穏やかな日になった

DSC_7195.JPG
今日は未明にはこの冬初めて氷点下の気温を記録しましたが、お昼頃には暖かさを感じる穏やかなお天気になりました。最高気温は最近続いていたように10℃を上回ることはなかったものの、それでも昨日のような強い北西風がなかったため公園内を散歩をしていても寒さは一向に感じず、日差しを浴びてハンナのペースで坂道の多い遊歩道を歩いたり階段を上っていると汗ばんでくるほどでした。そんな暖かさの中で、北側を大きな常緑樹が囲む梅林の一角では、春が近づき明るさを増してきた日の光と戯れるようにシジュカラ、メジロ、ヒヨドリが賑やかに鳴きながらウメの枝から枝へと飛び回り、咲き始めたウメの花の蜜を吸ったり花弁をむしり取っていました。写真は、春が近づいてきたことを喜ぶように枝の間を軽快に飛び回っていたシジュウカラです。

"穏やかな日になった" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。