今日は食べることができた!

DSC_0145.JPG
この一週間ほど食欲が減退して通院までしていたララが、今日は最近になく食欲をみせ、いろいろなものを口にしました。朝食では、これまで食べることを嫌がっていたドッグフードを30粒ほど食べ、少ないながら久しぶりにソーセージやハム、チーズも食べました。そのあとはパンやイヌ用のビスケットも食べ、おやつにはクッキーも食べることができました。夜にはまた食欲がなくなったのか食べ物をほしがらなくなりましたが、それでもイヌ用のミルクは朝から何度にも分けて飲ませたので、一日分のカロリーや栄養は何とか自分の意志で口から取ることができました。毎日このくらい食べてくれると私たちも安心していられ、体重も回復してくるのですが、食欲の程度はその日によって大きな差がありなかなか安心することができません。

夜明けの公園

DSC_5474.JPG
人の声は全く聞こえず、野鳥の鳴く声と風にそよぐ木々の葉擦れの音だけが聞こえてくる、日が昇りかけてきた頃の公園を歩くララとハンナです。この竹を割って作ったトンネルのすぐ近くにはレストハウスや植物園の温室があり、日中になると公園の中でも特に人出の多い区域ですが、さすがに夜明け前から散歩をはじめると、夏とはいえ滅多に人と出会うことがありません。そんな静かな公園の中を自由に歩かせると、2匹はのびのびと楽しそうに動き回ります。この写真を撮ったときも、体調のよくないララでも朝の空気が気持ちよかったのか芝生の上を歩き回り、竹に上り付いたマンデビラが咲き始めたこのトンネルを何度も往復していました。今のララの体調では散歩ができるだけでもありがたいことですが、こうして歩いている姿を見ると欲が出て、できれば早くハンナと一緒に駆け回ることができるようになってほしいと思ってしまいます。

ネクタリンを食べた!

DSC_0131.JPG
食欲がなくなり、食べることができるものも種類が限られるようになり、そのうえ食べることができる量も極めて少量になっているララが、昨日はネクタリンを食べました。これまで大好きだったハムやソーセージ、チーズなども一切口にしないことが多いのに、どういうわけか食事の後で妻がネクタリンの皮を剥き出すと興味を示し、自分からほしがって近寄っていき小さなひと切れですが食べることができました。栄養面ではイヌにとって意味はない食べ物ながら、食べる意欲を示してくれたことは嬉しいことです。4日ほど前から一昨日の朝あたりまでは、ほとんど食べることができなくなり急激に元気もなくなったため心配していましたが、少し体調がよくなってきたのかもしれません。量は少しずつでもよいから、これまでのように何でも食べたがるララになってほしいものです。写真は、ネクタリンの皮を剥く様子に注意を向けるララです。