サザンカからウメへ

DSC_7227.JPG
晩秋から、鮮やかな色の花が少なくなった公園の中を彩ってきたサザンカの花もたくさんの花弁を散らし、長かった花期がそろそろ終わりを迎えようとしています。冬の間花の蜜を求めてサザンカにやってきていたメジロも、最近では芳香を漂わせているウメの枝に集まることが多くなってきました。今日も公園の中を散歩していると、メジロやシジュウカラ、ヒヨドリの声がよく響いていましたが、聞こえてくるのはほとんどが梅林やウメの木が集まったあたりからで、これまで群れていたサザンカの林は静かでした。写真は、わずかに残っているサザンカの花にやって来たメジロです。これもウメの花の蜜の方がいいのか、すぐに梅林目指して飛んでいきました。

"サザンカからウメへ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。