曇り空をセッカが飛んだ

DSC_8740.JPG
この頃は、突然雷を伴った雨が降り出したり強い風が吹いたりと空模様が安定しません。昨夕は剣道の稽古の帰途、高速道路を走行中に激しい雷雨に遭い、静岡では竜巻らしい突風のため家の全壊や半壊が相次いだとの報道もありました。ゴールデンウイーク中もぐずついたお天気の日が多いとの予報もでています。今日も雨は降っていないものの、雲行きの怪しい空が広がっています。そんな空模様に、雨が落ちてこないうちにハンナを散歩させようと朝のフィールドを歩いていると、薄墨色の空を背景に頭上高くセッカが飛びました。スズメより小さな野鳥で、距離があると撮影は難しくなりますが、鳴き声を聞き飛び方を見ればほかの野鳥と間違えることはありません。望遠レンズで撮影した画像を拡大してみたところ、セッカの特徴である尾羽の色と模様も確認できました。フィールドの中は、昨年に続き今年もセッカの数が多そうです。

庭に来るクロネコ

DSC_0139 - コピー.JPG
昨年のいつごろからだったか、庭にまたクロネコがやって来るようになりました。以前毎日のようにやってきていたクロネコとは別のネコで、まったく人に慣れていなくて近寄ろうとするとすぐに逃げていました。それが、顔を見るたびに声をかけ餌を与えていたところ、この頃では庭のどこかで休んでいることが多いらしく玄関ドアを開けるとすぐにやってきて、餌をほしがり鳴くようになりました。しかし、いまだに人を警戒して触らせることはせず、50cm以内に近づくと逃げてしまいます。同じ野良ネコでも、家に入れてほしくてドアを叩き、ドアを開けると自分から家の中に入り、二度と出ていこうとはせず我が家の家族となったクロとは違うようです。ただ、面白いことにハンナにはほとんど警戒心を持たないらしく、お互い鼻をくっつけあったり、食べているときにハンナが近寄っても平気で餌を口に運んでいます。