春めいてきた

DSC_8897.JPG
今の公園の中を歩くと、今が盛りとばかりに咲き匂う紅白のウメの花にまず目がいきますが、足元を見るといたるところで春の野草が芽を出し、これまで枯れ草色が広がっていた地面に緑が広がり始めています。中には満開になったウメの花に負けじと、小さいながらたくさんの花を咲かせたオオイヌノフグリやホトケノザのような野草も見られます。冬木立の間を寒風が吹き抜けていた公園の中が、日に日に春めいてきました。写真は、満開になったウメの木の下で、広がりだした青草の中に座るハンナです。周りではホトケノザやナズナの花が咲き、スイバも芽を伸ばし始めていました。タンポポやジシバリなど、春に多い黄色の花が咲き広がるのももうすぐです。

"春めいてきた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。