何事だ!

DSC_8572.JPG
屋根の塗装工事の一環として、小庇や軒裏、雨戸なども塗装しています。それで昨日下塗りをした表面を乾燥させるため、今日はお昼でも雨戸を立てたままにしてあります。台風が来たとき以外には雨戸もシャッターも使ったことはないので、昼でも暗い部屋の中にいるうえ、窓の外では作業する人たちが動き回る気配や普段とは違う物音に、ペットたちも落ち着かない様子です。先ほども雨戸の仕上げが始まったらしく、塗料を吹き付けたり雨戸を動かすときに大きな音がすると、のんびりしていて細かいことは気にしない小次郎も、何事だろう、と大きな目を見開いて音のする方向を気にしていました。予定では30日にすべての工事が終わるので、それまでは落ち着けない日が続きそうです。

カジイチゴの白い花

DSC_1524.JPG
ナシ、スモモ、ザクロ、ビワ、ミカン、キウイフルーツ、カキなどいろいろな果樹が植えられている公園の一角で、カジイチゴの白い花が咲き始めました。カジイチゴの花を見ると、今ではもう枯れてなくなってしまいましたが、ルナとよく散歩していた里山の木陰に生えていたカジイチゴが思い出されます。初夏になってオレンジ色に熟した実を摘んで口に入れていると、果物が好きだったルナがほしそうな目をして見つめるので、散歩に行くたびに数粒ずつを一緒に食べたものです。明るい日差しに照り映えるカジイチゴの花を見て、私の前に座り一つずつ口の中に入れてやる実を嬉しそうに食べていたルナの表情を思い出した春の午後でした。