こんなもの何が面白いんだろう?

DSC_5345.JPG
マリーが夢中になって遊んでいる羽毛のおもちゃを目の前に落とされ、こんなもの何が面白いんだろう、といいたそうな様子で見つめているハンナです。マリーはこれを振り回されると、もう何も目に入らないといった表情で一心不乱に追い掛け回し、写真のようにハンナの近くに落とされると、飛びついていった勢いが余ってハンナに体当りをしていったり尾や足を踏みつけていました。おかげでハンナはゆっくりと横になってもいられず迷惑そうにしていましたが、とうとうマリーが食いちぎって壊してしまったので、体当りを受けることもなくなり、落ち着いて横になることができるようになりました。

ヤマガラをよく見かけます

DSC_5144.JPG
今年の春は公園の雑木林の中でヤマガラの姿をよく見かけます。いつもは圧倒的にシジュウカラの方が多い園内ですが、春先から遊歩道近辺の枝ではヤマガラの方がよく目に留まり、木々の間から聞こえてくる野鳥たちの鳴き声の中にもヤマガラの声がいつも混じっています。一昨年の秋頃から改修工事のため公園の中心にある大きな池の水が抜かれ、広い池の底にはアシを始めいろいろな草が繁茂して広大な草はらが出現したため、今までいなかったセッカやオオヨシキリなどの数が増え、上空ではオオタカが飛ぶ頻度が増えてきました。そんな園内の野鳥たちの生息環境の変化が原因かもしれませんが、個体数が増えたことが原因なら嬉しいことです。昨日も遊歩道脇のサクラの枝では、数羽のヤマガラが餌を探して飛び交っていました。