夜中のリビングルームにて

DSC_0159.JPG
ララの生前中は何処へ行くのも一緒で、夜になるといつも寄り添って横になっていたハンナでしたが、ララがいなくなってからはリビングルームで寂しそうにひとりで寝ています。ただ、ときどき気が向くと小次郎が横へ来て仲良く並んで眠っています。しかし、ララとは体をぴったりと寄せ合って寝ていた小次郎なのに、ハンナの横では大きな体が突然動いて押しつぶされることを警戒しているらしく、いつもわずかに距離を取って眠ります。この写真は少し前に撮ったものですが、昨夜も夜中にリビングルームへ入っていくと2匹はこんな様子で安らかに寝息をたてて熟睡していました。やはり動物同士でも家族として認め合ったものがそばにいると心強く、安眠できるのかもしれません。

"夜中のリビングルームにて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。