テーマ:自然

立秋・施餓鬼会

立秋の今日は、檀那寺でお盆の施餓鬼会が行われたので、朝早くからお寺へ伺いお参りをしてきました。例年は家族や妹たちと一緒にお参りをするのですが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってできるだけ少人数での参拝にしてほしいとお寺から要請があったことや、息子はドイツへ行っていること、妹は新型コロナウイルスに感染してしまったこともあり、今年は私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏空に舞う

早朝から28℃前後の高い気温の日が続いているため、なかなかハンナの散歩に出ることもできず、ましてや日中の気温が35℃を超えるようなフィールドへは足を向けようなどという気持ちになれません。そのため最近では野鳥や野草の写真を撮る機会が激減しています。写真はたまたま出かけた折にセッカの声が聞こえたので、車をとめて空を仰いでみたところ、真っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコでも暑い、この暑さ!

猛暑日になった観測地点が220を超えた今日は、私の住む町でも36℃を超えたようです。当然道路上の温度はさらに上がり、日中に車に乗ると温度計は38℃から40℃を示していました。この暑さに、一日中エアコンを稼働させている家の中にいるのに、ハンナはもちろんのこと、いつもはそれほど暑そうな様子を見せない小次郎もなんだかぐったりしているように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑いよ~

今日は朝から特に暑く感じると思っていたら、午前10時ころには33℃になり、お昼を過ぎるころには36℃と猛暑日になりました。連日強い日差しに照らされ、地面も建物も熱が蓄積されているのでしょう。車の外部温度計は、日陰にとめてもしばらくするとすぐに40℃を超えてしまいます。この耐え難い暑さに、一日中エアコンをかけ続け室温を24℃から26℃…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夜の雷

昨夜は午前零時近くになってから雷の音が聞こえ始め、それから未明にかけて数時間の間、ときおり強い雨を交えて辺りを震わすような大きな音が轟きました。子供の頃の夏と比べると、最近は暑さも厳しく猛暑日が多くなり、雨や雷も激しさを増してきたように感じます。このあたりでは滅多に大きな雷鳴を聞くことはないのに、昨夜は大きな音が長い間続きました。小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上空警戒中

親鳥に近い大きさに成長したキジの幼鳥が2羽草の間から出て来たことに気づいたのでカメラを向けていると、どちらもしきりに上空を気にして何度も首を傾け空を見上げていました。少し前に高い空をオオタカやハシボソカラスが飛んだので、それを気にして警戒しているようでした。幼鳥とはいえ、さすがに自然の中で生きている野鳥は、天敵を警戒することが身につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セッカを探しに

フィールド内でセッカがよく見られた空き地の草がきれいに刈り払われたため、しばらくセッカの姿が見られなくなっていました。それが最近、少し離れたところにある放置された耕地にチガヤ、オヒシバ、イヌムギなどが繁茂して草丈が伸びてきたところ、そこへ住み着いたらしく、草むらの中やその上空で鳴き声がしきりに聞こえるようになりました。今朝も耕地の脇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茂った草はらの中で

朝日が照らし始めた、エノコログサやイヌビエなどいろいろなイネ科の草が一面に茂る草はらの中で、雄キジの頭が動くのが見えました。込み合った草の中にいるので撮影は無理だろうと考えながら観察しやすい場所へ移動してしばらく様子を窺っていると、草を揺らして移動しながら草丈が低い部分へ出てきてくれました。距離はありましたが、大きな口を開けて叫び出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し休もうよ

暑さが厳しくなってきてからは、散歩を始める日の出頃から1時間ほどの間に気温が2℃から3℃上昇します。そのため、暑さが苦手なハンナを散歩に連れ出すのに日の出の頃の気温が24℃以下ならいつもどおり公園や海辺の散歩に連れて行き、それより高ければ様子を見たり家の近くを軽く歩かせるだけにしています。昨日の明け方の気温は23℃だったため公園を歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝉時雨

例年より10日ほど早く鳴き始めたクマゼミが、子供たちの夏休みが始まったこの頃ではたくさん羽化し、日が昇ると騒々しく鳴きたてるようになりました。庭のハナミズキやシマトネリコの木には毎朝10匹から20匹のクマゼミがとまって競うように鳴きたて、玄関を出た途端に耳を覆いたくなるほどの鳴き声が頭上から降り注いできます。同じセミでも、夏の終わり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒクイナが確認できなくなった

今年は何度も田の近くで確認できたヒクイナの姿が、最近ではイネも生長し、田の近くの草もたくさん繁茂してきたため、確認することができなくなりました。今月初めくらいまでは、写真のようにまだ田の水面が見える部分がたくさんありましたが、今ではもうすっかりイネや草で覆われてしまい、ヒクイナが移動していても全く分かりません。あとは、声でその存在を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アガパンサス

6月から咲きだしていたアガパンサスの花が、そろそろ終わりの時期を迎えようとしています。我が家の旧宅でも、父母が生前に植えたものが毎年たくさん芽を出し、今年も今月初め頃に最盛期を迎え薄紫の花をたくさん咲かせていましたが、現在はほぼ花期を終えて種子を作り始めています。写真は、公園の芝生広場の前で咲くアガパンサスの花の前で休憩しているハン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホオジロの幼鳥

野末の建築廃材置き場の近くを通ると、2羽の野鳥が廃材の間を飛び回っていました。この周辺の草はらでは何組もヒバリの番が巣を作っているので、てっきりヒバリだと思いながら近づいてみるとホオジロでした。どちらもほぼ同じ大きさで番のように見えましたが、近寄って望遠レンズを通して確認すると、1羽は嘴に黄色が残り胸の色もまだ全体が茶色になっていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すごい雨と雷だ!

朝方は大した降り方ではなかった雨が、お昼近くになって次第に強さを増し、大きな雷鳴を伴って滝のように降ってきました。外からは雨音と雷鳴以外何も聞こえず、窓から見る外の景色は雨粒や飛沫のためかすんで、30メートルも離れるとものの形がはっきりわからないほどの降り方でした。そんな激しい雨と雷のため小次郎もハンナも不安そうな様子を見せ、大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥はたくさんいたけれど・・

雨や暑さのためにしばらく公園を訪れていなかったため、園内の雑木林の常連であるシジュウカラやヤマガラ、コゲラと出会う機会がなく、しばらく野鳥撮影ができていませんでした。それがこの数日、雨のやみ間がうまく早朝の散歩時間と重なったため園内を歩くと、今年生まれた雛や若鳥を含めてたくさんの野鳥たちの姿を見ることができました。ただ、朝早いことと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キノコが出て来た

雨が多いおかげで、公園内ではいろいろなキノコが頭をもたげてきました。今日も雑木林の中を歩いていると、遊歩道脇のあちこちでヒトヨタケやヒラタケ、ホウライタケの仲間らしいキノコが顔を出していました。まだこれから傘を開こうとするキノコが多いので、昨日から今日にかけて地上へ出てきたものが多いようです。暑くなって花が見られなくなってきた林の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何とか散歩ができた

連日雨が降り、宮城県や鹿児島県などでは被害が心配されるほどの雨量を記録しているようです。このあたりでも毎日雨が降っていますが、ときどきやんで小康状態になります。今朝も、昨夜遅くに雨がやみ日の出のころには路面が乾き始めていたので、午前6時まで待ってハンナと公園の散歩に行ってきました。空は厚い雲で覆われていつ降り出してもおかしくない状態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リョウブの花が咲いた

大きな木々が枝を重ねて頭上を覆う雑木林の奥で、夜が明けようとする薄闇の中にリョウブの真っ白な花穂が浮かび上がっていました。広い公園の雑木林の中で見られるリョウブの木はこの1本だけです。毎年夏になると林の中でほかの花が見られなくなった季節に咲くので開花を楽しみにしている木ですが、昨年はどういうわけかわずかに花が見られただけでした。日当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雨警報

今日は未明からバケツをひっくり返したようなという形容がぴったりの強い雨が降りだし、この辺りでは珍しく大雨警報が発令されました。鉄道まで一時止まったようです。通常の雨なら窓ガラスや庭木を叩く雨音は家の中に聞こえてきても、屋根に打ち付ける雨音までは聞こえてきません。それが今朝は断続的に激しく降る大粒の雨が屋根を叩き、頭上からも雨音が響い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロチドリが1羽だけ

昨日は久しぶりに海辺を散歩することができたので、コアジサシやミサゴと出会うことを期待したのですが、残念ながら遠くをウミネコとカワウが飛ぶだけで、最近海沿いでよくみられるようになったイワツバメの姿もなく、近くを飛ぶ野鳥は全く見られませんでした。ただ、散歩を終えて帰ろうとするころになって、波打ち際の小石が積もったあたりで1羽のシロチドリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミの初鳴き

今朝は早朝からアブラセミが鳴き始めました。例年このあたりでは、子供たちの夏休みが始まる7月20日頃に初めて声を聞くのですが、10日ほど早い初鳴きです。今年は梅雨明けも早く、6月から猛暑が続いたので羽化が早まったようです。これもクマゼミの北上とともに温暖化の影響の一つかもしれません。今は少し静かになってきましたが、先ほどまで庭のハナミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雌キジ

今年は春からフィールドの中でよくキジをみます。ただ、出会うのは雄のキジがほとんどで、雌はこれまでにも数度見ただけです。春から初夏にかけては番を作って雄と一緒に歩いている雌を見る機会が多いのに、今年はそれもわずかに二度あっただけです。最近では、草丈が伸びて地上を歩くキジの姿も確認しづらくなってきたので、ますます雌を見る機会はなくなるだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウが少ない

今年の夏は6月から気温が35℃を超える日が続出し、あまりの暑さにカの姿もあまり見られないとの記事を見ました。確かに私の周りでも今年はカが少なく、いまだに一度も刺されていません。それと同様にフィールドの中ではチョウを見る機会が例年と比べ少なくなっています。アゲハやアオスジアゲハなどのような大型のチョウ、さらにこの頃では夏のチョウの代表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よく降ります

台風が近づいてきているからとはいえ、降り出した雨がやむことなく降り続いています。昨日は、小牧市では1時間に100mmの猛烈な雨が降ったと報道され、福井市などでも激しい雨が降ったようで、これから台風が接近するにつれて、ますます雨の降る範囲は広がり、雨量も増してくるようです。連日強烈な日差しが降り注ぎ猛暑日が続いたので、たまには夕立くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑さが一段落

沖縄の海域にやって来ている台風4号の影響で、朝早くから雨が降り出しました。時折雷鳴も交えて断続的に強く降っています。おかげで日差しが遮られて長く続いていた暑さが和らぎ、午前10時を回っても外気温26℃と最近にない低さです。そのため、20日間近く一日24時間休みなく稼働させていたエアコンのスイッチを切ってみましたが、室温は24℃と暑さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤモリ

私が生まれて以来現在の家を建てるまで住んでいた旧宅は、祖父が若い時代に建て、その後半分を父が建て替えたものなので、十分時代がついています。そのため夏になると、毎年何匹かのヤモリが窓や壁に姿を現します。体長5cm前後のヤモリはよく見かけますが、この夏は尾の先まで入れると体長15cmを超えるほどの大きなヤモリ2匹が毎晩出没し、玄関や窓の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

耐え難い暑さです

北関東ほどではないものの、このあたりでも連日猛暑日が続いています。先ほども車に乗り込もうとすると、日陰に止めておいたにもかかわらず、車の外気温計は39.5℃を示していました。6月からこの暑さでは、今年の夏は先が思いやられます。昨日と今日は、一日のうちで気温が一番下がる夜明けの時間帯にしているハンナの散歩も、あまりの蒸し暑さのため取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏は来ぬ

先日ヒクイナの巣を見つけてたくさんの写真を撮ることができた土手で 昨日も草むらの中を親鳥が移動していました。生長してきたイネの間からは別の個体の鳴き声も聞こえていました。先日確認できた雛はそろそろ巣立ちする頃ですが、親子はまだこの周囲で活動しているようです。卯の花や楝の花はすっかり落ちてしまったものの、小さな谷をはさんだ雑木林の中か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝から暑い!

天気予報どおりに、今日も朝から蒸し暑い日になりました。いつもより1時間ほど寝過ごしてしまったところ気温はもう26℃を超えようとしていて、ハンナを散歩に連れて行こうとして玄関を開けると、外は湿度の高い空気が漂い体感気温は30℃近くあるように感じました。私の後へついて玄関へ出てきたハンナは、少し顔を外へ出しただけで蒸し暑さに散歩へ出る意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日を受けて

遠くの森の梢の向こうから顔を出した朝日に照らされたクスの枯枝にコゲラがやって来て、いつものように幹や枝を忙しなく動きまわることなく、枝に腰を下ろすような格好をして羽繕いを始めました。日が昇る前に十分餌をとった後で、のんびりとくつろいでいたようです。最近はハンナが雑木林の中まで入って行きたがらないうえに、私も草はらや田など開けたフィー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more