ララが好きだった四阿にて

DSC_5200.JPG
生前のララが、散歩の途中で好んで立ち寄った四阿のベンチに座るハンナです。公園の中にはいくつかの四阿が設けてあるので散歩の途中で立ち寄ることも多いのですが、ララとハンナでは好みの四阿が違っていました。ハンナは駐車場近くの四阿にある陶製のベンチがお気に入りでいつもそこに座っていますが、ララは公園の奥の築山に設けられた静かなこの四阿が好きで、散歩の途中で立ち寄りよくこのベンチに座っていました。その四阿も昨夏ララが亡くなってからは一度も訪れていませんでしたが、今日は久しぶりに立ち寄ってみる気になり、ハンナを促して遊歩道から外れて足を向けてみました。ハンナはすぐにベンチに飛び乗って座り込んだものの、これまでは必ずララと並んで座っていたのでなんだか物足りなさそうな様子であたりを見回していました。私もハンナに話しかけたり写真を撮ってやっていても、ハンナの横にちょこんといつものようにララが座っているような気がしてしようがありませんでした。

"ララが好きだった四阿にて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。