小次郎がうるさいんだ!

DSC_6320.JPG
リビングルームへ入っていくと、何か物音がするので音のする方を見てみたところ、小次郎とハンナが床の上で寝転がって遊んでいました。ただ、一緒に遊んでいたというより、小次郎が横になって休んでいたハンナの前に行き、いつものようにハンナを起こそうと鼻面に猫パンチを打ち込んでいたようです。私が声をかけると、ハンナは小次郎がうるさいんだと訴えるような表情になり、小次郎は邪魔をしないでほしいといいたげな表情をしてさらにハンナに向けて前足を伸ばそうとしていました。相変わらずハンナが怒らないのをいいことにして、小次郎はハンナの居眠りの邪魔をしていたようです。しかし、いつもならうるさいだけでしょうが、ララがいなくなった今は、ハンナの寂しさを紛らすためには小次郎のいたずらも役に立つかもしれません。

ルナとよく歩いたんだよ・・・

DSC_6573.JPG
今日の散歩は、いつもの海岸が市の行事のため混んでいて車の進入も制限されていたため、急遽方向を変えてルナが元気だった頃、春になると一面に花畑が広がりきれいなのでよく足を向けたところへ行ってみました。二級河川の河口近くで野鳥も多いため、ルナと一緒に散歩しながらバードウオッチングや野鳥撮影もしたところです。しかし、ララやハンナは一度しか連れてきたことがなかったので、車から降りたハンナは物珍しそうにあちこちを見回したりにおいを嗅ぎ回り、私の後をついて歩いていました。ちょうど夕日が沈んでいこうとする時刻になり、西の空が夕焼けで赤やオレンジ色に染まる中を、ルナと一緒に歩いたことや、つい先日亡くなったララを思い出し、ハンナに2匹のことを話しかけながら日が暮れてあたりが夕闇に包まれるまで歩いてきました。

忘れられない夏を送る

DSC_9265.JPG
今日で8月も終わり、カレンダーの上でも季節は秋を迎えます。今年は、ララが1月3日に病院で検査の結果、寿命を全うすることは難しくいつ命が消えても不思議ではない状態だとの宣告を受けて以来、ひと月が終わるたびに、今月も無事に終わり新しい月を迎えることができたと胸をなで下ろしてきました。しかし、ララは病院で厳しい状態だとの宣告を受けてから7か月半ほどを大変な暑さも続いた中で一所懸命頑張りましたが、10kg余あった体重が最後には6.6kgまで落ち、とうとう8月20日の朝に命絶え、秋を迎えることはできませんでした。この夏は特別の感慨をもって送る夏となり、忘れられない夏となりました。写真は、昨年の8月末に小次郎と並んで夕食を待っているララです。もうこんな姿も写真でしか見ることができなくなりました。

夏の終わり

DSC_0010.JPG
お盆過ぎまでは賑やかにときには騒々しく庭や公園の木々で鳴いていたアブラゼミやクマゼミの声が、先週あたりから聞こえなくなってきました。緑の多いところを歩くと、命尽きて地上に落ちたセミの姿をよく見かけます。また夜になると、庭の隅や草むらの中から秋の虫たちの声がよく聞こえるようになってきました。暑さは相変わらず続いていますが、自然の中では夏が終わろうとして、季節が徐々に秋へ向かおうとする変化が見られるようになってきました。ただ、例年お盆を過ぎると聞こえ出すヒグラシやツクツクボウシの声が、今年はまだ聞こえてきません。厳しい暑さが関係しているのでしょうか。写真は、数日前にリビングルームの窓近くの木に飛んできたクマゼミを見つめる小次郎です。8月も終わろうとするので、これが今年のクマゼミの見納めになるかもしれません。