雨のやみ間の散歩

DSC_6557.JPG
今週に入ってからは秋雨前線が停滞して雨の日が多く、九州北部では前線に沿って線状降水帯が発生し大変な被害が出ています。しかし、このあたりでは一時的に強い雨が降るもののすぐに晴れ間が出ることもあり、ありがたいことに被害は出ていません。今日も明け方に強い雨が降ったあとは小雨が降ったりやんだりのお天気で、夕方近くには晴れ間も見えました。そこで、また降り出す前にハンナを散歩に連れていこうとしましたが、道路はまだ濡れて水が溜まっていたので、海辺の砂の上なら足やお腹が汚れることもないだろうと考え、日暮れ間近になって急いで海岸を散歩してきました。ただ、気温は27℃と最近にしては低めながら湿度が高かったせいでハンナはすぐに暑がって長い舌を出し、いつもの半分ほどの距離を歩いただけで車に戻りたがったため、せっかく出かけたのに短時間の散歩になりました。

一年前の朝

DSC_9252.JPG
昨年の今日、朝ごはんを食べたあとでマリーと一緒にソファーに上がり、コンポから流れてくる音楽を聞きながら毛づくろいをしたり、あたりを見回して寛いでいるララです。ララが亡くなってから、暇な時間にララの画像を入れたファイルを一つずつ開いて見ていますが、どれをとっても撮影したときの情景やララの表情などが目の前に浮かんできます。この写真を撮ったときも、私と一緒にソファーに座ることが好きだったララが早く横へ来て座れという素振りを見せたのでカメラを置いて2匹の間に腰掛けたところ、ララは私の膝に顎を乗せ、マリーは頭を私の腰にくっつけてきました。休暇中だったので、私ものんびりと音楽を聞きながら2匹の背中を撫でてやっていると、どちらも静かに眠り始めたことをつい昨日のことのように記憶しています。写真を見て、まだ毛艶も肉付きもよかったララの背中を撫でていた感触や息遣いが蘇ってきました。