夕映えの渚

DSC_7475.JPG
昨夕はいつ雨が落ちてきてもおかしくないような空模様でしたが、雨が降ってきたら帰ってくればよいというつもりで午後5時を回ってから海辺へ散歩に出かけました。それが車で走っていると西の空の雲が薄くなり徐々に切れ間がでて、海岸に車をとめたときには西に連なる山なみも見え始め、雲の間からはその山際へかかろうとする夕日も現れ、海岸一帯は明るい夕映えの光に包まれました。ただそれもほんの数分のことで、あとは残照があたりを包み刻々とその柔らかな光が消えていくに連れ夕闇が広がり始めました。写真は、そんな夕映えの光の中で渚を歩くハンナです。亡くなったララは寄せる波で濡れた渚を歩くことが大好きで、海辺を訪れるといつもハンナを誘うような様子で先に立って軽快に波打ち際を歩いていました。昨日もハンナが渚をひとりで歩く姿を見ていると、何度もその先にララがいるような気がしてしようがありませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント