走らなくなった

DSC_3330.JPG
つい先ごろまでは、晴れると思う存分散歩ができて喜び、嬉しそうに尾を振って軽快な足取りで歩いたり走り回っていたハンナでした。ところが、日中の気温が25℃を上回るようになったこの頃はすぐに休憩したがるようになり、広い所へ連れて行っても走ることがなくなりました。写真は海浜公園の広い芝生広場の真ん中で座り込んだハンナですが、ララがいた頃は走ることが好きだったララにつられて2匹で野球場ほどの広さの芝生の上を駆け回って遊んだものです。しかし、昨年8月にララが亡くなってからはここへ連れてきてもほとんど走らなくなり、ことに気温が上がってきた最近では、走るどころか少し歩くとすぐに座り込んでしまうようになりました。激しい運動は、涼しくなるまでおあずけのようです。