赤くなってきた!

DSC_6923.JPG
庭のハナミズキの実が、日毎に赤みを増してきました。今日も日中の暑さは相変わらずですが、何とはなしに秋めいてきた日差しに明るく照り映えています。ただ、3年ほど剪定をしていなかったことが原因か、今年は例年に比べて花のつき方が悪く、そのためできた実の数も少なめです。3年の間に枝が伸びすぎ樹形が乱れてきているので、もう少し涼しくなったら徒長枝だけでなく思い切って大きめの枝も落としてみようと考えています。そうすると花芽のついた枝も切ることになるため、来年も花や実のつき方は期待できず、たくさんの花や実が見られるのは再来年以降になりそうです。

クリ拾い

DSC_6965.JPG
今朝の散歩では、夜明け前の薄暗いうちからクリ拾いをしてきました。公園の遊歩道を歩いていると、クリの毬が一つ転がっていました。それを見て、公園の奥には例年たくさんの毬をつける大きなクリの木があることを思い出し、遊歩道を外れて行ってみたところ、今年も枝のあちこちに青い毬をたわわにつけていました。木の下には既に落ちた毬も転がっていて、割れ目からは艶やかな実が顔をのぞかせていました。早速靴底で踏んで毬を割り中の実を集めたあと、枝を叩いて落ちてきた毬の中の実も取り出してみると、全部で40個ほどの大きな実が集まりました。まだ高い枝にはたくさんの青い毬がついているので、一週間ほどの間はこの木の下でクリ拾いができそうです。