テーマ:ペット

懐かしい車

公園へ散歩に行くと、ときどき30年以上前の車を傷一つなく新車のようにして大事にされているお年寄りと出会います。昔、私も乗りたくて購入を考えたこともある車でしたが、結局これと対抗するメーカーの車にしたことがありました。たまたま車を隣にとめたところ話し掛けてこられたことがきっかけで、そんな昔のことも話題にして立ち話をしてから挨拶をするよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘えん坊

今まで一緒に暮らしてきたイヌの中でもハンナは一番甘えるイヌで、私がそばにいれば四六時中くっついて甘え、触ったり撫でてほしいと請求してきます。ルナやララなど、どのイヌもいつも私のそばにくっついてはいましたが、ハンナほど相手になってほしがることはありませんでした。そんなハンナが私に甘えてくると必ずやってくるのが、やんちゃではあるけれどや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走らなくなった

つい先ごろまでは、晴れると思う存分散歩ができて喜び、嬉しそうに尾を振って軽快な足取りで歩いたり走り回っていたハンナでした。ところが、日中の気温が25℃を上回るようになったこの頃はすぐに休憩したがるようになり、広い所へ連れて行っても走ることがなくなりました。写真は海浜公園の広い芝生広場の真ん中で座り込んだハンナですが、ララがいた頃は走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなもの何が面白いんだろう?

マリーが夢中になって遊んでいる羽毛のおもちゃを目の前に落とされ、こんなもの何が面白いんだろう、といいたそうな様子で見つめているハンナです。マリーはこれを振り回されると、もう何も目に入らないといった表情で一心不乱に追い掛け回し、写真のようにハンナの近くに落とされると、飛びついていった勢いが余ってハンナに体当りをしていったり尾や足を踏み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早く車に乗って帰ろうよ

気温が上がってきたこの頃は、ハンナと一緒にフィールドへ出て野鳥を探していても、車が近くにあるときにはハンナはすぐに車に乗りたがります。暑い思いをして伸びた草の中を歩くより、エアコンが効いた車の中にいた方がずっと快適だと考えているのでしょう。昨日も日陰の少ない草はらの中をキジやセッカの写真を撮ろうとして歩き回っていたところ、一回りして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何時になったら動くんだろう?

ひとしきり息子が動かす羽毛でできたネコ用のおもちゃにじゃれた後、ソファーに載ったままになったおもちゃを、何時になったら動くんだろうと考えているような様子でじっと見つめるマリーと小次郎です。このおもちゃはマリーのお気に入りになったらしく、いつもはおとなしく激しい動きをしないマリーが、これを息子が取り出すと目が輝き、早く動かせと催促する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミジの木陰で

サクラの後を受けて庭や公園をピンクや白の鮮やかな色彩で彩ったツツジの花もすっかり色あせて散り落ち、周りでは新緑が濃さを増してきました。ほとんど毎日のように訪れる公園でも、今はほとんどの木々が花の季節を終えて若葉を茂らせるようになり、遊歩道を歩いていても頭上を青葉が覆い木陰が続くようになりました。気温が上がってきたこの頃では、ハンナは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言が解除されて・・・

新型コロナウイルス蔓延を警戒する緊急事態宣言が解除されたあとの最初の日曜日である今日は、いつもハンナと散歩をする海岸にたくさんの人がやってきました。午後5時を過ぎて訪れたのに、海辺へ続く道路や橋の上はいつもでは考えられない車の数で、一部では渋滞が起きていました。この様子では、日中などは海水浴シーズン並に混雑していたかもしれません。砂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊ぼうよ!

一日中雨が降り続き散歩へ行くこともできず退屈しきって横になっていた今日のハンナは、私が動くたびに相手になってもらえるのではないかと期待して飛び起き、期待した目をして後をついてまわり何度も前足を出して遊ぼうと誘ってきました。ハンナが私と遊び始めると必ずやってきて同じように相手をしてほしがる小次郎も、ハンナの動きを見てはハンナと私にじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜辺のお花畑

今日は検査や抗がん剤の投与をする弟を病院へ送るため朝早くから家を出て、帰宅したのは午後4時を過ぎていました。夜には雨になるという天気予報どおり、午後から曇ってきた空は夕方にはいつ降り出してもおかしくない雲行きになってきたので、降り出す前に少しでもハンナを散歩させようと考え、帰宅するとすぐに車に乗せて海へ向かいました。海辺は全天低く垂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またララのことを聞かれた 

昨日は公園の中を散歩中にハンナを待たせて野鳥の写真を撮っていたところ、一人の男性が近寄ってこられ、いつもリードなしで歩いていた真っ黒な小さい子は今日はどうしたのか、と言葉をかけられました。亡くなったことを伝えると、声を掛けるだけでなんでもいうことを聞いてほかのイヌが来ても許可がないと相手にもならない様子を感心して見ていて、小さな子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風が強かった!

昨日は風の強い日でした。前日に海辺でチュウシャクシギを間近で見られたので、昨日も海辺へ出かけようとしましたが、家の周りでも音を立てて吹きつけてくるほどだから何の障害物もない海ではさらに強く吹いて、野鳥の姿もほとんど見られないだろうと考え、公園の林の中を歩くことにしました。しかし、公園の中でも風は強く、クスやタブノキ、アラカシなどの喬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩かなかった!

日中の日差しが強くなって気温が上がってきたため、この頃のハンナとの散歩は朝方と日暮れにすることが多くなりました。昨日も日没間近になって涼しい風が吹いていたので海辺へ連れて行ったのですが、外気温は車の温度計で見るとまだ27℃あったせいかハンナは歩こうとする意欲は見せず、砂浜で横になったり、海からの風が吹き抜き渡る防波堤の先端へ行き写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロツメクサの絨毯

フィールドの中で一面にシロツメクサの花が咲きました。鮮やかな緑色の葉と白い花が地面を覆う所々には、タンポポやジシバリ、カタバミの花がアクセントを添えてきれいです。今のフィールドは、若葉が萌え出た周りの林からはキビタキ、シジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、ウグイスなどの囀りが聞こえ、開けた草はらに立つ木の梢ではホオジロが空に向かって大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコのおもちゃ

昨今の新型コロナウイルスの感染者増大により発令された緊急事態宣言に伴う休業要請で大学も閉鎖されたため家に戻ってきていた息子が、一週間ほど前に買い物に出たついでにネコのおもちゃを求めてきました。自宅での研究の合間に時間ができるとリビングルームへやってきて、毎日マリーや小次郎の前でそれを動かし遊んでやっています。しかし、マリーは喜び必死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑が濃くなった

木々の若葉が日を追うごとにその数や大きさを増し、雨が降るたびに野山の緑が濃くなっています。木漏れ日が明るく揺れていた落葉樹の多い林の中も茂ってきた青葉が頭上に広がって、日差しが入らなくなり見通しが悪くなりました。写真は、家の近くの里山で遊ぶハンナですが、この開けた場所へ来るまでに通り抜けてくる林の中も、何層にも重なって覆いかぶさる枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きな雷鳴だった

一昨日は一度に真夏が来たような暑さで、ニュースでも7月の気温と報道されていたため今年初めて本格的にエアコンを冷房モードにしました。ところが、昨日は一転して気温は10℃ほど下がり4月中旬の気温に逆戻りし、涼しい日になりました。ただ、しのぎやすい気温にはなったものの一日雨が降り続く鬱陶しい日となり、夕方には寒冷前線の通過に伴って一時激し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に外へ行きたいよ

ハンナは、私がスーツをきたりネクタイを締めたりすると初めから一緒に行くことはできないと諦めて、つまらなさそうな表情で私を見ていますが、そうでないときには外出したり庭へ出る気配を感じ取ると一緒についてきたがります。昨日は家の裏にあるカクレミノが大木になってしまいお隣にも迷惑になったきたので、庭師さんにお願いして伐採をする日でした。その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

草が丈を伸ばした

公園の中では、いたるところで広がりだした草が日毎に草丈を伸ばしています。ことにこの頃では、初春の頃のように地面を這うように広がる草ではなく、カモジグサやイヌムギ、スイバ、ハルジョオンといった上へ上へと伸びていく草の勢いが増してきたので、茂ってきた木々の青葉と相まって園内の見通しが悪くなりました。今日の散歩では、ハンナは私が野鳥を探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりこの車がいいよ!

以前にも記事に書いたことがありましたが、ハンナは車に乗ることは大好きでも、乗りたい車にははっきりとした好みがあります。昨日も久しぶりにロードスターで散歩に出かけようとしたところ、ハンナはさっさとロードスターのドアから離れ、私が仕事や家族移動のときに使う車の後部ドアの前へ行き座り込みました。妻が使う車で行こうといっても喜んでは乗り込み…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いつもララと一緒だった・・・

今日は夕方から夜にかけて雨になるという予報だったため、午後の散歩は見合わせていましたが夕方になってもまだ雨は落ちてこなかったので、家からすぐ行くことのできる里山を歩いてきました。久しぶりの里山だったためか、車を降りるとハンナはしばらく立ち止まって写真のようにあたりを眺め回していました。ララの体力がなくなってからは、短時間で来ることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小次郎が餌を請求した・・・

ネコの餌はいつでも食べられるように、常時洗面所に置いた食器の中に満たしてあります。ところが、ときどき補充することを忘れて空になっていると、必ずマリーが大きな声で請求に来ます。同じように食べるのに、小次郎は請求したことがなくいつもマリーに請求させ、食器に餌が入るとマリーを差し置いて先に食べています。それが昨日の小次郎はよほどお腹がすい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また鳥の写真を撮っている・・・

夕日が西の山脈の向こうへ沈もうとする海岸で、シギの仲間を探したり上空を飛ぶアジサシやミサゴの撮影をする私を待っているハンナです。ハンナにしてみれば、少しも面白くなくいったい何をしているんだろうと思っているでしょうが、撮影が終わって声を掛けるまでいつもこんな様子で指示したとおりに座ったり伏せて静かに待っています。この写真を撮ったときは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺のコマツヨイグサ

夕方の砂浜を歩くと、あちらこちらでコマツヨイグサの黄色の花が目に留まるようになりました。夕闇があたりを包もうとする頃海辺に咲き広がる黄色の花はきれいです。ただきれいではあっても、コマツヨイグサは外来植物であるうえ、ハマヒルガオやハマボウフウなど在来の海浜植物を駆逐してしまう勢いを持っているのでこれが勢力を広げてくることは好ましいこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木陰は涼しい

お天気のよい日に日向を散歩すると、すぐに汗ばむようになってきました。暑がりのハンナにとっては徐々に過ごしにくい季節が近づいてきます。今日も朝方公園の中を散歩してきたのですが、できるだけ日の当たらない雑木林の中を歩いたのに、坂道に差しかかるとハンナはもう長い舌を出して暑そうな様子を見せました。散歩を終える頃には私も暑くなってきたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また小次郎のいたずらだ!

先日も寝ているハンナの耳に齧りついた小次郎を記事にしましたが、また同じようなことをしたようです。私がリビングルームへ入っていこうとすると、何かに驚いたときのハンナの大きな声が聞こえました。急いでドアを開けたところハンナはしきりに前足で耳を触り、小次郎はテーブルの上に座ってハンナをじっと見ています。どうも2匹の様子からすると、眠ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハルジオンの花がいっぱい咲いた!

野原や公園の遊歩道脇では雨が降るたびに目に見えて草が伸び、ホトケノザやヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリなどに代わってカモジグサやスイバが茂り始め、その中でハルジオンが白やピンクの花をたくさん咲かせるようになりました。今朝も公園へ散歩に行くと、写真のように土手の斜面には一面のハルジオンの花が咲き、ミツバチやヒラタアブ、ベニシジミなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日が差し込んだ

今朝は久しぶりに、夜明けとともに公園へ散歩に出かけました。この頃は午前4時半を過ぎれば空は明るくなり、5時を回れば日が昇ってきます。歩き始めた頃はまだ薄暗かった雑木林の中も、朝日が丘の向こうから顔を出すと水平に近い角度から木々の間を抜けて光が差し込んで一度に明るくなり、光を受けた部分と影の部分のコントラストが鮮明になります。散歩する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も花は咲いたけれど・・・

今年も公園の遊歩道の土手が、たくさんのオオジシバリの花で覆われました。この数年公園の中にはオオジシバリがよく見られるようになり、この土手も毎年春になると黄色の絨毯を敷き詰めたように花が咲き広がります。昨年この土手が黄色の花で覆われたときには、病気療養中ながらララも毎日散歩ができていたので、ハンナと並んでオオジシバリの花を前にして一緒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マメザクラの前で

花期が例年より少し長めだった今年のソメイヨシノも、すっかり散り果て緑鮮やかな葉桜にかわってきました。しかし、花期の遅い品種のサクラの枝では、まだ花を見ることができます。先日掲載した海浜公園で咲く御衣黄もそうですが、そのすぐ近くではマメザクラが満開になっていました。今年の春は新型コロナウイルス感染者の増大に伴って学校をはじめとして社会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more