セイロンライティアの花を見て

DSC_6206.JPG
公園の中にある植物園では今ハイビスカスやブーゲンビレア、マンデビラなど南国の花が花盛りですが、その中でセイロンライティアの花も咲いていました。ほかの花に比べて小ぶりな花ですが、純白の花が濃い緑色の葉の間でたくさん咲いている様子は涼しげです。この花は私の好きな花でもあるので、以前ガーデニングをしていた頃には我が家にもひと株鉢植えを置いていました。しかし、丈夫な植物ではあるものの水枯れには敏感なため、いつの頃だったかうっかり水やりを忘れたところ枯れてしまいました。今朝は久しぶりにセイロンライティアの花を見て、我が家の庭にあった株や、インドネシアやマレーシア、それに太平洋の島々など昔よく訪れた土地できれいに咲いていた様子を思い出しました。

今朝は走った!

DSC_6223.JPG
今朝の明け方は、気温が26℃と最近の早朝の気温より1℃から2℃低かったことと風があったためか、ハンナは公園の芝生の上をいつもより長い時間嬉しそうに駆け回っていました。しかし、そのあとで遊歩道を回ってこようとすると、それはしたくないといった素振りで遊歩道の入り口とは反対の方向へ向かい始めました。そこでもう一度芝生の広場へ戻り一緒に走ってやったところ、私の後を追って走っていましたが、それもしばらくの間で、やがて暑くなってきたらしく歩き始めたと思っているとすぐに座り込んでしまいました。写真は、芝生の広場で自由にしてやったところ走り出したハンナです。今日も体調がすぐれないララは家へ置いて散歩をしましたが、以前のようにハンナと一緒になってこんなふうに駆け回ることができるようになってほしいものです。

病院へ行ってきたよ

DSC_6164.JPG
この3日ほど自分からは何も食べなくなったうえ、一昨日の夜には飲ませた薬まで吐いてしまったララを、昨日の夕方動物病院へ連れて行きました。診察の結果は、相変わらず厳しい状態が続いていて改善された様子は見られないということで、最近施されている治療と同様、ステロイドや栄養剤、吐き気止めなどの注射を受けて帰ってきました。帰宅後ずっと様子を見ていますが、一晩が経過して明け方近くになっても食欲は一向に出てこない気配です。何とか自分の意思で食べ物を口からとってほしいと願いながら、スポイトで少しずつミルクを与えています。写真は病院から帰宅後、待っていたハンナと鼻をくっつけて、また病院へ行ってきたよ、と報告でもしているような仕草を見せるララです。