何もしないのに・・・

DSC_6977.JPG
一度も威嚇する吠え声をあげたことのないサラ、ルナ、ララと違い、ハンナは家を訪れる人に対しては吠えますが、家の外で出会う人やイヌには吠えるどころか唸ったり歯をむきだして威嚇したことは一度もありません。それどころか遊んだり相手をしてほしくて近寄ってくるのを尻尾を振って待っています。ところが、体が大きいことが原因で怖がられるのか、ときどき小さなイヌから吠えつかれたり、イヌが嫌いな人やイヌに慣れていない人からは避けたり逃げていかれ冷たい目で見られることがあります。そんなときハンナは、何もしないのにどうしてそんなふうに警戒されたり嫌われるのか理解できないといった表情で、遠ざかっていく人やイヌを見ています。写真は、少し前に撮影したものですが、このときも散歩を終えて車に乗ろうとしていると柴犬が近づいてきたので、ハンナが喜んで顔を向けたところ、柴犬はすごい剣幕で吠え始めました。すると飼い主は迷惑そうな様子でそのイヌを抱き上げ、大急ぎで離れていきました。それをハンナは、どうして逃げていくのだろうと不思議そうな顔つきでいつまでも見ていました。

今朝も出会えた!

DSC_7981.JPG
3日前からノビタキがやってきているフィールドを訪れると、今朝もエノコログサが一面に茂る草はらを中心にして、周囲の畑や田の上を軽快に飛び回っていました。それも昨日までは1羽だけしか確認できなかったものが、今朝は3羽になっています。昨年までは、この草はらではホオジロやセッカ、それにカワラヒワはよく見られましたが、ノビタキを確認したことがありませんでした。今年は南へ飛び去っていくまでの間、この草はら周辺をテリトリーにして落ち着くようです。ここから1kmほど離れた草はらでは毎年10羽前後のノビタキがやってきていたので、ここのノビタキもこれから数が増えてくるかもしれません。毎朝散歩のあとで訪れる楽しみができました。

今年は開花が遅かった

DSC_8035.JPG
このあたりでは、今年は例年に比べてヒガンバナの開花が一週間ほど遅いようです。いつもの年なら9月20日くらいから咲き始め、秋のお彼岸中に見ごろになることが多いのに、今年はこの二三日が見ごろになりました。近くの町にあるヒガンバナの名所でも、昨日の日曜日が見頃で人出も多かったようです。今朝もフィールドの中で野鳥を探していると、数は少ないながら一叢のヒガンバナが朝露を含んだ草むらの中で燃えるように咲いていました。ちょうどその前でハンナが座り込み、近くの梢で鳴き始めたモズを見ていたのでレンズを向けてみました。