早朝の池のほとりで

DSC_9676.JPG
昨日の朝の散歩でハンナを池のほとりで遊ばせていると後ろから、この頃小さい黒い犬の姿が見えないがどうかされたのか、と声をかけられました。振り向いてみると、早朝散歩の折にときどき駐車場でお会いする年配の男性でした。いつも仕事に出る前にこの公園へ寄ることが習慣になっているとのことで、車の中から見ているとリードもつけていないのに言葉だけで何でもいうことを聞き私のそばから離れないのでいつも感心して見ていて、あんなイヌなら自分もほしいものだと思っていたといわれました。この一年ほど遠くからお互いに会釈はするものの、会話は一度もしたことがありませんでしたが、亡くなったことを伝えると非常に残念がられ、さぞ寂しことだろうと慰めの言葉をかけていただき、しばらくイヌについての会話が弾みました。ララのおかげで、散歩で会話ができる人がまた一人増えました。写真は、昨日立ち話をした池のほとりで休む、昨年の今頃のララとハンナです。このときも、ララは見られていたのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント