センダンの実

DSC_1138.JPG
葉をすっかり落としたセンダンの枝に、黄色の実が目立つようになりました。初夏の薄紫色の花が咲く時期と秋に実がなる時期にはこの木は雑木林の中でよく目立ちます。いつも散歩に訪れる公園、特に海浜公園の雑木林の中ではこの木があちこちに見られ、晩秋になるとたくさんの実が落ち色とりどりの枯葉とともに地面を彩ります。ただ、この実は有毒なためイヌが食べてはいけないので、これまでも秋にこの木の周りをイヌを連れて歩くときには注意して歩いてきました。先日もハンナを連れて公園を歩いていると地面に撒かれたようにたくさんの実が落ちていました。頭上を仰いだところ、まだたくさんの実が枝に残って穏やかな秋の日に照らされて風に揺れ、その間では数羽のカワラヒワが飛び交っていました。ヒヨドリやムクドリはこの実を食べますが、カワラヒワが食べているところを見たことはないので、おそらく羽を休めていたのでしょう。この実が落ちつくす頃になると、比較的温暖なこの地方にも冬の厳しい寒さがやってきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント