センダンの実とムクドリ

DSC_6214.JPG
ほかの木々は、秋に実らせた実をほとんど地上に落としたり野鳥に食べられてしまいましたが、海浜公園の雑木林に多く見られるセンダンの木には、まだたくさんの実がついています。黄色の実がたくさん吊り下がった木の下を歩いていると、枝の間に1羽の野鳥がとまっていることに気づきました。この実はサポニンを含んでいて有毒なため、ヒヨドリなど一部の野鳥しか食べません。それで、この野鳥もおそらくこのあたりでよく見るヒヨドリだろうと思いながら近づいていくと、ムクドリでした。近くの芝生広場などでは、よく群れになったムクドリが餌を探して地上を歩いていますが、このムクドリは群れからはぐれでもしたのか1羽だけでいつまでも枝に留まって空の彼方を見ていました。

"センダンの実とムクドリ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。