葉陰に隠された

DSC_7579.JPG
すっかり花びらが散って、赤い萼だけが残ったソメイヨシノの枝にたくさんの若葉が萌え出て、サクラ並木を歩いていても日差しが遮られるようになってきました。いよいよ爽やかな若葉の季節です。ただ、これから葉が茂ってくると、野鳥の姿が重なった葉に隠されて見えづらくなり、バードウオッチングや撮影には苦労する季節になってきます。今日もソメイヨシノの大木が作る日陰でハンナを遊ばせていると、頭上で数羽のメジロが枝の間を飛び交い、賑やかな声が聞こえてきたので声のするあたりを探しながらカメラを向けましたが、すぐに葉影に隠されてしまいシャッターチャンスはないままでした。

偶然が重なって

DSC_7395.JPG
コゲラの雄の後頭部には、小さな赤斑があります。ただ、羽毛に覆われているため普通では見ることは難しく、長い間バードウオッチングを趣味にしている私もこれまで数えるほどしか見たことがありませんでした。それが昨年の秋からこの春にかけて何度も見ることができ、撮影も3回することができました。この写真もその1枚ですが、わざわざ赤斑を撮ろうとしたわけではなく、風の強い日にコゲラが後頭部をこちらへ向けたとき風が吹いて、羽毛が逆立ったところへ日差しが当たり、そこへちょうどうまくレンズを向けた偶然が重なったものです。意図してシャッターを切った写真が思どおりに撮れていると嬉しいものですが、こんなふうに偶然が重なって思いがけず出来上がった画像も楽しいものです。