ララが逝って3か月

DSC_4745.JPG
連日続いていた厳しい暑さの中で9か月近い闘病生活の後に力尽き、ララが私たちのもとを去ってもう3ヶ月が過ぎました。その間に季節は移り、ララが亡くなった日はあれだけ暑かったことが嘘のように、朝晩は冷え込むようになって木々は鮮やかに色を変え、高い山では冠雪が見られるようになりました。しかし、時は流れても、まだララが家の中にいるように感じることが度々あります。声を出すことはほとんどなかったイヌですが、私の帰りが遅く待ちくたびれたときなどは、車が着いたことが分かると少々甲高い甘えた声で早く家へ入って来いと呼ぶことがありました。未だに夜帰宅するとその声が聞こえてくる気がします。実際、これまでに数度ハンナの声に混じって確かに家の中から私を呼ぶララの声を聞いたこともありました。そのほかでも、何かにつけてまだララの存在を感じたり名前を呼んでしまうことがあります。これまで一緒に暮らしたペットたち同様、亡くなったことは分かっていても、当分の間はララが近くにいるという感覚は消えることはないようです。写真は、昨年の11月20日にいつもの公園で撮影した元気に散歩を楽しむララです。こんな写真を見るたびに、また一緒に散歩をしてみたいものだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2019年11月20日 15:35
こんにちは。
ちょっと忙しくてゆっくりコメントできなかったのですが
毎日携帯で記事を拝見しておりました。
ララちゃんの事 とても悲しくて寂しくて・・・
毎日泣きながら読ませていただいておりました。
こちらのブログにお邪魔させていただいてまだ日が浅い私でさえも
ララちゃんの存在がとっても大きかったです。
でも きっといつものように お家の中にいてくれてるんでしょうね。
お散歩も一緒に出掛けてくれてますね。
そう思います。

サラ&メル
2019年11月20日 23:50
にゃーちゃんさん、こんばんは。
ありがとうございます。ペットとはいえ、毎日一緒に暮らしていると家族と同じなので、亡くなったときの寂しさはや喪失感は大きいですね。でも、これまでに先立っていった多くのペットたちはいい思い出をたくさん残していってくれたので、初めのうちは悲しいときもありますが、時の流れの中で写真を見ていると徐々に懐かしさや、当時の楽しさが膨らんできて、心の拠り所にもなってくれます。ララも少しずつそういう存在になっていくのでしょうね。