テーマ:野鳥

カシラダカの新しい撮影ポイント

運動公園での散歩を終えてから、今日も先日タゲリと出会った草はら周辺を車で回ってみました。しかし、残念ながら地上を歩いているのはツグミばかりで、タゲリの姿はどこにもありませんでした。ただ、ゆっくり車を動かしていたところ、道路近くの草むらから十数羽のカシラダカが群れになって飛び出し、近くのウメの枝にとまりました。車をとめてしばらく様子を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなか出会えない

5日前にタゲリの群れを見て以来、ほぼ毎日ハンナの散歩に出かけたついでに出会った草はら近辺を訪れていても、以後一度も姿を見ることができません。出会った場所から半径1㎞ほどにある草はらや荒れ地など環境のよく似たところも確認しているのですが、どこを見ても影も形もないことから、行動半径はもっとずっと広いのかもしれません。できることなら、春に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近くにオシドリはいるけれど・・・

日曜日に訪れた京都宝ヶ池ではオシドリと出会うことはできませんでしたが、家から車で15分ほどの距離にある池にやってきているオシドリはまだときどき姿をみせています。ただ、3haほどの池ながら岸は入江状に複雑に入り組んでいるうえ、周囲は木々が密生した林やクマザサ、蔓植物が繁茂した薮に囲まれているため水際へ近づくことができません。そのため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2羽のメジロ

散歩に訪れる公園には、果樹ばかりが植えられている一角があります。そこでよく野鳥がやってくるのを待っているのですが、昨日はそこへ到着すると同時にメジロとヤマガラがやってきて、満開になったウメや周囲に立ち並ぶカキやクリ、ザクロ、カジイチゴの枝の間を飛び交い餌を探し始めました。そんな野鳥たちにレンズを向け撮影していると、棚に仕立てられたキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エナガ

日曜日に、京都の宝ヶ池公園内の雑木林の中で出会ったエナガです。私が常日頃フィールドにしている雑木林では、エナガはいるにはいるのですが生息数が少ないらしく、なかなか見る機会がありません。ところが宝ヶ池公園の中では訪れるたびに群れと出会うことができるので、いつもエナガの姿を求めて園内の林の中を歩いています。今回も10羽ほどの群れが現れ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝ヶ池公園の林の中で

昨日の宝ヶ池公園の林の中では、初めのうちは野鳥の声はほとんど聞こえず、上空をたくさんのトビが舞うだけでした。しかし、木立の間を歩きながら口笛でシジュウカラやヤマガラの鳴きまねをして30分ほど待っていると、10羽ほどのエナガの群れがやってきて頭上を飛び交い、しばらくするとヤマガラ、シジュウカラ、コゲラ、メジロの混群があたりのコナラやナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回もオシドリはいなかった

昨年12月にオシドリの撮影をしようと京都の宝ヶ池を訪れたときには1羽も見ることができなかったため、今シーズン中にもう一度訪れたいと考えていたところ、大学で担当する講義や試験の採点も終わったので家へ帰ると息子がいってきました。そこで、日曜日の昨日は、宝ヶ池を訪れオシドリの確認をし、ついでに息子を連れ帰ろうと京都へ車を走らせました。宝ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タゲリがいた!

公園で出会い挨拶をしているうちに懇意になったバードウオッチャーから、近くの耕地にタゲリがやって来ていることを先日お聞きしました。そこで、教えていただいたフィールドへこれまでに数回足を運びましたが、一度遠くを飛ぶ2羽の姿を見ただけで以後は全く姿を見ることがありませんでした。それが、昨日は森の中を歩いたあと帰宅途中にそのフィールドへ立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池に水が湛えられた

日ごとに水位が上がってきた公園の池は、これまで見えていた底はすっかり水の下へ沈み、たくさん繁茂していた植物もほとんどが水に覆われ見えなくなりました。わずかに目にとまるのは、岸近くに生えていた丈の高いススキやセイタカアワダチソウの枯れ茎ばかりです。そんな枯れ茎が風に揺れる岸の周囲を歩いていると、近くのウメの枝から飛び出したジョウビタキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥たちと鳴き交わし

今日は最高気温が5℃と低く、午前中には冷たい風に乗って風花が舞う寒い日になりました。しかし、公園の梅林では、寒さに負けずヤマガラやメジロたちは花を咲かせたウメの枝の間を元気に飛び交っていました。よい香りを漂わせ華やかに咲いたウメの花と明るく鳴き交わす野鳥たちを見ていると、すっかり春がやってきたようです。野鳥たちは私が鳴き声をまねて口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウメの花とシジュウカラ

今日は予報どおり気温も上がらず、冷たい風があちこちで虎落笛の音を立てる寒い日になりました。そこで、観梅の客も少なかろうと予想して公園へ出かけてみると、やはりウメが咲き始めた時期としては駐車場に車は少なく、人の数も暖かかった週末とは比べ物にならないほど少なかったので、ゆっくりとウメを見ながらその間で遊ぶ野鳥を撮影することができました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハクセキレイが飛んだ

いつも散歩に訪れる海岸では、今シーズンは飛来数が極端に少ないカモとは反対に、ハクセキレイがいつになくたくさん見られます。波打ち際を歩いていると100mから200m行くごとに1羽ないし2羽のハクセキレイが飛び交い、中には縄張りの主張をしているのか、ときどき鳴きながら垂直に飛び上がっては地上に降りる動作を繰り返している個体もあります。冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観察された気分

北海道付近で急激に50hPaも気圧を下げた爆弾低気圧の影響で、今日から冬型の気圧配置になって寒くなるとの予報が出ていますが、10日ほど前から暖かい日には野鳥たちの囀りがよく聞こえてくるようになりました。雑木林の中でそんな野鳥たちの声を聞きながらハンナと並んで腰を下ろし周りの木々の枝を見回していると、クスの高い枝から1羽のシジュウカラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウメの蕾がなくなった

ウメの木にやって来たヤマガラが、膨らんできた蕾を次から次へついばんでいました。いつもドングリやエゴノキの実のような木の実や昆虫などを食べていて、メジロのように花の蜜を好んで吸うわけでもないのに、せっかく咲きかけた蕾を食べなくてもよさそうなものです。近くの枝へやって来たメジロは咲いた花に嘴を差し入れて蜜を吸っているのだから、メジロの真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オシドリは池に留まっていました

4年ほど前からオシドリがやってくるようになった家から車で10分ほどの距離にある池では、昨年の暮れに数羽を確認して以来、今年に入ってからは一度も確認できていませんでした。もともとオシドリはいなかった池なので、どこかへ場所を変えたのかもしれないと考えていましたが、昨日久しぶりに立ち寄ってみると、岸に覆いかぶさるように枝を張った木々が陰を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリカヒドリ

春も近くなってきたというのに、私が自然観察をしているどのフィールドでも相変わらずカモの仲間は個体数が少ない状態が続いています。昨日もいつも散歩する海辺へ行くと30羽ほどのヒドリガモが海面に浮かんでいるだけだったのでがっかりしましたが、群れの中の1羽ずつを確認していったところ、その中に1羽だけアメリカヒドリの雄がいました。これまで毎年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サザンカの花に埋もれて

公園のレストラン近くの広場に植えられたサザンカが、たくさんの花を咲かせています。目立つところにある木なのでよく手入れされているのか、葉の緑色が花の濃いピンクに隠されてしまうほどの花をつけています。散歩を終えたのでレストランでハンナにアイスクリームでも食べさせてやろうとしてその木の近くを通ったところ、明るい声で鳴くメジロの声が聞こえま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウメの花とメジロ

冬の間吸うことができる花の蜜はサザンカとヤブツバキの蜜ばかりだったところ、今月に入ってからウメの開花が進んできたので、ウメの枝で蜜を吸うメジロをよく見かけるようになりました。白梅がたくさん咲いる近くでは、上品なよい香りがあたりに漂い春の近いことが実感されますが、メジロたちも花の香りや蜜の味に春の訪れが近いことを感じているのでしょう、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近くへ群れがやって来た

雑木林の中の遊歩道を歩いていると、シジュウカラ、ヤマガラ,メジロ、コゲラが20羽を超える数の混群を作って近くのウメやクリの木にやってきて餌を探し始めました。最近にない大きな群れが周囲を飛び交うので、これを撮影しない手はないと考え先へいくハンナを呼び戻し、手当たり次第にシャッターを切ってきました。ヤマガラやシジュウカラは手を伸ばせば届…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セグロセキレイが歩いていた

注水が始まって1ヶ月余が経過し、水が満水時の6割近く満たされてきた公園の池には、少しずつカルガモやマガモ、オオバンなどが戻りつつあり、昨日はこの冬初めてコガモの群れもやってきました。しかし、この池の常連だったキンクロハジロやホシハジロ、それにこの数年やって来るようになったので飛来を楽しみにしているミコアイサはまだ姿が見えません。そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囀りが聞こえ始めた

日の出や日の入りの方位が北に寄り始めたことがはっきりと分かるようになり、日足が伸びてきました。日照時間の変化に伴って植物の花芽が生長し、開花を始めたり膨らんできたものが見られるようになってきましたが、野鳥たちも春の気配を感じ取ってきたらしく、雑木林の中を歩いているとあちこちから囀りの声が聞こえてくるようになりました。これからまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タゲリはいなかった

昨日の公園の散歩では、園内で顔を合わせると野鳥の情報を交換したりカメラやレンズについて語り合うバードウオッチャーと半年ぶりに出会いました。早速野鳥を話題にした会話が弾んだのですが、その会話の中で近くの耕地整理をされた畑にタゲリが来ていると教えていただきました。タゲリはこの近辺ではなかなか見ることはできない野鳥なので、今日は散歩のつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまだにカモが少ない

波打ち際に沿って堤防を歩いていると、番と思われるヒドリガモの雄と雌が並んで階段状になった堤防の端に立ち、海を見ていました。この水域では、例年なら最盛期にはヒドリガモだけでも200羽ほど、スズガモを含めると500羽を超えるカモが水面に浮かぶのに、今シーズンは寒さが厳しくなってようやくヒドリガモが30羽ほど見られるようになっただけで、寂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭上をノスリが通過した

フィールドで少しずつ芽を出し始めている春の野草を探していてふと視線を空に向けると、1kmほど離れた空で輪を描いて飛んでいる猛禽が目に入ったので、こちらへ飛んでくることを期待してときどき視線を移しながら野草の写真を撮っていました。しばらくするとその猛禽は帆翔をやめて近づいてくるような様子を見せたので、野草の撮影はやめてレンズを空へ向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池に水が入って

公園の池の水の注水が始まって1か月ほどが経ち、満水になるまでにはまだ時間がかかりそうながら、池はたくさんの水を湛えるようになりました。長い間干上がって底は広大な草はらとなってしまい水鳥たちの姿が消えていましたが、この2週間ほどの間に少しずつカルガモ、マガモの群れが見られるようになり、今日はコガモも20羽ほどが群れて水面に浮かんでいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波打ち際のハクセキレイ

冷たい風が吹き渡る海辺の護岸ブロックの間を、2羽のハクセキレイが飛び回っていました。ほかの野鳥の姿が見えない日でも、波打ち際近くではいつも数羽のハクセキレイを見ることができます。今日も水際で砂や小石の間をつついてみたり、漂着するようになったアオサをひっくり返して餌を探していました。今シーズンは海岸にカモの飛来が極端に少ないのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒風をついて

ときどき雪雲が流れる空を、寒風をついてミサゴが横切っていきました。このひと月ほど、どのフィールドを訪れてもミサゴを見る機会がなかったところ、昨日は砂浜でハンナを遊ばせていると遠い空で点のように見えていたミサゴがみるみる近づいてきて、100mほど先の海の上を通り過ぎて行きました。上空では強い風が吹いているらしく、ときどき風に流され姿勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマガラ

前頁のコゲラと一緒にすぐ近くまでやってきたヤマガラの1羽です。綻び始めたウメの枝の樹皮をしきりにつついて餌を探していました。この冬は、例年に比べ公園の中でヤマガラをよく見かけます。群れを作っている個体数も多く、いつもシジュウカラやメジロと混群を作り、ときによっては今日のようにコゲラも交えています。シジュウカラやコゲラより人を警戒せず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コゲラの赤斑が見えた!

しばらく続いていた春のような暖かさが消えて、昨夜から冷たく強い北西風が吹く冬らしい日になりました。今朝はそんな寒さの中で公園の遊歩道を散歩していると、崖の上の木立の中からヤマガラの声が聞こえてきました。ハンナの足を止めてしばらく様子をみていたところ、近くの茂みへ数羽のヤマガラと1羽のコゲラが群れを作って下りてきました。その中のコゲラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風に煽られた

堤防の上を歩いていると、イソヒヨドリの雌が何度も飛び上がっては路面に降りることを繰り返したいました。どうも風が強くてうまく飛べない様子です。上空を飛ぶカワウやカモメもゆく方向がなかなか定まらず真っ直ぐに飛ぶことが難しそうな強い風なので、体の小さなイソヒヨドリではなおのこと大変なのでしょう。風の息を見計らって飛ぼうとしているようでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more