選挙に行ってきた

DSC_0048.JPG
今日は参議院議員の通常選挙の投票日でした。市の連絡放送でも朝からしきりに投票を呼び掛けていますが、報道を見ると投票率は前回の参院選より低いとのことです。我が家では、今回の選挙はドイツに行っている息子は残念ながら投票できませんでしたが、夕方日が傾いてから妻と一緒にハンナを連れて近くの小学校にある投票所へ行き、若い世代の暮らしが守られ、若者たちが戦争に加担しなくてもよい世の中を作ってくれる可能性があり、基本的人権の大切さを理解している候補者に当選してほしいと願いながら一票を投じてきました。今回も投票することができ、これで選挙権を得てから一度も棄権することなく、大切な権利を行使することができました。しかし、何で出かけるのか訳も分からず連れ出されたハンナは、気温はさほど高くはないものの湿度の高さに閉口したらしく、投票所で待っている間も長い舌を出して荒い呼吸をし、家へ帰って涼しい部屋の中に入ったあともしばらく写真のように暑そうな様子がおさまらず大変だったようです。

オオヨシキリの声

DSC_5286.JPG
二週間ほど前から毎日朝夕に、お隣の庭のシラカシの木のあたりからオオヨシキリの声が聞こえてきます。繁殖期のけたたましく特徴のある鳴き方ではなく地鳴きですが、やはり声は大きく、この頃では毎朝この声で目が覚めます。昨日の夕方も聞こえてきたので二階のベランダへ出て声のする方を見てみると、二階の屋根を越えるほど伸びたシラカシの込み入った枝の間を2羽のオオヨシキリが動き回っていました。望遠レンズで確認すると1羽は若鳥です。この夏門の前に広がる調整池のアシ原で生まれた若鳥が、親鳥と一緒に枝葉についた昆虫を捕っているようでした。毎年この木にはイラガが発生するので、その幼虫を捕食しに来ているのかもしれません。しばらくの間は、寝室の窓近くで聞こえるオオヨシキリの声で目覚めることになりそうです。