テーマ:野鳥

キジの親子

朝露に濡れたエノコログサの草むらが両側に広がる小道をハンナと歩いていると、突然30mほど先の草の陰からキジの雌が現れました。障害物は何もないので驚かさないようにその場で立ち止まりハンナを伏せさせ撮影しようとカメラを構えたところ、続いて草の中から親の大きさ近くに成長したキジの子が3羽姿を現しました。撮影するには少々遠すぎるため少しだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セッカの撮影

少しずつ空が白んでくるとともに、森や林の中から聞こえ始めていたシジュカラ、ウグイス、ホトトギス、キジなど野鳥たちの声が、日が昇ろうとする頃になると一段と賑やかになり、すぐ近くの草はらではセッカやヒバリ、ホオジロたちが草の間から姿を見せてあたりを飛び交い始めます。この10日ほどは、草はらの周りでたくさん見られるようになったセッカを中心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホトトギスの代わりに

今年の夏は、公園の雑木林やその奥の森の中からホトトギスの声がよく聞こえてきます。もともと公園周辺にはウグイスの数が多く、春から初夏にかけてよく声は聞こえているので、ウグイスに托卵するホトトギスがいてもよいと思っていたのですが、昨年までは初夏に声を聞くことはあってもほんの一時期だけでした。それが今年は8月になっても木々の間から鳴き声が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セッカの開脚

長雨が続いていたので、丘陵地の粘土質の土で覆われ雨が降るとぬかるんだりよく滑るため1か月以上足を向けていなかったフィールドでは、草刈も行われていなかったらしく丈高く伸びたイネ科の植物を中心にしてたくさんの草が草はらを覆いました。そのおかげで、イネ科の植物の群落を住処にし繁殖するセッカの数が増えています。先日も車を降りると、あちこちの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメの子

毎年寒くなって野山に餌がなくなった時期だけ庭に野鳥のための餌を置きますが、今年は最近になく家の近辺でスズメの雛の姿を見かけるため、いまだにパン屑などを家の周りに置いています。スズメたちもそれをあてにして待っているのか、私が餌を置くとどこかで見ているらしくすぐに舞い降りてきて餌をついばみ始め、大きなパン屑などは道路や近くの木の枝に運ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れた空をツバメが舞った

今日は久しぶりに、朝から明るい日差しが部屋の中に差し込むよいお天気になりました。午前中に所用があり近くまで出かけて車を降りようとすると、写真のようにツバメが青空を背景に軽やかに舞っていました。こんなお天気が続けば梅雨明けも近いかと思いますが、お昼に聞いた予報ではまた明日あたりからお天気は崩れ梅雨空が戻ってくるとのことです。今年は例年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨が上がって

たくさんの雨を降らせた梅雨前線が今日は南へ移動したとのことで、すっきりと晴れ渡るということはないものの雨は上がり、ときどき雲間から日が差し青空が見えるお天気になりました。そんな久しぶりの日差しが嬉しいのか、雨が降っている間はほとんど聞こえなかったオオヨシキリの大きな声が、今日は家の前の調整池から絶え間なく聞こえてきます。よく茂ったア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオサギが2羽

よく降り続いた雨でしたが、このあたりでは昨日の日中はやんで、ときどき青空も見ることができました。久しぶりにワイパーを動かすことなく車を走らせていると、田の畦でアオサギが2羽並んで羽を休めていました。普段はあまりレンズを向けないアオサギながら、先月から弟の看病や葬儀、さらにはお世話になった方への挨拶や遺品整理など慌ただしい日が続き、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の田にゴイサギがいた

田が広がる朝の農道を車の窓を開けてゆっくりとした速度で走っていると、遠くの水がたまった休耕田の中を背の低いサギのような野鳥の姿を認めました。急いでその田の近くへ車を動かし探してみると、草の間をゴイサギが歩いていました。コサギやアオサギなどと違い、夕方から夜にかけて姿を見せたり声を聞かせてくれることが多いサギなので、まさか朝の光が明る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園にヒバリがいた

公園の芝生広場でハンナを自由に遊ばせていると、突然立ち止まって前方の一点を見つめ始めました。何かがいるようなので近寄っていき望遠レンズで見たところ、シバの間にたくさん広がったシロツメクサの葉の間でヒバリが蹲っていました。怪我でもしているのかと思ってハンナに戻ってくるようにいい、離れたところから一緒に様子を見ていると、そのうち元気にシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波打ち際のシロチドリ

波が打ち寄せる砂浜を歩いていると、アオサ、テングサ、オゴノリなどの海藻が打ち上げられた波打ち際で、シロチドリの雄が1羽立ち止まってこちらを見ていました。近くにはたくさんの小石が打ち上げられて積もっていて、チドリの仲間の営巣場所には最適なところなのでどこかに巣があるのだろうと考え、それらしい場所は遠回りして歩いてくると、シロチドリは私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヨシキリが巣立った

今年も家の前の調整池に広がるアシ原でオオヨシキリの雛が孵り、巣立ちをしたようです。この一週間ほど賑やかな鳴き声が一度に何箇所かから聞こえていたので、雛が巣立ちしたようだと考えていたところ、降り続いていた雨がやんだのでベランダへ出てみると、池の上を3羽のオオヨシキリが飛び交っていました。すぐにカメラを持ち出して池の近くへ行き望遠レンズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早苗が風になびく中で

早苗が生長を始めた田の中で、田面を渡って行く風に胸や背の飾り羽をなびかせてチュウサギが佇んでいました。早苗の鮮やかな緑色とチュウサギの純白の色の対比がきれいです。あちこちの田に水が張られヌマガエルやザリガニの姿がたくさん見られるようになり、畦やイネの間ではいろいろな昆虫も飛ぶようになって、田が広がるフィールドではこれらを捕食するコサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジの母衣打ち

繁殖期に入ってからフィールドへ出るとあちこちからよく聞こえていた雄キジの鳴き声が、この頃少し減ってきたようです。繁殖期以外にはあまり鳴くことのないキジなので、そろそろ産んだ卵が孵って雛が育ってきたのでしょう。先日は親鳥に連れられた雛の姿を求めて草はらの中を歩いていると、草陰に雄キジの姿が見えたため近寄って様子を見ていたところ、あたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海浜公園のカワラヒワ

今日は午後からの散歩に、珍しく妻が一緒に行くといいました。どこへ行きたいか聞いたところ海がいいというので、海浜公園を歩いてきました。日が高いうちは30℃近い気温があり暑かった一日でしたが、夕方5時を回った海辺は日も傾き心地よい風が吹き抜けて、気持ちのよい散歩ができました。ただ、それでもハンナにとっては気温は高く、少し歩くとすぐに休み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シジュウカラがやって来た

この春は公園を中心としたフィールドではシジュウカラをよく見かけましたが、家の周囲ではほとんど見ることがありませんでした。ところが先日、道路を挟んで向かい側にある調整池でシジュウカラの声が聞こえてきました。家の中から窓を開けて様子を見ていると、葉を茂らせたシダレザクラの枝の間から顔を出した2羽のシジュウカラがフェンスにとまってあたりを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオサギとアマサギ

シロツメクサに覆われた田の畦で、アオサギとアマサギが並んで羽を休めていました。田植えが始まり、田に水が張られてカエルやタニシなど餌になる生き物が増えてきたらしく、最近アマサギやチュウサギのように南から渡ってきたサギをはじめ、コサギ、アオサギ、ダイサギなどが田の周囲でよく見られます。この写真を撮ったときも、周りでは数羽のアマサギや2羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケリの威嚇

一面に田が広がるフィールドの中をゆっくりと車を動かしながら野鳥を探していたところ、2羽のダイサギが田の中へ舞い降りてきました。他に何も撮影する対象が見当たらないので、これをを撮影しておこうとカメラを取り出していると、その間に付近で営巣をしているらしいケリが鋭い声を張り上げて上空を旋回し始め、やがて2羽のダイサギを威嚇して急降下を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コアジサシ

夕方の海岸をハンナとのんびり歩いていると、沖の方からコアジサシが1羽飛んできました。距離は少々遠かったのですがファインダーに捉えシャッターを切ってみました。コアジサシはたくさん見られるところでは数十羽が群れになって飛び交う様子を見ることができるのに、この海岸一帯では一度に見ることができるのは多くても10羽前後です。今年も5月から気を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セッカもたくさん

昨日アマサギの撮影ができたフィールドでは、セッカの声も近くから聞こえてきました。声のする方を探してみると、数羽の個体がチガヤの穂が風になびく草はらや田植えが終わったばかりの田の上を、上昇するときと下降するときに鳴き分ける独特の声を張り上げ賑やかに飛び回っていました。遠くからは、さらにたくさんのセッカの声が響いてきます。スズメより小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマサギがやって来た

田んぼにアマサギがやってきました。4日前、完了した相続登記の一件書類を法務局へ取りに行く途中で、田の中を歩き回って餌を探すアマサギを3羽を確認しました。しかしそのときは急いでいたこともあり、車をとめて撮影することができませんでした。そこで、同じ場所で餌を捕ることが多いアマサギのことだからまだいるかもしれないと考え、今日は空いた時間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメの親子

自然の中で野鳥たちの食料が不足してくる初冬から翌年の繁殖期が終わる頃まで、木の実や果物、パン屑やお釜を洗ったときに出る米粒など野鳥が食べられるものを庭に置いています。そのため、街の中なので種類は少ないものの、一年中野鳥たちが庭や家の周辺にやって来ます。最近では巣立ちの時期を迎えて、子スズメを引き連れてスズメの一家が3組ほど毎日朝から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメの巣立ち

野山ではあちこちで巣立ちをした野鳥の雛の声が聞こえ、その周りで雛を保護するように飛び回る親鳥たちの姿が見られる季節です。いつも散歩をする公園の雑木林の中では、シジュウカラとヤマガラの巣立ちが始まっていますが、先日散歩した海辺ではツバメの雛が巣立ちし、電線にとまった子ツバメに親ツバメが一所懸命飛び方を教えていました。夏の間に一人前のツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラをよく見かけます

今年の春は公園の雑木林の中でヤマガラの姿をよく見かけます。いつもは圧倒的にシジュウカラの方が多い園内ですが、春先から遊歩道近辺の枝ではヤマガラの方がよく目に留まり、木々の間から聞こえてくる野鳥たちの鳴き声の中にもヤマガラの声がいつも混じっています。一昨年の秋頃から改修工事のため公園の中心にある大きな池の水が抜かれ、広い池の底にはアシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もやって来た

夜が明けたばかりの静かな空を、ササゴイが飛びました。アジサシやミサゴを撮影しようとして早朝の砂浜を歩いていたところ、遠くの空からこちらに向かって飛んでくる1羽の野鳥が確認できました。このあたりで一番よく目に留まるカワウだろうと考えながら注視していると、接近してくるにつれてゴイサギのように見えたので望遠レンズを向けて連続してシャッター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジの声

この季節は毎年フィールドへ出ると雄キジの声が聞こえますが、今年は特に聞く機会が多く、公園やフィールドを歩いているといろいろな方向から甲高い叫び声が聞こえてきます。昨日も鳴き声を頼りにその姿を探していると、シロツメクサやコメツブツメクサが広がる中にスミレやウマノアシガタ、タンポポなどの花が散らばる草はらを、ゆったりとした足取りで歩いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よく晴れた空に向かって

ハンナと歩いていると、進んでいく先にあるサクラの梢でホオジロの雄が大きな口を開け力いっぱい囀っていました。ハンナに静かに歩くように指示しそっと近寄っていき、すぐ近くの草の上に腰を下ろしてしばらく囀りを聞いていました。この季節、ホオジロは頻繁に見ることができるのでレンズを向けることは少ないのですが、あまりに気持ちよさそうにいつまでも囀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今シーズンはよく出会えた

夕暮れが迫る磯の波打ち際で、チュウシャクシギが1羽餌を探していました。これまでは確認できても短い期間で姿を消していたチュウシャクシギなのに、この春は数羽の個体が長い間この付近にとどまっていて、海岸を訪れるとよく出会います。海辺にカニやエビなど餌になる生き物が増えたのかもしれません。この個体を撮影している間も、海上を4羽の個体が何度も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラの雛

公園の雑木林の中では、野鳥たちの雛の巣立ちが盛んになってきました。先日もハンナとのんびり遊歩道を歩いていたところ、前方のモミジの大木の葉陰から野鳥の声が賑やかに聞こえてきたので近寄っていくと、巣立ちしすっかり羽毛も生え揃ったヤマガラの雛が親鳥から餌をもらっているところでした。広がり出した若葉に隠されてなかなか姿を確認できませんでした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セッカが飛び出した

丈の高いものでは私の腰のあたりまで草が伸びた野原の中を、声を頼りにキジを探していたところ、私が近づく気配に驚いたらしく草の間からセッカが飛び出しました。ススキやオギなどの茂みの中で営巣する野鳥なので、近くの茂みに巣があったのかもしれません。よほど驚き慌てたのか、いつもなら特徴のある鳴き声で木の葉が風に吹かれるように舞い上がっていくの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more