弟のCD

DSC_7526.JPG
先日亡くなった弟の車の室内を整理したところ、十数枚のCDが出てきました。車を運転しながら聞いていたのでしょう。昨夜はそれをコンポーネントステレオで聞いてみました。CDの種類は、中学や高校時代に聞き、その後ギターでも弾いていたP.P.M.やサイモンとガーファンクルの曲、それに同時代のフォークソングが多く、過ぎ去った昔を懐かしんで聞いていたのだろうと若いころの弟を思い出し、感慨深いものがありました。CDをセットしてスイッチを入れたところ、曲が流れ始めるといつもステレオの周りに集まってくるペットたちもやってきて一緒に聞き始めましたが、私が聞くコンチェルトやイージーリスニングが好きで、いつも横に来たり膝に乗って聞いている小次郎が、昨夜は写真のようにステレオのスピーカーと向き合うように座り、長い間P.P.M.の曲を静かに聞いていました。