テーマ:野鳥

朝の光の中で

今朝の散歩の帰りに、一か月近く訪れていなかった田が広がるフィールドを通って見ました。この季節なので、めぼしい野鳥はいないだろうと期待はせずに、それでも車外の音が聞きやすいよう窓ガラスを開け、周囲を見回しながらゆっくりと車を進めていると、セッカの鳴き声が聞こえてきました。車を降りて探してみると、撮影するには遠すぎる田の上をしきりに飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロチドリが飛んでいた

連日の猛暑のためララとハンナの散歩を控える日が多くなり、更にたとえ散歩に出てもララの体調を考えてこれまでのようにあちこちを歩き回ることがなくなったので、フィールドへ出て野鳥の撮影をする機会がほとんどなくなりました。一人で出かければよさそうなものですが、これまでも我が家で一緒に暮らした歴代のイヌたちと一緒に野山を歩いていた習慣なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジと鉢合わせ

日が昇りかけた草はらで、靴やズボンの裾を朝露に濡らして少しずつ移動しながら野鳥を探していると、突然草の陰からオスのキジが飛び出してきました。草が茂った中ではたまにキジやコジュケイなどと出くわすことがあります。しかしほとんどの場合、驚いた野鳥は大慌てで走って逃げるか飛び立ってしまいます。ところが、このキジは動きを止め声をかけた私の顔を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササゴイの翼を見て

先日海辺で出会ったササゴイは、今シーズンはどうもこの海岸に居ついて辺り一帯をテリトリーにした様子です。前回撮影したときと同じように、消波ブロックに立って海面をじっと見つめてはときどき舞い上がり、近くの岩礁などへ飛び移って海中の小魚を探していました。写真は、海面にわずかに頭を見せていた岩礁から消波ブロックへ飛び移ってきたササゴイです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捕った!

フィールドの中の道でゆっくり車を動かしながらあたりにいる野鳥を探していたところ、前方の路面でヒバリが道端に生える草の葉をつついていました。驚かさないようにゆっくりと車を移動させ近寄っていったところ、ヒバリは草についた毛虫を見つけたらしく、草の葉から落とした毛虫を何度も嘴でつまみ上げては振り回し始めました。何の幼虫かははっきりしません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヨシキリの声

二週間ほど前から毎日朝夕に、お隣の庭のシラカシの木のあたりからオオヨシキリの声が聞こえてきます。繁殖期のけたたましく特徴のある鳴き方ではなく地鳴きですが、やはり声は大きく、この頃では毎朝この声で目が覚めます。昨日の夕方も聞こえてきたので二階のベランダへ出て声のする方を見てみると、二階の屋根を越えるほど伸びたシラカシの込み入った枝の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波を被って

岩礁の上に佇んで水面を見ていたササゴイの足元へ満ち潮が押し寄せ、脚をすっかり隠してしまいました。それでもササゴイは岩礁から立ち退こうともせず、海水に浸かっています。そのうち海水はササゴイの胸や腹まで浸すようになり、大きなうねりが来ると波が体全部に被さりました。いつもは潮の引いた干潟や池の岸で餌をとっている姿を見ているだけなので、周り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蹲ったシロチドリ

渚の砂のくぼみで、シロチドリが蹲っていました。抱卵をしているのだろうかと思いながら撮影し、そのあと慎重に近寄っていくと、すぐに私に気づいたシロチドリは足早に走ってそこを離れ、10mほど先へ行ってしまいました。シロチドリが立ち去ったあとを見てみると、砂のくぼみのほかは何もありません。どうも私か、上空を舞っていたハシブトガラスを警戒して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササゴイがやってきた!

砂浜でララとハンナを遊ばせていると、遠くの空から1羽の野鳥が曇り空の下で黒い影となってこちらへ飛んで来ました。初めはこのあたりでよく見るカワウかアオサギだろうと思っていましたが、徐々に近づくにつれて形や飛び方が違うことに気づきました。急いで散歩バッグからカメラを取り出し、望遠レンズでその野鳥を捉えるとササゴイのようです。様子を見てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2羽のヒバリ

朝露を含んだ野の草の撮影をしていたところ、丈高く伸びた草の間から昇ったばかりの朝日が差し込んでくる草地で、2羽のヒバリが餌をついばんでいました。ヒバリはフィールドの中にたくさんいていつでも撮影できるためレンズを向けず、この春孵って成長した若鳥に親鳥が子に餌の採り方を教えているのだろうと考えながら野草の撮影を続けていました。しばらくし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トビが舞った!

長く続いた梅雨空が消えて、久しぶりに広がった青空をトビが舞いました。海の近く、特に漁港が近いところでは、珍しくもない野鳥ですが、海はあっても近辺に漁港は全くないためでしょうか、私がフィールドにしている海辺ではトビの姿を見ることは滅多にありません。また、子供の頃には野山が広がる区域でときどき見られたのに、この頃ではやはり出会うことはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう少しだ!

餌になる昆虫にあと一歩というところまで迫った、ツバメの若鳥の画像です。撮影は先月下旬の早朝になりますが、フィールドの中に広がる田の近くでセッカやホオジロを観察していると、生長してきたイネの上を行き来して飛び交うたくさんのツバメの姿がありました。セッカの観察を一時中止して一羽ずつをよく見ると、多くが巣立ちをして間もない若鳥で、親鳥の真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コチドリ

夜が明けたばかりの空を、朝日を背に受けてコチドリが飛んでいきました。、雑木林が広がる丘陵地で、、空高く舞い上がって囀るヒバリやの声や、草の間で鋭く鳴くキジの声を聞いていたところ、少し離れた空を1羽の野鳥が横切っていきました。このあたりは、ヒバリ、ムクドリ、ホオジロがよく見られるところですが、飛翔する姿かたちがそれらとは違っていたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジが走り出た!

朝の散歩を終えてから、暑くなってたくさん姿を現すようになった昆虫を撮影してみようと考え、公園近くにあるフィールドへ行ってみました。草の間で翅が乾くのをじっと待っている昆虫たちを、朝露が玉になって乗る草の間をかき分けて探していると、突然ほんの数m先の草むらが動いて若い雄キジが顔を出し、私の姿を認めると慌てて駆けだして草の陰へ飛び込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヨシキリが巣立ちした!

今年も家の前の調整池のアシ原の中でオオヨシキリが営巣をし、2羽の雛が成長して巣立ったようです。4月23日に初鳴きを確認して以来、毎日元気な鳴き声があたり一帯に響いていました。その間には何度か激しい雨で池の水が増水したこともありましたが、5個前後の卵を産むオオヨシキリとしては少なめながら、無事に2羽の雛は成長し巣立ったようです。先日も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒバリの若鳥

草の葉で水玉を作る朝露のひと粒ひと粒が、昇ってきたばかりの朝日を受けて光る草はらを靴を濡らしながら歩いていると、イネ科の植物が茂る中で一際丈高く伸びたギシギシの花穂にヒバリがとまっていました。大きくはなっていますが、この春生まれた若鳥のようです。数枚写真を撮ってもう少し接近しようとしたところ、早朝散歩で時々お会いし、挨拶を交わすうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと撮れた!

5月初旬から声を聞いたり遠くを飛ぶ姿は確認出来ていたセッカでしたが、今シーズンはなかなかセッカがいるフィールドへ出かけることができず、撮影することはできていませんでした。それが、昨日の朝たまたま通った道で特徴のあるセッカの鳴き声を聞き、近くにいるようなので車をとめて探してみたところ、10mほど離れた草はらの丈高く伸びた草の先端にとま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日を受けて

早朝散歩の帰りにフィールドの中で車をとめて窓を開け野鳥を探していると、遠くでキジの雄が鋭く鳴く声が聞こえました。声のする方を望遠レンズを向けて探してみたところ、土手の端に立ってあたりを見回している雄のキジが見つかりました。距離が遠すぎるため急いで車を動かし、土手近くへ移動してもまだキジは動かずにいたので、車に乗ったまま比較的近い距離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホオジロの囀り

遠くの丘の上に昇ってきた朝日に向かって、草はらの中に立つウメ木の枝先にとまり元気よく囀るホオジロです。この頃は海辺ばかりへ散歩に出かけていて、ホオジロとはすっかりご無沙汰していたので、石の上に腰を下ろし鳴き声をゆっくり楽しんできました。今朝は、草はらや畑が広がる開けた場所ではこのホオジロはもちろん、いつもたくさん飛んでいるヒバリや上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメ

多くの野鳥たちの雛が巣立つ時期になり、フィールドの中では巣立ちしてもまだ親に餌をねだる姿や、子供たちの飛ぶ様子を心配そうに見守る親鳥の姿が頻繁にみられるようになりました。先日も海辺の広い空間を青空を背景に数羽のツバメが縦横に飛び回っていましたが、2羽の親鳥に比べると、嘴の横に黄色が残る子ツバメたちは旋回にしても宙返りにしてもまだどこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラの枝にとまったアオサギ

車を運転しながら遠くを見ると、進行方向に立ち並ぶ水辺近くのサクラの枝に何か白い大きなものがいくつも絡まっているように見えました。何が枝に絡まったのだろうと思いながら徐々に近寄って行ったところ、サクラの枯れ枝にとまっている5羽のアオサギでした。営巣中のサギが高い木の枝にとまっているのを見ることはありますが、この水辺で水面に張り出すよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヨシキリがやってきた

昨日の朝、巣立ちしてアシ原へ飛び出したツバメの雛が親ツバメから餌をもらう様子を見ていたところ、親ツバメが餌を捕りに行っている間に2羽の子ツバメがとまるアシのすぐ近くへ、この池をテリトリーにしているオオヨシキリがやってきました。、親ツバメが来ると大きな口を開けて翼を広げ餌を要求する子ツバメがどんな反応を示すか興味があったのでカメラのレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣を離れた子ツバメ

朝日に明るく照らされた町内の調整池の上を、数羽のツバメが飛び交っていました。しかし、いつも飛んでいるツバメとは違い、何羽かはすぐに池の周りに植えられたサクラの枝や、池の中のアシにとまってしまいます。池に近づいてよく見てみると、ほとんどが体は親鳥ほどになっているけれど、嘴にはまだ黄色が残る子ツバメでした。近くで生まれた子ツバメたちが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若い雄キジ

朝日が遠くの森の梢から顔を見せ始め明るくなってきたた草はらで、雄のキジが1羽うずくまっていました。このあたりでいつも見るキジとは違い顔の周りの肉腫が小さめで、この時期にメスも連れず単独でいるようなのでまだ若いキジのように見えました。朝露を含んだ草の中でいつまでも動かずにいたため、少し近づいて撮影しようと試みたところ、その気配を敏感に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛び上がったシロチドリ

ララとハンナを先に行かせて小石が積み重なった波打ち際を歩いていると、ハンナの足音に驚いたらしいシロチドリの雌が小石の間から飛び上がりました。よほど驚いたのか、いつものように走って逃げたり地面や海面に沿って飛び立つのではなく、ほぼ垂直に飛び上がって大急ぎで海の上へ飛び出していきました。ちょうどララやハンナを撮影しようとしてレンズを向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これから巣作り

最近のフィールドでは、巣立ったばかりの野鳥の雛をよく見かけるようになりましたが、このあたりでは7月中旬頃まで繁殖を行う野鳥も多いため、これから巣作りを始めるものも見られます。写真のホオジロも、ようやく番を作ることができたのか、私がキジが現れるのを待っている草むら近くで、日が昇る前から草はらや道の上を飛び回りせっせと草の根や枯れ葉を集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これがキジの姿だ!

丘陵地や草はらが広がるフィールドでは、今の時期訪れるたびにキジの姿を見ることができます。多い時には、ひとつのフィールドを1時間ほど歩いただけで数羽のキジを確認できます。雄キジが叫ぶ声になると聞く機会はさらに多く、フィールドのあちらこちらから響いてきます。昨日の朝も公園近くのフィールドでは3方向から雄キジの鳴き声が聞こえ、そのひとつを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒバリの囀り

この頃の開けたフィールドの中では、夜明けから日暮れまで一日中ヒバリの囀る声が聞こえています。草の間に腰を下ろしていると、飛び立ち大空高く上昇して囀るヒバリや、反対に賑やかに囀りながら地上に降りてくるヒバリを四方八方で見ることができます。中には縄張り争いでもしているのか、2羽が空中戦さながらにもつれ合って飛ぶ姿も見られます。あまりに多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1羽のホオジロ

草はらや畑などが広がる開けた場所ではよく出会うホオジロですが公園の雑木林の中で姿を見ることは滅多にありません。それが先日、雑木林の中の木立がまばらで広場のようになったところに立つシダレザクラの枝にとまって囀る雄のホオジロと出会いました。それ以後、公園を散歩すると、ときどき同じ個体だと思われるホオジロの姿を見かけます。写真のホオジロが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワラヒワの朝ごはん

朝の散歩を終えてから少し遠回りをして田植えが始まった田の中の道を走っていると、耕作されていない空き地で何かが動きました。車をとめて見ていると、草が風の流れとは違う動きで揺れています。しばらく揺れる草のあたりを見ていたところ、2羽のカワラヒワが飛び立ってまたすぐ近くの草の中に降り立ちました。どうも地面に落ちた草の実を探して食べているよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more