テーマ:野鳥

カモメの幼羽

昨日の散歩で海辺を歩いていると、海上にウミネコが1羽浮かんでいるのが見えました。その後すぐに海の方から大型の野鳥が2羽飛んできたので、これもウミネコだろうと思いながらカメラのファインダーに捉えると、体一面に褐色の鱗模様が見えました。近寄って来る様子だったのでずっとレンズを向けていて頭上に来たものを見ると、嘴はまだ黒く足はピンクで、尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風が去った!

記録的な雨を降らせ、各地で川の氾濫や土砂崩れなど大きな爪痕を残して、台風19号は東の海上へ去りました。台風襲来のたびに発生する大きな被害を伝える報道、ことに人が亡くなったという報道には言葉もありません。幸いこのあたりでは目立った被害もなく、今朝は台風一過の抜けるような青空が広がって明るい日差しが降り注ぎ、野面では早朝から無事に台風を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大型台風接近中

昨夜から降り出している雨は明け方近くから強さを増し、いよいよ大型で強い勢力を保持したまま上陸しようとしている台風19号が接近してきました。風も徐々に強まってきています。これからますます風雨は強まり、この地方は明日の朝までは暴風圏に入っていそうな様子です。事前の情報では相当強い勢力で上陸し大きな被害も予想されていることから、人的被害を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モズの声

フィールドの中でも家の周辺でも、モズの高鳴きがよく響いてくる季節になりました。色づき始めた野山を背景にして稲藁や野面を焼く白い煙が薄くたなびき、そのにおいがひんやりとした風に乗って流れてくる中で、モズが青く澄み渡った空に甲高い声を響かせている光景は、子供時代の秋を思い起こさせる懐かしい私の原風景のひとつとなっています。ヒガンバナも花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジの若鳥

田の中でコサギが餌を探していたので撮影しようとして車を寄せていくと、イネの間を黒っぽく見える野鳥が動くのが見えました。コサギはいつでも撮影できることでもあり、何か分からない野鳥を撮影してみようとして車を降り田の中を探していると、突然雄キジの若鳥がイネの間から頭をもたげ赤味が増してきた顔を見せました。黒い影に気づいたときには、田の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また来たの?

朝鮮半島へ上陸したあと日本海へ抜けて近づいてきた台風18号の影響とみられる雨が降り始めた中、担当する講義をするため大学へ向かう息子を駅まで送ったあとで最近ノビタキが見られるようになったフィールドへ立ち寄ると、やはり今朝も3羽のノビタキが草はらの中を飛んでいました。望遠レンズを向け確認すると、雄1羽と雌2羽です。ちょうど雨がやんだので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日を浴びて

朝日を浴びて、ウメの梢でホオジロの雄が鳴いていました。ただ、囀りはしますが春から初夏にかけての囀りのようなきれいさや長さはなく、なんだか思いついては声を出しているような鳴き方です。それでも、朝の静けさの中で爽やかな風に乗って聞こえてくる声はいいものです。カメラのレンズを向けながら、しばらくの間その声を聴いたり、口笛で鳴き声を真似ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスモスとセッカ

遠くの林の梢の向こうから昇ってきたばかりの朝日を浴びて、2羽のセッカが頭上を飛び回っていました。その様子を見ているとすぐに揃ってコスモスが咲き始めた畑に降りていったので、近寄ってシャッターチャンスを待っていました。できればきれいに咲いた花にとまったところを撮影したいものだと考えて待っていましたが、近くへ来てとまってはくれるものの、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝も出会えた!

3日前からノビタキがやってきているフィールドを訪れると、今朝もエノコログサが一面に茂る草はらを中心にして、周囲の畑や田の上を軽快に飛び回っていました。それも昨日までは1羽だけしか確認できなかったものが、今朝は3羽になっています。昨年までは、この草はらではホオジロやセッカ、それにカワラヒワはよく見られましたが、ノビタキを確認したことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスモスの花を背景に

イネ科の草やセイタカアワダチソウが茂る中でコスモスの花が咲きだした草はらの上を、セッカが飛んでいました。その様子を見ていたところ、50mほど離れた草の中へ舞い降りたので望遠レンズを通して探して見ると、ちょうどこちらから見通せるところでコスモスの花を背景にとまっていたのでシャッターを切ってみました。ここは昨年までは秋になるとよくノビタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノビタキがやってきた!

この秋はじめてノビタキを撮影できました。昨日も散歩の帰りに車を走らせていると、遠くの草むらの上を飛んでいるノビタキを見たのですが、遠すぎて撮影することはできませんでした。それが、今朝は昨日見た草むら近くを通ってみると、道端に立つ杭にとまっている1羽のノビタキをを見つけました。急いで車から降りてカメラを構えたところ、すぐに私に気づいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジの子が3羽

朝露に靴を濡らしながら、夜明け間近のフィールドの中をカメラ片手に歩いていると、ほんの数m離れた草むらの中からキジの子が走り出てきました。そのキジにカメラのレンズを向けていると、あとに続いてさらに2羽が飛び出し、私を一瞥すると大急ぎで走って深く茂った草むらの中へ入っていきました。この春から夏にかけて生まれた雛が、揃って無事に成長したよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日を受けて飛ぶウミネコ

昨日の朝に散歩をした浜辺では、9月も下旬に入ったのでそろそろ渡りをするシギの仲間の姿が見られるかもしれないと期待をして行ったのですが、どこを見回して見ても全くその姿はなく、数羽のウミネコと2羽のカワウが見られただけでした。それなら早朝の海岸線を飛んで漁をしているミサゴはやってこないだろうかと上空を眺めていましたが、これも全く姿を見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セッカの朝食

昇ってきた朝日が照らし始めた草はらの中を、足音を立てないように歩きながら野鳥を探していると、コスモスやセイタカアワダチソウなど丈の高い草が茂るあたりで、草の中から飛び出したりまた草むらへ飛び込んだりしている2羽の野鳥を見つけました。そっと近寄ってカメラの望遠レンズで確認してみると、セッカです。いつもは独特の鳴き声を響かせながら木の葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのフィールド

ララが体調を崩した昨年の暮れあたりからは、散歩には連れて行っても体力を使わせないようにするためにたくさん歩くことはさせず、まして自然観察や撮影のためにフィールドへ連れ出すことは控えていました。そのため散歩中や散歩のあとでフィールドを回って撮影している野鳥の写真はほとんど撮ることができない半年余でした。そこで、そろそろ夏鳥が渡りのため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1羽のアオサギ

夕闇が広がり始めた海辺を歩いていると、潮をかぶる防波堤の上で1羽のアオサギが佇んでいました。この小規模な防波堤は、潮が引いたときにはよくララが先端まで歩いて行って海を見ていましたが、大潮前後の満潮時にはすっかり海水をかぶってしまいます。アオサギは満ちてくる波が足元を濡らす中で、何をしているのか長い間じっと動かずに一点を見つめて立ち尽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の光の中で

今朝の散歩の帰りに、一か月近く訪れていなかった田が広がるフィールドを通って見ました。この季節なので、めぼしい野鳥はいないだろうと期待はせずに、それでも車外の音が聞きやすいよう窓ガラスを開け、周囲を見回しながらゆっくりと車を進めていると、セッカの鳴き声が聞こえてきました。車を降りて探してみると、撮影するには遠すぎる田の上をしきりに飛び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロチドリが飛んでいた

連日の猛暑のためララとハンナの散歩を控える日が多くなり、更にたとえ散歩に出てもララの体調を考えてこれまでのようにあちこちを歩き回ることがなくなったので、フィールドへ出て野鳥の撮影をする機会がほとんどなくなりました。一人で出かければよさそうなものですが、これまでも我が家で一緒に暮らした歴代のイヌたちと一緒に野山を歩いていた習慣なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジと鉢合わせ

日が昇りかけた草はらで、靴やズボンの裾を朝露に濡らして少しずつ移動しながら野鳥を探していると、突然草の陰からオスのキジが飛び出してきました。草が茂った中ではたまにキジやコジュケイなどと出くわすことがあります。しかしほとんどの場合、驚いた野鳥は大慌てで走って逃げるか飛び立ってしまいます。ところが、このキジは動きを止め声をかけた私の顔を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササゴイの翼を見て

先日海辺で出会ったササゴイは、今シーズンはどうもこの海岸に居ついて辺り一帯をテリトリーにした様子です。前回撮影したときと同じように、消波ブロックに立って海面をじっと見つめてはときどき舞い上がり、近くの岩礁などへ飛び移って海中の小魚を探していました。写真は、海面にわずかに頭を見せていた岩礁から消波ブロックへ飛び移ってきたササゴイです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捕った!

フィールドの中の道でゆっくり車を動かしながらあたりにいる野鳥を探していたところ、前方の路面でヒバリが道端に生える草の葉をつついていました。驚かさないようにゆっくりと車を移動させ近寄っていったところ、ヒバリは草についた毛虫を見つけたらしく、草の葉から落とした毛虫を何度も嘴でつまみ上げては振り回し始めました。何の幼虫かははっきりしません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヨシキリの声

二週間ほど前から毎日朝夕に、お隣の庭のシラカシの木のあたりからオオヨシキリの声が聞こえてきます。繁殖期のけたたましく特徴のある鳴き方ではなく地鳴きですが、やはり声は大きく、この頃では毎朝この声で目が覚めます。昨日の夕方も聞こえてきたので二階のベランダへ出て声のする方を見てみると、二階の屋根を越えるほど伸びたシラカシの込み入った枝の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波を被って

岩礁の上に佇んで水面を見ていたササゴイの足元へ満ち潮が押し寄せ、脚をすっかり隠してしまいました。それでもササゴイは岩礁から立ち退こうともせず、海水に浸かっています。そのうち海水はササゴイの胸や腹まで浸すようになり、大きなうねりが来ると波が体全部に被さりました。いつもは潮の引いた干潟や池の岸で餌をとっている姿を見ているだけなので、周り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蹲ったシロチドリ

渚の砂のくぼみで、シロチドリが蹲っていました。抱卵をしているのだろうかと思いながら撮影し、そのあと慎重に近寄っていくと、すぐに私に気づいたシロチドリは足早に走ってそこを離れ、10mほど先へ行ってしまいました。シロチドリが立ち去ったあとを見てみると、砂のくぼみのほかは何もありません。どうも私か、上空を舞っていたハシブトガラスを警戒して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササゴイがやってきた!

砂浜でララとハンナを遊ばせていると、遠くの空から1羽の野鳥が曇り空の下で黒い影となってこちらへ飛んで来ました。初めはこのあたりでよく見るカワウかアオサギだろうと思っていましたが、徐々に近づくにつれて形や飛び方が違うことに気づきました。急いで散歩バッグからカメラを取り出し、望遠レンズでその野鳥を捉えるとササゴイのようです。様子を見てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2羽のヒバリ

朝露を含んだ野の草の撮影をしていたところ、丈高く伸びた草の間から昇ったばかりの朝日が差し込んでくる草地で、2羽のヒバリが餌をついばんでいました。ヒバリはフィールドの中にたくさんいていつでも撮影できるためレンズを向けず、この春孵って成長した若鳥に親鳥が子に餌の採り方を教えているのだろうと考えながら野草の撮影を続けていました。しばらくし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トビが舞った!

長く続いた梅雨空が消えて、久しぶりに広がった青空をトビが舞いました。海の近く、特に漁港が近いところでは、珍しくもない野鳥ですが、海はあっても近辺に漁港は全くないためでしょうか、私がフィールドにしている海辺ではトビの姿を見ることは滅多にありません。また、子供の頃には野山が広がる区域でときどき見られたのに、この頃ではやはり出会うことはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう少しだ!

餌になる昆虫にあと一歩というところまで迫った、ツバメの若鳥の画像です。撮影は先月下旬の早朝になりますが、フィールドの中に広がる田の近くでセッカやホオジロを観察していると、生長してきたイネの上を行き来して飛び交うたくさんのツバメの姿がありました。セッカの観察を一時中止して一羽ずつをよく見ると、多くが巣立ちをして間もない若鳥で、親鳥の真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コチドリ

夜が明けたばかりの空を、朝日を背に受けてコチドリが飛んでいきました。、雑木林が広がる丘陵地で、、空高く舞い上がって囀るヒバリやの声や、草の間で鋭く鳴くキジの声を聞いていたところ、少し離れた空を1羽の野鳥が横切っていきました。このあたりは、ヒバリ、ムクドリ、ホオジロがよく見られるところですが、飛翔する姿かたちがそれらとは違っていたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジが走り出た!

朝の散歩を終えてから、暑くなってたくさん姿を現すようになった昆虫を撮影してみようと考え、公園近くにあるフィールドへ行ってみました。草の間で翅が乾くのをじっと待っている昆虫たちを、朝露が玉になって乗る草の間をかき分けて探していると、突然ほんの数m先の草むらが動いて若い雄キジが顔を出し、私の姿を認めると慌てて駆けだして草の陰へ飛び込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more