いつもララと一緒だった・・・

DSC_0312.JPGAviary Photo_132295375087547427.png
今日は夕方から夜にかけて雨になるという予報だったため、午後の散歩は見合わせていましたが夕方になってもまだ雨は落ちてこなかったので、家からすぐ行くことのできる里山を歩いてきました。久しぶりの里山だったためか、車を降りるとハンナはしばらく立ち止まって写真のようにあたりを眺め回していました。ララの体力がなくなってからは、短時間で来ることができ歩く距離も短くて済むここへよく連れてきたので、ララといつも一緒に並んで歩いたことを思い出していたのかもしれません。私も、ララがいつも立ち止まってチェックをしていた草むらや大きな木の近くを通り過ぎる度に、ララの仕草を思い出しました。下段の写真は、3年前の3月下旬に同じ場所で撮影したララとハンナです。このときはまだララも元気で、2匹で走り回り飛び跳ねていました。

若葉の間で

DSC_3816.JPG
青葉が茂り出した公園の木々の間では、暖かくなって日増しに増えてきた昆虫やその幼虫を捕食する野鳥たちが枝の間を飛び交っています。特に遊歩道近くのよく目に留まる低い枝では、シジュウカラやヤマガラ、コゲラが賑やかに鳴きながらイモムシやケムシをせっせと探し出しては、抱卵中の雌や雛に与えるために巣に運んでいます。今日もハンナと散歩をしていたところ、頭上でヤマガラの声が聞こえたので足を止めて仰ぎ見ると、ソメイヨシノの若葉の間で数羽のヤマガラが敏捷に飛び回って餌になる昆虫を探していました。