無心の打ち

Aviary Photo_132445026775353789.png
稽古をする中で、本当に自分で満足する打ちが一本あればその日の稽古は気持ちよく終わることができます。昨夜は昔から竹刀を交えてきた七段二人を相手にして、そんな打ちの中でも特に気持ちのよい技が三度も出て満足した気分で道場を後にすることができました。写真は初めに立ち合った剣道仲間との地稽古の様子ですが、相手との気の攻防の中で相手が居付いたところが見えたと思った瞬間、打つということを意識しないうちに体が動いて正面を打っていました。こんな無心の打ちが常時できれば達人の域なのでしょうが、雑念の多い私などではなかなか出すことができない打ちです。それでも、たまにそんな打ちができると、打たれた相手も文句なく素直に一本を認めてくれるので非常に気分のいいものです。それが昨夜は三度もでき、最高の気分でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント