シナノキ

画像

シナノキが明るい緑色の葉の間で花序を作っていました。花序の柄にはシナノキの仲間の特徴である総苞が1枚ついています。間もなく淡黄色の小さな花が咲くと、よい香りに誘われてミツバチやハナアブが集まってきます。シナノキは日本特産種で、昔から強靭な樹皮の繊維が縄や布として利用されてきた木です。長野県の古名である信濃の国という呼称も、この木の名に由来していると以前読んだ本に書いてあったように記憶しています。最近では昔のように利用はされなくなったようですが、春の新緑と秋の黄葉は見た目にも綺麗で、私の好きな木のひとつです。しかし、私の住む街ではあまり見かけることはありません。春秋は葉の色が綺麗で、夏にはこの木が作る木陰は涼しそうに見えるので、もっと公園などに植えてもよいのではないかと常々思っています。この木の近縁種にはヨーロッパに生育する Lindenbaum があり、シューベルトの歌曲をはじめ文学作品などにもたびたび登場しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年05月23日 20:49
こんばんは。
シナノキ、今日駅前で見て来ました♪
ドイツのデュッセルドルフから八王子市に、送られたものでセイヨウシナノキのようです。淡い黄色い花に沢山のシベが綺麗です。緑の葉はハートの形をしていますね。細長い苞が1枚付いて蕾が沢山付いていましたが開花はこれからなのですね。
今年は、地震などで外出も控えていましたので、蕾を開花後の果実だと思っていました(笑)
開花が楽しみですね♪
2011年05月24日 00:51
杏さん、こんばんは。
セイヨウシナノキは、まさに Lindenbaum ですね。ドイツ、オーストリア等ではよく見かける木です。
八王子駅前にあるのですか。しばらく八王子も訪れていないので、今度訪れる機会があったら見てみたいですね。
確かに蕾が実のようにも見えます。開花すると、よい香りに誘われて虫たちが蜜を集めにやってきます。秋にはたくさんの実が見られると思います。

この記事へのトラックバック