漂着物

DSC_7408.JPG
この頃海岸を散歩すると漂流物の漂着が多く、渚にはびん類や最近世界的に話題となっているプラスティック製品はもちろんのこと、木材がたくさん打ち上げられています。その中には小さな小枝や木片のようなものもたくさんありますが、いったいどこから流れ着いたのか、太さが一抱えもある木や、大きな根の付いた大木の残骸、珍しいものではヤシの幹もあります。先日やってきた台風が運んできたものや、各地で起きている豪雨によって海へ流された倒木などが打ち寄せられたのかもしれません。木工が趣味の私としては利用したいような木もときどきみられるのですが、大きすぎて乗用車では運べないので残念ながらそのままにして帰ってきています。これらを清掃処分するには相当の時間や労力が必要となりそうです。写真は、流れ着いた大きな木の根の横で休むハンナです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント