キノコがたくさん

DSC_7700.JPG
公園の雑木林の中で、マテバシイやスダジイ、コナラなどの大木が立ち並んだ薄暗い地面に、傘の直径が10cm前後のたくさんのキノコが頭をもたげていました。ざっと数えただけでも20本以上あります。雨が続いて適度な湿気を得て成長したようです。近寄ってみると厚く積もった落ち葉の間からもまだいくつかの幼菌が顔をのぞかせようとしていました。姿かたちや色からドクベニタケかと思いましたが、帰宅してから撮影した画像をモニターの画面で拡大してよく見ると、柄が赤みを帯びているので同じベニタケ科のヨヘイジかもしれません。いずれにしても、キノコの識別は素人ではなかなか難しいものがあります。

"キノコがたくさん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。