キカラスウリの花とクロウリハムシ

DSC_6793.JPG
夜明け間近の公園の中を散歩していると、ウメの木にキカラスウリの蔓がのぼりつき十数個の花を咲かせていました。数年前から毎年同じところで数株が発芽して生長し、晩夏から初秋にかけて白い花を咲かせるようになりました。初めて見たときにはカラスウリにしては遅い開花だと思っていましたが、葉の表面に毛がないことや花弁の形状を確かめてキカラスウリだと知りました。ただ、たくさんの花を咲かせるのに咲くのは雄花ばかりで、雌花は一つも見当たりません。まだ日が昇る前で糸状の花弁がしぼんでいなかったため近寄って花の撮影をしていると、一つの花にウリ科の植物が大好物のクロウリハムシがやってきて花弁を食べ始めました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント