テーマ:

クリの花が咲いた

公園内の果樹コーナーでよい香りを漂わせていた柑橘類の花もほとんどが落花し、あたりの緑が濃くなって雑木林の中は初夏の色合いが濃くなってきました。この頃ではたくさんの木々の葉が茂る中で、クリの花が咲き始め独特のにおいを漂わせています。昨年の秋にはたくさんの実を落とし、10日ほどの間毎日たくさんの実が拾えたクリの木も枝の先々に房状の白い花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑木林に朝が来た

公園の雑木林の中を抜ける遊歩道を、昇って来たばかりの朝日を浴びて歩くハンナです。5月の日の出前後の時間帯の公園は、寒くも暑くもなく、野鳥の声は頭上から降るように聞こえ、おまけに出会う人もないので一年のうちでもハンナと散歩をするには一番快適な季節です。昨日の朝も広い公園をハンナと私だけで独り占めしてハンナに話しかけながら歩いていると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミが出てきた

今朝の散歩では、今年初めてセミの幼虫を見ました。歩き始めてしばらくして、地面のにおいを嗅ぎ始めたハンナの足元を見ると、土が動き始め穴が開いて中からセミの幼虫が顔を出しました。どうもアブラゼミの幼虫のようで、5月中に見るのは初めてのことです。昨日は全国的に暑い日になり、関東地方では35℃を超える気温を記録したところが現れ、このあたりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近くで母衣打ち

キジの声がよく聞こえてくるフィールドの中で車を走らせていると、道路脇の土手の端で昇ったばかりの朝日を浴びて雄キジが佇んでいました。急いで車を路側帯に寄せて窓を開け見上げてみたところ、キジは10mほどの近距離ながら逃げるわけでもなく悠然と周囲の様子を見回しています。これは目の前で母衣打ちが見られるかもしれないと考えてすぐにカメラを取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメの子

野山でも街の中でも、野鳥たちの雛の姿が見られるようになってきました。雑木林の中で巣立ちしたとみられるシジュウカラやメジロの雛の声を聞いてから帰宅しようとして車を走らせていると、野末に張られた電線にツバメの雛が1羽とまっていました。車をとめて周囲を見回してみたところ、少し離れて電線にとまる2羽の雛も認められました。まだ嘴にはしっかりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒオドシチョウ

気温が上がってきたこの頃は、雑木林の中ではあちこちで発酵した樹液のにおいが立ち込めています。そんなにおいを頼りに樹液を出している木を見つけると、いろいろな甲虫やハチ、アブ、チョウの仲間と出会うことができます。今日もそんなにおいがするあたりを見回しているとヒオドシチョウがやって来て、コナラの根元近くの樹液溜まりに近づいてしきりに樹液を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町内清掃日

今日は町内の一斉清掃日でした。各家がそれぞれの家の前の道路を中心に清掃するのですが、それほど汚れているわけではないので、いつも午前8時の清掃開始からものの30分もかからないうちに作業は終わってしまいます。ハンナも外へ出たがったので一緒に道路へ出て、私の周りで遊ばせながら家の敷地の前の30mほどの間に落ちているゴミや枯葉を拾い掃き掃除…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅林の中で

実が大きく膨らみ、周囲が見通せないほど青葉が茂ってきた公園の梅林の中で、小さな声で鳴くホオジロの声が聞こえました。どこで鳴いているのか探して近寄って行ったところ、緑色の光が溢れるウメの葉陰で枝の間を飛び移りながらホオジロの雄が地鳴きを繰り返していました。この頃はキジを探して草はらや耕地など開けたところばかりを歩いていて、梅林の中で野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシワバアジサイが咲いた

いつも散歩をするために公園を訪れるときには、公園の裏側の駐車場へ車をとめるのですが、今朝は久しぶりに正面の駐車場へ車を乗り入れたところ、フェンスに沿って植えられたカシワバアジサイがたくさんの花を咲かせていました。以前には普通のアジサイが植えられていたところが、しばらく訪れていなかった間にカシワバアジサイに植え替えられたようです。満開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイブリッド

先日ケリがキジを威嚇していた水田の畦に、また雄のキジがたたずんでいました。昇ったばかりの朝日が低い高さから逆光気味に差し込んでくるので、細部はよくわかりませんでしたが、望遠レンズで撮影した画像で見ると、首の周りを取り巻く細く白い羽毛が確認できました。この辺りではほとんど見たことのないコウライキジとのハイブリッドのようです。先日ケリに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チュウサギと出会った

夜が明けたばかりのフィールドの中でゆっくり車を走らせながら野鳥を探していると、遠くの湿地で1羽の白いサギが餌を探していました。コサギか、そろそろこの辺りへやってくるアマサギかもしれないと考えて近づいていくと、最近フィールドの中では見る機会が減ってきたチュウサギがダルマガエルかトノサマガエルとみられる大きなカエルを捕まえていました。望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足腰を鍛えよう

これまでは一緒に走ってやったり、急な坂や土手を駆けさせたりして結構きつい運動をこなしてきたハンナですが、今年に入ってからは散歩に出かけても車から降りたがらないこともあるので、少しずつ体力がなくなってきたのかもしれません。考えてみれば、まだまだ元気に見えるハンナも10歳を回り、バーニーズとしては高齢犬の仲間に入ってきたので、年とともに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアコンが動いた

今日は雨になり気温も上がらず涼しい日になりましたが、昨日はよく晴れて暑さを感じる日でした。そのため暑がりのハンナは、家の中にいても長い舌を出して動きも鈍かったため、今年初めて本格的にエアコンを稼働させました。これまでも散歩の後など暑がると一時的にスイッチを入れることはありましたが、長い時間動かしてはいませんでした。それが昨日は夜にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キウイフルーツの花

ミカンの花の爽やかな香りが辺り一面に漂う公園の果樹コーナーでは、ウメやスモモはたくさんの青い実をつけ、アンズやナシは花をすっかり散らせた後に広げた青葉の間で子房を膨らませています。その近くでは目立たない小さな花をつけたカキも花弁を茶色に変えて花期を終え、果実を実らせる段階に入りました。そんな花の季節から実を作る季節に入った果樹の間を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シギのシーズンが終わります

波打ち際で、キョウジョシギが1羽だけ餌をついばんでいました。毎日夏日になる日が続くようになり、最高気温も28℃を上回る日が見られ、すっかり夏の気温になってきたこの頃では、このあたりで羽を休めていた渡りをするシギのほとんどは、もう北へ向かって行ったようです。そろそろ今年も春のシギのシーズンが終わります。このキョウジョシギも、どこかで群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝散歩

昇った後いったんは雲の間に隠れた朝日が、しばらくするとまた顔を出しました。それに伴って朝靄が漂っていた雑木林の中に明るい光が差し込み、木立の間から見える森や池の景色がはっきりと見えてきました。この頃は野鳥たちが番を作って子育てに入ったものが多くなったのか、一時と比べると日の出前後の囀りの声が少なくなったような気がしますが、それでも頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勢ぞろい 2018.5.24

先日整理したたくさんの撮影済みSDカードの中で見つけた、2018年の今日リビングルームで勢ぞろいして寛ぐ、右からマリー、ララ、ハンナ、小次郎の4匹です。マリーもララも既に亡くなってしまい、現在は小次郎とハンナの2匹が家族として暮らしていますが、この15年ほどは家の中にはその時々で構成は違っても、いつもイヌ、ネコ、ウサギたちが4匹から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キアシシギは2羽だけだった

5月も下旬に入り、今シーズンの春のシギのシーズンもそろそろ終わりを迎えます。今年も例年見られるチュウシャクシギ、キョウジョシギ、ミユビシギ、ハマシギなどを確認することができましたが、数はいずれも昨年より少なく、少々寂しい結果で終わりそうです。写真は、アオサが漂着した波打ち際で、カニやエビなどの甲殻類を捕っていたキアシシギですが、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマボウフウが増えてきた

いつも散歩に訪れる海辺では、砂浜をきれいなピンク色で覆っていたハマヒルガオの花が盛りを過ぎて、今度はカリフラワーを小さくしたような地味な花をつけるハマボウフウがたくさんの花をつけ始めました。数年前から少しずつ増えてきたハマボウフウが、この頃では砂浜のあちこちに群落を作るようになり、つやのある濃い緑色の葉を広げています。新芽は天麩羅や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雷鳴

昨夜は11時を回る頃から雷鳴が聞こえ始め、それが徐々に近づいて来て、地響きを立てるような落雷の音も交えながら何度も大きな音を轟かせました。雷鳴が聞こえたり落雷があることは滅多にないこの地方では、一年のうちで数度聞くことがあるかどうかという大きな音に、神経が細やかなハンナは落ち着かず、雷鳴が去っていくまで家の中を不安そうに歩き回り、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高く飛んだ

浜辺の波打ち際を歩いていたところ、チドリの鳴き声が聞こえてきました。声が聞こえてくる方に目を向けると、青空を背景にして小さな点のようになった野鳥が1羽こちらへ向かって飛んできます。肉眼ではよくわからなかったので望遠レンズを向けてファインダーに捉えると、シロチドリでした。この浜辺ではよく見かけるシロチドリですが、いつもは低く波の上を飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れた、晴れた!

昨日からよく降った雨も、明け方にはあがりました。私が起きて階下へ行くと、昨日は散歩に行くことができなかったハンナはもう散歩へ行く気満々ですぐに玄関へ向かい、さかんに散歩バッグと私の顔を見比べています。そこで、朝ご飯の前に散歩をすることにして外へ出たところ、道路はまだ濡れていたため足の汚れることが少ない砂浜や晴れればすぐに乾燥する堤防…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セッカがいた

丈高く伸びたカモジグサが一面に広がる荒れ地の中で、一株だけ立ちあがって頭を出したスイバの花穂にセッカがとまっていました。今年は現在までのところフィールドの中でセッカの声を聞くことが少なく、飛んでいる姿もあまり見かけることがありません。距離はありましたが、久しぶりに撮影できそうな場所でセッカを見たので、ちょうど羽繕いを始めたところでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケリの威嚇

水が張られ田植えが終わった田が増えてきました。そこでサギやシギ、クイナの仲間がやって来ているのではないかと考え、昨日の朝は公園を散歩した帰りに回り道をして水田が広がるフィールドへ立ち寄ってみました。すると、期待した野鳥は見られませんでしたが、遠くの畦にキジが舞い下り餌を探し始めました。こんな身を隠す草むら一つない開けたところでキジが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もシロツメクサが咲き広がった

公園の中のシロツメクサが咲き広がる広場で、近くへやって来たムクドリやスズメの群れを見ているハンナです。この広場はもともと芝生が植えられた広場ですが、この時期には一面シロツメクサで覆われます。ララが元気なときには、早朝散歩の折に人の姿がないとハンナのリードも外し、シロツメクサの絨毯の上で2匹を自由に遊ばせたものです。2匹はいつも仲良く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の朝日

日の出の時刻に公園を歩き始め、池の端でハンナを遊ばせていると、森の梢の向こうから朝日が昇ってきました。今朝は東の空に薄く雲がかかっていたので、晴れた日のような金色に輝く太陽ではなく赤味を帯び眩しさを感じない太陽でした。森の梢を離れ徐々に高さを増してくる太陽を見ていると、まだ夜の闇の名残がどこそこに残る森影を映す池の面に朝日がきれいに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽器の音

暖かい日が続くようになった先月初めころから、お昼前後の公園の中を散歩すると楽器の演奏や詩吟の練習をする人が増えてきました。楽器はギターやサキソフォン、コンガ、ハーモニカなど様々ですが、中には和風の尺八や津軽三味線を演奏している人もいます。亡くなったララは、そんな人を見ると近くへ寄って行き目の前に座って演奏を聴いたり、じっと演奏する様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝露が光る草はらで

昇ったばかりの朝日に照らされて草の葉に載った露が光る草はらで、雄キジが周囲を警戒しながら餌を探していました。このフィールドの中には、聞こえてくる声からすると少なくと4羽の雄キジがいるようです。先日この近くで見た雄キジは雌を連れていましたが、このキジは尾羽がまだ短めであることから若いキジだと思われ、繁殖期の真っ最中であるこの時期に1羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなで朝の散歩

最近は雨の日が多く早朝の散歩は不定期になっていましたが、今朝は夜明けとともにハンナに声をかけて公園の散歩をしてきました。妻も一緒に行くというので、みんなで散歩をすることが大好きなハンナは嬉しそうな表情で車に乗り込みました。私より歩みの遅い妻が遅れると、ハンナはいつも立ち止まって待っていたり戻ってそばについていますが、今朝も楽しそうに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小次郎と踏み台

階段の踊り場に後で片づけるつもりで一時的に踏み台を置いたところ、小次郎は自分のために置いた椅子だと思ったのか、よくこの上に座って階下を見下ろしています。亡くなったアメリカンコッカーのサラやルナ、それにロップイアーのパフィーは、いつも踊り場で横になって階下を見下ろしていましたが、小次郎はそんなことはしていませんでした。またたま置いた踏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more