驚かさないでよ!

DSC_5792.JPG
マリーと小次郎が洗面所で並んで水を飲んでいたので、その後ろ姿を撮影してやろうとしてカメラを構えてそっと後ろから近づいたところ、誤って廊下に置いてあった掃除機に接触して倒してしまいました。その音に驚いた2匹は水を飲むことをやめ後ろを振り返って、驚かさないでよ、といいたげな表情で私に視線を投げかけたので、ちょうどいいシャッターチャンスとばかりに数枚撮影してみました。2匹はよく並んで水を飲んでいますが、いつも飲むスタイルは決まっていて、マリーはきちんと座って水飲みと向かい合って飲み、小次郎は水飲みを置いた台に前足をかけて覆いかぶさるような姿勢で飲んでいます。こんなところにも、おとなしく落ち着いたマリーとやんちゃで無鉄砲な小次郎の性格の違いが出ています。

立秋に思う

DSC_5769.JPG
今日は暦の上では立秋です。相変わらず毎日猛暑日の予報や熱中症に対する警報などが出ていて、とても秋を感じるような状態ではありませんが、それでも仕事をしている建物の3階の大きな窓から毎日見ている入日は、立夏のころと比べると沈む位置を大きく変え、日の入りの時間も早くなってきました。6月が終わって一年が半分過ぎたと思っていたら、さらにひと月余が経過してしまいました。時の流れは早いものです。それにしても、今年の立秋は特別の感慨があります。それは、お正月には薬が効かず病状は非常に厳しい状態だと動物病院でいわれ、2月いっぱいはもたないかもしれないと覚悟したララが、それから半年以上経過した現在も頑張っていてくれるからです。その要因は、ララの体力や病院での時々の処置の効果もあるでしょうが、1月から藁にもすがる思いで服用を始めた漢方薬の効果が大きいように考えられます。今後どのように病状が推移していくかは予断を許さない状況ですが、何とか毎日を楽に生きて、今後もできるだけ長く家族と一緒にいてほしいと願っています。写真は、今朝もハンナと仲良く並んで私を見るララです。

気持ちのよい稽古ができました

Aviary Photo_132096594238983793.png
先週から今週にかけては8日間の間に4回剣道の稽古ができました。2日に1回の割です。一所懸命稽古会に参加する時間を作ろうとしても、せいぜい月に3回乃至4回できればよい最近の状況からすれば珍しいことです。おかげで体もよく動き、気持ちのよい稽古が毎回できました。やはり高段者を相手に週に3回以上の稽古をすると、勝負勘もよく働き相手の動きに合わせた技もよく決まります。これでどの稽古会もお盆休みに入り、残念ながら10日間ほどは道場で相手と立ち会う稽古ができなくなります。写真は月曜日の稽古会でした最後の立ち合いで、二刀の中段をとって攻め、突き技を出す直前です。この直後、腰を入れ竹刀に体を乗せた気持ちのよい片手突きが決まりお盆前の稽古を終えました。