噛んでみよう!

DSC_0183.JPG
ハンナが気持ちよく転がっているすぐ近くへ小次郎もやってきて、しばらく一緒に横になっていました。ところが、退屈になってきたのか、ハンナの耳をおもちゃ代わりにしてじゃれはじめ、興が乗ってきたのかそのうち耳の端に噛みつきました。本気で噛んだようには見えませんでしたが、それでも細くとがった牙が当たって痛かったのか、それとも突然噛みつかれて驚いたのか、それまで小次郎にいいようにさせていたハンナは大きな声を出して飛び起きました。それでも後はそれだけで、ハンナは小次郎に危害を加えようという気持ちは全くないらしく、私のところへ噛まれたことを報告するように擦り寄ってきました。小次郎はハンナの叫び声に驚いてソファーの陰に飛びのきましたが、すぐに近寄ってきたので噛んだことを叱ってやると、ハンナはもう落ち着いた様子で小次郎と鼻をくっつけ合い一緒になって私に甘えてきました。何とも気のいい穏やかなイヌです。写真は、ちょうど小次郎がハンナの耳に噛みつこうとしている瞬間です。

"噛んでみよう!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。