テーマ:ペット

春の花に囲まれて

今の公園の花壇は、パンジー、ビオラ、スイートアリッサム、ペチュニア、テルスターなど色とりどりの春の草花が、強さを増してきた日差しの中で華やかに咲き競っています。今朝もハンナと園内を散歩していると、来園者があちこちできれいに咲いた花と写真を撮っていました。しかし、この頃では気温も上がってきてパンジーなどは花期を過ぎ徐々に草丈が伸びてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゴノキの花が散り始めた

よい香りをあたりに漂わせて昆虫たちを呼び寄せていたいた公園のエゴノキが、花を散らせ始めました。木の下で花にやってくる昆虫の写真を撮っていると、メジロやシジュウカラなどの野鳥はもちろんクマバチがやってきても、その翅の動きによって起きる風によっていくつもの白い花が落ちてきました。エゴノキの花が終わるころになると、爽やかな若葉の季節も徐々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の散歩は楽だった

暑い雲が垂れ込めてお天気はよくはありませんでしたが、今日は気温が20℃を下回ったため、ハンナは楽に散歩をすることができました。公園の上り下りがいくつも続く遊歩道も、途中で休んだりすることなく一定の速さで軽快に歩いていました。こんな気温が続いてくれれば、ハンナだけでなく私も汗をかくことなく散歩ができるのでありがたいのですが、残念ながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜更けに

夜が更けて階下へ行くと、仲良くマットを分け合って眠っていた小次郎とハンナが目を覚まし、私を見上げて小次郎は鳴き声をあげ、ハンナは尻尾を激しく降り始めました。いつもは小次郎が真ん中で丸くなり、ハンナは隅の方でマットから体半分はこぼれ落ちるようにして眠っていることが多いのですが、うまく分け合って座ったようです。それにしてもこんな様子を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し休もうよ!

昨日までの涼しさが影を潜め、今日は風は爽やかなものの気温は25℃を超え日差しも強くなりました。そのため公園へ散歩に出たハンナは、日当たりのよい遊歩道や広場は避けて、雑木林の中や若葉が茂り日差しを遮るようになった桜並木の木陰ばかりを選んで歩いていました。それでも散歩の後半になると暑さに参ったらしく、池を渡ってくる風が抜けていく木陰で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲良し2匹

ぐっすり眠っているハンナが、走っている夢でも見ているのか前足を小刻みに動かしていました。ハンナのすぐ横で寝転がり毛づくろいをしていた小次郎は、ハンナが震えるように動かしている足を見るとむっくり起き上がり、獲物を狙うようにそっと近寄って前足を使ってじゃれ始め、すぐに抱き着いて噛みつきました。遊びで噛んだので強い噛み方ではありませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマヒルガオが咲き始めた

今年も、砂浜にハマヒルガオが咲く季節になりました。この頃の海辺の散歩は、夕日がよく見える堤防の上や、シギの仲間の飛来を期待して磯ばかりを歩いて砂浜へは足が遠のいていました。そこで、今日は気分を変えて砂浜も歩いてみようと考え、久しぶりに砂の上を歩いてきました。すると、しばらく見ないうちにハマヒルガオがあちこちに群落を作り、ピンクの花を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またモデルになった

今日の夕方の海辺は涼しい風が吹いていて、ハンナは暑がることもなく楽に散歩ができました。気持ちのよい風に吹かれて堤防を散歩していると、階段状になった堤防にはたくさんの人たちが腰を下ろし、海上を走るウインドサーフィンの色とりどりのセールを見たり、沈む夕日を見ていました。そんな人たちの間を通り抜けて歩いていると、途中でハンナを撮影したいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭に来るクロネコ

昨年のいつごろからだったか、庭にまたクロネコがやって来るようになりました。以前毎日のようにやってきていたクロネコとは別のネコで、まったく人に慣れていなくて近寄ろうとするとすぐに逃げていました。それが、顔を見るたびに声をかけ餌を与えていたところ、この頃では庭のどこかで休んでいることが多いらしく玄関ドアを開けるとすぐにやってきて、餌をほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連れて行ってくれないの?

昔から親しくしている剣友から、岐阜県に別宅兼剣道場を作りそこへいろいろな人が稽古に来るようになったから一度遊びがてら稽古にこないかと以前から誘われていました。仕事との兼ね合いもあり、なかなかお邪魔することはできませんでしたが、ちょうど今回のゴールデンウイークの休暇中に稽古があり、私の遣う二刀と立ち合ってみたいという人たちが何人か集ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち葉の中からヘビが出た

今日は気温も20℃を超えて日差しも強かったので、暑さが苦手なハンナにとって日当たりのよい公園や海岸は散歩をするには暑すぎるだろうと考え、若葉が茂って日差しが遮られるようになった森の中を歩いてきました。爽やかな風が通い、鮮やかな新緑が頭上を覆うようになった森の中は涼しく、ハンナも気分よさそうに尾を振って歩いていたところ、クスやアラカシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨がよく降ります

昨日から降り出した雨がちっともやまず、今日も雨の一日になりました。ハンナは、昨日は雨が一時やんだ合間に大急ぎで町内を一巡してきましたが、今日はとても散歩ができる状態ではありません。晴れた日にはべランダで日向ぼっこをすることが日課になっている小次郎も昨日から外へ出られず、ベランダへ出るガラス戸の前へ何度も行ってはつまらなさそうな表情で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつも穏やかです

ゴールデンウイークの休暇に合わせて帰省した息子を交えて家族そろっての晩ご飯が終わり、マットの上でくつろぐ小次郎とハンナです。このマットはもともとハンナのために置いてやったものですが、小次郎もよく利用しています。そんなときは、小次郎は体は小さいのにいつもマットの真ん中を占領します。すると、ハンナは小次郎を移動させればよさそうなものなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルとルナ 2005.4.26

いつだったかハードディスクの中の古い写真の一部をを取り出し、別のフォルダに貼り付けておいた画像がたまたま出てきました。2005年の4月26日の画像なので、16年前の昨日撮ったもので、この年の1月25日に生まれ3か月になったばかりのルナが、メルに遊び相手になってほしくて鳴きかけている懐かしい情景を撮ったものです。目が開いてよちよち歩き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ララが初めて上った階段

森へ続く遊歩道の階段を上るハンナです。この階段は、ブリーダーから長い間迫害を受け、ケージに閉じ込められたままで外を歩く習慣もなかったララが、初めて上った階段です。我が家に引き取った当初は、外へ出ることも怖がり、地面に下ろすと一歩も足を進めることができず震えていました。それを何週間もかけて外を歩くことには慣れさせたものの、階段を上り下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 風が強すぎた

昨日の午後の散歩は、海へ行ってきました。家の周りでも午後から風が強くなっていたので、海はさらに強い風が吹いているだろうと予想はして出かけたのですが、海岸へ着いてみると予想をはるかに上回る強さの北寄りの風が吹いていました。海は白く波立って、波の飛沫が波打ち際から離れたところまで飛んで来る状態だったため、いつもの休日ならたくさんの人たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ララが好きだった四阿で

今朝の公園の散歩では、久しぶりにララが好きだった四阿へ立ち寄りゆっくり休憩してきました。生前のララは、公園を散歩すると遊歩道から少し入った高みにあるこの四阿で休むことが好きで、近くを通ると自分から遊歩道を外れて小さな坂道を上り、四阿に入ってベンチに座ったものでした。ララが亡くなってからはほとんどここへ立ち寄ることはなくなり素通りして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと疲れた

昨日は土曜日で時間に余裕があったため、午前中はハンナといつもの公園を散歩し、午後は妻も誘って市内で一番大きい公園を歩いてきました。午後に訪れた公園は、先日ハンナと訪れたときにはソメイヨシノの花はすっかり散り果てていましたが、ヤエザクラやシダレザクラの一部がまだきれいに咲いていました。しかしさすがに4月も下旬に入ったので、すべてのサク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は散歩が楽だった

昨日、一昨日と25℃を超えた気温も、今日は朝から冷たく乾燥した爽やかな風が吹き、最高気温は20℃ほどとしのぎやすい日になりました。おかげで午前中に散歩に出たハンナは、公園内を一回りしてもそれほど暑がらず、ひんやりと肌に気持ちのよい風が吹き抜けていく遊歩道を最後まで元気よく歩くことができました。昨日の散歩では、あまり暑そうな様子だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木陰で一休み

日曜日の寒さから一転してこの3日間は気温が上がり、昨日今日は各地で今年初めて夏日になったとの報道が流れています。このあたりでも、今日はよく晴れて午前中から気温は高く、午後には25℃を上回ったようです。そんな気温の高さに、日が高く昇ってからの散歩はハンナが暑がるようになってきました。今日も公園の中を散歩すると、木立が陰を作る雑木林の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小次郎がレンズを見た

カメラを向けるとすぐに横を向いたり後ろを向いてしまう小次郎が、珍しくカメラを正視しました。子供のころからカメラが趣味で、毎日のようにカメラを使っている私のそばで暮らしたララやルナなどどのイヌも、さらにはネコのメルやクロも、カメラを向けると自分からレンズを見るほどカメラ慣れしていました。もちろん、ハンナもカメラを嫌がることはありません…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風が強くて寒かった

昨日の雨が今朝も残り、午後になっても雲が流れてときどき雨粒が落ちてきましたが、夕方になってようやく青空が見え日が差してきました。そこで、昨日一日外へ出られなかったハンナを連れて海辺を歩いてきました。今日の海辺は、雨の後で風が出てきてこれまでの暖かさが影を潜め、気温は12℃と最近になく冷え込んだため、この頃の散歩のようにシャツ1枚では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日はつまらない

夜遅くになって少し小降りになりましたが、今日は一日よく雨が降りました。二つの低気圧が日本列島を南北から挟み込むように東進した影響で、特に午後からは強い雨が降り続き、家の前に広がる住宅街を洪水から守る調整池はたくさんの雨水を湛えて、一時は満水状態になりました。おかげでハンナは散歩に出られず一日中暇を持て余して退屈そうに寝そべってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新緑

サクラの花が散って、いたるところで新緑が目に眩しく映るようになってきました。公園の中でもクスの新緑を始めソメイヨシノの若葉やコナラ、エノキの新芽など緑色を基調としたいろいろな色調で雑木林が彩られています。特に足掛け3年ほど工事のため水が抜かれていた池が満水になり、水面に映る新緑が綺麗です。今日も午前中にハンナと公園を散歩し池の周りを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルとルナ 2005.04.12

4月7日の記事に載せた画像と一緒に出てきた、遊んでほしくてメルに一所懸命じゃれているルナです。メルはルナが生まれたときからいつもそばにいて、毎日よく相手をしてやっていました。そのためルナも目が開いて歩き出すころにはすっかりメルになつき、こんな調子でメルを遊び相手にしていました。このころはルナもまだ生後3か月にも満たなかったので、メル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだサクラが咲いていた

今日は先日の個展に団体で来場いただいた老人施設へお礼のためハンナを連れて伺った帰りに、その施設近くにある公園を散歩してきました。家から距離があるため普段は滅多に訪れることのない公園ですが、久しぶりに訪れると八重のサクラがまだ満開で、その下を流れる小川にはたくさんの花びらが浮いていました。この公園は市内で一番のサクラの名所なのでいろい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海浜植物も芽を出した

浜辺もすっかり春の姿になりました。日差しを受ける波のきらめきも海の色も春らしくなり、吹く風からは冷たさを感じられなくなりました。今日も砂浜を歩くと、あちこちでコウボウムギが花序を立ち上げ、その近くではハマボウフウがつややかな濃い緑色の葉を広げ始め、ハマヒルガオの若葉が広がる中では数は少ないながらハマダイコンの薄紫の花も風に揺れていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五郎の祥月命日

今日4月11日は、秋田犬五郎の祥月命日です。2001年の今日、お昼前に亡くなってもう20年が経ちました。一人息子の兄弟代わりにと考え、息子が5歳になるときに秋田犬専門店にお願いして秋田県の大舘から取り寄せたイヌで、生後40日ほどで我が家の家族になり、それから14年半ほど一緒に暮らしいろいろな思い出を作って、折から満開になったサクラに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森へ続く道

前頁で森への入り口で撮影したハンナを掲載したので、今度は2年前のちょうど今頃、芽吹きだした木々の枝が頭上に重なる森へ続く道を仲良く歩くララとハンナの画像を掲載してみました。このころのララは、病気で食欲が落ちたうえ薬の副作用があって病状は一進一退を繰り返し、すっかり痩せてしまい毛並みも悪くなっていましたが、それでも毎日散歩へは行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ、歩こう

公園奥の森の入り口に立って、さあ歩き始めようかと森へ続く道を見ているハンナです。元気だったころのララが一緒のときには、いつも2匹でこの周辺の草むらや灌木の茂みの匂いを嗅ぎ、それが済むとララが誘うように先頭に立って森へ向かったものです。森の中ではハンナはララと肩を並べるように並んで歩き、片時も離れることはありませんでした。私もこの森の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more