いつも穏やかです

IMG_2683.jpg
ゴールデンウイークの休暇に合わせて帰省した息子を交えて家族そろっての晩ご飯が終わり、マットの上でくつろぐ小次郎とハンナです。このマットはもともとハンナのために置いてやったものですが、小次郎もよく利用しています。そんなときは、小次郎は体は小さいのにいつもマットの真ん中を占領します。すると、ハンナは小次郎を移動させればよさそうなものなのに、大きな体をマットの隅の方へ置いて小次郎にいつも自分が座っている位置を譲っています。体重で数倍の違いがあるのに、食べたり飲んだりするときも遊ぶときも、小次郎が何をしても一度として怒ったことはなく、いつも穏やかに譲ってやっているハンナです。