寂しいね・・

DSC_0038.JPG
ララが亡くなってからは、ハンナは夜寝るときや留守番をさせられるときなど事あるごとに寂しそうにしています。我が家へやってきて以来、通院するときを除くと片時も離れたことがなく、ララを頼りにしていつもくっついて過ごしてきたのだから無理もありません。ただ、毎日の様子をみていると、ハンナだけではなくマリーや小次郎たちも寂しさを感じているように見受けられます。ララの生前中は、そのときの気分で二階のホールや廊下と気ままに寝る場所を変えていた2匹が、ララが亡くなってからは毎晩ハンナが寝ているリビングルームで一緒に眠るようになり、特に小次郎はハンナと一緒に横になることが多くなりました。昨夜も照明を暗くしたリビングルームへ入っていくと、マリーは椅子の上で眠っていましたが、小次郎は写真のようにハンナの近くで横になっていました。これまでにも、家族やペットたちが亡くなるたびに感じてきましたが、ペットたちも一緒に暮らした家族がいなくなると表現の違いはあるものの、寂しいという感情が湧いてくるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント