春の日が揺れる遊歩道

DSC_0715.JPG
昨日一日強く吹いていた風も収まりお天気もよかったので、今日は午前中にハンナと海浜公園へ行き、雑木林の中や砂浜を2時間近くかけていつもの散歩の2倍ほどの距離を歩いてきました。学校が休校になっているため、平日でも広大な芝生広場や砂浜には中学生から大学生くらいまでの若者たちがたくさん見られ、中にはシートを広げてピクニックを楽しんだりビーチバレーを楽しんでいるグループもありました。明るさを増してきた日差しに海や空の色も春らしさを増し、新しい芽が萌えだした林の中では木漏れ日が作る影がくっきりとして、海辺で散歩をしたり遊ぶには爽やかでいい季節になりました。写真は、春の日が木漏れ日となって揺れる林の中の遊歩道で、木立の間を過ぎていく風を受けて気持ちよさそうに休むハンナです。