梅林のヒヨドリ

DSC_7851.JPG
梅林の中で鋭い声を響かせて数羽のヒヨドリが飛び交っていました。つい先ごろまでは、ヤブツバキの花の蜜を吸って黄色の花粉を顔中につけた個体をよく見かけましたが、開花が始まったウメの花の蜜を求めて梅林周辺へやって来るようになりました。ヒヨドリがやってくると、メジロやシジュウカラなど体の小さな野鳥は追い払われてしまい写真撮影には邪魔になることが多いため、ほかの野鳥を撮影しようとするときにはヒヨドリのいるところを避けています。しかし、春になってウメの花をはじめいろいろな花が咲き始める頃になると、この時期だけは花と一緒に撮影できるので、レンズを向けようという気持ちになります。

"梅林のヒヨドリ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。