朝露に濡れて

DSC_5451.JPG
今朝の散歩では、最近の体調を考えてララを連れて行くのはどうしようかと思案しましたが、私が散歩の用意をしていると目を輝かせて後をついてきたので、歩かせることはさせずに気分転換をさせる目的で車の乗せました。公園でも駐車場からハンナを遊ばせる広場まで抱いて連れていきベンチに座らせてハンナの運動の相手をしていました。すると、15分もするとララは退屈になってきて同じように遊びたくなったらしく、ベンチから降りておもむろに用を足すと、ゆっくりとした歩みながらハンナと一緒に芝生の上を歩き回ったり、寝転がっていました。そのため、芝生や周囲の草についた朝露が体中の毛につきすっかり濡れてしまいました。それでも久しぶりの公園の散歩で気分がよかったのか、帰りの車の中でも上機嫌で、帰宅後も疲れた様子も見せずに部屋の中や廊下を速足で歩き回っていました。病院ではいつも病状について悲観的なことばかりいわれますが、何とかいつまでもこうして一緒に散歩に出かけたいものです。

久しぶりの広場

DSC_5371.JPG
長く降り続いた雨がようやくやんでよいお天気になったので、今朝は久しぶりにララとハンナを公園の広場へ連れて行きました。日の出前の公園は相変わらず人の姿がないので、ハンナはリードを首に巻いて自由に歩かせてやると、嬉しそうに尾を振りながら朝露に濡れた芝生が広がる広場のあちらこちらを巡り歩いていました。ただ、夜明け前でも気温は26度近くあり湿度も高かったため、一度走ったあとは速歩になることはあっても歩いてばかりでした。午前6時近くになると満足したのか動きも鈍くなり何度も座り込んで休むようになった様子を見て、家へ帰ろうかと声をかけたところ、待ってましたとばかりに私の先に立って駐車場へ向かい始めました。とにかく家の中が大好きなので、一旦散歩に満足すれば少しでも早く帰宅したいようです。