クワの実

DSC_9698.JPG
私が常日頃自然観察をしている数か所のフィールドの中でただ1本だけあるクワが実をつけ、その実が色づき始めました。子供の頃にはたくさんはなかったものの、ときどき見たことがあるクワの木は、最近では身の回りでほとんど見ることができなくなりました。そのため、昔は野山で食べたことのあるクワの実も今では見ることさえ難しくなり、かえってマルベリーと英語の名前にとって代わり、商品として都会の店頭で出会うことの方が多くなりました。そのため、この木は子供のころを思い出す懐かしい木として毎年実がなるのを楽しみにしています。

春の花に囲まれて

DSC_0317.JPG
今の公園の花壇は、パンジー、ビオラ、スイートアリッサム、ペチュニア、テルスターなど色とりどりの春の草花が、強さを増してきた日差しの中で華やかに咲き競っています。今朝もハンナと園内を散歩していると、来園者があちこちできれいに咲いた花と写真を撮っていました。しかし、この頃では気温も上がってきてパンジーなどは花期を過ぎ徐々に草丈が伸びてきました。もうしばらくすると花壇の花も植え替えが始まり、ハイビスカス、マンデビラ、ブーゲンビリア、ケイトウ、サルビアなど夏の花に変わっていきます。写真は、夏日となった日差しの下で春の花と一緒に写真に収まる今朝のハンナです。今朝の散歩では、暑かったせいか歩き始めるとすぐにソフトクリームが食べたくなったらしく、いつものコースを歩かず一目散にレストランを目指して歩き出しました。

近くまでやって来たキョウジョシギ

DSC_0151.JPG
ハンナと階段状になった堤防に腰を下ろし海を見ながら野鳥がやって来るのを待っていたところ、海上で大きく旋回していたキョウジョシギの群れがほんの十数m先の波打ち際へ舞い降りてきました。警戒心が強く近寄ろうとするとすぐに飛び立ってしまうキョウジョシギが、こんなに近くへ来てくれることは滅多にないことなので、ハンナには動かないように指示してレンズを向けると、10分以上目の前で餌を捕る様子を見せてくれたため、居ながらにして200枚近い写真を撮ることができました。4日前に海上を飛んだ群れは16羽でしたが、今回は36羽が確認できました。